2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61906 
刑事21947民事39959
法律
国税徴収法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
国税徴収法の判決統計
0
1
0
63 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
控訴を棄却
を受けた。その後,東京国税局長は,本件配当が国税徴収法39条にいう「第
滞納者たる会社がその唯一の株主に対して行った剰余金の配当の一部が、国税徴収法(平成19年法律第6号による改正前のもの)39条にいう「第三者に利益を与える処分」に当たるとして当該株主に対してされた第二次納税義務の納付告知処分が、適法とされた事例
棄却
う。)を受けた。その後,東京国税局長は,本件配当が国税徴収法39条にい...(1) 国税徴収法...(2) 国税徴収法施行令14条
滞納者たる会社がその唯一の株主に対して行った剰余金の配当の一部が、国税徴収法(平成19年法律第6号による改正前のもの)39条にいう「第三者に利益を与える処分」に当たるとして当該株主に対してされた第二次納税義務の納付告知処分が、適法とされた事例
棄却
東京国税局長は,滞納会社の滞納に係る国税につき,国税徴収法(徴収法)
国税徴収法37条に基づき納税者である同族会社の滞納に係る国税について同社の株主に対してされた同人の所有する不動産を納付限度額とする第二次納税義務の納付告知処分が、適法とされた事例
棄却
国税徴収法37条に基づき納税者である同族会社の滞納に係る国税について同社の株主に対してされた同人の所有する不動産を納付限度額とする第二次納税義務の納付告知処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
3388円並びに延滞税)及び滞納処分費について,国税徴収法38条の規定...かに解することはできず,結局,国税徴収法上,控訴人の主張するような原...2(1) 控訴人は,控訴理由として,原判決は,国税徴収法38条の「納税者が」
国税徴収法38条に基づき同族会社からの事業譲渡に際し譲渡財産を限度としてされた第二次納税義務の告知処分に対し、第二次納税義務の限度は当該事業譲渡によって譲受人が得た利得に限定されるとしてされた同処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
で,国税徴収法38条の規定により,原告がaの滞納国税(消費税及び地方消...国税徴収法38条の定め...国税徴収法施行令13条1項の定め
国税徴収法38条に基づき同族会社からの事業譲渡に際し譲り受けた財産を限度とする第二次納税義務を負うとしてされた納付通知書による告知処分に対し、第二次納税義務の限度は当該事業譲渡によって譲受人が得た利得に限定されるとしてされた同処分の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
税につき国税徴収法39条に基づく第二次納税義務の納付告知を受けたことから,...関東信越国税局長は,Aが上告人及びCとの間でした本件遺産分割協議は国税徴収法39条にいう第三者に利益を与える処分に当たり,上告人はこれにより...るものであるときは,国税徴収法39条にいう第三者に利益を与える処分に当たり
1 遺産分割協議は国税徴収法39条にいう第三者に利益を与える処分に当たり得るか 2 滞納者に詐害の意思のあることは国税徴収法39条所定の第二次納税義務の成立要件か
控訴を棄却
が遺産分割協議により法定相続分を超える財産を取得したことは,国税徴収法
1 遺産分割協議の結果、法定相続分を超える財産を取得したことが国税徴収法39条が規定する財産の譲渡、処分等により権利を取得したことに当たるとしてされた第二次納税義務の告知処分の取消請求が、棄却された事例 2 遺産分割協議は、国税徴収法39条の「その他第三者に利益を与える処分」として同条の適用対象となり得る
取り消す
訴人P2に対して,本件譲渡1は,国税徴収法(以下「徴収法」という。)
外国法人から同法人の関連会社の株式を譲り受けたところ、当該株式の譲受け価額は国税徴収法39条にいう著しく低い額の対価に当たるとして第二次納税義務の納付告知処分を受けた納税者がした同処分の取消請求が、一部認容された事例
取り消す
に対し,上記P3株式の譲受け価額は,国税徴収法(以下「徴収法」とい
1 外国法人から同法人の関連会社の株式を譲り受けたところ、当該株式の譲受け価額は国税徴収法39条にいう著しく低い額の対価に当たるとして第二次納税義務の納付告知処分を受けた納税者がした同処分の取消請求が、認容された事例 2 公開されていない株式を譲り受けたところ、当該譲受け価額が時価に比し低額であるとして、譲受け価額と時価との差額につき受贈益と認定され、法人税の更正処分及び過少申告加算税の賦課決定処分を受けた会社がした前記各処分の取消請求が、一部認容された事例
破棄
被上告人は,平成13年11月22日,国税徴収法24条3項の規定に基...国税徴収法24条6項は,「譲渡担保権者が国税の法定納期限等以前に譲渡担保財産となっている事実を,その財産の売却決定の前日までに,証明した場合」...本件において,上告人が国税徴収法24条6項所定の証明をしたとはいえず,本件
国税の法定納期限等以前に将来発生すべき債権を目的として譲渡担保契約が締結され第三者に対する対抗要件が具備されていた場合における国税徴収法24条6項の適用
棄却
1 国税徴収法39条による第二次納税義務制度と国税通則法42条により準用される民法424条による詐害行為取消制度との関係 2 国税徴収法39条にいう「滞納者の国税につき滞納処分を執行してもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 3 相続税法34条1項に基づく連帯納付義務を負担するものとされた者から財産の贈与を受けた者に対し、国税徴収法39条に基づく第二次納税義務を負うとしてされた納付通知書による告知処分及び納付催告書による督促処分の取消請求が、前記各処分に違法はないとして棄却された事例
破棄
分」という。)に基づく同社の滞納国税につき,国税徴収法 39 条に基づく第二次...づく滞納国税につき,国税徴収法 39 条に基づく第二次納税義務の納付通知書を発...国税徴収法 39 条は,滞納者である本来の納税義務者が,その国税の法定納
1 国税徴収法39条所定の第二次納税義務者が本来の納税義務者に対する課税処分につき国税通則法75条に基づく不服申立てをすることの可否 2 国税徴収法39条所定の第二次納税義務者が本来の納税義務者に対する課税処分につき国税通則法75条に基づく不服申立てをする場合の不服申立期間の起算日
棄却
財産の贈与を受けた原告らに対して,原告らが国税徴収法39条に基づく第二次納...(1) 国税徴収法(以下「徴収法」という。)39条が適用されるのが,滞納者...(ア) 国税徴収法(明治30年法律第21号)には,15条に,詐害行為
1 国税徴収法39条の第二次納税義務と納税義務者の詐害の意思の要否 2 国税徴収法39条にいう「滞納者の国税につき滞納処分を執行してもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 3 相続税法34条1項に基づく連帯納付義務を負担するものとされた者から財産の贈与を受けた者に対し、国税徴収法39条に基づく第二次納税義務を負うとしてされた納付通知書による告知処分及び納付催告書による督促処分の取消請求が、前記各処分に違法はないとして棄却された事例
棄却
となった不動産の処分価額を超えるため,無益な差押を禁止する国税徴収法(以下...る地方団体の徴収金の滞納処分については,国税徴収法に規定する滞納処分の例に
固定資産税の滞納処分として所有する不動産の差押えを受けた者が、同差押えは国税徴収法48条2項に違反するとしてした同処分の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
て,国税徴収法(以下「法」という。)24条に基づく告知が発せられたときは,
いわゆる一括支払システムに関する契約においてされた国税徴収法24条2項による告知書の発出の時点で譲渡担保権を実行することを内容とする合意の効力
却下
(4) 被告は,平成12年3月17日,本件保険会社に対し,国税徴収法67条...約返戻金を受領して取り立てたことは,国税徴収法に基づく公権力の行使そのもの...差押債権の取立て(国税徴収法67条)を行うに当たっては滞納処分の方法による
国税徴収法47条、国税徴収法(平成14年法律第65号による改正前)62条に基づいて生命保険契約の解約返戻金請求権を差し押さえた国が生命保険を解約する行為が、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとされた事例
破棄
収等に関する法律二九条)、右配当は、国税徴収法二六条の規定の準用により、(...配当表」という。)を作成した。本件配当表は、前回の配当と同様に、国税徴収法...国税徴収法一五条、一六条の規定の趣旨に照らして許されないと解すべきであるか
同一の申立てに係る複数の不動産の競売における先行する配当手続で国税徴収法26条の規定による調整が行われた場合において配当を受けることができなかった国税、地方税等を後行の配当手続で私債権に優先するものとして取り扱うことの可否
控訴を棄却
2 被控訴人が平成五年五月二〇日付けで控訴人に対してした国税徴収法二四条二... すなわち、昭和四五年最判は、旧国税徴収法(昭和三四年法律第一四七号による...も、国税滞納処分であること又は旧国税徴収法に基づく法定取立権であることの故
国税局長が、法人税の滞納者に対する売掛金債権を譲渡担保として譲り受けた銀行に対し、国税徴収法24条2項に基づいて当該債権から滞納額を徴収する旨の告知をしたところ、同銀行が、当該債権を譲り受ける際に締結したいわゆる一括支払システム契約においては、同項に基づく告知が発されたときは被担保債権は何らの手続も要せず弁済期が到来し、前記売掛金債権を被担保債権の代物弁済に充当するとの約定があり、この約定に基づいて前記売掛金債権は同銀行に確定的に帰属したから、国税局長のした前記告知はその要件を欠き違法であるとしてした同告知の取消請求が、棄却された事例
棄却
1 被告が平戊五年五月二〇日付けで原告に対してした国税徴収法二四条二項に基...て、国税徴収法(以下「法」という。)二四条に基づく譲渡担保権者に対する告知
国税局長が、法人税の滞納者に対する売掛金債権を譲渡担保として譲り受けた銀行に対し、国税徴収法24条2項に基づいて当該債権から滞納額を徴収する旨の告知をしたところ、同銀行が、当該債権を譲り受ける際に締結したいわゆる一括支払システム契約においては、同項に基づく告知が発されたときは被担保債権は何らの手続も要せず弁済期が到来し、前記売掛金債権を被担保債権の代物弁済に充当するとの約定があり、この約定に基づいて前記売掛金債権は同銀行に確定的に帰属したから、国税局長のした前記告知はその要件を欠き違法であるとしてした同告知の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
 国税徴収法の定める第二次納税義務は、確定した主たる納税義務につき本来の納
国税徴収法の定める第二次納税義務の納付告知と国税通則法七〇条の類推適用
却下
本件は、原告が、被告に対し、被告において国税徴収法(以下「徴収法」とい
1 国税徴収法104条に基づく最高価申込者の決定の行政処分性 2 国税徴収法98条に基づく公売財産の見積価額の決定と同法104条に基づく最高価申込者の決定との間の違法性の承継 3 国税徴収法98条に基づく公売財産の見積価額の決定の違法をその後にされる換価代金等の配当の違法事由として主張することの可否 4 国税徴収法98条に基づく公売財産の見積価額の決定が違法であるとしてされた同法104条に基づく最高価申込者の決定の取消請求が棄却された事例
上告を棄却
 国税徴収法(以下「徴収法」という。)二二条一項は、納税者が他に国税に充て
不動産競売手続において国税徴収法二二条五項の交付要求をすべき時期
控訴を棄却
ところで、国税徴収法三四条は、法人が解散した場合において、その法人が結果的...このような国税徴収法の定める第二次納税義務は、主たる納税義務が申告又は決定...本件において、前記認定にかかる事実によれば、控訴人は、国税徴収法三四条によ
1 清算結了登記を経由した株式会社に対する法人税更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分につき、同株式会社の清算人は、国税徴収法34条により同課税処分の後続処分としての納付告知処分を受け、これによって損害を受けるおそれのある者として、行政事件訴訟法36条の無効確認訴訟の原告適格を有するとした事例 2 法人税更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分が、清算結了登記を経由した後にされたことをもって、消滅した法人に対してされたものとはいえず、同課税処分が重大かつ明白な瑕疵を有する無効の処分ということはできないとして棄却された事例 3 清算人が、国税徴収法34条の第二次納税義務者として法人税更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分の取消しを求める訴えにおいて、第二次納税義務の告知は主たる納税義務の徴収手続上の一処分としての性格を有し、納税告知を受けた第二次納税義務者は本来の納税義務者と同様の立場にあるから、第二次納税義務者は、前記各課税処分そのものの取消しを求める原告適格を有する者に当たるとした事例 4 第二次納税義務者が主たる納税義務者に対してされた課税処分を争う場合の不服申立てないし出訴期間の起算点は、主たる課税処分が主たる納税義務者に告知された時であり、また、この場合、主たる納税義務者が不服申立手続を経由していれば、第二次納税義務者自身が同手続を経由していなくとも、裁決前置の要件を満たしているものと解すべきであるとした事例 5 第二次納税義務者が提起した主たる納税義務者に対する更正処分及び過少申告加算税賦課処分の取消訴訟が、同各処分は適法であるとして、棄却された事例
棄却
ある(国税徴収法五一条一項)。しかるに、本件差押に係る原告の株式会社元三に...7 国税徴収法五一条一項について...いうものではなく(国税徴収法七九条)、取消訴訟における違法判断の基準時から
1 国税徴収法による差押えが、差押えをした時点において同法48条1項の禁止する超過差押えに当たらなかった場合には、その後、差押えに係る国税の一部の納付等により差押財産の価額が差押えに係る国税等の額を著しく超過するに至ったとしても、右差押えを受けた者は、同法79条により右差押えの全部又は一部の解除を求め得ることがあるのは格別、そのことを理由に、右差押えが違法であると主張してその取消しを求めることはできないとした事例 2 相続開始後約5年を経過した後に、相続財産の大部分を占めていた株式が当該株式会社の倒産によりほとんど無価値になったとしても、災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律4条を適用又は類推適用することはできず、また、同法の精神又は条理に基づき右株式の価額を是正して相続税を算定することもできないとした事例 3 相続税法22条にいう「時価」の意義 4 相続税法34条1項にいう「相続又は遺贈により受けた利益の価額」の意義
取り消す
賃借権を取得しているとしても、右取得によつては未だ国税徴収法三九条の処分が...おいては財団法人設立の許可のなされた日をもつて国税徴収法三九条にいう「利益...れにより三星が右賃料債務を免れたことは認められるとしても、国税徴収法の定め
1 財団法人設立のための財産の寄附が、国税徴収法39条所定の「第三者に利益を与える処分」に当たるとされた事例 2 国税滞納者が設立中の財団法人に対し土地賃借権を寄附した場合につき、右寄附は右財団法人の設立許可を条件とするものと認められるから、右賃借権は右設立許可のあった日に右財団法人に移転したものと解するのが相当であるとして、国税徴収法39条が適用される場合に当たるとした事例 3 滞納国税の徴収が不足するに至ったことが、設立中の財団法人に対する土地賃借権の寄附に基因するものと認められるとされた事例
取り消す
つて原告に対し、国税徴収法(以下「法」という。)第三九条に基づき、三星観光...三星のした賃借権の寄附は国税徴収法施行令(以下「令」という。
1 財団法人設立のための財産の寄附が、国税徴収法39条所定の「第三者に利益を与える処分」に当たるとされた事例 2 国税滞納者が設立中の財団法人に対し土地賃借権を寄附した場合につき、右財団法人の設立許可が国税徴収法39条所定の日以後にされても、右賃借権は同日より前に設立中の法人に帰属したものと認められるとして、同条が適用される場合に当たらないとした事例 3 滞納国税の徴収が不足するに至ったことが、国税滞納者が設立中の財団法人に対してした土地の賃借権の寄附に基因するものとは認められないとされた事例
却下
法第七八号改正前の国税徴収法二三条(以下「旧法二三条」という)の規定によ
国税徴収法(昭和53年法律第76号による改正前)23条1項にいう代物弁済予約に基づく所有権移転の仮登記がされている土地について国税滞納処分による差押えがされた場合につき、右差押え前に代物弁済予約完結権が行使されたため、右仮登記の担保目的は失われているとして、国に、右仮登記の本登記手続についての承諾義務があるとした事例
控訴を棄却
1 控訴人は滞納会社(芝興業株式会社)から国税徴収法三九条に該当する利益を...しかしながら、国税徴収法等の定める第二次納税義務の告知処分は、主たる課税処...配当が国税徴収法三九条の「無償又は著しく低い額の対価による譲渡」にあたるも
1 第二次納税義務納付告知処分がいったん適法にされた後、本来の納税義務者が租税債務を支払う資力を回復したとしても、右告知処分の効力は影響を及ぼされないとした事例 2 滞納会社がその株主に対して支給した金員で課税庁が配当所得として課税したものにつき、国税徴収法39条所定の無償譲渡に当たるとしてした第二次納税義務納付告知処分が適法とされた事例
控訴を棄却
一 国税徴収法三九条は、滞納者が有する財産を無償または著しく低い額の対価で...一 控訴人の当審一の主張は、国税徴収法三九条の「受けた利益の限度」という用...達であるが、財産評価についての概念であるから、国税徴収法三九条についてこれ
国税徴収法39条にいう「著しく低い額の対価による譲渡」とは、特別の事情がない限り、おおむね時価の2分の1に満たない場合であるとして、国税滞納者から土地を買い受けるにつき時価の65パーセントを超えた価額で買った者に対してした第二次納税義務告知処分が、違法とされた事例
棄却
つて、国税徴収法三九条により原告に右滞納金額中五七六万六、四〇〇円の限度に...したがつて、本件土地の所有権移転時期については、国税徴収法三九条に定める要...点においても国税徴収法三九条の要件を欠くものである。
国税徴収法39条にいう「著しく低い額の対価による譲渡」とは、特別の事情がない限り、おおむね時価の2分の1に満たない場合であるとして、国税滞納者から土地を買い受けるにつき時価の65パーセントを超えた価額で買った者に対してした第2次納税義務告知処分が、違法とされた事例
上告を棄却
 国税徴収法三九条にいう「受けた利益の限度」の額は、当該受益の時を基準とし
国税徴収法三九条にいう「受けた利益の限度」の算定と当該受益財産の取得により課される道府県民税額及び市町村民税額控除の要否
棄却
き国税徴収法第三九条に規定する「受けた利益の限度」を算定するに当つては右道...国税徴収法第三九条に規定する第二次納税義務の制度は、形式的には第三者に財産...とすると、上記国税徴収法第三九条の規定に基く第二次納税義務告知処分は、当該
国税徴収法39条の「利益が現に存する限度」の算定に当たっては、受益財産を取得した結果賦課されることとなった市民税額を受益財産の価額から控除すべきでないとした事例
上告を棄却
国税徴収法九六条に基づく公売の通知と抗告訴訟の対象
取り消す
原告を国税徴収法三九条に定める第二次納税義務者に該当するものとして、徴収し...(三) しかしながら、原告は焼野殖林より国税徴収法三九条に規定しているよう...野殖林の実質上の主宰者で国税徴収法三九条にいわゆる特殊関係者にあたるところ
1 国税徴収法39条の「利益が現に存する限度」の算定に当たっては、その無償又は著しい低額の譲受等を理由とする税額をも控除すべきであるとした事例 2 国税徴収法39条に定める徴収不足判定の基準時は第二次納税義務者に対する徴収告知の時であるとした事例
棄却
て、国税徴収法第三九条、第三二条第一項により、原告を主たる納税義務者Aの第...(国税徴収法第三九条)、無償譲渡等の処分が国税の法定納期限の一年前の日以後...受けた利益はそのうち二、七〇七万円である。原告はAの弟で、国税徴収法第三九
国税徴収法39条の財産の譲渡の契約が国税の法定納期限の1年前の日より前にされた場合であっても、その所有権移転登記が1年前の日以後にされているときは、その譲渡は同条にいう「当該国税の法定納期限の1年前の日以後に、……行った……譲渡」に当たるとした事例
上告を棄却
 国税徴収法五〇条一項の規定に照らし、同法八二条に基づく交付要求に際し同条... 論旨は、本件交付要求は国税徴収法八三条に違反する無効なものであると主張す... 国税徴収法八五条による交付要求解除請求は交付要求ができる終期までにされな
国税徴収法八三条に違反した交付要求の効力
棄却
ているから、国税徴収法五二条一項本文により、本件差押の効力は第一土地から生... したがつて、本件差押は、国税徴収法四八条一項に違反してなされた超過差押で...は、差押不動産の使用および収益を制限する場合の要件を規定した国税徴収法六九
1 地方団体の徴収金に関する滞納処分に付随してされた差押不動産の使用収益禁止処分の取消しの訴えを提起する場合、差押処分について異議申立ての手続を経由したことは、地方税法第19条の12所定の異議申立前置の要件を満たすか 2 差押債権である複数の租税債権の一部に金額の誤りがあり、あるいはその一部が存在しない場合における差押処分の効力 3 農地についての滞納処分において、超過差押の判断の基準となるべき当該農地の価額を、農地法第34条第1項の場合における国の買い取り価額で決することが不合理でないとされた事例 4 滞納処分に付随してされた差押不動産の使用収益禁止処分が、国税徴収法第69条第1項ただし書所定の要件を欠くとして取り消された事例
却下
る国税徴収法第九六条に基づく公売通知は、税務署長が同法第九五条により公売公... なお、国税徴収法第一七一条第一項第三号においては、同法第一〇九条の随意契
1 国税徴収法第96条に基づく公売通知は抗告訴訟の対象となる行政庁の処分か 2 国税徴収法第171条第1項第3号と公売通知の処分性
棄却
 原告は、国税徴収法第三八条の規定により訴外滞納者森山通商株式会社(以下...の徴収は不能であるから、原告は、国税徴収法第三八条により第二次納税義務を負...産となつたことは認める(ただし、右資産負債の譲渡は国税徴収法第三八条にいう
1 国税徴収法施行令第13条第1項第7号にいう「その(同族会社であることの)判定の基礎となった株主」の範囲 2 国税徴収法施行令第13条第1項第7号の規定の趣旨
取り消す
あり、したがつて国税徴収法第三九条の規定により原告に右金額の限度においてそ...よつて租税徴収の確保を図らんとする制度であり、殊に国税徴収法三九条の規定す...かつ合理的な理由に基づくものであり、国税徴収法三九条所定の処分行為に該当し
1 国税徴収法第39条所定の処分行為の意義 2 国税滞納者のした金銭の譲与が、国税徴収法第39条所定の処分行為に当たらないとされた事例
上告を棄却
国税徴収法四七条等の規定の解釈、適用を誤つた違法がある、という。... おもうに、破産法四七条二号の規定によれば、国税徴収法または国税徴収の例に...ろ、破産法七一条一項は、破産財団に属する財産に対し、国税徴収法または国税徴
破産宣告後は破産財団に属する財産に対し新たに国税徴収法による差押をすることができるか
却下
より金二二二万八、三四〇円に減額)を利得したので、国税徴収法三九条により右... よつて、原告は、国税徴収法三九条所定の納税義務を負担するいわれはないか...の要件となるものではなかつた。しかし、新国税徴収法では、滞納処分に関する不
1 国税の滞納者より建物を買い受けるにつき、右建物を根抵当権の目的とした債務を引き受けてその債権額を抵当権者に支払い、その額を売買代金の一部支払いに充当した場合において、残額が売買代金であり右は国税徴収法第39条にいう「著しく低い額の対価による譲渡」に当たるとして右買受人に対してした第二次納税義務の納付告知処分が、重大かつ明白な瑕疵があるとして無効とされた事例 2 当該処分に続く処分により損害を受けるおそれのある者はそれだけで当該処分の無効確認の訴えの利益を有するか
上告を棄却
 滞納処分(明治三〇年法律第二一号のいわゆる旧国税徴収法による。)の例によ...の通知をしなかつたからとあつて、旧国税徴収法には仮登記権利者にかかる通知を
抵当権設定登記および同登記より順位の劣後する所有権移転請求権保全の仮登記がなされた不動産に対し旧国税徴収法による滞納処分の例による公売処分がなされた場合と右所有権移転請求権の消長
上告を棄却
七号による改正前の国税徴収法施行当時になされたものであり、同法に基づく国税...時施行の地方税法に基づく地方税滞納処分についても、同法が国税徴収法の規定に
昭和三四年法律第一四七号による改正前の国税徴収法施行当時同法に基づく国税滞納処分において随意契約による売却決定がされたときの目的物の所有権移転の時期。
棄却
の債権を有していたところ、平戸税務署収税官吏は改正前の国税徴収法第二三条ノ...り、そして国が改正前の国税徴収法第二三条ノ一によつて債権を差押え、差押えの... (1) ところで(イ)原告は国税の私債権に対する優先徴収権(旧国税徴収法
一、 旧国税徴収法第二三条ノ一による国の代位と第三債務者の相殺 二、 差押え当時弁済期未到来の反対債権と被差押え受働債椎との相殺
破棄
 論旨は、原判決が合資会社の無限責任社員は会社の滞納国税につき旧国税徴収法... しかし、旧国税徴収法は、国税が国家財源の大宗であるところから、公益的見地... 論旨は、原判決が旧国税徴収法三条にいう納期限につき会社の納期限が当然無限
一 合資会社の無限責任社員は、会社の滞納国税につき、旧国税徴収法第三条にいう納税人にあたるか 二 合資会社の無限責任社員が自己の財産の上に根抵当権を設定し、会社が国税を滞納している場合、旧国税徴収法第三条にいう国税の納期限は、会社の納期限か無限責任社員の納期限か
上告を棄却
競売が行われた場合でなく、国家等により国税徴収法にもとづく滞納処分により公
一 土地建物が同時に抵当権の目的となつた場合における民法第三八八条の適用 二 国税徴収法(昭和三四年法律第一四七号による改正前のもの)に基づく滞納処分による公売と民法第三八八条の適用
上告を棄却
るとの前提の下に、昭和三四年法律一四七号による改正前の国税徴収法二三条ノ一...の見解にすぎず、所論国税徴収法の条規に基づく滞納処分の債権差押によつて国が
一 国税徴収法(昭和三四年法律第一四七号による改正前)第二三条ノ一にいう代位の意義 二 同法条に基づき被差押債権者に代位する国は被差押債権者債務者間の訴訟に対し民訴第七一条に基づく当事者参加ができるか
上告を棄却
または転得者自身に存するものと解すべきであり、同条を準用する国税徴収法一七
一 国税徴収法第一七八条と受益者または転得者の善意の挙証責任 二 いわゆる代物弁済的譲渡担保が詐害行為を構成するとされた事例
63 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in