裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62373 
刑事22064民事40309
法律
労働者災害補償保険法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
👨‍⚖️AI裁判官
労働者災害補償保険法を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
0
0
48 件中 1/1 ぺージ
本件肺がんについて,労働者災害補償保険法に基づく療養補償給付を請求...そのため,石綿肺は,労働者災害補償保険法上の療養補償給付等の支給...労働者災害補償保険法上の療養補償給付等の支給に当たって,
判示要旨:石綿を含有する保温材の製造作業等に従事していた原告が、同作業中に石綿粉じんのばく露によって肺がんを発症したことについて、被告による規制権限の不行使が違法であったと主張し、国家賠償法1条1項に基づき、慰謝料及び弁護士費用並びにこれらに対する肺がんの診断確定日を起算日とする遅延損害金を支払を求めたところ、被告が、遅延損害金の起算日は労働基準監督署長による労働者災害補償保険法に基づく療養補償給付の支給決定の日であると主張して争った事案につき、遅延損害金の起算日は肺がんの診断確定日であると判断して、原告の請求を全部認容した事例
取り消す
判示要旨:父が石綿粉じんばく露作業により胸膜中皮腫を発症して死亡した後、その死亡に係る労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金等の支給を受けていた母が死亡した場合において、父の死亡に係る母の遺族給付等に関する調査結果復命書等の情報が、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律12条1項所定の「自己を本人とする保有個人情報」に当たるとされた事例
上告を棄却
政府は,本件事故が第三者の行為によって生じた業務災害であるとして,平成27年2月までに,第1審原告に対し,労働者災害補償保険法(以下「労災保
判示要旨:1 被害者の行使する自賠法16条1項に基づく請求権の額と労働者災害補償保険法12条の4第1項により国に移転して行使される上記請求権の額の合計額が自動車損害賠償責任保険の保険金額を超える場合、被害者は国に優先して損害賠償額の支払を受けられる 2 自賠法16条の9第1項にいう「当該請求に係る自動車の運行による事故及び当該損害賠償額の確認をするために必要な期間」の意義及びその判断方法
取り消す
年5月21日付けでした労働者災害補償保険法による遺族補...ためであり,業務に起因するとして,労働者災害補償保険法(以下「労
判示要旨:胸膜中皮腫等により死亡した被災者の妻である控訴人が、上記疾病の発症は被災者が延べ33年間勤務していた学校においてアスベストにばく露したためであり業務に起因するとして、労働基準監督署長に対し、労働者災害補償保険法に基づく遺族補償給付の支給を請求したが、被災者に発症した中皮腫について、国の認定基準である「石綿ばく露作業の従事期間が1年以上あること」との要件に該当するとは認め難く、業務起因性が認められないなどとして遺族補償給付を支給しない旨の処分(以下「本件不支給処分」という。)を受けたため、本件不支給処分の取消しを求めた事案において、中皮腫の職業起因性に関する国際的に尊重されているヘルシンキ・クライテリアに照らし、一般住民の環境性ばく露を超える職業性ばく露があった場合には、それが短期間又は低レベルのものであっても、他に中皮腫の発症原因が見当たらない限り、当該中皮腫の業務起因性を認めるのが相当であって、上記国の認定基準は十分な医学的根拠に基づくものとはいえないとした上、上記学校では、多数の建物にアスベストを含む吹付材等が使用されており、これらを用いた建築工事も頻繁に行われていたところ、被災者は、上記工事が行われた建物と同一の建物で8か月間仕事をして一般環境レベルを超える濃度の石綿粉塵にばく露したり、特定の建物で吹付材等の劣化・剥離に伴って発生した一般環境レベルを超える濃度の石綿粉塵に相当期間ばく露したと認められ、被災者に他に石綿粉塵のばく露歴があるとも、他に中皮腫を発症する事由があったとも認められないとして、被災者の死因である胸膜中皮腫は、被災者が勤務した学校における業務を行う際に被った石綿粉塵ばく露によって発症した疾病であり、業務に起因するとして、本件不支給処分を取り消した事例
取り消す
た労働者災害補償保険法に基づく遺族補償給付及び葬祭料を支給しないとの...その父である控訴人が,労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)
判示要旨:高速道路の巡回、管制、取締等交通管理業務を行うことを主な事業内容とする会社に勤務し上記巡回等の業務に従事していた労働者が自殺したことについて、上記労働者は、その上司からひどい嫌がらせ、いじめを受けたことによる強い心理的負荷により自殺直前頃うつ病を発症し、うつ病が原因となって自殺をしたものであり、上記労働者の死亡は、労働者災害補償保険法にいう業務上の死亡に当たるとされた事例
取り消す
判示要旨:事業場における石綿曝露作業に従事したことが原因で石綿肺及びびまん性胸膜肥厚を発症し、これにより労働者災害補償保険法に基づく傷病補償年金を受給していた者が入院中に誤嚥を起こし低酸素脳症により死亡したことについて、誤嚥の発生及び症状の重篤化は、石綿関連疾患による慢性的な呼吸不全及び全身状態の悪化に伴う嚥下機能障害が寄与したものであるとして、石綿関連疾患と死亡の間の因果関係を肯定し、労働者災害補償保険法に基づく遺族補償給付等を不支給とした処分を取り消した事例
破棄
労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)は,労働者の業務上
判示要旨:じん肺管理区分が管理1に該当する旨の決定を受けた常時粉じん作業に従事する労働者等が管理4に該当するとして提起した当該決定の取消訴訟の係属中に死亡した場合における労働者災害補償保険法11条1項に規定する者による訴訟承継の成否
取り消す
け及び平成25年3月5日付けでした労働者災害補償保険法に基づく
判示要旨:労働基準監督署長が、パワーハラスメントや退職の勧奨ないし強要による精神障害を理由としてされた労働者災害補償保険法に基づく休業補償給付に対し、業務上の疾病とは認められないとしてした同給付を支給しない旨の処分につき、請求者については、上司との人間関係の悪化やその後の退職強要の事実があり、それによる心理的負荷は、社会通念上、客観的にみて精神障害を発症させる程度に過重であったとして、精神障害との業務起因性を認め、同処分が取り消された事例
棄却
通達「労働者災害補償保険法及び労働保険の保険料の徴収等に関す
判示要旨:労働保険の保険料の徴収等に関する法律12条3項所定の事業に該当する事業に従事する労働者について労働者災害補償保険法7条1項1号の業務災害に関する保険給付等に係る支給処分がされたことを前提として、当該事業の事業主に対し、労働保険の保険料の徴収等に関する法律19条4項に基づく労働保険料の額の決定処分がされている場合に、当該決定処分の取消訴訟において、当該事業主が上記支給処分の違法を当該決定処分の取消事由として主張することの可否
破棄
付けでした労働者災害補償保険法に基づく遺族補償給付及び葬...長に対し,労働者災害補償保険法に基づく遺族補償給付及び葬祭料の支給を請求し...を肯定することができることも明らかである。以上によれば,本件事故によるBの死亡は,労働者災害補償保険法1条,12条
判示要旨:労働者が、業務を一時中断して事業場外で行われた研修生の歓送迎会に途中から参加した後、当該業務を再開するため自動車を運転して事業場に戻る際に、研修生をその住居まで送る途上で発生した交通事故により死亡したことが、労働者災害補償保険法1条、12条の8第2項の業務上の事由による災害に当たるとされた事例
破棄
本件は,業務上の疾病により休業し労働者災害補償保険法(以下「労災保険
判示要旨:労働者災害補償保険法による療養補償給付を受ける労働者につき、使用者が労働基準法81条所定の打切補償の支払をすることにより、解雇制限の除外事由を定める同法19条1項ただし書の適用を受けることの可否
上告を棄却
上告人X 1 は,平成19年10月16日,労働者災害補償保険法(以下
判示要旨:1 不法行為によって死亡した被害者の損害賠償請求権を取得した相続人が労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金の支給を受けるなどした場合に、上記の遺族補償年金との間で損益相殺的な調整を行うべき損害 2 不法行為によって死亡した被害者の損害賠償請求権を取得した相続人が労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金の支給を受けるなどしたとして損益相殺的な調整をするに当たって、損害が塡補されたと評価すべき時期
上告を棄却
上告人は,労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)の療
判示要旨:1 被害者が、不法行為によって傷害を受け、その後に後遺障害が残った場合において、労働者災害補償保険法に基づく保険給付を受けたときに、この社会保険給付との間で損益相殺的な調整を行うべき損害 2 被害者が、不法行為によって傷害を受け、その後に後遺障害が残った場合において、労働者災害補償保険法に基づく保険給付の支給がされ、又は支給されることが確定したときに、損益相殺的な調整に当たって、損害がてん補されたと評価すべき時期
上告を棄却
第1審原告が支給を受けた労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」とい
判示要旨:1 被害者が、不法行為によって傷害を受け、その後に後遺障害が残った場合において、労働者災害補償保険法に基づく保険給付や公的年金制度に基づく年金給付を受けたときに、これらの各社会保険給付との間で損益相殺的な調整を行うべき損害 2 被害者が、不法行為によって傷害を受け、その後に後遺障害が残った場合において、不法行為の時から相当な時間が経過した後に現実化する損害をてん補するために労働者災害補償保険法に基づく保険給付や公的年金制度に基づく年金給付の支給がされ、又は支給されることが確定したときに、損益相殺的な調整に当たって、損害がてん補されたと評価すべき時期
取り消す
た労働者災害補償保険法による障害補償給付の支給に関する処分を取...て,A労働基準監督署長(処分行政庁)が労働者災害補償保険法施行規則別表...労働者災害補償保険法(以下「法」という。)15条1項の障害補償給付
判示要旨:労働者災害補償保険法による障害補償給付の支給に関する処分が、障害等級表(労働者災害補償保険法施行規則別表第1)の憲法14条1項に違反する部分に基づいてされたことを理由に、違法であるとして取り消された事例
取り消す
務に起因するものであると主張し,労働者災害補償保険法(以下「労災保険
判示要旨:自動車製造会社の品質検査業務に従事していた労働者の心停止の発症及びこれに続く死亡が業務に起因するものであるとして、労働者災害補償保険法に基づく療養補償給付、遺族補償年金及び葬祭料を不支給とした労働基準監督署長の各処分が取り消された事例
上告を棄却
労働者に該当せず,労働者災害補償保険法上の労働者にも該当しないものというべ
判示要旨:作業場を持たずに1人で工務店の大工仕事に従事する形態で稼働していた大工が労働基準法及び労働者災害補償保険法上の労働者に当たらないとされた事例
破棄
 1 本件は,労働者災害補償保険法(平成11年法律第160号による改正前の...ている。これを受けて,労働省令である労働者災害補償保険法施行規則(平成12
判示要旨:労働基準監督署長が労働者災害補償保険法(平成11年法律第160号による改正前のもの)23条に基づいて行う労災就学援護費の支給に関する決定と抗告訴訟の対象
破棄
基準監督署長に対し労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に基づ
判示要旨:労働者災害補償保険法に基づく保険給付の不支給決定取消訴訟において事業主が労働基準監督署長を補助するため訴訟に参加することが許される場合
上告を棄却
んによる死亡は業務に起因するものであるとして、労働者災害補償保険法に基づい
判示要旨:長年にわたり粉じん作業に従事しじん肺及びこれに合併する肺結核にり患した労働者の原発性肺がんによる死亡が労働者災害補償保険法にいう業務上の死亡に当たるとはいえないとされた事例
破棄
が、労働者災害補償保険法にいう業務上の死亡に当たるか否かが争われた事件であ...在を肯定することができる。Dの死亡は、労働者災害補償保険法にいう業務上の死
判示要旨:業務に従事中に付近に重量物が落下して顔面を負傷するという事故に遭った日の二日後に非外傷性の脳血管疾患を発症した配電工の死亡が労働者災害補償保険法にいう業務上の死亡に当たるとされた事例
上告を棄却
 労働者災害補償保険法二七条一号所定の事業主の特別加入の制度は、労働者に関...対する同法の適用を可能とする制度である(労働者災害補償保険法二八条)。原審
判示要旨:複数の事業を行っていた事業主が労働者災害補償保険法二八条に基づく特別加入の承認を受けていたとしても右事業のうちのある業務に起因する死亡に関して同法に基づく保険給付を受けることはできないとされた事例
上告を棄却
告人は、労働基準法上の労働者ということはできず、労働者災害補償保険法上の労
判示要旨:車の持込み運転手が労働基準法及び労働者災害補償保険法上の労働者に当たらないとされた事例
破棄
て再審査請求をすることができるものとされ(労働者災害補償保険法三五条一項)、... 原審は、労働者災害補償保険法が二段階の審査請求手続を定めた趣旨によれば、... 2 労働者災害補償保険法は、前記のとおり、保険給付に関する決定に対する不
判示要旨:労働者災害補償保険法による保険給付に関する処分について審査請求をした日から三箇月を経過しても決定がないときに再審査請求の手続を経ないで処分の取消しの訴えを提起することの可否
上告を棄却
の発病日にぼうこうがん等の疾病にかかつたとして、労働者災害補償保険法に基づ...ず、その疾病につき、労働者災害補償保険法の適用があるとした原判決には、同法三条一項、一二条の八第一項、第二項、附則五七条二項の解釈、適用を誤った違法... 労働者災害補償保険法に基づく保険給付の制度は、使用者の労働基準法上の災害
判示要旨:一 労働者災害補償保険法施行前に従事した業務に起因して同法施行後に生じた疾病と同法一二条の八に基づく保険給付 二 労働者災害補償保険法に基づく保険給付の不支給決定を疾病の業務起因性の有無についての認定・判断を留保した上で取り消すことができる場合
破棄
 原審は、(1) 被上告人は、労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)
判示要旨:使用者の損害賠償債務の履行と労働者災害補償保険法に基づく保険給付請求権の代位取得
上告を棄却
 労働者災害補償保険法(以下「法」という。)に基づく保険給付の原因となつた
判示要旨:いわゆる第三者行為災害に係る損害賠償額の算定に当たつての過失相殺と労働者災害補償保険法に基づく保険給付額の控除との先後
破棄
判示要旨:労働者災害補償保険法による休業補償給付若しくは傷病補償年金又は厚生年金保険法(昭和六〇年法律第三四号による改正前のもの)による障害年金を被害者の受けた財産的損害のうちの積極損害又は精神的損害から控除することの可否
破棄
事由によるものであるとして、昭和四八年三月一五日労働者災害補償保険法(昭和... そうすると、前記のような事実関係から、本件災害が、労働者災害補償保険法一
判示要旨:自家用車による通勤途上の災害が労働者災害補償保険法(昭和四八年法律第八五号による改正前のもの)一条、一二条二項にいう「業務上の事由」によるものとはいえないとされた事例
破棄
の支払を受けなかつた。上告人が右期間につき労働者災害補償保険法(以下「法」
判示要旨:休日、出勤停止の懲戒処分等のため雇用契約上賃金請求権が発生しない日と労働者災害補償保険法一四条一項所定の休業補償給付の支給
破棄
判示要旨:労働者災害補償保険法による障害補償一時金及び休業補償給付を被災労働者の慰藉料から控除することの可否
上告を棄却
ついて労働者災害補償保険法施行規則別表第一所定の障害等級を認定するにつき、
判示要旨:身体の部位の機能障害とこれより派生した神経症状が医学的にみて一個の病像と把握される場合と労働者災害補償保険法施行規則一四条三項
上告を棄却
件災害が、昭和四八年法律第八五号による改正前の労働者災害補償保険法一条、一
判示要旨:出勤途中の災害が労働者災害補償保険法一条、一二条二項(昭和四八年法律第八五号による改正前のもの)の業務上の事由による災害にあたるとされた事例
上告を棄却
 労働者災害補償保険法上の遺族補償年金の受給権発生前から直系血族又は直系姻
判示要旨:労働者災害補償保険法上の遺族補償年金の受給権取得前から直系血族又は直系姻族以外の者の事実上の養子であつた者が右受給権取得後養子縁組の届出をして右直系血族又は直系姻族以外の者の法律上の養子となつた場合と右受給権の帰すう
破棄
 労働者災害補償保険法に基づく保険給付の原因となつた事故が第三者の自動車運...延損害金と弁護士費用四二万円であるとしながら、上告人に対し労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金として、いまだ現実に給付されていないが、将来にわた
判示要旨:労働者災害補償保険法に基づく保険給付の確定と受給権者が使用者に対し自動車損害賠償保障法三条に基づいて請求しうる損害賠償の額から将来の給付額を控除することの要否
棄却
 一 労働者災害補償保険法に基づく保険給付の実質は、使用者の労働基準法上の... 二 ところが、原審は、将来給付を受けるべき労働者災害補償保険法に基づく長
判示要旨:労働者災害補償保険法又は厚生年金保険法に基づく保険給付の確定と受給権者の使用者に対する損害賠償債権額から将来の給付額を控除することの要否
上告を棄却
 厚生年金保険法四〇条及び労働者災害補償保険法(昭和四八年法律第八五号によ
判示要旨:厚生年金保険法又は労働者災害補償保険法(昭和四八年法律第八五号による改正前のもの)に基づく保険給付の確定と受給権者の第三者に対する損害賠償債権額から将来の給付額を控除することの要否
上告を棄却
 労働者災害補償保険法(昭和二二年法律第五〇号)に基づく労災保険制度は、労...労働基準法七九条に定める災害補償と同一の事由について労働者災害補償保険法一
判示要旨:労働者災害補償保険法による遺族補償一時金の支給がされた場合における労働基準法七九条所定の遺族に対する使用者の災害補償義務
上告を棄却
基準監督署)が、訴外Dに対し労働者災害補償保険法に基づき療養補償費および休
判示要旨:労働者災害補償保険法二〇条一項の規定によつて国が取得する損害賠償債権と会計法三一条一項
却下
 被告が昭和三八年一一月二二日付で訴外Aに対してなした労働者災害補償保険法...いたことを理由に、旧労働者災害補償保険法一八条(昭和四〇年六月一一日法律一...ら、労働者災害補償保険法八条により元請負人である同協同組合が前記工事の事業
判示要旨:事業主でないのに事業主とされた者の保険料怠納を理由に労働者災害補償保険法(昭和40年法律第130号による改正前)第18条に基づく保険給付制限処分がされた場合、その者は右処分の取消しを求める法律上の利益を有するか
破棄
     原判決中上告人の被上告人に対する労働者災害補償保険法二〇条に基づ... 労働者災害補償保険法二〇条にいう第三者とは、被災労働者との間に労災保険関...も、その給付額につき労働者災害補償保険法二〇条一項により損害賠償請求権を取
判示要旨:一 労災保険金の受給権者が損害賠償債務を免除した後の保険金給付の労働者災害補償保険法第二〇条第一項の適用の有無 二 前項の免除が受給権者において政府より保険給付を受けられることを前提としてなされた場合の右免除の範囲
上告を棄却
 ところで、労働者災害補償保険法二〇条は、その一項において、政府は、補償の
判示要旨:労災保険金の受給権者が損害賠償債務を免除した後の保険金給付と労働者災害補償保険法第二〇条第一項の適用の有無。
上告を棄却
基準法八四条二項及び労働者災害補償保険法一二条一項四号、一五条、労働基準法
判示要旨:一 民法第七一七条にいわゆる「土地ノ工作物」に該当するとされた事例 二 労働者災害補償保険法による遺族補償費として受給者の財産的損害額をこえる金額が支給された場合と受給者以外の遺族の財産的損害賠償請求権の有無 三 労働者災害補償保険法による遺族補償費の受給と遺族の慰藉料請求権の有無 四 労働者災害補償保険法による葬祭料の受給と遺族の損害補償請求権の有無
上告を棄却
 論旨は、労働者災害補償保険法一九条は保険加入者に重過失がある場合の保険給
判示要旨:労働者災害補償保険法第一九条に基き保険給付を制限することは労働基準監督署長の専権か。
控訴を棄却
(四)また被害者の遺族たる被控訴人両名は労働者災害補償保険法(以下労災保険
判示要旨:労働者災害補償保険法の災害補償と不法行為による損害賠償としての慰藉料請求
上告を棄却
 労働者災害補償保険法による保険給付は、同法所定の手続により行政機関が保険
判示要旨:保険給付の決定前における労働者災害補償保険法に基く保険金支払請求の許否
棄却
損害賠償と労働者災害補償保険法による保険給付との関係については法律にはその...給付の形式で行うものに外ならない。このことは労働者災害補償保険法第一条、第...採用しない。問題は、右災害補償金(労働者災害補償保険法による保険給付を含
判示要旨:一、 小型自動車運転者の注意義務 二、 労働者災害補償保険法による保険給付と民法による損害賠償との関係 三、 労働基準法第八四条第二項の「同一の事由」の解釈
破棄
者を使用して植林立木の伐採業を営む労働者災害補償保険法第三条に所謂強制適用... 第一、 昭和二十五年四月五日労働者災害補償保険法第三十条に基き但馬労働基... たものである。」との事実を認定し、これに対し労働者災害補償保険法第五十二
判示要旨:一、 法人の事務所長と両罰規定に基く刑責 二、 労働者災害補償保険法違反の行為と犯意 三、 労働基準法第一二条第二項第六項の解釈
48 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in