裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62663 
刑事22127民事40536
法律
向精神薬取締法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
向精神薬取締法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
向精神薬取締法を犯した場合、 2.6%の確率で無罪、
97.4%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「罰金」に処する。
2
28
10
0
16 件中 1/1 ぺージ
破棄
判示要旨:覚せい剤譲渡の約束に基づき支払われた代金全額が「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に当たるとされた事例
懲役9年
薬及び向精神薬取締法違反被告事件...麻薬及び向精神薬取締法66条1項...麻薬及び向精神薬取締法69条の3第1項本文
判示要旨:被告人が、氏名不詳者らと共謀の上、営利の目的で、スーツケース内に覚せい剤の結晶を隠し入れて日本国内に持ち込み輸入したなどとする覚せい剤取締法違反、関税法違反、麻薬を所持した麻薬及び向精神薬取締法違反の事案について、覚せい剤輸入に関し、少なくとも覚せい剤を含む違法薬物かもしれないという認識を持っていたとして故意を認め、被告人に懲役9年及び罰金350万円を言い渡した事例
上告を棄却
為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下
判示要旨:薬物犯罪の幇助犯から「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」11条1項、13条1項により没収・追徴できる薬物犯罪収益等の範囲
上告を棄却
る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例
判示要旨:「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」5条違反の罪の公訴事実が多数回にわたり多数人に譲り渡した旨の概括的記載を含んでいても訴因の特定として欠けるところはないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:規制薬物の譲渡を犯罪行為とする場合における「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に係る同法11条1項1号の没収及び同法13条1項前段の追徴に当たり取得費用等を控除することの可否
懲役2年6月
判示要旨:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律11条、13条1項により没収・追徴すべき犯人の範囲
控訴を棄却
判示要旨:麻薬及び向精神薬取締法64条のジアセチルモルヒネ等輸入罪におけるジアセチルモルヒネ等であることの認識の内容、程度
上告を棄却
為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「
判示要旨:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義
上告を棄却
判示要旨:1 「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 薬物犯罪を遂行する過程において費消・使用されるものとして犯人が他の共犯者から交付を受けた財産と「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」 3 犯罪を実行した翌日に我が国を出国するため所持していた航空券が刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物」に当たるとされた事例 4 薬物犯罪の犯罪行為を遂行するために費消した上その残額を同行為の報酬として取得することとして共犯者から交付を受けて犯人が所有する金員を全額没収することの可否
懲役3年6月
する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律
判示要旨:1 国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特例法」という。)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 大麻密輸を遂行するため共犯者から受領した往復航空券が、麻薬特例法2条3項にいう「薬物犯罪収益」に該当するとされた事例
上告を棄却
助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法
判示要旨:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律8条の規定があいまいであるとして憲法31条違反をいう主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
び向精神薬取締法等の特例等に関する法律四条等に基づいていわゆるコントロール
判示要旨:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律四条に基づくいわゆるコントロールド・デリバリーの実施と関税法上の禁制品輸入罪の既遂の成否
上告を棄却
防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特...規制する麻薬及び向精神薬取締法、大麻取締法、あへん法及び覚せい剤取締法(以
判示要旨:覚せい剤の譲渡代金で購入された覚せい剤と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律にいう「不法収益に由来する財産」
破棄
防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特
判示要旨:覚せい剤の讓渡代金で購入された覚せい剤と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律にいう「不法収益に由来する財産」
破棄
めの麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「特例法」という。)
判示要旨:覚せい剤を譲渡しその対価として受領した金員を全額入手先に支払った場合と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律一七条一項による追徴の要否
破棄
行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下
判示要旨:営利目的のない覚せい剤讓渡事犯において讓渡の対価として得た金員と国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律にいう「不法収益」
16 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in