裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62663 
刑事22127民事40536
法律
取締法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
取締法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
取締法を犯した場合、 3.2%の確率で無罪、
96.8%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役5-10年」に処する。
81
20
76
105
87
107
43
13
311 件中 1/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
無罪,罰金100万円
覚せい剤取締法違反,関税法違反被告事件...が残る。そうすると,覚せい剤取締法上の覚せい剤の輸入の罪は成立しない。
判示要旨:覚せい剤入りの郵便物を日本国内で受領し、更にこれを所持したという覚せい剤取締法違反・関税法違反被告事件において、被告人の覚せい剤についての故意を否定し、無許可の輸入の限度での関税法違反の成立を認め、覚せい剤の所持について無罪とした事例。
判示要旨:被告人が、意思疎通ができないと自己が考える障害者を多数殺害する目的で、障害者施設に侵入し、施設利用者43名を刃物で突き刺すなどし、うち19名を死亡させ、うち24名に傷害を負わせるとともに、その際、施設職員5名を拘束し、一部の職員には傷害を負わせた建造物侵入、殺人、殺人未遂、逮捕致傷、逮捕、銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案について、犯行時の被告人が完全責任能力を有していたことを認め、被告人を死刑に処した事例。
破棄
覚せい剤取締法違反被告事件...精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特例法」という。)2条3項に
判示要旨:覚せい剤譲渡の約束に基づき支払われた代金全額が「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に当たるとされた事例
控訴を棄却
所持等取締法違反,火薬類取締法違反)被告事件...項,1項4号,38条2項,銃砲刀剣類所持等取締法31条の11第1項4...号,10条2項,火薬類取締法59条5号,25条1項,50条の2第1項
判示要旨:火薬類取締法25条1項ただし書にいう「鳥獣の捕獲若しくは駆除」の意義
懲役8年6月,罰金300万円
覚せい剤取締法違反(変...を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律違反,覚せい剤取締...び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、営利の目的で覚せい剤を譲り渡すこと等を業としたとする麻薬特例法違反、覚せい剤取締法違反の事案において、懲役8年6月及び罰金300万円に処した事例
懲役8年,罰金300万円
覚せい剤取締法違反(変...を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律違反,覚せい剤取締...覚せい剤取締法違反,道路交通法違反,道路運送車両法違反,自動車損害
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、営利の目的で覚せい剤を譲り渡すこと等を業としたとする麻薬特例法違反、覚せい剤取締法違反の事案において、懲役8年及び罰金300万円に処した事例
懲役7年6月
覚せい剤取締法違反(変更後の訴因...神薬取締法等の特例等に関する法律違反,覚せい剤取締法違反)被告事件...平成23年10月17日札幌地方裁判所室蘭支部宣告覚せい剤取締法違反の罪により懲役3年10月及び罰金30万円
判示要旨:被告人が、営利の目的で覚せい剤を譲り渡すこと等を業としたとする麻薬特例法違反、覚せい剤取締法違反の事案において、懲役7年6月及び罰金180万円に処した事例
懲役9年
覚せい剤取締法違反,関税法違反,麻...薬及び向精神薬取締法違反被告事件...覚せい剤取締法違反の点
判示要旨:被告人が、氏名不詳者らと共謀の上、営利の目的で、スーツケース内に覚せい剤の結晶を隠し入れて日本国内に持ち込み輸入したなどとする覚せい剤取締法違反、関税法違反、麻薬を所持した麻薬及び向精神薬取締法違反の事案について、覚せい剤輸入に関し、少なくとも覚せい剤を含む違法薬物かもしれないという認識を持っていたとして故意を認め、被告人に懲役9年及び罰金350万円を言い渡した事例
懲役28年
類所持等取締法違反,未成年者略取被告事件...銃砲刀剣類所持等取締法31条の18第3号,22
判示要旨:被告人が、元妻の母親を殺害し、元妻に重傷を負わせた上、元妻が監護する1歳8か月の実子を連れ去るなどした住居侵入、殺人、殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、未成年者略取の事案について、被告人に懲役28年を言い渡した事例
控訴を棄却
刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)11条1項1号に基づき,本
判示要旨:他人による指定射撃場以外での射撃行為等を幇助する行為をした場合は、銃砲刀剣類所持等取締法11条1項1号にいう「この法律・・・の規定・・・に違反した場合」に当たるか
取り消す
告が,愛知県公安委員会から銃砲刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)...以外の行政取締法規においても,免許ないし許可を受けた者が違反行為を幇助し,...に含めて解釈することは,他の行政取締法規における行政上の不利益処分の対象と
判示要旨:他人による指定射撃場以外での射撃行為等を幇助する行為をした場合は、銃砲刀剣類所持等取締法11条1項1号にいう「この法律・・・の規定・・・に違反した場合」に当たるか
控訴を棄却
偽の記載」(銃砲刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)5条1項柱...類所持等取締法施行令14条が掲げる事情のいずれにも当たると解することがで
判示要旨:銃砲刀剣類所持等取締法11条7項の規定による猟銃所持許可の更新の申請をした者につき申請書提出先の警察署がその者に配偶者暴力のおそれがある旨の情報を得ていた場合において、申請書添付書類の同居親族書に別居中の妻子が同居親族として記載されていたことが、同法5条1項に規定する重要な事項についての虚偽の記載に該当しないとされた事例
却下
類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)所定の更新不許可事由又...する(銃砲刀剣類所持等取締法施行規則11条1項)。
判示要旨:(1) 銃砲刀剣類所持等取締法11条7項の銃砲の仮領置がされた後に許可の効力が期間満了により失われた場合における上記仮領置の効力の帰趨 (2)  銃砲刀剣類所持等取締法11条7項の規定による猟銃所持許可の更新の申請をした者につき申請書提出先の警察署がその者に配偶者暴力のおそれがある旨の情報を得ていた場合において、申請書添付書類の同居親族書に別居中の妻子が同居親族として記載されていたことが、同法5条1項に規定する重要な事項についての虚偽の記載に該当しないとされた事例
棄却
覚せい剤取締法違反の被疑事実で逮捕されたウガンダ共和国国籍
判示要旨:覚せい剤取締法違反の被疑事実で逮捕されたウガンダ共和国国籍の原告が、大阪府警の警察官による取調べの際、同人から暴行を受けた等と主張し、国家賠償法1条1項に基づき、大阪府に対し、慰謝料500万円及び弁護士費用相当額の支払を求めた事案において、原告が被った精神的苦痛を慰謝するための金額としては30万円が相当であり、原告の損害賠償請求権は、訴え提起前に上記警察官が30万円を支払ったことにより消滅したとして、原告の請求を棄却した事例
無期懲役
重殺人,銃砲刀剣類所持等取締法の組織的なけん銃発射及びけん銃の加重所持の事
判示要旨:広域暴力団の二次団体の組長である被告人が、傘下組織の構成員が殺害された報復として配下組員らに指示し、対立する暴力団組織の構成員をけん銃で射殺させるなどした組織的犯罪処罰法の加重殺人、銃砲刀剣類所持等取締法の組織的なけん銃発射及びけん銃の加重所持の事案において、被告人を無期懲役及び罰金3000万円に処した事例
無罪
判示要旨:被告人が、旅行先のウガンダから帰国する際、共犯者らと共謀の上、営利の目的で、約7.9キログラムの覚せい剤をスーツケースの中に隠し入れて、飛行機で日本国内に持ち込んだが、税関を通過することができなかったという覚せい剤取締法違反、関税法違反の事案につき、被告人の供述内容や税関検査時の言動等に照らすと、被告人がスーツケースの中に覚せい剤を含む違法薬物が隠されているかもしれないと思いながら、あえてこれを持ち込んだと認めることについては、常識に照らし、疑いが残ると判断し、無罪を言い渡した事例。(裁判員裁判実施事件)
無期懲役
強盗殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件...銃砲刀剣類所持等取締法31条の18第3号,
判示要旨:居住するアパートの大家から滞納家賃を支払うよう強く迫られたため、大家及びその妻をペティナイフで刺殺し、さらに、大家の所有する乗用自動車等を窃盗したという強盗殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反事件において、被告人に滞納家賃を支払わないままアパートに居住し続ける利益を得るという強盗の目的があったとの検察官の主張を排斥し、成立する犯罪は殺人罪2罪と窃盗罪にとどまると判示した上で、死刑の求刑に対し無期懲役刑を言い渡した事例
懲役9年
覚せい剤取締法違反,関税法違反被告事件...搬出させるなどし,もって覚せい剤取締法が禁止する覚せい剤の本邦への輸入を行...った覚せい剤取締法違反及び関税法違反の事案である。
判示要旨:被告人が、共犯者らと共謀の上、営利の目的で、覚せい剤約2703.81グラムを隠し入れたパソコンケースを機内預託手荷物であるソフトケースに収納して、ボリビアから飛行機で密輸入したが税関検査で発見されたという覚せい剤取締法違反、関税法違反の事案につき、パソコンケース内に違法薬物が隠されていたことを知らなかった等とする被告人及び弁護人の主張を排斥し、被告人には、少なくとも違法薬物が隠されているかもしれないとの認識があった等として、懲役9年及び罰金400万円の判決を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
懲役28年
判示要旨:元交際相手の女性及びその母を出刃包丁で突き刺すなどし、元交際相手を殺害するには至らなかったものの、その母を殺害したという殺人未遂、殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案で、懲役28年の有罪判決が言い渡された事例(裁判員裁判対象事件)
死刑
たという銃砲刀剣類所持等取締法違反事件(第4事実)からなる事案である。
判示要旨:傷害、殺人、殺人未遂、未成年者略取、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件につき、少年である被告人を死刑に処した裁判員裁判の事案
懲役1年10月
本件公訴事実中覚せい剤取締法違反の点については,被告人は無罪。...覚せい剤取締法違反について無罪とした理由...覚せい剤取締法違反被告事件に係る公訴事実は,「被告人は,法定の除外事
判示要旨:覚せい剤取締法違反について、強制採尿に至る一連の捜査過程に重大な違法があり、被告人の尿につき作成された鑑定書が違法収集証拠にあたるとしてその証拠能力が否定され、被告人に対し無罪が言い渡された事例(暴力行為等処罰に関する法律違反、傷害について有罪)。
無罪
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、営利目的で、買受人に対し覚せい剤を2万円で譲り渡したという覚せい剤取締法違反の事案について、買受日時・状況についての買受人の供述が変遷しており信用できないとして、被告人に無罪の言渡しをした事案
上告を棄却
取締法は,貨幣の信用を維持し,経済取引の円滑を期するとの見地から,貨幣を損
判示要旨:手品ないしマジック用に変造された貨幣(いわゆるギミックコイン)を貨幣損傷等取締法及び関税法が規制することは、憲法21条1項に含まれる手品ないしマジックを演じる自由を侵害するとの主張が、欠前提処理された事例
懲役5年
…刑法60条,覚せい剤取締法41条2項,1項〔無期若しくは3年以...書所定の犯人以外の者の所有に係らないものであるから,覚せい剤取締法41
判示要旨:非暴力団員である被告人が、知人の暴力団組長を含む共犯者らと共謀の上、営利目的で、覚せい剤合計約1800gを機内手荷物である木箱2箱に隠匿した状態で、中国から飛行機で密輸入し、さらに、税関を通過しようとしたが未遂に終わったという覚せい剤取締法違反、関税法違反の事案につき、覚せい剤の持ち込み量全体のうち被告人自身が持ち込もうとした約990g(木箱1箱分)を量刑責任の基礎とした上、犯行全体における被告人の役割の従属性、被告人の反省状況・更生環境等を考慮して、懲役5年及び罰金350万円の判決が言い渡された事例(裁判員裁判対象事件。)
懲役15年
包括して刑法60条,銃砲刀剣類所持等取締法31条...包括して刑法60条,銃砲刀剣類所持等取締法31条
判示要旨:共犯者と共謀の上、けん銃を使用した強盗事件を起こして逃走中、駐車場において、警察官らの周囲に向けてけん銃数発を発射し、さらに、警察官に対し、殺意をもってけん銃1発を発射したが、その目的を遂げなかったなどの建造物侵入、強盗、銃砲刀剣類所持等取締法違反、公務執行妨害、殺人未遂等の事案に関し、けん銃発射の共謀を認めた上、緊急避難の主張を排斥して懲役15年に処した事例
懲役18年
判示要旨:いずれも、殺意をもって、女性に対し所携の包丁で切りつけたものの殺害するに至らず、男性に対し同包丁で多数回突き刺すなどして死亡させて殺害したという殺人未遂、殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件について、有罪とした原判決に対し、原審で取り調べた証拠によって認められる事実からだけでは、女性に対する殺意が認められないなどとして、原審における審理不尽を理由として原判決を破棄し、差し戻した事案
懲役30年
て殺害したという殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案である。
判示要旨:暴力団幹部である被告人が、対立暴力団構成員の男性1名を所携の繰小刀で約11回突き刺し殺害した殺人及び銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案について、懲役30年の刑に処された事例
覚せい剤取締法 41 条の 3 第 1 項 1 号, 19 条...覚せい剤取締法 41 条の 3 第 1 項 1 号, 19 条
判示要旨:本件は、生活保護法に基づく生活保護開始決定を受けた被告人らが、生活扶助費等及び通院移送費名下に2億円余りを詐取した、巨額公金詐欺事件及び被告人らが覚せい剤を使用したことによる覚せい剤取締法違反事件である。
懲役27年
所持等取締法違反の事案である。
判示要旨:路上で通りがかりの男性1名を所携のペテナイフで突き刺し殺害した殺人及び銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案について、被告人を懲役27年の刑に処した事例
上告を棄却
為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下
判示要旨:薬物犯罪の幇助犯から「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」11条1項、13条1項により没収・追徴できる薬物犯罪収益等の範囲
上告を棄却
判決判示第3の事実(以下「本件」という。)について,覚せい剤取締法41条の
判示要旨:いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
判決判示第3の事実(以下「本件」という。)について,覚せい剤取締法41条の
判示要旨:いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
いう。)について,覚せい剤取締法41条の輸入罪及び平成17年法律第22号に
判示要旨:船舶から海上に投下し回収する方法により覚せい剤を輸入しようとした行為につき、覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
控訴を棄却
合でないのに,上記刺身包丁を携帯した銃砲刀剣類所持等取締法違反2件(同
判示要旨:本件は、被告人が、(1)公園前の歩道を通行中のA(当時18歳)を公園内で強姦し、さらに自己の犯行であることが発覚しないように同人を絞殺したが、金品強取の目的を遂げなかった強盗強姦、強盗殺人(甲事件)、(2)公園付近路上を通行中のB(当時62歳)を刺身包丁で突き刺して殺害し、同女所有又は管理の現金約6000円等在中の手提げバッグ1個を強取した強盗殺人(乙事件)、(3)公園前の歩道を通行中のC(当時23歳)を同公園内で強姦しようとしたが、姦淫の目的を遂げず、引き続き、殺意をもって、刺身包丁で突き刺し、同人所有又は管理の現金約1000円等在中の手提げバッグ1個を強取し、同人を殺害した強盗強姦未遂、強盗殺人(丙事件)、(4)前記(2)及び(3)の犯行の際に、いずれも正当な理由による場合でないのに、前記刺身包丁を携帯した銃砲刀剣類所持等取締法違反2件の事案である。死刑に処した原判決に対して、弁護人が、任意性を欠く被告人の自白調書を事実認定の証拠とした法令違反、事実誤認及び量刑不当を主張したが、いずれも認めず、被告人の控訴を棄却した。
死刑
死体遺棄,銃砲刀剣類所持等取締法違反,殺人,窃盗,火薬類取締法違反被告事件...平成17年9月4日,覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕状が出ていたCを励ま...刑法60条,銃砲刀剣類所持等取締法31条の
判示要旨:暴力団組長であった被告人が、いずれもその活動に関連して、それぞれ別の機会に、組織的に、3名の被害者をけん銃で殺害した殺人等及び組織銃として、複数箇所に多数のけん銃等を所持していた銃砲刀剣類所持等取締法違反等の事案につき、2名に対する殺人等につき被告人と実行犯の共謀を認定するとともに、被告人自ら殺害行為を行った1名に対する殺人について正当防衛の主張を排斥し、被告人に死刑を言い渡した事例
却下
農薬取締法2条1項は「製造者(注・農薬を製造し、又は加工する者)又は...ものでないことは、農薬取締法2条3項、3条1項の規定する事由に...は違法・無効である(農薬取締法2条2項の「試験成績を記載した書
判示要旨:農薬取締法2条に基づく農薬登録申請時に提出された試験成績の利用権の帰属に関する情報が記載された文書の開示請求に対し、その存否を答えるだけで行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条2号イ所定の不開示情報(法人等情報)を開示することになるとして、同法8条に基づき農林水産大臣がした不開示決定が、適法とされた事例
懲役8年
平成18年法律第41号による改正前の銃砲刀剣類所持等取締法32条4号,22...き刺して殺害した殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案である。
判示要旨:妄想性障害に基づき、高校時の担任教師(被害者)に人工的に精神障害にされたとの妄想を抱いていた被告人が、さらに自分の死が間近いとの妄想も抱くに至り、自分が死ぬのに自分を精神障害にした被害者が生きているのは許せないなどと考え、被害者の殺害を決意し、被害者をサバイバルナイフで多数回突き刺して殺害した殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案
懲役2年
「鑑定資料に、覚せい剤取締法にいう...「鑑定資料に、覚せい剤取締法にいう覚せい剤(フェニルメ...覚せい剤取締法41条の3第1項1号,19条に該当するところ,判示第1の住居
判示要旨:被告人が平成18年4月4日にホテル室内で覚せい剤を使用したとされる覚せい剤取締法違反の事案において、被告人が同日(4月4日)午後零時15分ころに任意提出した尿につき「尿中に覚せい剤が認められない。」との鑑定結果が得られたが、上記ホテル室内から覚せい剤及び被告人の血液を含有する流動物が入った注射器が発見されていること、被告人の肘関節の内側に新しい注射痕があること、上記ホテル室内において被告人と同時期に覚せい剤を使用したと考えられる人物につき、同日採取された尿の鑑定においては「尿中に覚せい剤が認められない。」との結果が出されながら、後日採取された同人の尿から覚せい剤が検出されたことなどの証拠関係を総合して、上記鑑定結果は同日(4月4日)の覚せい剤使用と矛盾するものではないと判断した上、同日被告人が上記ホテル室内で上記注射器により覚せい剤を自己の身体に注射したと認めて有罪とした事例
懲役11年
包括して銃砲刀剣類所持等取締法32条4号,2...強盗傷人,銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案である。
判示要旨:被告人が、サバイバルナイフ等の凶器を携行し、白昼、宗教団体の教祖宅に押し入り、家人2名に対し暴行を加え、現金124万円余りを奪い取るとともに2名に傷害を負わせた強盗致傷、銃砲刀剣類所持等取締法違反の事件について、「知人に脅迫されてやむを得ず犯行に及んだもので、緊急避難が成立するか、期待可能性がない」との弁護人の主張に対し、被告人の述べるところを前提にしても、脅迫の程度が被告人の意思決定の自由を奪うほどに強いものであったり、切迫したものであるとはいえないなどとして、上記主張が排斥された事例
棄却
銃砲刀剣類所持等取締法(昭和33年法律第6号。以下「銃刀法」とい...「銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正す...を求める対象を「銃器の所持について申請の際現に銃砲刀剣類所持等取締法
判示要旨:散弾銃の誤射による死亡事故に関し、奈良県公安委員会委員若しくはその補助者が、特段の事情なくして、同散弾銃について、所持許可が失効してから7か月以上が経過した事故当時まで、銃砲刀剣類所持等取締法に基づく提出命令及び仮領置の措置を執らなかったことは違法であるが、これと事故の発生ないし同散弾銃の所持許可が失効していたことによる保険金等の不支給との間には因果関係がないとされた事例
棄却
から保護されるべき法律上の利益を有するものとまではいい難く,農薬取締法や
判示要旨:農林水産大臣が他の業者に対してした農薬取締法2条に基づく農薬登録処分の取消しを求める訴えにつき、当該他の業者が申請に際して農薬の販売等を行う者らの出資に係る組合に帰属する試験成績を無断で当該申請の試験成績に代えて提出したと主張する当該農薬の販売等を行う者らの原告適格を否定した事例
却下
保有する農薬の試験成績を,他の業者が利用して農薬取締法(以下,単に...「法」ともいい,農薬取締法施行令を「法施行令」と,同法施行規則を「法施...薬取締法2条2項に反しており,被告において,原告らの申出により同意書の
判示要旨:農林水産大臣が他の業者に対してした農薬取締法2条に基づく農薬登録処分の取消しを求める訴えにつき、当該他の業者が申請に際して農薬の販売等を行う者らの出資に係る組合に帰属する試験成績を無断で当該申請の試験成績に代えて提出したと主張する当該農薬の販売等を行う者らの原告適格を否定した事例
上告を棄却
る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例
判示要旨:「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」5条違反の罪の公訴事実が多数回にわたり多数人に譲り渡した旨の概括的記載を含んでいても訴因の特定として欠けるところはないとされた事例
上告を棄却
薬取締法等の特例等に関する法律2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た
判示要旨:規制薬物の譲渡を犯罪行為とする場合における「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に係る同法11条1項1号の没収及び同法13条1項前段の追徴に当たり取得費用等を控除することの可否
懲役2年6月
判示要旨:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律11条、13条1項により没収・追徴すべき犯人の範囲
上告を棄却
認められるから,被告人の行為が銃砲刀剣類所持等取締法3条の13,31条のけ
判示要旨:道路を走行中の普通乗用自動車内におけるけん銃発射行為が銃砲刀剣類所持等取締法3条の13、31条のけん銃等発射罪に当たるとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:麻薬及び向精神薬取締法64条のジアセチルモルヒネ等輸入罪におけるジアセチルモルヒネ等であることの認識の内容、程度
上告を棄却
為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「...第1042号覚せい剤取締法違反被告事件の判決において没収が言い渡され,この
判示要旨:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義
上告を棄却
薬取締法等の特例等に関する法律(以下「改正前の麻薬特例法」という。)2条3
判示要旨:1 「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 薬物犯罪を遂行する過程において費消・使用されるものとして犯人が他の共犯者から交付を受けた財産と「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」 3 犯罪を実行した翌日に我が国を出国するため所持していた航空券が刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物」に当たるとされた事例 4 薬物犯罪の犯罪行為を遂行するために費消した上その残額を同行為の報酬として取得することとして共犯者から交付を受けて犯人が所有する金員を全額没収することの可否
上告を棄却
取締法41条1項の覚せい剤輸入罪は,領土への陸揚げの時点で既遂に達すると解
判示要旨:覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
311 件中 1/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in