2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62208 
刑事22007民事40201
法律
国税通則法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
131 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
却下
国税通則法の定め...新国税通則法70条1項(同項1号に係るものに限る。...いて適用し,施行日前に旧国税通則法70条1項に定める期限又は日が
1 更正処分の瑕疵を是正するために再更正及び再々更正がされた場合と更正処分の取消しを求める訴えの利益 2 偽りその他不正の行為により国税の全部若しくは一部の税額を免れたとして税額を増額する更正決定等の後にされた当該増額更正決定等において増額された税額をその増額された範囲内において減額する旨の更正決定等と国税通則法70条4項1号
棄却
あったとして自身が国税通則法(以下「通則法」ともいう。)59条1項2号...国税通則法基本通達(徴収部関係)(昭和45年6月24日付け徴管...1月16日,本件予納金は国税通則法59条1項2号に規定する予納金に該
国税の予納申出書を提出してされた納付が、国税通則法59条1項2号の要件に該当しない不適法な納付であるとされた事例
取り消す
税の確定申告について,国税通則法65条4項の定める「正当な理由があると...したがって,本件は,国税通則法65条4項にいう「正当な理由があると...被控訴人らの主張は,本件各申告時において,国税通則法65条4項所定
米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたリミテッド・パートナーシップが行う不動産賃貸事業に係る投資事業に出資した者が、当該賃貸事業に係る損失の金額を同人の所得の金額から控除して所得税の申告をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」がないとされた事例
破棄
過少申告加算税が課されない場合として国税通則法65条4項の定める「正当な理...なるというのが相当であるから,国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があ...は,国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるものといえるから,本件各
1 匿名組合契約に基づき匿名組合員が受ける利益の分配と所得区分の判断 2 匿名組合契約に基づき航空機のリース事業に出資をした匿名組合員が、当該契約に基づく損失の分配を不動産所得に係るものとして所得税の申告をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
棄却
遺産分割に係る代償債務の不履行を理由として、その成立後にされた遺産分割協議の合意解除が、国税通則法施行令6条1項2号にいう「当該契約の成立後生じたやむを得ない事情」による解除に当たるとはいえないとされた事例
棄却
国税通則法...国税通則法施行令(ただし,平成23年12月2日政令第382号によ
遺産分割に係る代償債務の不履行を理由として、その成立後にされた遺産分割協議の合意解除が、国税通則法施行令6条1項2号にいう「当該契約の成立後生じたやむを得ない事情」による解除に当たるとはいえないとされた事例
控訴を棄却
分には,国税通則法(平成23年法律第114号による改正前のもの。以下
1 納税者である株式会社の取締役が仮装行為をした場合に納税者本人につき国税通則法68条1項所定の重加算税賦課の要件を満たすものということができるとされた事例 2 国税の納税者本人(法人の場合は、その代表者)と一定の関係(親族関係や雇用、委任等の関係)にあって、納税者のために、その代理人、補助者等として一定の事務を行う者が偽りその他不正の行為を行った場合における国税通則法70条5項の適用の有無
棄却
から,上記納付により誤納金が生じたとして,国税通則法(以下「通則法」と...る。国税通則法基本通達は,連帯納付義務者が納付した国税につき生じた...国税通則法
他の相続人らの名義で同人らの相続税を納付した相続人がした国税通則法56条1項に基づく誤納金の還付を求める請求につき、国税に係る過誤納金の還付請求権は、納付書に納税者として記載された者が取得するとして、同請求が棄却された事例
取り消す
1 被相続人の全ての遺産を、共同相続人中の一人を除くその他の相続人らに相続させる趣旨の遺言が、前記遺言に記載のない相続人の相続分を零と定める限度で、相続分の指定があるものとされ、前記その他の相続人らが、国税通則法5条2項の規定によって当該指定された相続分に応じて国税の納付義務を承継するとされた事例 2 国税通則法5条2項の共同相続人が納税義務を承継する同税の額の計算の基礎となる相続分の定めに遺留分減殺請求が及ぼす影響
取り消す
の申請手続について,国税通則法施行令15条2項は,別紙「関係法令等」記...ようとする理由として,「国税通則法等。46条第2項5号に該当。ここ...ようとする理由として,「国税通則法第46条第2項第4,5号に該当
1 国税通則法46条2項に基づく消費税等の納税猶予申請に対する不許可処分の取消請求が、認容された事例 2 処分要件充足性有無の判断の基礎となる証拠資料
棄却
の賦課決定処分には,国税通則法70条(平成23年法律第114号による...本件は,原告が,国税通則法68条1項(重加算税)の課税要件を満たさ...国税通則法75条4項1号に
1 納税者である株式会社の取締役が仮装行為をした場合に納税者本人につき国税通則法68条1項所定の重加算税賦課の要件を満たすものということができるとされた事例 2 国税の納税者である法人と法人税法163条1項所定の関係にある者が偽りその他不正の行為を行い納税者が税額の全部又は一部を免れた場合における国税通則法70条5項の適用の有無
破棄
少申告加算税が課されない場合として国税通則法65条4項が定める「正当な理由...挙げようとする行政上の措置である。この趣旨に照らせば,国税通則法65条4項...く,本件において上記の過少申告がされたことについて国税通則法65条4項にい
1 所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」の支出の主体 2 法人が保険料を支払った養老保険契約に係る満期保険金を当該法人の代表者が受け取った場合において、上記満期保険金に係る当該代表者の一時所得の金額の計算上、上記保険料のうち当該法人における保険料として損金経理がされた部分が所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとされた事例 3 国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
国税通則法46条2項に基づく所得税及び消費税等の納税猶予申請に対する不許可処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
本件訴えは,本件再更正処分等に係る国税通則法(以下「通則法」とも
相続税について更正処分を受け、同処分に対して異議申立てをして処分行政庁による異議決定が出された後に再更正処分を受け、その後に原更正処分に対して審査請求をした者が、再更正処分について不服申立手続を経由せずに提起した再更正処分の取消しを求める訴えが、不服申立手続を経由しないで訴えを提起することにつき国税通則法115条1項3号後段にいう「正当な理由」があるとして、適法とされた事例
棄却
国税不服審判所長は,国税通則法104条2項の規定に基づき,本件審...きず(国税通則法115条),ここでいう異議申立て及び審査請求は,...議申立てをすることができ(国税通則法75条1項1号),当該異議申
相続税について更正処分を受け、同処分に対して異議申立てをして処分行政庁による異議決定が出された後に再更正処分を受け、その後に原更正処分に対して審査請求をした者が、再更正処分について不服申立手続を経由せずに提起した再更正処分の取消しを求める訴えが、不服申立手続を経由しないで訴えを提起することにつき国税通則法115条1項3号後段にいう「正当な理由」があるとして、適法とされた事例
棄却
更正すべき理由がない旨の通知(国税通則法〔通則法〕23条4項。本件各
1 審査請求についての裁決を経ずに提起された相続税の更正処分等の取消しを求める訴えにつき、前記更正処分等に係る審査請求はされた上で取り下げられているところ、この取下げは担当官の誤った教示によって陥った錯誤に基づくもので無効であるから、前記訴えは適法であるとの主張が排斥された事例 2 被相続人の財産に係る相続税につき、他の相続人との間に訴訟上の和解が成立したとして、主位的に相続税法55条、同32条1号に基づいて、予備的に国税通則法23条2項1号に基づいてした更正の請求に対して、税務署長がした更正に理由がない旨の通知の取消請求が、棄却された事例
棄却
国税通則法(以下「通則法」という。)46条2項に基づき,納税の猶予の申請を...て,国税通則法施行令15条2項は,別紙「関係法令等」2記載のとおり定めてい...として,「国税通則法第46条第2項5号に該当
国税通則法46条2項に基づく所得税及び消費税等の納税猶予申請に対する不許可処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
青色申告書を提出する法人が、法人税について、租税特別措置法施行規則(平成17年財務省令第37号による改正前)22条の20に定める書類を添付せずに確定申告をした後、前記書類を添付した上、国税通則法23条1項1号に基づき租税特別措置法(平成17年法律第21号による改正前)68条の2第1項による税額により行った減額更正請求に対する更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、棄却された事例
取り消す
被上告人に対し,国税通則法23条1項1号に基づき,所得金額を61億1134...べき法人税額を過大に申告したことは国税通則法23条1項1号所定の要件に該当...る所得税額を過少に記載したため法人税額を過大に申告したことが,国税通則法2
法人税の確定申告において、法人税法(平成15年法律第8号による改正前のもの)68条1項に基づき配当等に係る所得税額を控除するに当たり、計算を誤ったために控除を受けるべき金額を過少に記載したとしてされた更正の請求が、法人税法68条3項の趣旨に反するということはできず、国税通則法23条1項1号所定の要件を満たすとされた事例
棄却
び国税通則法68条1項に該当する事由があるとして,平成18年7月7日付...承認の取消要件及び国税通則法68条1項所定の重加算税の賦課要件としての...していたものであるから,国税通則法68条1項所定の重加算税の賦課要
青色申告承認取消処分及び国税通則法68条1項に該当する事由があるとした重加算税賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
青色申告書を提出する法人が、法人税について、租税特別措置法施行規則(平成17年財務省令第37号による改正前)22条の20に定める書類を添付せずに確定申告をした後、前記書類を添付した上、国税通則法23条1項1号に基づき租税特別措置法(平成17年法律第21号による改正前)68条の2第1項による税額により行った減額更正請求に対する更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
その更正に係る国税通則法28条2項(更正通知書の記載事項)に規定する...国税通則法68条1項...は,国税通則法(下記の引用部分では「通則法」という。
法人税法127条1項3号に該当する事由があるとしてした青色申告承認取消処分及び国税通則法68条1項に該当する事由があるとしてした重加算税賦課決定処分の各取消請求が、いずれも棄却された事例
控訴を棄却
所得税法及び国税通則法の文言上,源泉徴収義務者は「支払」という...控訴人は,所得税法及び国税通則法の文言上,源泉徴収義務者は「支払」...所得税法及び国税通則法の文理解釈上,
1 管財人報酬は、所得税法204条1項2号にいう弁護士の業務に関する報酬又は料金に当たる 2 破産者の破産管財人が、当該破産管財人個人に対してした破産管財人の報酬の支払と源泉徴収義務 3 破産者の破産管財人が当該破産管財人個人に対して破産管財人の報酬を支払ったことについて、当該破産者に対してされた源泉徴収による所得税に係る不納付加算税賦課決定処分が、国税通則法67条1項ただし書にいう「正当な理由」があるとはいえないとして、適法とされた事例
却下
その課税価格及び相続税額につき国税通則法(以下「通則法」という。)
1 審査請求についての裁決を経ずに提起された相続税の更正処分等の取消しを求める訴えにつき、前記更正処分等に係る審査請求はされた上で取り下げられているところ、この取下げは担当官の誤った教示によって陥った錯誤に基づくもので無効であるから、前記訴えは適法であるとの主張が排斥された事例 2 被相続人の財産に係る相続税につき、他の相続人との間に訴訟上の和解が成立したとして、国税通則法23条2項1号に基づいてした更正の請求に対して、税務署長がした更正に理由がない旨の通知の取消請求が、棄却された事例
取り消す
オ 国税通則法67条1項は,源泉徴収による国税がその法定納期限までに完納...れる場合は,この限りでないと規定する。なお,国税通則法118条3項は,附帯...に納付しなかったことについて正当な理由があると認められるか(国税通則法67
1 管財人報酬は、所得税法204条1項2号にいう弁護士の業務に関する報酬又は料金に当たる 2 破産者の破産管財人が、当該破産管財人個人に対してした破産管財人の報酬の支払及び当該破産者の元従業員らに対してした退職金等の配当と源泉徴収義務 3 破産者の破産管財人が当該破産者の元従業員らに対して退職金及び解雇予告手当を配当したことについて、当該破産者に対してされた源泉徴収による所得税に係る不納付加算税賦課決定処分が、国税通則法67条1項ただし書にいう「正当な理由」があるとして違法とされた事例 4 破産者の破産管財人が当該破産管財人個人に対して破産管財人の報酬を支払ったことについて、当該破産者に対してされた源泉徴収による所得税に係る不納付加算税賦課決定処分が、国税通則法67条1項ただし書にいう「正当な理由」があるとはいえないとして、適法とされた事例
棄却
相続人らが、相続税の納付後に遺産を占有管理していた表見相続人と裁判上の和解をしたとして、国税通則法23条2項1号に基づいてした相続税の更正請求に対し、税務署長がした更正の理由がない旨の通知処分の取消請求及び納付した相続税の一部還付請求が、いずれも棄却された事例
棄却
控訴人には国税通則法(以下「通則法」という。)65条4項の
1 アメリカ合衆国ニューヨーク州法に基づき組成された、その構成員に有限責任の保護を提供し、構成員が積極的に経営に参加する権利を有する事業形態であるLLC(リミテッド・ライアビリティー・カンパニー)が、我が国の租税法上の外国法人に当たるとされた事例 2 アメリカ合衆国ニューヨーク州法に基づき組成された、その構成員に有限責任の保護を提供し、構成員が積極的に経営に参加する権利を有する事業形態であるLLC(リミテッド・ライアビリティー・カンパニー)の構成員が、同国のいわゆるチェック・ザ・ボックス規則により、同LLCが法人としての課税を受けるのではなく、パートナーシップとしての課税を受けることを選択した結果、同LLCの構成員各人の持分割合に応じてその所得又は損失となるとして、我が国において、同LLCの行った不動産賃貸業に係る収支及び同LLC名義の預金利息収入を、自己の不動産取得及び雑所得として所得税の申告をし、同LLCから同人に送金された分配金を含めずに申告したところ、前記不動産賃貸業により生じた損益及び預金利息収入は法人としての前記LLCに帰属し、同人の課税所得の範囲に含まれないとして是正され、また、前記LLCから同人に送金された分配金が配当所得に該当するなどとしてされた所得税に係る更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例 3 アメリカ合衆国ニューヨーク州において、相互にパートナーシップ契約を締結して不動産賃貸業等を営んでいたが、同州の法律に基づき、その構成員に有限責任の保護を提供し、構成員が積極的に経営に参加する権利を有する事業形態であるLLC(リミテッド・ライアビリティー・カンパニー)に組織変更し、その構成員となった者が、同国のいわゆるチェック・ザ・ボックス規則により、同LLCが法人としての課税を受けるのではなく、パートナーシップとしての課税を受けることを選択した結果、同LLCの構成員各人の持分割合に応じてその所得又は損失となるとして、我が国において、同LLCの行った不動産賃貸業に係る収支及び同LLC名義の預金利息収入を自己の不動産取得及び雑所得として平成10年から同12年までの所得税の申告をし、また、同LLCから同人に送金された分配金を含めずに申告したことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」が認められないとされた事例
破棄
とについて,国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があると認めることはで...的に過少申告加算税が課されない場合として国税通則法65条4項が定めた「正当
納税者が平成12年分の所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告したことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
棄却
国税通則法(以下「通則法」という。)には,以下の内容の定めがある。
1 アメリカ合衆国ニューヨーク州法に基づき組成された、その構成員に有限責任の保護を提供し、構成員が積極的に経営に参加する権利を有する事業形態であるLLC(リミテッド・ライアビリティー・カンパニー)が、我が国の租税法上の外国法人に当たるとされた事例 2 アメリカ合衆国ニューヨーク州法に基づき組成された、その構成員に有限責任の保護を提供し、構成員が積極的に経営に参加する権利を有する事業形態であるLLC(リミテッド・ライアビリティー・カンパニー)の構成員が、同国のいわゆるチェック・ザ・ボックス規則により、同LLCが法人としての課税を受けるのではなく、パートナーシップとしての課税を受けることを選択した結果、同LLCの構成員各人の持分割合に応じてその所得又は損失となるとして、我が国において、同LLCの行った不動産賃貸業に係る収支及び同LLC名義の預金利息収入を、自己の不動産取得及び雑所得として所得税の申告をし、同LLCから同人に送金された分配金を含めずに申告したところ、前記不動産賃貸業により生じた損益及び預金利息収入は法人としての前記LLCに帰属し、同人の課税所得の範囲に含まれないとして是正され、また、前記LLCから同人に送金された分配金が配当所得に該当するなどとしてされた所得税に係る更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例 3 アメリカ合衆国ニューヨーク州において、相互にパートナーシップ契約を締結して不動産賃貸業等を営んでいたが、同州の法律に基づき、その構成員に有限責任の保護を提供し、構成員が積極的に経営に参加する権利を有する事業形態であるLLC(リミテッド・ライアビリティー・カンパニー)に組織変更し、その構成員となった者が、同国のいわゆるチェック・ザ・ボックス規則により、同LLCが法人としての課税を受けるのではなく、パートナーシップとしての課税を受けることを選択した結果、同LLCの構成員各人の持分割合に応じてその所得又は損失となるとして、我が国において、同LLCの行った不動産賃貸業に係る収支及び同LLC名義の預金利息収入を自己の不動産取得及び雑所得として平成10年から同12年までの所得税の申告をし、また、同LLCから同人に送金された分配金を含めずに申告したことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」が認められないとされた事例
取り消す
定に従っていなかったこと又は当該計算に誤りがあったこと」(国税通則法2...額が過大となった場合に,国税通則法23条1項1号に定める『税額等の計算...国税通則法23条1項は,「納税申告書を提出した者は,次の各号の一に該
法人税の確定申告をする際に外国税額控除制度の適用を受けるに当たり、申告書に記載した税額等の計算が国税通則法23条1項1号に規定する「国税に関する法律の規定に従っていなかったこと又は当該計算に誤りがあったこと」により納付すべき法人税額が過大になったとしてした更正の請求に対し、税務署長がした更正すべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、認容された事例
取り消す
して申告したことについて,国税通則法65条4項所定の「正当な理由」があ...申告したことには,国税通則法65条4項所定の「正当な理由」があるとい...申告があっても例外的に過少申告加算税が課されない場合として国税通則法6
平成11年分から同14年分までの所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益及び同社から付与されたリストリクテッド・ストックに係る株式取得益(一定の制限期間中は譲渡することができないとされた株式の制限解除時の当該株式の時価と付与時の取得価額との差額相当額の利益)をいずれも一時所得として申告した者が、同権利行使益及び株式取得益がいずれも給与所得に当たるとして増額更正処分とともにされた各過少申告加算税賦課決定処分について、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとしてした取消請求のうち、平成11年分から同13年分までの分について認容され、平成14年分について棄却された事例
棄却
として申告したことについて,国税通則法(以下「通則法」という。)65条
所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告した者が、同権利行使益が給与所得に当たるとして増額更正とともにされた過少申告加算税賦課決定処分について、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとしてした取消請求が、棄却された事例
棄却
消費税等を還付しないとして,被告に対し,国税通則法56条1項,消費税法...しなければならない(国税通則法56条1項,消費税法52条1項,45条
1 消費税法施行令64条にいう「当該不足額が過大であると認められる事由がある場合」の意義 2 消費税及び地方消費税の確定申告をした者が、国税通則法56条1項、消費税法52条1項及び地方税法72条の88第2項に基づいてした還付加算金の請求が、棄却された事例
破棄
とされていなかったことについて,国税通則法65条4項にいう「正当な理由」が...的に過少申告加算税が課されない場合として国税通則法65条4項が定めた「正当...又は酷になるというのが相当であり,国税通則法65条4項にいう「正当な理由」
納税者が平成11年分の所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告したことにつき国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
破棄
とされていなかったことについて,国税通則法65条4項にいう「正当な理由」が...的に過少申告加算税が課されない場合として国税通則法65条4項が定めた「正当...なるというのが相当であるから,国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があ
納税者が平成11年分の所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告したことにつき国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
取り消す
いて,納付の日の翌日から返還までの間につき,主位的に国税通則法の還付加算金...主位的請求について,国税通則法の類推適用は認められないとしてその請求を棄却...返還までの間につき,主位的に国税通則法の還付加算金に関する規定の類推適
1 課徴金の納付を命ずる公正取引委員会の審決の一部を取り消す判決が確定したことにより返還を受けた金員についてした、国税通則法上の還付加算金に関する規定の類推適用を根拠とする還付加算金の請求が、棄却された事例 2 課徴金の納付を命ずる公正取引委員会の審決の一部を取り消す判決が確定したことにより、返還を受けた金員についてした、悪意の不当利得に基づく利息の請求が、一部認容された事例
棄却
1 国税徴収法39条による第二次納税義務制度と国税通則法42条により準用される民法424条による詐害行為取消制度との関係 2 国税徴収法39条にいう「滞納者の国税につき滞納処分を執行してもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 3 相続税法34条1項に基づく連帯納付義務を負担するものとされた者から財産の贈与を受けた者に対し、国税徴収法39条に基づく第二次納税義務を負うとしてされた納付通知書による告知処分及び納付催告書による督促処分の取消請求が、前記各処分に違法はないとして棄却された事例
取り消す
上記事実関係の下で,原審は,1審原告に国税通則法68条1項に規定する隠ぺ...国税通則法68条1項は,過少申告をした納税者が,その国税の課税標準等...ある1審原告本人の行為と同視することはできず,1審原告につき国税通則法68
1 納税申告手続を委任された税理士が納税者に無断で隠ぺい仮装行為に基づく過少申告をした場合に納税者本人につき国税通則法68条1項所定の重加算税賦課の要件を満たすものということはできないとされた事例 2 偽りその他不正の行為により税額を免れた国税に関し当該行為により免れた税額に相当する部分について修正申告がされたが当該国税になお更正すべき税額がある場合における国税通則法70条5項所定の期間内の更正の可否 3 納税申告手続を委任された税理士が納税者に無断で税務署職員と共謀した上で虚偽の記載をした確定申告書を提出するなどして過少申告をした場合に納税者本人に対する過少申告加算税の賦課に関し国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があると認められた事例
破棄
と判断したが,上告人はこの判断につき国税通則法68条1項の解釈適用を誤った...国税通則法68条1項は,過少申告をした納税者が,その国税の課税標準...ら,国税通則法65条4項所定の「正当な理由」の有無は,当該公法上の義務違反
1 納税申告手続を委任された税理士が隠ぺい仮装行為をした場合と納税者本人に対する重加算税の賦課 2 納税申告手続を委任された税理士が納税者に無断で隠ぺい仮装行為に基づく過少申告をした場合に納税者本人につき国税通則法68条1項所定の重加算税賦課の要件を満たすものということはできないとされた事例 3 国税通則法65条4項にいう「正当な理由があると認められる」場合 4 納税申告手続を委任された税理士が虚偽の記載をした確定申告書を提出するなどして過少申告をした場合に納税者本人に対する過少申告加算税の賦課に関し国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があると認めることはできないとされた事例
棄却
国税不服審判所長は,国税通則法104条に基づいて,上記各審査請求に...消前)を裁決により一部取消したことによって,国税通則法115条1項柱...原審は,本案前の争点については,国税通則法115条1項柱書本文の
1 一定の事業年度に係る法人税の確定申告に対する更正及び過少申告加算税賦課決定を受けた会社が、その後した更正の請求に対して更正をすべき理由がない旨の通知処分を受け、同通知処分についてのみ不服申立てを経た後、前記賦課決定について不服申立てを経ることなく提起した取消訴訟につき、国税通則法115条1項3号所定の「正当な理由」があるとは認められないとされた事例 2 携帯、自動車電話事業等を営む会社が、PHS事業者からPHS事業の営業譲渡により取得した施設利用権等のうち、電信電話会社の設置するPHS接続装置又は加入者交換機とPHS事業者が設置する無線接続装置との間に設置される端末回線に関するものが、法人税法施行令(平成16年政令第101号による改正前)133条に規定する少額減価償却資産に該当するとされた事例 3 PHS事業を営む会社が、電信電話会社に対して支払った電信電話会社の設置するPHS接続装置又は加入者交換機とPHS事業者が設置する無線接続装置との間に設置される端末回線の設置工事及び手続に関する費用が、法人税法施行令(平成16年政令第101号による改正前)133条に規定する少額減価償却資産に該当するとされた事例
棄却
りがあったこと」(国税通則法23条1項1号)により納付すべき法人税額が...定申告書に記載しなかったことは,国税通則法23条1項1号の規定に該当...これは,国税通則法23条1項の更正の請求の事由に明らかに該当する。
法人税の確定申告をする際に外国税額控除制度の適用を受けるに当たり、申告書に記載した税額等の計算が国税通則法23条1項1号に規定する「国税に関する法律の規定に従っていなかったこと又は当該計算に誤りがあったこと」により納付すべき法人税額が過大になったとしてした更正の請求に対し、税務署長がした更正すべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、棄却された事例
破棄
以内に本件課税処分に対する異議申立てをしたところ,国税通則法 77 条 1 項所定...ものであるとして,国税通則法 83 条 1 項に基づき,これを却下する旨の決定をし...法なものであるとして,国税通則法 92 条に基づき,これを却下する旨の本件裁決
1 国税徴収法39条所定の第二次納税義務者が本来の納税義務者に対する課税処分につき国税通則法75条に基づく不服申立てをすることの可否 2 国税徴収法39条所定の第二次納税義務者が本来の納税義務者に対する課税処分につき国税通則法75条に基づく不服申立てをする場合の不服申立期間の起算日
却下
国税通則法(以下「通則法」という。)115条1項3号にいう「正当な理由」の存否
ストックオプションの行使により取得した利益であるいわゆる権利行使益が給与所得に該当するとしてされた当該年度の所得税の更正処分等の取消しを求める訴えが、不服申立手続を経ないで提起されたことにつき、国税通則法115条1項3号にいう「正当な理由」があるとはいえないとされた事例
取り消す
も,控訴人が本件権利行使益を一時所得として申告したことには,国税通則法65条4項の「正当な理由」があ...がなくても違法ではない,③控訴人が本件権利行使益を一時所得として申告したことには,国税通則法65条...権利行使益を一時所得として申告したことには,国税通則法65条4項の「正当な理由」があるから,本件賦課
外国法人の100パーセント子会社である日本法人の従業員が、前記外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を所得税法34条1項所定の一時所得として所得税の修正申告(平成13年3月9日)をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
破棄
 第2 上告代理人都築弘ほかの上告受理申立て理由のうち国税通則法70条5項...て偽りその他不正の行為により税額を免れたと認めることはできないから,国税通則法70条5項は適用されず,本件各賦課決定は同条4項所定の除斥期間経過後に... 【要旨1】国税通則法70条5項の文理及び立法趣旨にかんがみれば,同項は,
1 国税の納税者から申告の委任を受けた者が偽りその他不正の行為を行い納税者が税額の全部又は一部を免れた場合における国税通則法70条5項の適用の有無 2 税理士に所得税の申告を委任した納税者が脱税を意図しその意図に基づいて行動したとは認められないとした認定に経験則違反の違法があるとされた事例
棄却
たことには,国税通則法65条4項の「正当な理由」があるから,本件賦課決定処分は違法で...  (8) 所得税法及び国税通則法の規定...得の定義に関する規定が存在し,国税通則法には,次のとおり,過少申告加算税に関する
外国法人の100パーセント子会社である日本法人の従業員が、前記外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を所得税法34条1項所定の一時所得として所得税の修正申告(平成13年3月9日)をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」がないとされた事例
破棄
基礎とされていなかったことについて国税通則法65条4項にいう正当な理由があ...息相当分が更正前の税額の計算の基礎とされていなかったことについて国税通則法65条4項にいう正当な理由がある。したがって,本件各決定は違法である。...とについて国税通則法65条4項にいう正当な理由があったとは認めることができ
同族会社の出資者が同会社に対してした無利息貸付けに所得税法(平成13年法律第6号による改正前のもの)157条の規定を適用されて所得税の増額更正を受けた場合において利息相当分を更正前の税額の計算の基礎としなかったことにつき国税通則法65条4項にいう正当な理由があるとは認められないとされた事例
控訴を棄却
を経過した後にされたものであり,本件においては,国税通則法(通則法)70条5
1 在日米国大使館に勤務する日本人職員の給与についての米国の源泉徴収義務が否定された事例 2 在日米国大使館に勤務する職員が、所得税の申告に際し、実際に支給を受けていた給与の一部を収入金額から除外して申告していた行為が、国税通則法70条5項所定の「偽りその他不正の行為」に当たるとされた事例
却下
どとして,原告が被告に対して,国税通則法23条2項1号に基づいて法人税の更...は国税通則法23条1項及び平成14年法律第79号による改正前の法人税法82...条所定の提出期限までに提出されておらず,国税通則法23条2項に該当する事実
法人税額算定の基礎とされた保険金収入は自己に帰属するものではないことなどを理由とする国税通則法23条2項1号に基づく更正の請求に対し、税務署長がした更正すべき理由がない旨の通知処分が、適法とされた事例
棄却
額を申告したものであり、原告の各申告は、国税通則法(以下「通則法」とい
1 在日米国大使館に勤務する日本人職員の給与についての米国の源泉徴収義務が否定された事例 2 在日米国大使館に勤務する職員が、所得税の申告に際し、実際に支給を受けていた給与の一部を収入金額から除外して申告していた行為が、国税通則法70条5項所定の「偽りその他不正の行為」に当たるとされた事例
131 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in