2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61913 
刑事21948民事39965
法律
労働基準法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
労働基準法の判決統計
0
2
0
101 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
破棄
労働基準法37条が時間外労働等について割増賃金を支払うべきことを使...省令の関係規定(以下,これらの規定を「労働基準法37条等」という。)に具体...的に定められているところ,同条は,労働基準法37条等に定められた方法により算定された額を下回らない額の割増賃金を支払うことを義務付けるにとどまるもの
基本給と区別して支払われる定額の手当の支払により労働基準法37条の割増賃金が支払われたということができないとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
た解雇につき,被上告人は労働基準法81条にいう同法75条の規定によって補償...規定等に該当して解職となるときは,労働基準法81条の規定を適用し,平均賃金...労働基準法19条1項に違反し無効であるとして,被上告人の労働契約上の地位の
労働者災害補償保険法による療養補償給付を受ける労働者につき、使用者が労働基準法81条所定の打切補償の支払をすることにより、解雇制限の除外事由を定める同法19条1項ただし書の適用を受けることの可否
却下
案訴訟」という。)を提起した抗告人が,本案訴訟において労働基準法26条の休...原審は,労働基準法114条の付加金は民訴法9条2項にいう損害賠償又は...しかるところ,労働基準法114条は,労働者に対する休業手当等の支払を義務
労働基準法114条の付加金の請求の価額は、同条所定の未払金の請求に係る訴訟の目的の価額に算入されるか
破棄
に対し,上告人が石綿関連疾患の発生又はその増悪を防止するために労働基準法
労働大臣が石綿製品の製造等を行う工場又は作業場における石綿関連疾患の発生防止のために労働基準法(昭和47年法律第57号による改正前のもの)に基づく省令制定権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとされた事例
破棄
患の発生又はその増悪を防止するために労働基準法(昭和47年法律第57号によ
労働大臣が石綿製品の製造等を行う工場又は作業場における石綿関連疾患の発生防止のために労働基準法(昭和47年法律第57号による改正前のもの)に基づく省令制定権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえないとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
いては労働基準法38条の2第1項にいう「労働時間を算定し難いとき」に当たる...上記事実関係の下において,本件添乗業務につき,労働基準法38条の2第...することが困難であったとは認め難く,労働基準法38条の2第1項にいう「労働
募集型の企画旅行における添乗員の業務につき、労働基準法38条の2第1項にいう「労働時間を算定し難いとき」に当たらないとされた事例
上告を棄却
ったところ,労働基準法(以下「法」という。)39条2項所定の年次有給休暇権
労働者が使用者から正当な理由なく就労を拒まれたために就労することができなかった日と労働基準法39条1項及び2項における年次有給休暇権の成立要件としての全労働日に係る出勤率の算定の方法
控訴を棄却
部が他の部分と区別されて労働基準法(平成20年法律第89号による改正前のも...外労働について労働基準法37条1項の規定する割増賃金が支払われたとすること...働についても,本件雇用契約に基づく基本給とは別に,労働基準法37条1項の規
基本給を月額で定めた上で月間総労働時間が一定の時間を超える場合に1時間当たり一定額を別途支払うなどの約定のある雇用契約の下において、使用者が、各月の上記一定の時間以内の労働時間中の時間外労働についても、基本給とは別に、労働基準法(平成20年法律第89号による改正前のもの)37条1項の規定する割増賃金の支払義務を負うとされた事例
上告を棄却
なお,労働基準法32条1項(週単位の時間外労働の規制)と同条2項(1日単
労働基準法32条1項(週単位の時間外労働の規制)違反の罪と同条2項(1日単位の時間外労働の規制)違反の罪との罪数関係
破棄
本件公訴事実のうち,労働基準法32条1項違反の事実の要旨は,「被告人...外労働協定違反の事実を認定したものであるが,適用された法令である労働基準法...労働基準法32条1項違反に係る上記公訴事実は,その記載だけからみると,月単位の時間外労働を示す内容となっており,当該月の特定はされているもの
1 労働基準法36条1項に基づき月単位の時間外労働の協定が締結されている場合における協定時間を超えた時間外労働と同法32条1項違反の罪 2 週単位の時間外労働の規制違反に係る訴因の特定が不十分で、その記載に瑕疵がある場合に、訴因変更と同様の手続を採ってこれを補正しようとした検察官の予備的訴因変更請求について、裁判所の採るべき措置
棄却
労働基準法(以下「労基法」という。,労働安全衛生法(以下「安衛法」
1 労働基準監督官が労働基準法及び労働安全衛生法に基づき、特定の事業場等に臨検監督した際に当該事業場に係る措置方針について労働基準監督署長等に報告するために作成した監督復命書上の「重措置内容」欄及び「基準番号」欄に記載された情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号所定の不開示情報(公共秩序維持情報)に当たるとされた事例 2 労働基準監督官が労働基準法及び労働安全衛生法に基づき、特定の事業場等に臨検監督した際に当該事業場に係る措置方針について労働基準監督署長等に報告するために作成した監督復命書上の「重措置内容」欄、「基準番号」欄及び「確認までの間」欄に記載された情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号イ所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例
破棄
労働基準法32条の労働時間(以下「労基法上の労働時間」という。)と
1 マンションの住み込み管理員が所定労働時間の前後の一定の時間に断続的な業務に従事していた場合において、上記一定の時間が、管理員室の隣の居室に居て実作業に従事していない時間を含めて労働基準法上の労働時間に当たるとされた事例 2 マンションの住み込み管理員である夫婦が雇用契約上の休日である土曜日も管理員としての業務に従事していた場合において、土曜日については、夫婦のうち1人のみが業務に従事したものとして労働時間を算定するのが相当であるとされた事例 3 マンションの住み込み管理員が土曜日を除く雇用契約上の休日に断続的な業務に従事していた場合において、使用者が明示又は黙示に上記休日に行うことを指示したと認められる業務に現実に従事した時間のみが労働基準法上の労働時間に当たるとされた事例
上告を棄却
込み使用状況,Bに対する専属性の程度等に照らしても,上告人は労働基準法上の
作業場を持たずに1人で工務店の大工仕事に従事する形態で稼働していた大工が労働基準法及び労働者災害補償保険法上の労働者に当たらないとされた事例
上告を棄却
 2 本件は,被上告人らが,乙は労働基準法(平成10年法律第112号による...督の下にこれを行ったと評価することができる限り,上記研修医は労働基準法9条
医師法(平成11年法律第160号による改正前のもの)16条の2第1項所定の臨床研修を行う医師と労働基準法(平成10年法律第112号による改正前のもの)9条所定の労働者
取り消す
基準監督署長に対して届出がされた,労働基準法(以下「労基法」という。)36条1項に基づく届出(同項所定...ウ 労働基準法施行規則(以下「労基法規則」という。)16条1項は,36協定を締結する場合には,時間外又...ことができることを定め,これ基づいて,「労働基準法第36条第2項の規定に基づき労働基準法第36条第1
労働基準監督署長に対してされた労働基準法36条1項に基づく届出情報の一部が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成15年法律第61号による改正前)5条各号の不開示情報には当たらないとされた事例
破棄
につき差別的取扱いをしてはならないものとされており(労働基準法3条,112条,地方公務員法58条3項),地方公務員法24条6項に基づく給与に関する条...あり,上記の措置は,労働基準法3条にも,憲法14条1項にも違反するものでは...基づいて日本の国籍を有する職員と在留外国人である職員とを区別するものであり,上記の措置は,労働基準法3条にも,憲法14条1項にも違反するものではない。
1 地方公共団体が日本国民である職員に限って管理職に昇任することができることとする措置を執ることと労働基準法3条、憲法14条1項 2 東京都が管理職に昇任するための資格要件として日本の国籍を有することを定めた措置が労働基準法3条、憲法14条1項に違反しないとされた事例
破棄
約,就業規則所定の時間外勤務手当及び深夜就業手当ないし労働基準法(以下「労...ある。この場合,上告人らの基準賃金に,同条2項,労働基準法施行規則21条(
1 実作業に従事していない仮眠時間と労働基準法上の労働時間 2 ビル管理会社の従業員が従事する泊り勤務の間に設定されている連続7時間ないし9時間の仮眠時間が労働基準法上の労働時間に当たるとされた事例
上告を棄却
 一 労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの)三二条の労働時...間(以下「労働基準法上の労働時間」という。)とは、労働者が使用者の指揮命令...人が右各移動に要した時間は、いずれも労働基準法上の労働時間に該当しない。ま
一 労働者が始業時刻前及び終業時刻後の事業場の入退場門と更衣所等との間の移動に要した時間が労働基準法上の労働時間に該当しないとされた事例 二 労働者が終業時刻後の洗身等に要した時間が労働基準法上の労働時間に該当しないとされた事例 三 労働者が休憩時間中の作業服及び保護具等の一部の着脱等に要した時間が労働基準法上の労働時間に該当しないとされた事例
上告を棄却
 一 【要旨一】労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの)三二...条の労働時間(以下「労働基準法上の労働時間」という。)とは、労働者が使用者...た時間は、それが社会通念上必要と認められるものである限り、労働基準法上の労
一 労働基準法上の労働時間の意義 二 労働者が就業を命じられた業務の準備行為等を事業所内において行うことを使用者から義務付けられ又はこれを余儀なくされた場合における当該行為に要した時間と労働基準法上の労働時間 三 労働者が始業時刻前及び終業時刻後の作業服及び保護具等の着脱等並びに始業時刻前の副資材等の受出し及び散水に要した時間が労働基準法上の労働時間に該当するとされた事例
上告を棄却
上告人が労働基準法上の労働者に該当すると解するのを相当とする事情はない。そ...告人は、労働基準法上の労働者ということはできず、労働者災害補償保険法上の労
車の持込み運転手が労働基準法及び労働者災害補償保険法上の労働者に当たらないとされた事例
破棄
など、乗務員の労働条件について労働基準法等に照らして種々の問題があったため、...時間、休日等について労働基準法等を遵守すべきことなどの点につき是正勧告を受...ーセント又は四一パーセントを乗じた額を基礎給として、これに労働基準法所定の
併存する企業内組合の一つが使用者の提案する賃金計算方法の変更を承認しないことを理由に使用者が右組合との間で労働基準法三六条所定の協定を締結することを拒否しその組合員の時間外労働を禁止している行為が労働組合法七条一号及び三号の不当労働行為に当たらないとされた事例
上告を棄却
いて、本件家族手当付加額が、被扶養者一人の場合の金額を含め、労働基準法(平
ストライキの場合に不就労の時間に応じて控除される家族手当付加額が労働基準法(平成五年法律第七九号による改正前のもの)三七条二項にいう家族手当に当たるとされた事例
上告を棄却
 労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの。以下同じ。)三九条...労働基準法三九条四項の規定の趣旨からすれば、使用者は、年次休暇の取得日の属
就業規則の規定が労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの)三九条一項に違反し無効であるとされた事例
上告を棄却
 労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの。以下同じ。)二四条... してみると、右事実関係の下において、本件相殺が労働基準法二四条一項本文に
一 使用者が労働者の同意を得て労働者の退職金債権に対してする相殺と労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの)二四条・一項本文 二 使用者が労働者の同意の下に労働者の退職金債権等に対してした相殺が有効とされた事例 三 使用者が労働者の同意の下に労働者の退職金債権等に対してして相殺が否認権行使の対象とならないとされた事例
棄却
  1 労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの。以下「労基法」
一 いわゆるチェック・オフと労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの)二四条一項 二 いわゆるチェック・オフの中止が労働組合法七条三号の不当労働行為に該当しないとされた事例
破棄
あるとした原審の判断は、労働基準法二六条の解釈適用を誤つたものであり、右違... 一 労働基準法二六条が「使用者の責に帰すべき事由」による休業の場合に使用... そこで、労働基準法二六条の「使用者の責に帰すべき事由」と民法五三六条二項
一 労働基準法二六条の「使用者の責に帰すべき事由」と民法五三六条二項の「債権者ノ責ニ帰スヘキ事由」 二 部分ストライキのため会社が命じた休業が労働基準法二六条の「使用者の責に帰すべき事由」によるものとはいえないとされた事例
破棄
右賃金額のうち労働基準法一二条一項所定の平均賃金の六割に達するまでの部分については利益控除の対象とすることが禁止されているものと解するのが相当である...算定の基礎に算入されない賃金(労働基準法一二条四項所定の賃金)の全額を対象
使用者がその責めに帰すべき事由による解雇期間中の賃金を労働者に支払う場合の労働基準法一二条四項所定の賃金と労働者が解雇期間中他の職に就いて得た利益額の控除
上告を棄却
 労働基準法(昭和六〇年法律第四五号による改正前のもの。以下同じ。)六七条...ものというべきである。また、労働基準法一二条三項及び同法三九条五項によると、...理休暇の取得が事実上抑制される場合も起こりうるが、労働基準法六七条の上述の
一 労働者が生理休暇を取得することにより精皆勤手当等の経済的利益を得られない結果となる措置と労働基準法(昭和六〇年法律第四五号による改正前のもの)六七条 二 精皆勤手当の算定に当たり生理休暇取得日数を出勤不足日数に算入する措置が労働基準法(昭和六〇年法律第四五号による改正前のもの)六七条に違反しないとされた事例
棄却
 労働基準法一一四条の附加金の支払義務は、使用者が予告手当等を支払わない場...とによつてはじめて発生するものと解すべきであるから、使用者に労働基準法二〇...用を誤つたものというべきである。なお労働基準法一一四条の附加金の支払義務は、
一、裁判所が労働基準法一一四条の附加金の支払を命じるまでに予告手当の支払を完了した場合と附加金の支払を命じることの可否 二、商人である使用者が労働者に対して負う賃金債務の遅延損害金の利率 三、労働基準法一一四条による附加金の支払義務の履行遅滞による損害金の利率
控訴を棄却
 二、 同控訴趣意一(原判示第一ないし第三の各事実のうち、労働基準法違反の...ある。そして、労働基準法六条は、「何人も」、法律に基いて許される場合の外、... 次に、所論(三)の点について検討する。労働基準法六条の規定において、他人
一、 職業安定法四四条の労働者供給事業の禁止規定に違反する行為をしたと認められた事例 二、 労働基準法六条にいう「他人の就業に介入して利益を得」る行為をしたと認められた事例
破棄
 (三) 所論は、更に、労働基準法一一四条の附加金の支払義務は、その支払いを
一、労働基準法一一四条の附加金支払義務と履行遅滞の成否 二、労働基準法一一四条の附加金に対する遅延損害金の起算日
上告を棄却
活の安定をおびやかすおそれのないものである場合にかぎり、労働基準法二四条一... D公立学校職員の給与に関する条例一四条、一八条は労働基準法二四条一項但書...も適用されると主張するけれども、その故をもつて労働基準法二四条一項但書にい
公立学校の教員につき給与過払による不当利得返還請求権を自働債権としその後に支払われる給与の支払請求権を受働債権としてした相殺が労働基準法二四条一項本文の規定に違反し許されないとされた事例
上告を棄却
係がなく業務上の死亡とは解しがたいとした原判決には、労働基準法七九条の解釈
労働基準法七九条にいう「業務上死亡した場合」にあたらないとされた事例
上告を棄却
労働基準法七九条に定める災害補償と同一の事由について労働者災害補償保険法一...とえその支給額が労働基準法七九条所定の補償額に達しないときであつても、使用
労働者災害補償保険法による遺族補償一時金の支給がされた場合における労働基準法七九条所定の遺族に対する使用者の災害補償義務
破棄
上差別をすることは憲法一四条、労働基準法三条に違反するものであり、したがつ...と同視して、労働基準法三条に違反するとした原判決には、法律の解釈、適用の誤...法一四条、労働基準法三条の規定にも違反し、公序良俗に反するものとして許され
一、憲法一四条、一九条と私人相互間の関係 二、特定の思想、信条を有することを理由とする雇入れの拒否は許されるか 三、雇入れと労働基準法三条 四、企業者が労働者の雇入れにあたりその思想、信条を調査することの可否 五、試用期間中に企業者が管理職要員として不適格であると認めたときは解約できる旨の特約に基づく留保解約権の行使が許される場合
破棄
 論旨は、労働基準法六二条一項但書にいわゆる交替制は、同一労働者が一定期間...法定し、労働者の地位を保護することを目的とした労働基準法の立法理由お...すことが明らかである。そうすると、右労働基準法六二条一項本文違反の罪と、有
労働基準法六二条一項但書にいう交替制に該当しないとされた事例
上告を棄却
認められない(なお、労働基準法(昭和四七年法律第五七号による改正前のもの)
労働基準法(昭和四七年法律第五七号による改正前のもの)四二条、四五条に基づく労働安全衛生規則(昭和四五年労働省令第二一号による改正前のもの)六三条一項にいう「接触の危険」の意義
破棄
 原判決が右のごとく公務執行妨害罪の成立を認めなかつた理由の骨子は、右Bにつき適用があると解すべき労働基準法三二条一項はその本質上強行規定であつて、...一方、労働基準法三二条一項は、就労時間の点で労働者を保護することを目的とし、...道職員であつて労働基準法の適用を受ける者に対する職務命令が、同法所定の労働
労働基準法所定の労働時間の制限を超える公務の執行と公務執行妨害罪の成否
上告を棄却
いと判断したことは、労働基準法(以下、労基法という)三九条の解釈を誤つたも
一、労働基準法三九条三項にいう「労働者の請求する時季」の意義 二、始期と終期を特定してされた年次有給休暇の時季指定の法的効果
破棄
 論旨は、原判決(その引用する第一審判決を含む。以下同じ)が、労働基準法(
一、年次有給休暇制度と休暇の利用目的 二、労働基準法三九条三項但書にいう「事業の正常な運営を妨げる」か否かの判断基準
破棄
既に労働基準法第四十二条、第四十五条、第百十九条第一号、労働安全衛生規則第...所において、略式命令により、労働基準法違反の罪につき同法第四十二条、第四十... (Ⅱ) よつて(一)の(1)の労働基準法違反の罪を構成する危害防止の義務
労働基準法違反の行為と業務上過失致死の行為とが想像的競合犯の関係にある場合
上告を棄却
のとは認められない。(なお、労働基準法四二条、四五条、昭和四五年九月二八日
労働基準法四二条により使用者が危害防止の措置を講ずべき機械、器具等の範囲
破棄
は、労働基準法違反罪として、同法第一一九条第一号、第四二条、労働安全衛生規...円に処したが、本件公訴事実中、第二の労働基準法違反の訴因については、原判決...の理由中、一部無罪の理由として、「労働基準法のこれらの規定(同法第一一九条
労働基準法四二条、一〇条に定める「使用者」に該当するとされた事例
上告を棄却
労働基準法四二条にいう「使用者」にあたるとされた事例
上告を棄却
ものとした判断は、労働基準法二四条一項本文の解釈を誤つたものである、という... ところで、賃金支払に関する労働基準法二四条一項本文の規定は、賃金全額が確
一、賃金過払による不当利得返還請求権を自働債権としその後に支払われる賃金の支払請求権を受働債権としてする相殺と労働基準法二四条一項本文 二、公立学校の教員につき給与過払による不当利得返還請求権を自働債権としその後に支払われる給与の支払請求権を受働債権としてした相殺が労働基準法二四条一項本文の規定に違反し許されないとされた事例
控訴を棄却
労働基準法六三条二項、四項に基く女子年少者労働基準規則八条三三号の列挙する...予防規則は労働基準法を実施するため同規則を次のように定めるとして、定義条文...二項の解釈を誤りその結果労働基準法を誤つて適用したものであると主張する。
労働基準法六三条二項の「有害ガス」の意義
上告を棄却
労働基準法(昭和一三年六月法律第一二六号による改正後)八五条による災害補償に関する行政官庁の審査の結果は抗告訴訟の対象となる行政処分か
破棄
 論旨は、要するに、原判決は、被告人らに対し労働基準法六〇条三項違反の罪を... よつて案ずるに、労働基準法六〇条三項は、その立言形式からみて、単に同法三...ついて成立すると解せられるから、労働基準法六〇条三項は叙上解釈によりその規
一、 労働基準法六〇条三項の規範内容 二、 右条項の定める変則措置を採る場合にあたるか否かを決する基準 三、 右条項違反の各罪相互の関係 四、 労働基準法三二条一項にいう「労働させ」るの意義
上告を棄却
を棄却すべきものとした判断は、労働基準法二四条一項および民法五〇五条一項但...につき適用さるべきものであつた労働基準法二四条一項では、賃金は、同項但書の
一、賃金過払による不当利得返還請求権を自働債権とし、その後に支払われる賃金の支払請求権を受働債権としてする相殺と労働基準法二四条一項 二、公立中学校の教員につき、給与過払による不当利得返還請求権を自働債権とし、その後に支払われる給与の支払請求権を受働債権としてした相殺が労働基準法二四条一項の規定に違反しないとされた事例
棄却
準として定めるものとする。」旨定めているから、地方教育公務員には労働基準法... 二、 地方公務員法第五八条は同条第三項に規定する労働基準法の各条項の適用...務員特例法第二五条の五により地方公務員について労働基準法の適用が排除される
一、 地方教育公務員の職員会議出席は職務か 二、 職員会議の出席が学校長の指示にもとづくものと認められた事例 三、 地方教育公務員に労働基準法第四章の適用があるか 四、 教育公務員特例法第二五条の五第一項の趣旨 五、 時間外勤務命令権限を有しない学校長の指示にもとづく時間外勤務と時間外勤務手当の支給の要否 六、 時間外勤務と時間外勤務命令簿 七、 予算措置と時間外勤務手当の支給
101 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in