2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61913 
刑事21948民事39965
法律
制限法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
76 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
控訴を棄却
度」欄記載の各事業年度(本件各事業年度)において,利息制限法に規定す
金銭消費貸借契約に基づく利息及び遅延損害金の支払に係る収益の額を益金の額に算入して法人税の確定申告をした更生会社の更生手続において、過払金返還請求権に係る債権が更生債権として確定したことから、当該更生会社の管財人が、各事業年度において益金の額に算入された金額のうち当該更生債権に対応する利息制限法所定の制限を超える利息及び遅延損害金に係る部分は過大であるとして、同部分を益金の額から差し引いて法人税の額を計算し、当該更生会社の各事業年度の法人税に係る課税標準等又は税額等につき各更正をすべき旨の法人税の更正の請求に対してされた、更正をすべき理由がない旨の各通知処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
本件更生会社は,本件各事業年度において,利息制限法1条に規定する利率...において益金の額に算入された金額のうち当該更生債権に対応する利息制限法
金銭消費貸借契約に基づく利息及び遅延損害金の支払に係る収益の額を益金の額に算入して法人税の確定申告をした更生会社の更生手続において、過払金返還請求権に係る債権が更生債権として確定したことから、当該更生会社の管財人が、各事業年度において益金の額に算入された金額のうち当該更生債権に対応する利息制限法所定の制限を超える利息及び遅延損害金に係る部分は過大であるとして、同部分を益金の額から差し引いて法人税の額を計算し、当該更生会社の各事業年度の法人税に係る課税標準等又は税額等につき各更正をすべき旨の法人税の更正の請求に対してされた、更正をすべき理由がない旨の各通知処分の取消請求が、棄却された事例
破棄
制限法(平成18年法律第115号による改正前のもの。以下同じ。)1条1項所...上記(1)の基本契約において定められた利息の利率は,利息制限法1条1項...制限法1条1項にいう「元本」の額とは,新たな借入金そのものの額をいうものとし,本件第1取引のうち平成8年8月26日の100万円の借入れ以降の取引に適
1 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され、同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合において、過払金が発生している時点で新たな借入れをしたときにおける利息制限法(平成18年法律第115号による改正前のもの)1条1項にいう「元本」の額 2 民訴法260条2項の裁判を求める申立ての相手方が破産手続開始の決定を受けた場合における同申立てに係る請求権の破産債権該当性 3 本案請求と民訴法260条2項の申立てに係る請求とが併合されている場合における本案請求に係る部分についてのみの受継又は続行命令の許否 4 訴訟当事者の一方が破産手続開始の決定を受け、破産債権である当該訴訟に係る請求権につき破産債権としての届出がないのに破産管財人に対して違法にされた続行命令の瑕疵が治癒されるとされた事例
破棄
れと弁済を繰り返した上告人が,各弁済金のうち利息制限法1条1項所定の制限を...が増減する取引における過払金の計算上,何をもって利息制限法1条1項にいう...本件基本契約において定められた利息の利率は,利息制限法1条1項所定の制限利率を超えるものであった。
1 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され、同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合における利息制限法1条1項にいう「元本」の額 2 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合において、上記取引の過程におけるある借入れの時点で従前の借入金残元本と新たな借入金との合計額が利息制限法1条1項所定の各区分における下限額を下回るに至ったときに、上記取引に適用される制限利率
上告を棄却
金銭消費貸借の借主が利息制限法1条1項所定の制限を超えて利息の支払を
いわゆる過払金充当合意を含む基本契約に基づく金銭消費貸借の借主が利息制限法所定の制限を超える利息の支払を継続したことにより過払金が発生した場合における、民法704条前段所定の利息の発生時期
控訴を棄却
の間の金銭消費貸借契約に基づいてした弁済につき,利息制限法1条1項所定の利...元本及び利息制限法1条1項所定の制限を超える
期限の利益喪失特約の下での利息制限法所定の制限を超える利息の支払の任意性を否定した最高裁判所の判決の言渡し日以前にされた制限超過部分の支払について、貸金業者が同特約の下でこれを受領したことのみを理由として当該貸金業者を民法704条の「悪意の受益者」と推定することの可否
破棄
費貸借契約に基づいてした弁済につき,利息制限法1条1項所定の利息の制限額を...元本及び利息制限法1条1項所定の制限を超える
期限の利益喪失特約の下での利息制限法所定の制限を超える利息の支払の任意性を否定した最高裁判所の判決の言渡し日以前にされた制限超過部分の支払について、貸金業者が同特約の下でこれを受領したことのみを理由として当該貸金業者を民法704条の「悪意の受益者」と推定することの可否
破棄
借取引に係る弁済金のうち利息制限法(平成18年法律第115号による改正前の...して行われるものであり,本件基本契約は,利息制限法1条1項所定の利息の制限
継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約が、利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により発生した過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含む場合における、上記取引により生じた過払金返還請求権の消滅時効の起算点
取り消す
借取引に係る弁済金のうち利息制限法(平成18年法律第115号による改正前の...充当した結果は,原判決別紙「利息制限法に基づく法定金利計算書」記載のとおり...り発生した過払金は,原判決別紙「利息制限法に基づく法定金利計算書」記載のと
継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約が、利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により発生した過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含む場合における、上記取引により生じた過払金返還請求権の消滅時効の起算点
上告を棄却
的な金銭消費貸借取引に係る弁済金のうち利息制限法(平成18年法律第115号...上記基本契約は,基本契約に基づく借入金債務につき利息制限法1条1項所定の
継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約が、利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により発生した過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含む場合における、上記取引により生じた過払金返還請求権の消滅時効の起算点
破棄
ち利息制限法1条1項所定の利息の制限額を超えて利息として支払われた部分(以...れるときは,利息制限法違反により生じた過払金は新たな借入金元本の弁済に当然
1 第1の基本契約に基づく継続的な金銭の貸付けに対する利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により発生した過払金を、その後に締結された第2の基本契約に基づく継続的な金銭の貸付けに係る債務に充当することの可否 2 第1の基本契約に基づく継続的な金銭の貸付けに対する利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により発生した過払金を、その後に締結された第2の基本契約に基づく継続的な金銭の貸付けに係る債務に充当する旨の合意が存在すると解すべき場合
上告を棄却
制限法1条1項所定の制限利率を超える利率の利息を指定された回数に応じて毎月...消費貸借契約に基づいてした弁済につき,利息制限法1条1項所定の利息の制限額
同一の貸主と借主の間で基本契約を締結せずに切替え及び貸増しとしてされた多数回の貸付けに係る金銭消費貸借契約が、利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により発生した過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含むものと解された事例
破棄
上記借入れの約定利率は,利息制限法1条1項所定の制限利率(以下,単に「制...張立証をすることなく,本件各弁済の弁済金のうち,利息制限法1条1項所定の利
貸金業者が利息制限法1条1項所定の制限を超える利息を受領したことにつき貸金業の規制等に関する法律43条1項の適用が認められない場合と民法704条の「悪意の受益者」
破棄
被上告人は,利息制限法1条1項所定の制限利率(以下,単に「制限利
利息制限法1条1項所定の制限を超える利息を受領した貸金業者が、判例の正しい理解に反して貸金業の規制等に関する法律18条1項に規定する書面の交付がなくても同法43条1項の適用があるとの認識を有していたとしても、民法704条の「悪意の受益者」であるとする推定を覆す特段の事情があるとはいえないとされた事例
破棄
金銭を目的とする消費貸借において利息制限法1条1項所定の制限利率(以下,
1 各回の返済金額について一定額の元利金の記載と共に別紙償還表記載のとおりとの記載のある借用証書の写しが借主に交付された場合において、当該償還表の交付がなければ貸金業の規制等に関する法律17条1項に規定する書面の交付があったとはいえないとされた事例 2 貸金業者が利息制限法1条1項所定の制限を超える利息を受領したことにつき貸金業の規制等に関する法律43条1項の適用が認められない場合と民法704条の「悪意の受益者」
上告を棄却
基本契約に基づく各借入金債務に対する各弁済金のうち利息制限法1条1項所定の...つき利息制限法所定の制限を超える利息を任意に支払い,この制限超過部分を元本
カードの利用による継続的な金銭の貸付けを予定した基本契約が同契約に基づく借入金債務につき利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により過払金が発生した場合には弁済当時他の借入金債務が存在しなければこれをその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含むものと解された事例
破棄
年8月の2回の貸付けに係る債務の各弁済金のうち利息制限法1条1項所定の利息...部分を元本に充当すると原判決別紙利息制限法計算書3のとおり過払金が発生して...告人に対し,本件第1貸付けに係る債務の弁済として,原判決別紙利息制限法計算
1 貸主と借主との間で基本契約が締結されていない場合に第1の貸付けに係る債務の各弁済金のうち利息制限法1条1項所定の利息の制限額を超えて利息として支払われた部分を元本に充当すると過払金が発生しその後第2の貸付けに係る債務が発生したときにおける第1の貸付けに係る過払金の同債務への充当の可否 2 商行為である貸付けに係る債務の弁済金のうち利息制限法1条1項所定の利息の制限額を超えて利息として支払われた部分を元本に充当することにより発生する過払金を不当利得として返還する場合において悪意の受益者が付すべき民法704条前段所定の利息の利率
破棄
等のうち利息制限法1条1項所定の利息の制限額(以下,単に「利息の制限額」と...の各要件を具備した各書面を交付する義務を遵守したときには,利息制限法1条1...不利益を避けるため,本来は利息制限法1条1項によって支払義務を負わない制限
1 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に期限の利益を喪失する旨の特約の効力 2 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に期限の利益を喪失する旨の特約の下での制限超過部分の支払の任意性の有無
破棄
には,利息の利率を利息制限法1条1項所定の制限利率を超える年29.80%と...0万円の中から,被上告人に対し,前記(4)の各弁済のうち利息制限法1条1項所... (1) 法43条1項は,貸金業者が業として行う金銭消費貸借上の利息の契約に基づき,債務者が利息として支払った金銭の額が利息の制限額を超え,利息制限法
1 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に期限の利益を喪失する旨の特約の効力 2 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に期限の利益を喪失する旨の特約の下での制限超過部分の支払の任意性の有無
破棄
 貸付及び保証契約説明書には,利息の利率を利息制限法1条1項所定の制限利率...れるから,利息制限法1条1項又は4条1項に定める利息又は賠償額の予定の制限...期日に利息制限法1条1項所定の利息の制限額(以下,単に「利息の制限額」とい
1 貸金業の規制等に関する法律施行規則15条2項の法適合性 2 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に期限の利益を喪失する旨の特約の効力 3 債務者が利息制限法所定の制限を超える約定利息の支払を遅滞したときには当然に期限の利益を喪失する旨の特約の下での制限超過部分の支払の任意性の有無
破棄
張計算書記載のとおり,利息制限法(以下「法」という。)1条1項所定の制限利
1 信用保証会社の受ける保証料及び事務手数料が貸金業者の受ける利息制限法3条所定のみなし利息に当たるとされた事例 2 同一の貸主と借主との間で基本契約に基づき継続的に貸付けが繰り返される金銭消費貸借取引において借主が一つの借入金債務につき利息制限法所定の制限を超える利息を任意に支払ったことによって生じた過払金と他の借入金債務への充当
破棄
記載の金額を,利息制限法(以下「法」という。)1条1項所定の制限利率を超え
1 信用保証会社の受ける保証料及び事務手数料が貸金業者の受ける利息制限法3条所定のみなし利息に当たるとされた事例 2 同一の貸主と借主との間で基本契約に基づき継続的に貸付けが繰り返される金銭消費貸借取引において借主が一つの借入金債務につき利息制限法所定の制限を超える利息を任意に支払ったことによって生じた過払金と他の借入金債務への充当
上告を棄却
のとおり,利息制限法(以下「法」という。)1条1項所定の制限利率を超える利率で反復継続して金員を貸し付け,返済を受けた(以下,上記一連の取引を「本件
1 信用保証会社の受ける保証料及び事務手数料が貸金業者の受ける利息制限法3条所定のみなし利息に当たるとされた事例 2 同一の貸主と借主との間で基本契約に基づき継続的に貸付けが繰り返される金銭消費貸借取引において借主が一つの借入金債務につき利息制限法所定の制限を超える利息を任意に支払ったことによって生じた過払金と他の借入金債務への充当
控訴を棄却
の「のもの。」の次に「以下「旧船主責任制限法」という。」を加える。... 被控訴人には、本件事故による損害の発生につき、次のとおり旧船主責任制限法...責任制限の態様が異なる責任制限法制相互間では、共通して認められる責任の範囲
一 公海上における異国籍船舶衝突の場合の不法行為責任の準拠法 二 船主責任制限の準拠法 三 船舶所有者等が旧船主責任制限法(昭和五〇年法律第九四号、昭和五七年法律第五四号による改正前のもの)による船主責任制限手続開始の申立をしたがその開始決定がされていない場合に制限債権者が船舶所有者等に対して無条件の給付判決を求めることの可否
控訴を棄却
利息制限法超過利息については 、
貸金業者が、利息制限法による制限超過の利率で貸付けを行い、その都度、その元利金を額面額とする約束手形を受け取り、これを取立てに回した上、右額面額を元本として、これに新たな期日までの右利率による利息を加算した金額を額面額とする新たな約束手形を受け取るのと引換えに、右旧手形の決済資金を借主に交付してこれを決済させていた場合につき、右旧手形の決済により同法による制限超過利息が現実に収受されているとして、右制限超過利息に対する課税処分が適法とされた事例
棄却
理人を立てて日歩二〇銭の利息金の定めと複利計算方法が利息制限法に違反し無効...り、原告がBとの間で本件各係争年分において収受すべき利息金額は、利息制限法...(六) そこで、別表九及び一〇に基づき利息制限法所定年一五パーセントの割合
貸金業者が、利息制限法による制限超過の利率で貸付けを行い、その都度、その元利金を額面額とする約束手形を受け取り、これを取立てに回した上、右額面額を元本として、これに新たな期日までの右利率による利息を加算した金額を額面額とする新たな約束手形を受け取るのと引換えに、右旧手形の決済資金を借主に交付してこれを決済させていた場合につき、右旧手形の決済により同法による制限超過利息が現実に収受されているとして、右制限超過利息に対する課税処分が適法とされた事例
棄却
対する利息制限法所定の利息の最高限度額は一か月につき一〇万円であることが計...二〇万円を超える六〇万円については利息制限法一条に違反する約定によるものと
利息制限法所定の制限利率を超過する利息部分を目的とする準消費貸借契約の効力
上告を棄却
 債務者が利息制限法所定の制限をこえて任意に金銭消費貸借上の利息・損害金の...また、債務者が利息制限法所定の制限をこえた利息・損害金を元本とともに任意に...生じたもの又はこれに準ずるものでなければならないところ、利息制限法所定の制
商行為である金銭消費貸借に関し利息制限法所定の制限を超えて支払われた利息・損害金についての不当利得返還請求権の消滅時効期間
破棄
のである。利息制限法所定の制限をこえる利息の定のある金銭消費貸借において遅
利息制限法所定の制限をこえる利息の定めのある金銭消費貸借において遅延損害金について特約のない場合と遅延損害金の率
棄却
右支払金額のうち、元木及び利息制限法所定の利息の額をこえる部分は、右契約締...息制限法上の元本は一九四万六五三三円、利息は一六万七三二四円であるから、前...右債権の同年一二月六日現在の利息制限法上の金額が元本一二九万一六三六円、利
1 譲渡担保による所有権の移転は所得税法33条1項にいう「資産の譲渡」に当たらないとした事例 2 土地売却人が、売却土地についての抵当権設定登記や所有権移転請求権保全仮登記を有する者に対して、その登記の抹消の承諾を得るために支払った利息制限法の制限超過利息等の金員は、所得税法33条3項にいう「資産の譲渡に要した費用」に当たらないとされた事例
上告を棄却
 論旨は、原判決が、利息制限法による制限超過の利息・損害金であつても、履行... よつて按ずるに、利息制限法による制限超過の利息・損害金は、その約定の履行...訴外Dとの間の消費貸借は、利息制限法施行前の昭和二八年六月二五日に契約され
一、旧所得税法(昭和二二年法律第二七号)のもとにおける事業上の貸倒れ損失と必要経費算入の許否 二、利息制限法による制限超過の利息・損害金に対する課税の許否
破棄
息制限法(昭和二九年法律第一〇〇号)所定の制限を超過して私法上無効とされる...年度中に履行期の到来した利息全部につき、利息制限法による制限を超過している... けれども、利息制限法所定の制限を超過する利息・損害金については、約定の履
利息制限法の制限を超過する未収の利息・損害金と旧法人税法(昭和二二年法律第二八号)九条にいう「益金」
上告を棄却
 論旨は違憲をもいうが、その実質は、利息制限法による制限超過の利息・損害金... 按ずるに、利息制限法による制限超過の利息・損害金については、たとえ約定の
利息制限法による制限超過の利息損害金の未収分についてなされた課税処分の効力
上告を棄却
 一、論旨は、要するに、原判決が、利息制限法による制限超過の利息・損害金に...ととなるのであるが、問題の発端は利息制限法の解釈にあり、また、論旨は、原判... 利息制限法による制限超過の利息・損害金の支払がなされても、その支払は弁済
利息制限法による制限超過の未収の利息・損害金に対する課税の許否
上告を棄却
ない。しかし、その利率は、一般に利息制限法所定の制限をこえることをえないと...て利息組入れの要件としていることと、利息制限法が年利率をもつて貸主の取得し...右利息の約定は、各債権につき利息制限法による制限利率をこえる限度では無効で
年数回の組入れを約する重利の予約と利息制限法
棄却
分の約定利率を乗じているが、利息制限法所定の利率を超過する損害金の定めをし
利息制限法所定の利率を超過する損害金の約定と所得の確定
破棄
 債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息・損害金を任意に...参照)、また、債務者が利息制限法所定の制限をこえて任意に利息・損害金の支払...者が利息制限法所定の制限をこえた利息・損害金を、元本とともに任意に支払つた
債務者が利息制限法所定の制限をこえた利息・損害金を元本とともに任意に支払つた場合と右制限に従つた元利合計額をこえる支払額に対する不当利得返還請求の許否
控訴を棄却
ものを収益として計上すべきものであり(尚利息制限法所定の制限利率を越える利...るものであること、利息制限法の規定が設けられているにも拘らず、同法所定の制...利息制限法の保護を求めず、経済的にみて債権者が右利息を現実に管理し、
利息制限法所定の制限利率を超過する未収の利息は法人税法上の益金に当るか
破棄
 債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息・損害金を任意に...のでないかぎり、不当利得としてその返還を請求することができ、利息制限法一条...るから、利息制限法所定の年二割の利率をもつて右約定による各弁済日までの利息
利息制限法所定の制限をこえる利息・損害金を任意に支払つた場合と不当利得返還請求の許否
棄却
息制限法に定める利率を、はるかに超えた高利率により貸付が行なわれている実情...上廻る担保または保証を求める一方、常に利息制限法を無視した高利率により貸付...実態は、利息制限法とは無関係に、寧ろこれを無視して行なわれているものであ
1 利息制限法所定の利率をこえる部分の未収の約定利息は益金を構成するか 2 代表者も株主もほぼ同一の同族会社等特殊な関係にある貸付先に対して、一般の貸付先の場合より安い利率で貸し付けていた金融業を営む同族会社の行為計算を否認し、一般の場合における利息額との差額を寄付金としてその損金算入限度超過額を益金に加算したことが違法とされた事例
破棄
 債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息又は損害金を任意... 債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息又は損害金を任意
債務者が任意に支払つた利息制限法所定の制限をこえる利息または損害金は当然に残存元本に充当されるか
上告を棄却
 債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息・損害金を任意に... 思うに、利息制限法一条、四条の各二項は、債務者が同法所定の利率をこえて利... したがつて、債務者が利息制限法所定の制限をこえて任意に利息・損害金の支払
債務者が利息制限法所定の制限をこえる利息・損害金を任意に支払つた場合における超過部分の充当による元本完済後の支払額の返還請求の許否
上告を棄却
 金銭を目的とする消費貸借上の債務者が、利息制限法所定の制限をこえる利息、...上告人に対する三口の貸金債権の約定利息の利率はすべて利息制限法所定の制限を...被上告人から支払われた弁済金については、右特約の趣旨に従つて、利息制限法所
一、任意に支払われた法定の制限をこえる利息・損害金と弁済充当の順位に関する特約がある場合の充当関係 二、法定の制限をこえて支払われた利息・損害金を残存元本等に充当するには債務者からその旨の抗弁が提出されることを要するか 三、法定の制限をこえる利息を支払つた連帯債務者は他の連帯債務者に対して制限超過の利息相当金を求償することができるか 四、利息について法定の制限をこえる約定があるが遅延損害金については約定のない貸金債権と民法第四一九条第一項但書および利息制限法第四条第一項の適用の有無
破棄
その額が利息制限法四条一項の制限をこえるときは、右制限額にまで減縮される。...当とした趣旨であると解される。もつとも、利息の約定が利息制限法一条一項の制...を求めることができるというのであり、利息の額が利息制限法一条一項の制限額ま
利息制限法所定の制限をこえる利息の定のある金銭消費貸借において遅延損害金について特約のない場合と遅延損害金の率
上告を棄却
借については利息制限法(明治一〇年太政官布告六六号、以下旧利息制限法という。)...は、被上告人Bが旧利息制限法所定の制限を超過した利息に充当する意思表示のも...利息および元本の弁済をすべて終了した旨判示している。 しかし、旧利息制限法のもとにおいては、債務者によつて利息として任意に支払
旧利息制限法超過の利息支払と元本充当
棄却
 約定の利息ならびに損害金の率はいずれも利息制限法所定の制限を超えるから、...あり、かつそれが損害金についての利息制限法所定の制限(一〇〇円につき一日八...き一日一〇銭の割合で支払つているので、その内利息制限法所定の利率の年一割五
遅延損害金につき約定がないとき利息制限法第一条第一項所定の率をこえる約定利率と同一の率によつてこれを支払つた場合における元本に充当すべき金額の範囲
破棄
円の弁済に充当されたというのである。しかしながら、利息制限法によれば、右貸...制限法所定の制限をこえる損害金が支払われた場合、その超過部分は元本の支払に...に利息制限法所定の制限をこえる損害金の支払を受けた旨主張し、上告人はこれを
債務者が任意に従つた利息制限法所定の制限をこえる損害金は当然に残存元本に充当されるか
棄却
 しかし、職権を以つて調査するに、債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭...利息を利息制限法所定の年一割五分の利率に引き直した利息、並びに同年三月二一...決は、利息制限法所定の制限を超過して任意に支払われた金員は利息、元本に充当
一 準消費貸借契約と利息制限法 二 制限超過部分の充当の順序。
破棄
 債務者が、利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息、損害金を任意...と反対の見解に立脚する原判決は、利息制限法の解釈を誤つた達法があるといわな... 私は、債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息、損害金を
利息制限法第一条の解釈
上告を棄却
害金が利息制限法一条四条の各一項所定の率により計算した金額をこえるときは、... 私は、債務者が利息制限法所定の制限を超過する約定の利息又は損害金を任意に...場合においても、利息制限法一条二項又は四条二項にいう任意の支払があつたもの
債務者が任意に支払つた利息制限法超過の利息損害金は当然に残存元本に充当されるか。
76 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in