2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61912 
刑事21947民事39965
法律
実体法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
15 件中 1/1 ぺージ
却下
礎として計算された配当額のうち実体法上の残債権額を超過する部分(以下「超過...債権額と実体法上の債権額とのかい離を認めるものであり,その結果として,債権...者が実体法上の債権額を超過する額の配当を受けるという事態が生じ得ることを許
破産債権者が破産手続開始後に物上保証人から債権の一部の弁済を受けた場合において、破産手続開始時の債権の額を基礎として計算された配当額が実体法上の残債権額を超過するときは、その超過部分は当該債権について配当すべきである
上告を棄却
このような本件規定の趣旨からすれば,財産の管理を怠る事実に係る実体法上の...怠る事実」という。)が違法であることに基づいて発生する実体法上の請求権の不...ことに基づいて発生する実体法上の請求権の不行使という第2の怠る事実として構
1 財産の管理を怠る事実が終わった場合における当該怠る事実を対象とする住民監査請求と監査請求期間の制限 2 財産の管理を怠る事実が終わった場合において当該怠る事実が違法であることに基づいて発生する実体法上の請求権の不行使をもって財産の管理を怠る事実としこれを対象としてされた住民監査請求と監査請求期間の制限
破棄
件監査請求は,財務会計上の行為が違法であることに基づき発生する実体法上の請...あって無効であるからこそ発生する実体法上の請求権の行使を怠る事実を対象とす
1 実体法上の請求権の行使を怠る事実に係る住民監査請求について監査委員が監査を遂げるために特定の財務会計上の行為の違法を判断しなければならない関係にはない場合における地方自治法242条2項の適用 2 県の実施した指名競争入札において談合をした指名業者らに対する不法行為に基づく損害賠償請求権の行使を怠る事実に係る住民監査請求に地方自治法242条2項の規定が適用されないとされた事例
破棄
法、無効であることに基づいて発生する実体法上の請求権の不行使をもって財産の...合には、右実体法上の請求権が発生し、これを行使することができることになった
一 財務会計上の行為が違法、無効であることに基づく実体法上の請求権が右行為の時点では発生しておらず又はこれを行使することができない場合における右請求権の不行使をもって財産の管理を怠る事実とする住民監査請求と地方自治法二四二条二項の適用 二 市長の違法な土地転売行為により市が被った和解金相当額の損害の賠償請求権の不行使をもって財産の管理を怠る事実とする住民監査請求につき和解の日を基準として地方自治法二四二条二項の規定を適用すべきであるとされた事例
取り消す
通地方公共団体が当該職員に対して、実体法上の損害賠償請求ないし不当利得返還...本件選挙の執行費用の支出について、奈良市に実体法上の財産的損害や喪失が生じ
1 参議院議員補欠選挙の執行に当たり、市長が投票管理者、投票管理者の職務代理者及び投開票事務従事者に特殊勤務手当及び報償費を支給した場合において、これを推進、放置した市選挙管理委員会委員長及び事務局長は、法令上本来的に公金支出の権限を有する者ではなく、また、公金の支出権限を有する者から権限の委任を受けて同権限を有するに至った者でもないから、地方自治法242条の2第1項4号前段にいう「当該職員」に当たらないとした事例 2 市長が、参議院議員補欠選挙において、投票管理者に対してした報酬及び報償費の支給及び市職員である職務代理者、投票事務従事者、開票事務従事者に対してした特殊勤務手当の支給が違法であるとして提起された、市長個人に対する地方自治法242条の2第1項4号に基づく損害賠償請求が、前記選挙の執行費用は、すべて国の交付金によって賄われ、市の固有の収入から支出されたものではないから、市には実体法上の財産的損害や損失が生じていないとして、棄却された事例
棄却
地方公共団体が右被告である職員に対して有する実体法上の損害賠償請求権を住民が代位...から、右請求が認められるためには、当該職員の行為により地方公共団体に実体法上の財...産的損害が生じ、地方公共団体が当該職員に対して実体法上の損害賠償請求権を有してい
道路建設のための公金の支出が違法であるとして、市長の職にある者を被告に、地方自治法242条の2第1項4号に基づきされた損害賠償請求が、右道路建設工事費は、全額、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律による負担金をその財源としているから、当該道路建設以外の用途に流用することは許されず、また、道路建設を行わないときはこれを国に返還しなければならないという拘束を受けている金員を財源とするものというべく、このような金員を支出して道路建設工事をしたとしても、市に対して何ら実体法上の財産的損害を与えるものではないとして、棄却された事例
上告を棄却
ることに基づいて発生する実体法上の請求権を当該普通地方公共団体において行使...行為が違法、無効であることに基づいて発生する実体法上の請求権の不行使をもつ...できないものとしているにもかかわらず、監査請求の対象を当該行為が違法、無効であることに基づいて発生する実体法上の請求権の不行使という怠る事実として構
一 同一住民が同一の監査対象につき再度の住民監査請求をすることの許否 二 財務会計上の行為についてされた住民監査請求の対象と当該行為が違法無効であることに基づいて発生する実体法上の請求権の行使を怠る事実 三 財務会計上の行為が違法無効であることに基づいて発生する実体法上の請求権の行使を怠る事実に係る住民監査請求と地方自治法二四二条二項の適用
控訴を棄却
1 国税通則法23条1項各号に掲げる税額の過大等の実体的要件が満たされるか否かは租税実体法の定めるところによるから、同条2項所定のいわゆる後発的事由が満たされたとしても、更正の請求が手続上適法となるにとどまり、当然に右請求が認容されるものではないとした事例 2 法人税法上、売買契約の譲渡益等を計上した事業年度より後の事業年度における右売買契約の解除によって売買代金債権及びこれに付随する利息債権が消滅した場合には、それは右解除をした事業年度の損金に計上すべきものであり、さきの事業年度の経理処理及び納税義務には何らの影響を及ぼさないとして、国税通則法23条2項1号所定の事由が満たされたことを理由とする更正の請求が、同条1項所定の税額の過大等の実体的要件を欠くとされた事例
棄却
、法人税法(一条)などの各租税実体法がこれを定めてい...の過大等の実体的要件が満たされているか否かということについても、右租税実体法の定...したがつて、更正の請求が手続上適法になされ、租税実体法の規定に照らし、税額が過大
1 国税通則法23条1項各号に掲げる税額の過大等の実体的要件が満たされるか否かは租税実体法の定めるところによるから、同条2項所定のいわゆる後発的事由が満たされたとしても、更正の請求が手続上適法となるにとどまり、当然に右請求が認容されるものではないとした事例 2 法人税法上、売買契約の譲渡益等を計上した事業年度より後の事業年度における右売買契約の解除によって売買代金債権及びこれに付随する利息債権が消滅した場合には、それは右解除をした事業年度の損金に計上すべきものであり、さきの事業年度の経理処理及び納税義務には何らの影響を及ぼさないとして、国税通則法23条2項1号所定の事由が満たされたことを理由とする更正の請求が、同条1項所定の税額の過大等の実体的要件を欠くとされた事例
控訴を棄却
計上の行為(本件土地売却処分)に基づいて発生したとする実体法上の請求権の不...て発生したとする実体法上の請求権の不行使を怠る事実に該当するとして構成し、...これを監査請求事由とするものであるが、右実体法上の請求権の発生は、その根源
1 町長のした随意契約による町有地の売却処分が違法であるとして2回にわたり監査請求がされた場合において、両監査請求の対象とする行為は同一であるから、第2回目の監査請求は不適法であるとした事例 2 町長のした随意契約による町有地の売却処分が違法であるとして2回にわたり監査請求がされた場合において、売却処分についての住民訴訟の出訴期間は、第1回目の監査請求に対する監査結果が通知された日から起算すべきであるとした事例 3 町長のした随意契約による町有地の売却処分が違法であるとして2回にわたり監査請求がされた場合において、売却処分に基づいて発生したと主張する実体法上の請求権の行使を町が怠っているとしてした第3回目の監査請求が、右実体法上の請求権の発生の根源たる事実は右売却処分であるから、第3回目の監査請求の事由も第1、2回目の監査請求の事由と同一であるとして、不適法とされた事例
上告を棄却
旧国有林野法(明治三二年法律第八五号)施行前にされた国有林野の境界査定処分と実体法規
上告を棄却
新会社が旧会社と法人格を異にするとの実体法上および訴訟法上の主張が信義則に反し許されないとされた事例
上告を棄却
所有権移転請求権保全の仮登記の原因表示が実体法上の権利関係と相違する場合における当該仮登記の効力
上告を棄却
控訴審において主張判断のなかつた実体法規に関する違憲の主張が上告理由として不適法とされた事例。
上告を棄却
ではなくして刑法二四〇条の真意を誤り実体法の適正な適用をしなかつたものであ...た第一審判決が実体法の適正な適用をしなかつたというに帰するものであつて、そ
原判決が第一審判決の量刑を認容したのは実体法の適用の問題で憲法三一条に違反すとの主張の適否
15 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in