2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61906 
刑事21947民事39959
法律
少年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
78 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
破棄
ら,少年法20条1項の趣旨に照らし,検察官が家庭裁判所から送致を受けた故意...0万円に処し,被告人は原略式命令当時少年であったから,少年法54条により労
少年につき禁錮以上の刑に当たる罪として家庭裁判所から少年法20条1項の送致を受けた事件をそれと事実の同一性が認められる罰金以下の刑に当たる罪の事件として公訴を提起することの許否
棄却
本件抗告の趣意は,事実誤認,単なる法令違反の主張であって,少年法35条1...所論は,①少年法27条の2第2項の「審判に付すべき事由」とは,保護処分決定で認定された非行事実自体であり,これと同一性のある事実まで含むもので...よって,少年法35条2項,33条1項により,裁判官全員一致の意見で,
1 保護処分決定で認定された日には非行事実の存在が認められないが、これと異なる日に事実の同一性のある範囲内で同一内容の非行事実が認められる場合と少年法27条の2第2項による取消しの要否 2 保護処分取消し申立て事件において、事実の同一性のある範囲内で保護処分決定と異なる非行事実を認定するに当たり、申立人に対して十分に防御の機会を与えているとされた事例
棄却
本件抗告の趣意のうち,少年法3条1項3号イの「保護者の正当な監督に服しな...認,処分不当の主張であって,少年法35条1項の抗告理由に当たらない。
少年法3条1項3号イ及びニが過度に広範であり不明確であるとの規定違憲の主張はこれらの規定が所論のように過度に広範であるとも不明確であるともいえないから前提を欠く
棄却
 【要旨】少年法20条による検察官送致決定に対しては,特別抗告をすることは
少年法20条による検察官送致決定に対する特別抗告の許否
破棄
(2) 少年法61条は,少年事件情報の中の加害少年本人を推知させる事項につい... (3) 少年法61条に違反する推知報道は,内容が真実で,それが公共の利益に... (4) 本件記事は,少年法61条が禁止する推知報道であり,事件当時18歳で
1 少年法61条が禁止しているいわゆる推知報道に当たるか否かの判断基準 2 犯行時少年であった者の犯行態様、経歴等を記載した記事を実名類似の仮名を用いて週刊誌に掲載したことにつき名誉又はプライバシーの侵害による損害賠償責任を肯定した原審の判断に被侵害利益ごとに違法性阻却事由の有無を審理判断しなかった違法があるとされた事例
棄却
実質は単なる法令違反、事実誤認の主張であって、少年法三五条一項の抗告理由に...謀を含む非行事実を認めた一名の証人尋問を行った後、少年法一六条に基づき同証...了知させる少年法上の義務があると解すべきものと思われる。
少年法一六条に基づく援助協力の依頼により捜査機関から送付を受けた証拠の存在を附添人に了知させなかった措置が違法とはいえないとされた事例
破棄
させることが被告人の人格、社会性の健全な発達を図る上で必要であるとして、少年法二〇条により事件を検察官に送致する旨の決定をし(以下「本件検察官送致決...右原則に抵触する違法、無効な措置であり、これを受けて少年法四五条五号による...が取り消された場合には、当該事件を少年法二〇条により検察官に送致することは
一 保護処分決定が抗告審で取り消された場合において差戻しを受けた家庭裁判所が当該事件を少年法二〇条により検察官に送致することの可否 二 保護処分決定が抗告審で取り消された事件について家庭裁判所が少年法二〇条により検察官送致決定をした場合に同法四五条五号に従って行われた公訴提起の効力
棄却
少年法上の保護処分決定に対する上訴権回復請求棄却決定及び抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件において刑訴法の特別抗告に関する規定(刑訴法433条、434条、426条1項)を類推適用して処理した事例
棄却
 本件抗告の趣意のうち、憲法一四条違反をいう点は、少年法二七条の二第一項は、...質は単なる法令違反、事実誤認の主張であって、いずれも少年法三五条一項の抗告
保護処分の執行終了後の少年法27条の2第1項による保護処分取消しの可否(消極)(いわゆる山形マット死事件の保護処分取消し申立事件)
棄却
  少年法二七条の二第一項は、保護処分の決定が確定した後にその処分の基礎と...  所論は、単なる法令違反の主張であって、少年法三五条一項の抗告理由に当た
保護処分の執行終了後の少年法27条の2第1項による保護処分取消しの可否(消極)(いわゆる草加女子中学生殺人事件の第3次保護処分取消し申立事件)
棄却
なる法令違反、事実誤認、処分不当の主張であって、少年法三五条一項の抗告理由... 所論にかんがみ、職権により判断する。少年法一七条一項に定める観護の措置は
家庭裁判所が先に少年法一七条一項二号の観護の措置が採られていた事件の差戻しを受けた場合に改めて同号の観護の措置を採ることの可否
棄却
少年法二七条の二第一項は、保護処分の決定の確定した後に処分の基礎とされた非...論は理由がなく、その余の点は、事実誤認の主張であって、少年法三五条一項の抗
保護処分の執行終了後の少年法27条の2第1項による保護処分取消しの可否(消極)−いわゆる草加女子中学生殺人事件の第2次保護処分取消し申立事件
破棄
検討すると、少年法においては、少年の保護、福祉という観点から、犯人に対し社...罰をもって臨むことこそ社会正義を実現する所以であり、少年法が、少年に対して...事案であるのに、原判決は、少年法の一般的原理を強調するあまり、社会秩序維持
少年法が少年の刑事事件について定める特則と量刑判断
棄却
点は、少年法二七条の二第一項は、保護処分の決定の確定した後に処分の基礎とさ...張であり、同第四及び第五は、単なる法令違反、事実誤認の主張であって、すべて少年法三五条一項の抗告理由に当たらない。
保護処分の執行終了後の少年法27条の2第1項による保護処分取消しの可否(消極)
棄却
 所論は多岐にわたるが、要するに、原決定は、少年法二七条の二第一項は、不当...て、少年らの本件申立をいずれも却下したが、これは、少年法二七条の二第一項の... そこで検討するに、少年法二七条の二第一項が、保護処分の決定の確定した後に
一 少年法二七条の二第一項による非行事実の不存在を理由とする保護処分の取消と保護処分の種類 二 一部の非行事実の不存在が判明した場合と少年法二七条の二第一項による保護処分の取消
棄却
する保護処分の執行が終了した後において少年法二七条の二第一項によりその保護...の実質はすべて単なる法令違反の主張であつて、少年法三五条一項の抗告理由に当
少年法二七条の二第一項による保護処分取消と憲法一三条、一四条、三二条
控訴を棄却
年法四五条五号但書前段の規定に反し、少年の刑事事件について少年法所定の手続...車の無免許運転の各犯行について同年六月三日に、それぞれ少年法二〇条により東...質、情状に照らし刑事処分を相当とする場合であるが(少年法二〇条)、その背後
家庭裁判所から少年法二〇条による送致を受けた事件の一部について同法四五条五号但書の事由がある場合にその余の事件についてのみ提起された公訴の効力
棄却
 本件再抗告の趣意のうち、違憲をいう点は、少年法二三条二項による保護処分に...異にし本件に適切でないから、前提を欠き、少年法三五条一項の抗告理由にあたら
少年法二三条二項の不処分決定に対する抗告の許否
棄却
ないから、前提を欠き、いずれも少年法三五条一項の抗告理由にあたらない。... なお、少年法二七条の二第一項による保護処分の取消は、保護処分が現に継続中
少年法二七条の二第一項による保護処分取消の時期
取り消す
対し少年法二七条の二第一項による保護処分の取消の申立をしたところ、同支部に...東京高等裁判所は、同年二月二三日、少年法二七条の二第一項に基づいてした保護... 1 少年法の定める少年保護事件の手続は、少年の健全な育成と保護を窮極の目
一 少年法二七条の二第一項にいう「本人に対し審判権がなかつたこと・・・・を認め得る明らかな資料を新たに発見したとき」の意義 二 少年法二七条の二第一項の趣旨 三 少年法二七条の二第一項による保護処分の取消を求める申立に対してされたこれを取り消さない旨の決定に対する抗告の可否 四 少年の再抗告事件において再抗告事由以外の事由により原決定を職権で取り消すことの可否
棄却
当であるから、所論は、前提を欠き、その余は、処分不当の主張であつて、少年法
少年法三五条一項所定の再抗告につき憲法三一条、三二条違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
 弁護人畠中二郎の上告趣意は、憲法三七条一項違反を主張するが、少年法二〇条
少年法第二〇条による検察官送致決定をした裁判官が後にその刑事事件の審判に関与することと憲法第三一条第一項
棄却
年の保護者である祖父からの本件再抗告申立は、少年法三五条一項の規定に違反す
少年法第三五条の再抗告権者。―少年の保護者である祖父の場合―
棄却
由を制限する強制的措置を必要とするため、同法二七条の二、少年法六条三項によ...制的措置をとる必要ありと認め、少年法一八条二項により「この事件を愛媛県中央...これに対する許可の性質をもつた決定であると解すべきであり、従つて少年法三二
少年法第一八条第二項により強制的措置を指示して事件を児童相談所長に送致した家庭裁判所の決定に対し抗告をすることができるか。
控訴を棄却
九号、同二七年七月二二日当裁判所第三小法廷判決は、少年法二五条一項に基づく...案が罪とならない等の理由により少年法一九条一項に基づく審判不開始の決定がな... ところで、少年法一九条一項に基づく審判不開始の決定は、調査の結果、審判に
一 少年法第一九条第一項の審判不開始決定と一事不再理の効力。 二 少年法第四六条の規定は同法第二四条第一項の保護処分を除くその他の少年法上の処分にも同様の効力があると解する根拠となるか。―少年法上の終局処分と起訴、付審判の禁止の効力の有無― 三 少年法第一九条第一項の決定の趣旨に反する行為をなすことは許されるか。 四 前同法同条項の決定に有権性と最終性を認める合理的根拠の有無。
上告を棄却
 弁護人安田進の上告趣意は、憲法三七条一項違反をいう部分もあるが、少年法二
少年法第二〇条による送致決定と除斥の原因。
控訴を棄却
 そこで按ずるに、少年法第一九条にいう審判不開始決定は、司法機関である家庭...とは否定し得ない。この点では少年法二四条にいう保護処分決定についてのそれと...と、少年法二〇条によつて、検察官は家庭裁判所から刑事処分相当として逆送され
少年法第一九条にいう審判不開始決定と一事不再理の効力
棄却
単なる法令違反の主張に帰するものであつて、すべて少年法三五条所定の適法な再...たものではないこと明らかであるから、少年法三五条に定める抗告権者に当らない、
少年の伯父および少年の中学校教師が少年法第三五条に定める抗告権者(附添人)にあたらないとされた事例。
上告を棄却
いから同四〇五条の上告理由に当らない。なお、少年法六〇条にいう人の資格に関
少年法第六〇条にいう「人の資格に関する法令」には刑の執行猶予に関する刑法第二五条の規定は含まれるか
上告を棄却
めることができないのみならず、所論少年法四六条にいう「審判を経た事件」とは、
少年法第四六条にいう「審判を経た事件」の意義。
上告を棄却
 所論は原審の訴訟手続が少年法五〇条に違反し違法であることを前提として違憲...をいうが、少年法五〇条は訓示規定であつて、同条の規定に違反するところがあつ
少年法第五〇条の規定の性質。
棄却
定は少年法第三二条本文所定の抗告期間を徒過したため確定したが、その後同年五... しかし、保護処分をした家庭裁判所が、その決定が少年法第三二条第一項所定の
一、 少年法第二七条の二第一項による保護処分取消の申立に対する措置 二、 右申立に対し裁判所が誤つて申立棄却の決定をした場合さらに抗告をなし得るか
棄却
も少年法三五条所定の適法な再抗告理由に当らないもので本件再抗告は不適法とし
少年の実母の内縁の夫は少年法第三五条の再抗告権者にあたるか。
上告を棄却
一月二二日)には少年法二条一項により少年であつたのであるが、本件が原審に係...被告人に少年法を適用すべきや否やを決すべきものと解するを相当とするから(昭
控訴審において控訴を棄却する場合と少年法適用の基準時期。
上告を棄却
上告理由に当らないのみならず、所論少年法六〇条にいう「人の資格に関する法令」
少年法第六〇条にいう「人の資格に関する法令」と刑法第五六条、第五七条
上告を棄却
福祉法六〇条の罪について家庭裁判所の専属裁判権を定めた少年法三七条一項四号...並びに保護事件の審判の外、少年法三七条一項に掲げる罪に係る訴訟の第一審の裁...判を所管する旨明記するに止まり、そしてその少年法三七条一項では同条項所定の
一 家庭裁判所と憲法第七六条第一項第二項 二 少年法第三七条第一項第四号と憲法第七六条第二項
上告を棄却
として少年法五二条を適用すべきや否やを決すべきであるが(昭和二六年(あ)第...いものとして棄却する場合においては、第一審判決時を基準として被告人に少年法
控訴審において控訴を棄却する場合には如何なる時期を標準として少年法第五二条の適用の適否を判断すべきか
上告を棄却
少年法第二〇条による検察官送致の決定をした裁判官はその刑事事件において職務の執行から除斥されるか
破棄
ることになつているから、少年法第二条第一項にいわゆる成年であるか...のであるから、これに対し原判決が少年法第五二条を適用し不定期刑を宣告したの...歳に満たない少年であつたことが明らかであるけれども、そもそも少年法第五二条
一、 少年法上の年令計算の起算日 二、 少年法第五二条を適用するための年令決定の時期
上告を棄却
は、少年法六八条一項により成人であつたのであるが、本件が原審に係属中、同条...のと認めて棄却する場合には、第一審判決時を基準として、被告人に少年法を適用
控訴審において控訴を棄却する場合には如何なる時期を標準として少年法第五二条の適用の適否を判断すべきか
上告を棄却
 原判決の言渡された昭和二五年一〇月二八日当時においては新少年法二条の施行...被告人に対し成人の法を適用したのは少しも違法でない。その後新少年法二条が昭...て被告人が新少年法の適用を受ける関係になつたとしても、そのために原判決が破
上告中に少年法の適用があることになつた場合に定期刑を科した原判決は違法となるか
破棄
月一日から適用されることになつた改正少年法二条の規定によつて少年であり(同...被告人の所為は刑法一九九条に該当するから所定刑中有期懲役刑を選択し、被告人は第一審判決及び原判決当時少年であつたから、少年法五二条により被告人を五年
一 少年法第五二条第一項に違反した判決の違法と非常上告 二 刑訴第四五八条第一号但書にいわゆる原判決が被告人のため不利益であるときにあたる一事例 三 非常上告審における自判と適用法令を定める時期的基準
破棄
     原判決が少年法五一条は不定期刑を科すべきものとした規定であると解...当するので所定刑中無期懲役刑を選択し尚お被告人は少年法二条一項六八条一項の...は記録上明らかなところである。ところが原審の適用した少年法五一条にいわゆる
一 少年法第五一条の法意。 二 少年法第五一条の解釈をあやまり不定期刑を科した判決と刑訴第四五八条第一号但書にいわゆる「被告人のため不利益」な判決。
控訴を棄却
 少年法第四十九条第二項に少年に対する被告事件は他の被告事件と関連する場合...ものとはいえない。その上少年法第四十九条第二項に反し、少年に対する刑事事件...旨>に対する強盗被告事件を併合して審理したこと記録上明白であり、少年法第四十
少年法第四九条第二項に違背し少年に対する被告事件を他の被告事件と併合審理した手続の効力
上告を棄却
 所論の試験観察処分決定は少年法二五条一項による決定であつて、同法二四条一
少年法第四六条の保護処分は同法第二五条第一項にいわゆる試験観察処分を含むか
上告を棄却
旧刑訴事件の控訴審における判決言渡当時少年でなくなつた者と少年法第五二条の適用の有無
破棄
て、少年法第十九条第二項によつて検察庁に事件<要旨第二>を送致した場合は、家...訴提起は、少年に対しては保護処分を原則とする少年法で認めている少年の重大な...いて審理することができないので少年法第十九条第二項に則り事件を福岡地方検察
一、 少年法第一九条第二項による事件送致の性質 二、 無効な公訴提起
破棄
 <要旨>少年法第二〇条の規定により事件を検察官へ送致する決定をした裁判官は... しかし少年法第五〇条第九条少年審判規則第一一条は少年に対する刑事事件の審...第三号の減軽をした各刑期内でかつ被告人等が少年法第二条の少年であるから被告
少年法第二〇条の規定により検察官送致の決定をした裁判官と除斥原因
破棄
質、情状に鑑み、刑事処分を相当と認め昭和二十六年十月十七日少年法第二十条に
家庭裁判所の裁判官として少年法第二〇条の送致決定をした者はその刑事事件の裁判官として関与し得るか
破棄
     原判決中法令の適用において少年法第五一条後段を適用して被告人を懲...であつたから、少年法第五一条後段により被告人を懲役一三年以上一五年以下に処...る意味ではない。しからば、原判決がその理由の中で、少年法第五一条後段により
一 少年法第五一条後段の解釈適用を誤り不定期刑を言い渡した確定判決に対する非常上告とその裁判 二 少年法第五一条後段の意義 三 刑訴第四五八条第一号但書の「原判決が被告人のために不利益であるとき」の意義
78 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in