2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61906 
刑事21947民事39959
法律
労働関係法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
22 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
般職の地方公務員の争議行為等を禁止する地方公営企業労働関係法一一条一項の規...私は、地方公務員法三七条一項、地方公営企業労働関係法(以下「地公労法」と...の制限、具体的には公共企業体等労働関係法(昭和六一年法律第九三号による改正
一 地方公営企業労働関係法一一条一項と憲法二八条 二 市の一般行政職員の約一時間の職場放棄及び市立病院の職員の二四時間の同盟罷業を企画し又はその遂行を指導した市の一般行政職員に対する懲戒免職処分が裁量権の範囲を超え又はこれを濫用したものとはいえないとされた事例
上告を棄却
一 論旨は、地方公営企業労働関係法(以下「地公労法」という。)附則四項によ...という。)及び公共企業体職員の労働関係について定めた公共企業体等労働関係法
地方公営企業労働関係法附則四項により地方公営企業職員以外の単純な労務に雇用される一般職の地方公務員に準用される同法一一条一項と憲法二八条
上告を棄却
 論旨は、地方公営企業職員につき争議行為を禁止した地方公営企業労働関係法(...めた公共企業体等労働関係法(昭和六一年法律第九三号による改正前のもの。以下
地方公営企業労働関係法一一条一項と憲法二八条
上告を棄却
 公共企業体等労働関係法(以下「公労法」という。)一七条一項の規定が憲法二... 公共企業体等労働関係法(以下「公労法」という。)一七条一項の規定が憲法二... 公共企業体等労働関係法(以下「公労法」という。)一七条一項の規定と憲法二
一 林野職員に対する公共企業体等労働関係法一七条一項の規定の適用と憲法二八条 二 国有林野事業の現場作業員に対し約四時間の同盟罷業参加による職場放棄を理由としてされた一か月間一〇分の一の減給処分が懲戒権を濫用したものとはいえないとされた事例
上告を棄却
 公共企業体等労働関係法一七条一項の規定が憲法二八条に違反するものでないこ...が、公共企業体等労働関係法(以下、公労法という。)一八条にも言及して、同条... 本件で問題とされている公共企業体等労働関係法(以下「公労法」という。)一
日本専売公社職員に対する公共企業体等労働関係法一七条一項の規定の適用と憲法二八条
上告を棄却
 所論の公共企業体労働関係法(昭和二七年法律第二八八号による改正前の昭和二...与の目に計上された金額を超えるものを、公共企業体労働関係法三五条但書がよる...業体労働関係法三五条但書を適用することは、公共企業体の職員のもつ損失補償請
一 公共企業体労働関係法(昭和二七年法律第二八八号による改正前の昭和二三年法律第二五七号)三五条但書と憲法二八条、三一条 二 大蔵大臣の承認のない既定予算の給与の目に計上された金額を超える支出と公共企業体労働関係法(昭和二七年法律第二八八号による改正前の昭和二三年法律第二五七号):八条にいう「公共企業体の予算上…不可能な資金の支出」
上告を棄却
 一 公共企業体等の職員につき争議行為を禁止した公共企業体等労働関係法(以
一 郵政職員が公共企業体等労働関係法一七条一違反の争議行為を行つた場合と国家公務員法八二条の規定による懲戒処分 二 いわゆる春闘の際に郵便局におけるストライキを実施させるなどの違法行為をしたことを理由としてされた郵政職員に対する懲戒免職処分が懲戒権者に任された裁量権の範囲を超えたものとはいえないとされた事例
破棄
等労働関係法(以下「公労法」という。)一七条一項に違反する違法なものと評価し乗務員への説得の機会を一切与えず鉄道公安職員の実力行使によつてでも乗務員
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為として行われた威力業務妨害行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
二〇巻八号九〇一頁)に示されたところに従い、公共企業体等労働関係法(以下「
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為として行われた威力業務妨害行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
ないし、かりに右の業務に該当するとしても、それは公共企業体等労働関係法(以
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為として行われた威力業務妨害及び不退去行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
一頁)に示されたところに従い、公共企業体等労働関係法(以下「公労法」という。)... (ハ) さらに、昭和二四年六月一日施行の公共企業体労働関係法においては、...等労働関係法となり、郵政職員を含む五現業の職員の争議行為等についても国公法
一、公共企業体等労働関係法一七条一項と憲法二八条 二、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用 三、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と刑事法上の処罰阻却 四、郵政職員の争議行為に参加を呼びかけた行為が郵便法七九条一項の罪の幇助罪による処罰を阻却されないとされた事例 五、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 六、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた建造物侵入行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
上告を棄却
争の一部に公共企業体等労働関係法(以下「公労法」という。)一七条一項違反の
一、労働組合の組合費が月額で定めらている場合と月の途中で脱退した組合員の納付義務の範囲 二、公共企業体等の労働組合が公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為の実施費用として徴収する臨時組合費と組合員の納付義務 三、公共企業体等の労働組合が公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為により不利益処分を受けた組合員の救援費用として徴収する臨時組合費と組合員の納付義務
控訴を棄却
 所論第一点は、地方公営企業労働関係法一一条は、職員らに対し争議行為を全面... なるほど、地方公営企業労働関係法一一条は「職員及び組合は、地方公営企業に...頁以下参照)の趣旨とするところであり、地方公営企業労働関係法一条が定める
一、 地方公営企業における争議行為と職務命令文書の破棄 二、 地方公営企業労働関係法一一条一項の合憲性
破棄
 所論は、公共企業体等労働関係法一七条一項は憲法二八条に違反するものである... しかし、公共企業体等労働関係法一七条一項は、憲法二八条に違反するものでは...企業体の職員で組織される労働組合は、公共企業体等労働関係法の適用を受け、同
一 公共企業体等労働関係法一七条一項の合憲性 二 公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用
上告を棄却
体等労働関係法(以下公労法と略称する。)一七条一項を適用しているものではな...伊達秋雄ほか三名連名の補充上告趣意第二点について。 公共企業体等労働関係法一七条一項は、争議行為を禁止しているのであるから、... しかし、わたくしは、本件争議行為は公共企業体等労働関係法一七条一項に違反
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用
破棄
記行為をもつて直ちに公共企業体等労働関係法(以下公労法という。)一七条に違
一、公共企業体等労働関係法第一八条の法意 二、公共企業体等労働関係法第一七条違反を理由とする解雇が無効とされた事例
控訴を棄却
 二、 国鉄法、公共企業体等労働関係法(以下公労法という)の職員に関する規
公共企業体等労働関係法第一八条に基づく日本国有鉄道職員の解雇の性質
控訴を棄却
 論旨は、要するに、地方公営企業労働関係法(以下「地公労法」という。)一一...二四年六月一日施行)の公共企業体労働関係法が適用されていたが、講和条約調印...に備えた昭和二七年の労働関係法令の改正に際し、公労法の適用がいわゆる「三公
一、 地方公営企業労働関係法第一一条第一項違反の争議行為と労働組合法第一条第二項の適用 二、 市電乗務員に対するいわゆるピケツテイングを正当な争議行為として威力業務妨害罪の成立を否定した事例
破棄
体等労働関係法(以下公労法と略称する。)一七条一項は憲法二八条に違反する旨...二〇日に公布され、翌二四年六月一日から施行された公共企業体労働関係法では、...れ、新らしい公共企業体等労働関係法の関係規定が適用されることになつた。した
一 公共企業体等労働関係法第一七条第一項の合憲性 二 公共企業体等労働関係法第一七条第一項違反の争議行為と労働組合法第一条第二項の適用
上告を棄却
 所論は、原判決が公共企業体等労働関係法(以下単に公労法という。)一七条に
公共企業体等労働関係法第一七条違反の争議行為と労働組合法第一条第二項。
上告を棄却
 所論は、原判決が公共企業体等労働関係法(以下単に公労法という。)一七条に
公共企業体等労働関係法第一七条違反の争議行為と労働組合法第一条第二項。
破棄
一、 公共企業体等労働関係法第一七条違反の争議行為と刑法第三五条 二、 国鉄機関車乗務員に対するピケツテイングが限界を超え威力業務妨害罪を成立せしめる一事例
22 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in