2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61995 
刑事21966民事40029
法律
国家賠償法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
114 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
破棄
性の判断に誤りがない限り,原則として,国家賠償法1条1項の適用上違法となら...害するものとして,国家賠償法1条1項の適用上違法となると解するのが相当であ
保護室に収容されている未決拘禁者との面会の申出が弁護人等からあった場合に、その旨を未決拘禁者に告げないまま、保護室収容を理由に面会を許さない刑事施設の長の措置は、特段の事情がない限り、国家賠償法上違法となる
却下
(上記予備的請求は,国家賠償法1条1項に基づく異なる違法を理由とする2...ⅱ)予備的に,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求として,①被告が上...があり,被告には国家賠償法上の責任はない。
1 墓地、埋葬等に関する法律10条1項に基づいて宗教法人がした墓地経営許可の申請に対しこれを許可しない旨の市長の処分が違法ではないとされた事例 2 墓地の設置に係る事業を計画していた宗教法人が市長との事前協議をするよう求める行政指導に従う意思がないことを真摯かつ明確に表明した後においても上水道及び公共下水道に上記墓地の給排水設備を接続するのに必要な工事承認の申込み及び適合確認の申請についての審査を開始しなかった市の職員の行為が国家賠償法上違法とされた事例
破棄
国家賠償法1条1項に基づき,慰謝料等の支払を求める事案である。...発信を許可しないとすれば国家賠償法上違法となるから,本件各信書を被上告人に...として,被上告人に対し本件各信書を返戻した行為は,国家賠償法1条1項の適用
拘置所長が死刑確定者から発信を申請された信書を返戻した行為が国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえないとされた事例
上告を棄却
「本件立法不作為」という。)の違法を理由に,被上告人に対し,国家賠償法1条...約であるとはいえず,本件立法不作為は国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではないと判断して,上告人の請求を棄却すべきものとした。...本件立法不作為の国家賠償法上の違法性の有無について
1 民法733条1項の規定のうち100日の再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 2 民法733条1項の規定のうち100日を超えて再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 3 立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受ける場合 4 国会が民法733条1項の規定を改廃する立法措置をとらなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではないとされた事例
棄却
ものであるなどと主張して,1審被告に対し,国家賠償法1条1項に基づき,...脱し又はこれを濫用した違法があって,国家賠償法上も違法であり,過失があ...際に刑事収容施設法121条に基づき立会を付すことの国家賠償法上の
受刑者とその妻との面会を不許可とした刑事施設の長の処分が、国家賠償法1条1項の適用上適法とされた事例
破棄
などの措置をしたと主張して,上告人に対し,国家賠償法1条1項に基づき,損害...国家賠償法1条1項の適用上違法というべきである。...の裁量権の範囲を逸脱したものとはいえず,国家賠償法1条1項の適用上違法であ
公害紛争処理法に基づく調停において、調停委員会が第1回調停期日で調停を打ち切るなどした措置が国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえないとされた事例
却下
とともに,国家賠償法1条1項の規定により,慰謝料各200万円及び弁護...国家賠償法1条1項は,国又は公共団体の公権力の行使に当たる公務員が個...り,国家賠償法上違法の評価を受けるものと解するのが相当である(最高裁平
1 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の申請を却下する処分の全部又は一部が違法であるとして取り消された事例 2 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の申請を却下する処分の全部又は一部が違法であるとはいえないとされた事例 3 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の申請を却下したことが国家賠償法上違法であるとはいえないとされた事例
破棄
とが違法であるなどと主張して,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事...義務付けなかったことは,国家賠償法1条1項の適用上違法である。...は,国家賠償法1条1項の適用上違法である。(3)
労働大臣が石綿製品の製造等を行う工場又は作業場における石綿関連疾患の発生防止のために労働基準法(昭和47年法律第57号による改正前のもの)に基づく省令制定権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとされた事例
破棄
て,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事案である。...することを義務付けなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるという...規制措置が,著しく合理性を欠くものとはいえず,国家賠償法1条1項の適用上違
労働大臣が石綿製品の製造等を行う工場又は作業場における石綿関連疾患の発生防止のために労働基準法(昭和47年法律第57号による改正前のもの)に基づく省令制定権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえないとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
であるなどと主張して,被告に対し,国家賠償法1条1項に基づき,原告aに...も国家賠償法1条1項の適用上,違法と評価されるべきである。...ことが国家賠償法1条1項の適用上も違法と評価されるのは,裁量権の
1 受刑者とその妻との面会を不許可とした刑事施設の長の処分が、刑事収容施設法114条1項に関する長の裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用したものとして、当該妻に対する関係で国家賠償法1条1項の適用上も違法とされた事例 2 受刑者の妻から当該受刑者に宛てた信書の一部を抹消した刑事施設の長の処分が、刑事収容施設法129条1項に関する長の裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用したものとして、当該妻に対する関係で国家賠償法1条1項の適用上も違法とされた事例
控訴を棄却
張して,被控訴人に対し,国家賠償法1条1項又は民法709条,715条1
1 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続に不備等があるとして、前記事業の主体である沖縄防衛局長が環境影響評価方法書及び同準備書の作成並びに前記手続をやり直す義務を負うこと等の確認を求める訴えが、却下された事例 2 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続における不備等によって、同法及び同条例によって保障されている意見陳述権が侵害され、これにより精神的苦痛を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づきされた損害賠償請求が、棄却された事例
却下
務付けを求めるとともに,国家賠償法1条1項の規定により,慰謝料各20...意義務に反してされたものというべきであり,国家賠償法1条1項の違法...超えて長期間放置したことは,国家賠償法上違法である。
1 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の申請を却下する処分の全部又は一部が違法であるとして取り消され、原爆症認定をすべき旨が命じられた事例 2 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の申請につき、申請から約2年2~5か月後に原爆症認定の要件の充足に関する判断を誤って却下したことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
上告を棄却
人に対し,国家賠償法1条1項に基づき,その被った精神的苦痛について慰謝料等...関係において国家賠償法1条1項の適用上違法となるとして,被上告人らの請求を...係において国家賠償法1条1項の適用上違法となるとした原審の判断には,法令解
死刑確定者又はその再審請求のために選任された弁護人が再審請求に向けた打合せをするために刑事施設の職員の立会いのない面会の申出をした場合にこれを許さない刑事施設の長の措置が国家賠償法1条1項の適用上違法となる場合
上告を棄却
による偽装が行われていたことを看過してされた確認は国家賠償法1条1項の適用...が国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえず,上告人の請求は棄却される...公務員の公権力の行使が国家賠償法1条1項の適用上違法と評価されるた
1 建築士の設計に係る建築物の計画についての建築主事による建築確認が国家賠償法1条1項の適用上違法となる場合 2 一級建築士により構造計算書に偽装が行われていた建築物の計画についての建築主事による建築確認が国家賠償法1条1項の適用上違法となるとはいえないとされた事例
却下
て,被告に対し,国家賠償法1条1項又は民法709条,715条1項に基づ...国家賠償法1条1項にいう...国家賠償法1条1項に基づく請求について
1 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続に不備等があるとして、前記事業の主体である沖縄防衛局長が環境影響評価方法書及び同準備書の作成並びに前記手続をやり直す義務を負うこと等の確認を求める訴えが、却下された事例 2 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続における不備等によって、同法及び同条例によって保障されている意見陳述権が侵害され、これにより精神的苦痛を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づきされた損害賠償請求が、棄却された事例
控訴を棄却
当利得返還請求又は国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求として,補助参
市が国に納付した国直轄道路事業負担金のうち、国土交通省地方整備局河川国道事務所の移転のための敷地取得費用部分の支出は違法、無効であるとして、地方自治法242条の2第1項4号本文に基づき、国に対して前記部分の負担金相当額の不当利得返還又は国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求をすることを市長に対して求める請求が、棄却された事例
棄却
当額の不当利得返還請求権又は国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求権の...本件負担金の支出により,国のA市に対する不当利得又は国家賠償法1条1...請求権及び国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求権は,いずれも認められ
市が国に納付した国直轄道路事業負担金のうち、国土交通省地方整備局河川国道事務所の移転のための敷地取得費用部分の支出は違法、無効であるとして、地方自治法242条の2第1項4号本文に基づき、国に対して前記部分の負担金相当額の不当利得返還又は国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求をすることを市長に対して求める請求が、棄却された事例
棄却
国家賠償法に基づく損害賠償請求又は不当利得返還請求として,当該課徴金の差...国家賠償法上の違法の有無...争点(1)(国家賠償法上の違法の有無)について
1 複数の事業者が共同して各社の製造に係るポリプロピレンの販売価格の引上げをしたカルテルがそれぞれ私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条6項に規定する不当な取引制限に当たることを理由とする適当な措置をとるべき旨の勧告に応諾し、審判手続の開始を請求せず課徴金納付命令に基づき課徴金を納付した事業者が、同手続の開始を請求した事業者に対する課徴金納付審決及び前記勧告に応諾しなかった事業者に対する課徴金納付命令において認定された前記カルテルの実行期間の終期より、課徴金を納付した前記事業者に対してのみ同終期が遅い時期と認定され、課徴金の額が高額に算定されている等としてした国家賠償法1条1項に基づく当該課徴金の差額相当額の損害賠償請求が、棄却された事例 2 複数の事業者が共同して各社の製造に係るポリプロピレンの販売価格の引上げをしたカルテルがそれぞれ私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条6項に規定する不当な取引制限に当たることを理由とする適当な措置をとるべき旨の勧告に応諾し、審判手続の開始を請求せず課徴金納付命令に基づき課徴金を納付した事業者が、同手続の開始を請求した事業者に対する課徴金納付審決及び前記勧告に応諾しなかった事業者に対する課徴金納付命令において認定された前記カルテルの実行期間の終期より、課徴金を納付した前記事業者に対してのみ同終期が遅い時期と認定され、課徴金の額が高額に算定されている等としてした当該課徴金の差額相当額に係る部分について前記納付命令の一部撤回の義務付けを求める訴えが、却下された事例
取り消す
国家賠償法1条1項に基づき,...よって,原告らは,国家賠償法1条1項に基づき,被告に対し,各10...対して誤った判断をした場合,そのことから直ちに国家賠償法1条1項
1 「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」(昭和47年条約第2号)の締結に至るまでの日本政府と米国政府との間の交渉において、日本が米国に対して上記協定で規定した内容を超える財政負担等を国民に知らせないままに行う旨の合意があったとして、外務大臣及び財務大臣に対し、行政機関の保有する情報の公開に関する法律4条1項に基づき、前記合意を示す行政文書及びそれに関連する行政文書の開示請求をしたところ、外務大臣及び財務大臣から、いずれの行政文書についても保有していないことを理由とする各不開示決定を受けたため、開示請求者がした前記各不開示決定の取消し及び前記各行政文書の開示決定の義務付けを求めた請求が、いずれも認容された事例 2 「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」(昭和47年条約第2号)の締結に至るまでの日本政府と米国政府との間の交渉において、日本が米国に対して上記協定で規定した内容を超える財政負担等を国民に知らせないままに行う旨の合意があったとして、外務大臣及び財務大臣に対し、行政機関の保有する情報の公開に関する法律4条1項に基づき、前記合意を示す行政文書及びそれに関連する行政文書の開示請求をしたところ、外務大臣及び財務大臣から、いずれの行政文書についても保有していないことを理由とする各不開示決定を受けたため、国家賠償法1条1項に基づき、前記各不開示決定によって精神的損害を被ったと主張して、開示請求者がした慰謝料支払請求が認容された事例
控訴を棄却
0万8100円の損害を被ったと主張して,被控訴人国に対し,国家賠償法1...て受忍すべき限度を超えていると評価できる場合に,初めて国家賠償法上保護...臣の不作為は,国家賠償法上違法である 。
行政機関の保有する情報の公開に関する法律に基づく文書の開示請求に対する同法9条の決定が遅延したことによって損害を被ったとしてされた、国家賠償法1条に基づく損害賠償請求が、棄却された事例
上告を棄却
害を国家賠償法1条1項,3条1項に従い賠償した被上告人が,同条2項に基づ...する都道府県が国家賠償法1条1項,3条1項に従い上記生徒に対して損害を賠償...国又は公共団体がその事務を行うについて国家賠償法に基づき損害を賠償する責
市町村が設置する中学校の教諭が生徒に与えた損害を国家賠償法1条1項、3条1項に従い賠償した都道府県が当該中学校を設置する市町村に対して同条2項に基づき取得する求償権の範囲
取り消す
により損害を被ったとして,被告に対し,国家賠償法に基づき,損害の賠償を...手続において,被告に国家賠償法上違法な行為があったとは認めるに足り...しかしながら,少なくとも,本件処分は相当性を欠き,国家賠償法上も
1 生活保護受給者が自動車の所有を禁止する指示に違反したことを理由として市福祉事務所長が生活保護法62条3項に基づいてした保護の停止処分の取消しを求める請求が、認容された事例 2 生活保護受給者が自動車の所有を禁止する指示に違反したことを理由として市福祉事務所長が生活保護法62条3項に基づいてした保護の停止処分が、相当性を欠く違法な処分であるとして、市に対してされた国家賠償法に基づく損害賠償請求が、一部認容された事例
破棄
位を合併により承継した上告人に対し,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求
公立小学校の教員が、女子数人を蹴るなどの悪ふざけをした2年生の男子を追い掛けて捕まえ、胸元をつかんで壁に押し当て大声で叱った行為が、国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
棄却
で あるのにこれを怠った違法があるなどとして,国家賠償法(以下「国賠法」
1 厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律施行規則4条が定める社会保険庁長官のする同法附則2条において準用する同法1条の規定により支払うものとされる保険給付に関する処分を受けていない者がした老齢厚生年金受給権に基づく未払年金請求が、棄却された事例2 老齢厚生年金の再裁定及び再々裁定により被保険者期間が変更となり老齢厚生年金の差額の追加支給を受けた者が、追加支給自体が遅滞してされたものであるとしてした上記差額に対する遅延損害金の請求が、棄却された事例3 被保険者記録のうち被保険者期間の一部がオンラインシステム上から欠落していることが明らかとなり、被保険者から被保険者期間の確認請求等の申立てを受けた社会保険事務所の職員ら並びに社会保険庁長官及びその補助職員らには他の社会保険事務所に対して照会を行う等の具体的注意義務が生じていたにもかかわらずこれを怠ったため、被保険者期間の存在を確認できなかったとして、国家賠償法1条1項に基づき、発見されたであろう被保険者期間を算定の基礎として得られる老齢厚生年金の額と実際に受給した額との差額等の支払を求める請求が、認容された事例4 被保険者が以前に裁定請求をした際に被保険者の被保険者記録のうち被保険者期間の一部がオンラインシステム上から欠落していることが明らかになったことがあるという事情に加え、2回目の裁定請求の際にも裁定の算定の基礎とされることとなった被保険者期間が被保険者の申立内容に従った形で発見されたことや、給与明細書の提出等によって保険料天引きや納付の事実が裏付けられたこと等から、社会保険事務所職員並びに社会保険庁長官及びその補助職員らには、同被保険者の申立内容に従って被保険者記録を訂正すべき義務が生じていたにもかかわらず、これを怠ったことが違法であるとして、訂正に応じたとして得られるはずであった老齢厚生年金の額と実際に受給した額との差額等の支払を求める請求が、認容された事例
棄却
て,国家賠償法1条1項に基づき,損害額合計400万8100円の一部であ...争点1-原告の主張する権利利益は国家賠償法上保護される権利利益か。...求者が理由なく行政文書の開示を妨げられないという利益は国家賠償法上の
行政機関の保有する情報の公開に関する法律に基づく文書の開示請求に対する同法9条の決定が遅延したことによって損害を被ったとしてされた、国家賠償法1条に基づく損害賠償請求が、棄却された事例
破棄
会的評価等が低下したとして,上告人に対し,国家賠償法1条1項に基づき,損害...く同刑務所長の裁量権を逸脱し又は濫用するものとして,国家賠償法1条1項の適...あるものとして,国家賠償法1条1項の適用上,違法となるというべきである。
弁護士会の設置する人権擁護委員会が受刑者から人権救済の申立てを受け、同委員会所属の弁護士が調査の一環として他の受刑者との接見を申し入れた場合において、これを許さなかった刑務所長の措置に国家賠償法1条1項にいう違法がないとされた事例
棄却
理由として,国家賠償法1条1項に基づき,各100万円の損害賠償を請求し...で,その行為は違法である。一審被告は,国家賠償法1条1項に基づく損...期待を抱いたことによる損害につき,国家賠償法に基づく賠償を認める余
1 地方公務員法3条3項3号所定の職に属する非常勤職員で任用期間の定めのあるものの勤務関係 2 地方公務員法3条3項3号所定の職に属する非常勤職員で任用期間の定めのあるものに任用された者の再任用拒否と解雇権濫用法理の類推 3 地方公共団体が地方公務員法3条3項3号所定の職に属する非常勤職員で任用期間の定めのあるものに任用された者を再任用しなかったことが国家賠償法上違法であるとされた事例
上告を棄却
たことによって,原告らの原爆三法上の「被爆者」としての法的地位ないし権利を違法に侵害してきたなどと主張して,それぞれ,上告人に対し,国家賠償法1条1...原審は,次のとおり判示して,上告人の国家賠償法1条1項に基づく損害賠...したがって,上告人には,国家賠償法1条1項に基づき,違法な402号通達の
国の担当者が、原爆医療法及び原爆特別措置法の解釈を誤り、被爆者が国外に居住地を移した場合に健康管理手当等の受給権は失権の取扱いとなる旨定めた通達を作成、発出し、これに従った取扱いを継続したことが、国家賠償法1条1項の適用上違法であり、当該担当者に過失があるとされた事例
控訴を棄却
7万5000円について ,Bに対して ,国家賠償法( 以下「 国賠法 」という 。
町を被告として提起された国家賠償請求訴訟において、町が前記訴訟の訴訟代理人に対して支出した弁護士費用について、国家賠償法1条2項に基づく求償権の行使をすべきであるにもかかわらず、これを請求しないことは違法であるとして、市の住民が、地方自治法242条の2第1項3号に基づき、市長に対してした前記求償権の行使を怠る事実の違法確認の請求が、棄却された事例
破棄
行為は被告県の公権力の行使に当たるから,被告県は国家賠償法1条1項に基づき...公共的性質を有する行為であって,純然たる私経済作用ではないから,国家賠償法...の行使たる公務の執行に携わる者として,国家賠償法上の公務員に該当し,被告県
1 都道府県による児童福祉法27条1項3号の措置に基づき社会福祉法人の設置運営する児童養護施設に入所した児童を養育監護する施設の職員等と国家賠償法1条1項にいう公権力の行使に当たる公務員 2 国又は公共団体以外の者の被用者が第三者に加えた損害につき国又は公共団体が国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を負う場合における使用者の民法715条に基づく損害賠償責任の有無
棄却
合計197万5000円について,Bに対して,国家賠償法(以下「国賠法」
町を被告として提起された国家賠償請求訴訟において、町が前記訴訟の訴訟代理人に対して支出した弁護士費用について、国家賠償法1条2項に基づく求償権の行使をすべきであるにもかかわらず、これを請求しないことは違法であるとして、市の住民が、地方自治法242条の2第1項3号に基づき、市長に対してした前記求償権の行使を怠る事実の違法確認の請求が、棄却された事例
棄却
1 行政事件訴訟法3条6項1号に基づいて提起された、地方税法417条1項の規定による固定資産税に係る固定資産の固定資産課税台帳に登録された価格の修正処分及び修正された価格の登録処分を市長に求めた義務付けの訴えが、却下された事例 2 国家賠償法1条1項に基づき課税処分の違法を理由としてされた過納金相当額等の損害賠償請求が、棄却された事例
職務命令等によって精神的損害を被ったと主張して,国家賠償法1条1項に基
1 都立学校に勤務する教職員らが、国旗に向かって起立し、国歌を斉唱すること及び国歌斉唱の際にピアノ伴奏をすることを強制されることは思想、良心の自由、信教の自由、表現の自由、教育の自由等を侵害するものであると主張して、都教育委員会に対してした、都立学校の入学式、卒業式等の式典において国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務及び国歌斉唱の際にピアノ伴奏をする義務の不存在確認請求並びに前記義務の違反を理由とする処分の事前差止めの訴え(無名抗告訴訟としての差止めの訴え及び行政事件訴訟法3条7項の差止めの訴え)が、いずれも適法とされた事例 2 都立学校に勤務する教職員らが、国旗に向かって起立し、国歌を斉唱すること及び国歌斉唱の際にピアノ伴奏をすることを強制されることは思想、良心の自由、信教の自由、表現の自由、教育の自由等を侵害するものであると主張して、都教育委員会に対してした、都立学校の入学式、卒業式等の式典において国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務及び国歌斉唱の際にピアノ伴奏をする義務の不存在確認請求並びに前記義務の違反を理由とする処分の事前差止めの請求(無名抗告訴訟としての差止めの請求及び行政事件訴訟法3条7項の差止めの請求)が、いずれも一部認容された事例 3 都立学校に勤務し、又は勤務していた教職員らが、都教育長から都立学校の各校長に対して発せられた、都立学校の入学式、卒業式等の式典における国旗掲揚、国歌斉唱の具体的方法等について詳細かつ一義的に指示する内容の通達及びこれに基づく国歌斉唱の際に国旗に向かって起立し、国歌を斉唱すること及びピアノ伴奏をすることを内容とする各校長の職務命令等が発令されたことによって精神的損害を被ったと主張して、都に対してした国家賠償法1条1項に基づく慰謝料請求が、認容された事例
却下
さらに,(2)の予備的請求として,国家賠償法(以下「国賠法」とい...いて,国家賠償法に基づく損害賠償の請求と過納金の還付請求が同一内容で...あるから,原告は,本件各課税処分を取り消した上でなければ,国家賠償法
1 行政事件訴訟法3条6項1号に基づき提起された、地方税法417条1項の規定による固定資産税に係る固定資産の固定資産課税台帳に登録された価格の修正処分及び修正された価格の登録処分を市長に求めた義務付け訴えが、却下された事例 2 国家賠償法1条1項に基づき課税処分の違法を理由としてされた過納金相当額等の損害賠償請求が、棄却された事例
上告を棄却
法不作為」という。)などが,違憲であり,国家賠償法1条1項の規定の適用上,...3(1) 国会議員の立法行為又は立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法となるかどうかは,国会議員の立法過程における行動が個別の国民に対して負う職務...合などには,例外的に,国会議員の立法行為又は立法不作為は,国家賠償法1条1
平成12年6月に施行された衆議院議員総選挙までに国会が精神的原因によって投票所に行くことが困難な者の選挙権行使の機会を確保するための立法措置を執らなかったことは国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではないとされた事例
上告を棄却
たこと並びに知事が本件各訴訟に応訴したことなどが国家賠償法上違法な行為であ...も,そのことから直ちに国家賠償法1条1項にいう違法があったとの評価を受ける...以上によれば,本件各決定において一部非開示の判断をしたことが国家賠償法上
1 情報公開条例に基づき開示請求がされた公文書に虚偽の情報が記載されていた場合において県の担当職員が当該公文書の記載内容の真否を調査せずに当該情報が同条例の定める非開示情報に当たると判断したことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例 2 情報公開条例に基づき一部非開示決定がされた公文書に虚偽の情報が記載されていた場合において実施機関がこの事実を知った後も同決定を取り消すことなく同決定に係る取消訴訟に応訴したことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
棄却
を不許可としたことによって精神的苦痛を被ったとして,国家賠償法1条1項に基...るのみならず,国家賠償法1条1項の規定の適用上も違法というべきである。これ...と異なる原審の判断には,監獄法46条2項及び国家賠償法1条1項の解釈適用を
1 監獄法46条2項と憲法21条、14条1項 2 刑務所長が受刑者の新聞社あての信書の発信を不許可としたことが国家賠償法1条1項の適用上違法となるとされた事例
控訴を棄却
1 分譲マンションの建設等を業とする会社が、国立市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例(平成12年国立市条例第1号)のうち、建築物の高さの最高限度を20メートルとする部分は違法であるとして、その無効確認又は取消しを求めた訴えが、訴えの利益を欠くとされた事例 2 分譲マンションの建設等を業とする会社が、同社のマンション建築計画を市長が漏えいしたこと、都市計画法(平成11年法律第87号による改正前)20条に基づき告示された市の地区計画及び国立市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例(平成12年国立市条例第1号)が制定されたこと、市長が前記マンションを違反建築物と公言したこと、市長が都建築主事に対し、前記マンションのうち高さが20メートルを超える部分について、電気、ガス及び水道の供給の承諾を留保するよう働きかけたこと等により損害を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づいて市に対してしたその賠償請求が、一部認容された事例
上告を棄却
内容上の違法等を主張して,国家賠償法1条1項に基づき,被上告人に対し,慰謝...判断は,裁量権の範囲を逸脱したものとして,国家賠償法上違法となると解するの...断は,いずれも上記裁量権の範囲を逸脱するものではなく,国家賠償法上違法とは
1 学校教育法21条1項(平成11年法律第160号による改正前のもの)、51条(平成13年法律第105号による改正前のもの)、教科用図書検定規則(平成6年文部省令第3号による改正前のもの)、旧高等学校教科用図書検定基準(平成5年文部省告示第134号による改正前のもの)に基づく高等学校用の教科用図書の検定と憲法26条、13条 2 学校教育法21条1項(平成11年法律第160号による改正前のもの)、51条(平成13年法律第105号による改正前のもの)、教科用図書検定規則(平成6年文部省令第3号による改正前のもの)、旧高等学校教科用図書検定基準(平成5年文部省告示第134号による改正前のもの)に基づく高等学校用の教科用図書の検定と憲法21条 3 学校教育法21条1項(平成11年法律第160号による改正前のもの)、51条(平成13年法律第105号による改正前のもの)、教科用図書検定規則(平成6年文部省令第3号による改正前のもの)、旧高等学校教科用図書検定基準(平成5年文部省告示第134号による改正前のもの)に基づく高等学校用の教科用図書の検定と憲法23条 4 学校教育法21条1項(平成11年法律第160号による改正前のもの)、51条(平成13年法律第105号による改正前のもの)、教科用図書検定規則(平成6年文部省令第3号による改正前のもの)、旧高等学校教科用図書検定基準(平成5年文部省告示第134号による改正前のもの)に基づく高等学校用の教科用図書の検定における文部大臣の裁量的判断と国家賠償法上の違法
却下
活を破壊され,精神的苦痛を被ったなどと主張して,被告に対し,国家賠償法(以下「国賠法」という。)1条1項に
市長が児童に対して行った児童福祉法33条2項の規定による一時保護処分が違法であるとして、児童の母親がした国家賠償法1条1項に基づく慰謝料請求が、棄却された事例
却下
 国家賠償法1条1項は,国又は公共団体の公権力の行使に当たる公務員が個別の...法行為又は立法不作為は,国家賠償法1条1項の規定の適用上,違法の評価を受け...による精神的苦痛を慰謝するため,国は国家賠償法に基づき上告人らに各5000
1 公職選挙法(平成10年法律第47号による改正前のもの)が在外国民の国政選挙における投票を平成8年10月20日に施行された衆議院議員の総選挙当時全く認めていなかったことと憲法15条1項、3項、43条1項、44条ただし書 2 公職選挙法附則8項の規定のうち在外国民に国政選挙における選挙権の行使を認める制度の対象となる選挙を当分の間両議院の比例代表選出議員の選挙に限定する部分と憲法15条1項、3項、43条1項、44条ただし書 3 在外国民が次回の衆議院議員の総選挙における小選挙区選出議員の選挙及び参議院議員の通常選挙における選挙区選出議員の選挙において在外選挙人名簿に登録されていることに基づいて投票をすることができる地位にあることの確認を求める訴えの適否 4 在外国民と次回の衆議院議員の総選挙における小選挙区選出議員の選挙及び参議院議員の通常選挙における選挙区選出議員の選挙において投票をすることができる地位 5 国会議員の立法行為又は立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受ける場合 6 平成8年10月20日に施行された衆議院議員の総選挙までに国会が在外国民の国政選挙における投票を可能にするための立法措置を執らなかったことについて国家賠償請求が認容された事例
破棄
されて精神的苦痛を受けた旨主張し,被上告人に対し,国家賠償法1条1項又は民...益を侵害するものとして国家賠償法上違法となるというべきである。
公立図書館の職員が図書の廃棄について不公正な取扱いをすることと当該図書の著作者の人格的利益の侵害による国家賠償法上の違法
取り消す
1審原告が1審被告に対し,国家賠償法1条1項に基づいて損害賠償を求めて...りは国家賠償法上違法となり,一部不開示の措置により1審原告は精神的苦痛...国家賠償法1条1項の違法性について
最高裁判所が裁判官会議の議事録のうち意見表明や議論等の議事の過程が記載されている部分について法令に別段の定めがあるときは開示しない旨を定める最高裁判所の保有する司法行政文書の開示等に関する事務の取扱要綱の規定及び裁判官会議は公開しない旨を定める最高裁判所裁判官会議規程(昭和22年最高裁判所規程1号)8条により上記部分を不開示とした措置に国家賠償法1条1項にいう違法があるとはいえないとされた事例
棄却
廃止処分等が公法上の契約義務違反及び国家賠償法上の違法行為に該当するとし...被告に対し,国家賠償法1条に基づき上記同額の損害賠償を求める。...国家賠償法上の違法行為を認めることはできない。したがって,丙事件原告らの損
1 大東市立保育園条例の一部を改正する条例(平成14年大東市条例第23号)の制定により廃止された市立保育所に、その監護する児童を入所させてきた保護者らが、市に対して提起した前記条例の制定による前記保育所の廃止処分の取消しを求める訴えが、前記条例の制定をもって行政処分(前記廃止処分)に当たるとして、適法とされた事例 2 大東市立保育園条例の一部を改正する条例(平成14年大東市条例第23号)の制定により廃止された市立保育所に、その監護する児童を入所させてきた保護者らが、市に対して提起した前記条例の無効確認、無名抗告訴訟としての前記条例に基づく準備行為及び前記保育所における保育の実施の解除の禁止(予防的不作為請求訴訟)並びに前記保育所における保育の実施(義務付け訴訟)を求める訴えが、いずれも訴えの利益がなく不適法とされた事例 3 大東市立保育園条例の一部を改正する条例(平成14年大東市条例第23号)の制定により廃止された市立保育所に、その監護する児童を入所させてきた保護者らが、市に対してした前記条例の制定による前記保育所の廃止処分の取消請求が、棄却された事例 4 大東市立保育園条例の一部を改正する条例(平成14年大東市条例第23号)の制定により廃止された保育所に、その監護する児童を入所させてきた保護者らが、市に対し、前記条例の制定による前記保育所の廃止処分は、公法上の契約である保育所利用契約の義務違反及び国家賠償法上の違法行為であるとしてした債務不履行及び国家賠償法1条に基づく損害賠償請求が、棄却された事例
破棄
の発生及び被害拡大の防止のために規制権限を行使することを怠ったことにつき国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を負うなどと主張して,上告人らに対し,...があった者に対して国家賠償法1条1項による損害賠償責任を負うとした原審の判断は,後述のとおり,正当として是認することができる。そうすると,本件患者ら...整規則に基づく規制権限を,それぞれ行使しなかったことが国家賠償法1条1項の
1 国が水俣病による健康被害の拡大防止のためにいわゆる水質二法に基づく規制権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法となるとされた事例 2 熊本県が水俣病による健康被害の拡大防止のために同県の漁業調整規則に基づく規制権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法となるとされた事例 3 水俣病による健康被害につき加害行為の終了から相当期間を経過した時が民法724条後段所定の除斥期間の起算点となるとされた事例
上告を棄却
が違法であるなどと主張して,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事案...ことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとした上,同年4月以降に粉じん作...により被害を受けた者との関係において,国家賠償法1条1項の適用上違法となる
1 通商産業大臣が石炭鉱山におけるじん肺発生防止のための鉱山保安法上の保安規制の権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法となるとされた事例 2 加害行為が終了してから相当の期間が経過した後に損害が発生する場合における民法724条後段所定の除斥期間の起算点
棄却
用毀損等による損害が生じたとして,被控訴人に対し,それぞれ国家賠償法1条に基づ...表が国家賠償法上違法であるとはいえないとして,控訴人らの請求を棄却した。...(2)本件各報告を公表したことについての国家賠償法上の違法性の有無
厚生大臣(当時)による集団食中毒の原因についての調査結果の公表が国家賠償法1条1項にいう違法な行為に当たるとされた 事例
破棄
することが要請されているのである。仮に,その処理の過程で郵便物に生じ得る事故について,すべて民法や国家賠償法の定める原則に従って損害賠償をしなければ...じたものであっても,被害者は,国に対し,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償...き損害が生じた場合に,国家賠償法に基づく国の損害賠償責任を免除し,又は制限
1 郵便法68条及び73条のうち書留郵便物について不法行為に基づく国の損害賠償責任を免除し又は制限している部分と憲法17条 2 郵便法68条及び73条のうち特別送達郵便物について国家賠償法に基づく国の損害賠償責任を免除し又は制限している部分と憲法17条
棄却
法なものであるとして,控訴人に対し,国家賠償法1条に基づき損害賠償を求めた...として被控訴人らに与えた損害であるから,控訴人は,国家賠償法1条により,被...1 本件不受理処分が国家賠償法上違法であるかどうかについて
1 住民基本台帳法に基づく転入届がされた場合に市町村(特別区を含む。)の長が当該届出に基づき住民票の作成及び住民基本台帳への記録を行うに当たって審査すべき事項 2 特定の宗教団体に所属する信者がした住民基本台帳法に基づく転入届について特別区の長が当該転入届に係る居住関係の事実以外の事由によりこれを不受理としたことが国家賠償法上違法であるとされた事例
棄却
るとして,控訴人に対し,国家賠償法1条に基づき損害賠償を求めた事案である。...として被控訴人らに与えた損害であるから,控訴人は,国家賠償法1条により,被控訴...  1 本件不受理処分が国家賠償法上違法であるかどうかについて
1 住民基本台帳法に基づく転入届がされた場合に市町村(特別区を含む。)の長が当該届出に基づき住民票の作成及び住民基本台帳への記録を行うに当たって審査すべき事項 2 特定の宗教団体に所属する信者がした住民基本台帳法に基づく転入届について特別区の長が当該転入届に係る居住関係の事実以外の事由によりこれを不受理としたことが国家賠償法上違法であるとされた事例
114 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in