2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62180 
刑事21998民事40182
法律
判示方法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
39 件中 1/1 ぺージ
破棄
1 刑訴法382条にいう事実誤認の意義 2 刑訴法382条にいう事実誤認の判示方法 3 覚せい剤を密輸入した事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
上告を棄却
所得秘匿工作をしたうえ逋脱の意思で会社臨時特別税確定申告書を税務署長に提出しなかつた場合における会社臨時特別税法二二条一項にいう「偽りその他不正の行為」とその判示方法
上告を棄却
法定刑が同一である数個の罪が一所為数法の関係にある場合における法令適用の判示方法
破棄
原告勝訴の第一審判決に対する控訴審で予備的請求が追加された場合において予備的請求を認容するときの主文の判示方法
破棄
児童福祉法第三四条第一項各号に違反する同法第六〇条第一項第二項の罪の判示方法
上告を棄却
二通の小切手を喝取した事実を単純一罪として起訴されその一部について犯罪の成立が認められない場合の判示方法
破棄
公職選挙法第二二一条第一項第二号違反の罪の判示方法
破棄
一 全部勝訴の原告は控訴審で請求の拡張をなしうるか 二 控訴審において訴が変更された場合と新訴に対する主文の判示方法
破棄
所得税法第六九条第一項前段の罪の判示方法。
破棄
道路交通法第一一九条第二項、第一項第九号、第七〇条の罪(過失による安全運転義務違反罪)の罪となるべき事実の判示方法
破棄
控訴審において訴が変更された場合と新訴に対する主文の判示方法。
上告を棄却
併合罪関係に立つ各犯罪行為の判示方法。
上告を棄却
弁論の全趣旨の判示方法。
破棄
が本件における被告人の過失であるかの如き判示方法をとつているのであり、実
重過失致死罪の罪となるべき事実の判示方法に理由不備があるとした一事例
破棄
建築基準法第九条第一項の規定による特定行政庁の命令に違反することによつて成立する同法第九八条の罪の判示方法
上告を棄却
不当労働行為が成立しないとする場合の判示方法。
控訴を棄却
著作権法第三七条前段の罪の判示方法
破棄
常習賭博の判示方法。
上告を棄却
一 いわゆる共謀共同正犯の成立要件 二 実行行為に関与しない共謀者の刑責と憲法第三一条 三 「共謀」または「謀議」は、共謀共同正犯における「罪となるべき事実」であるか 四 共謀の判示方法 五 憲法第三八条第二項の法意 六 憲法第三八条第三項の法意 七 被告人本人との関係における共犯者の犯罪事実に関する供述と、憲法第三八条第三項にいわゆる「本人の自白」 八 数人間の順次の共謀と共謀共同正犯の成立
破棄
一 控訴審において訴が変更された場合と新訴に対する主文の判示方法 二 訴の変更と旧訴
破棄
一 控訴審において訴が変更された場合と新訴に対する主文の判示方法 二 訴の変更について旧訴が取下の要件を具備しない場合の措置
控訴を棄却
一、 多数の選挙人あるいは選挙運動者を同一の機会に饗応する行為と罪数 二、 右行為を包括一罪と認める場合における判示方法
破棄
一、 死体解剖保存法にいわゆる死体の解剖の意味 二、 同法第二条違反の罪となるべき事実の判示方法
破棄
一 騒擾罪の成立には多衆の暴行脅迫が群集の暴動に発展し社会の治安を動揺せしめる危険または社会の治安に不安動揺を生ぜしめた事実を必要とするか 二 刑法第一〇六条にいわゆる「多衆」の意義 三 騒擾罪にあたる殺傷行為が特定の一個人に対するものである場合と騒擾罪の成否 四 騒擾罪の首魁の意義 五 騒擾罪の判示方法 六 不利益変更にあたる一事例
棄却
一、 公職選挙法第一四六条の規定に違反して文書図画を頒布した罪の罪数 二、 包括一罪と認められる同法第二四三条第五号該当の文書頒布罪の判示方法
破棄
併合罪たる各個の犯罪事実の判示方法
上告を棄却
としてもこれに対する判断の判示方法は必ずしも常にその主張事実を掲げてこれに
一 横領罪の目的物が無価物であるとの主張と旧刑訴第三六〇条第二項 二 旧刑訴第三六〇条第二項の主張に対する判断の判示方法
上告を棄却
昭和二二年勅令第九号第二条違反罪の判示方法
上告を棄却
物価統制令第一三条の二違反事実の判示方法
破棄
一 有毒飲食物等取締令第四條第一項の罪に對し刑法第六六條を適用した擬律錯誤の違法 二 酒類等を販賣する飲食店業者の注意義務と公知の事實 三 連續犯を組成しない複數の犯罪行爲の判示方法――併合罪の個數、内容を特定しない判決の理由不備の違法
破棄
公務執行妨害罪における脅迫事実の判示方法
上告を棄却
一 「九四式拳銃」と銃砲等所持禁止令施行規則第一條の銃砲の範圍 二 彈倉と銃砲等所持禁止令施行規則第一條銃砲の範圍 三 銃砲等所持禁止令第二の「所持した者」の判示方法 四 刑訴法第三二九條の「公判廷」の意義 五 公文書に文字の挿入あるも、その字數の記入なき場合 六 公判調書に公判廷を公開しなかつた旨の記載がない場合と公判の公開 七 公判調書に署名すべき裁判長の表示を缺く場合 八 公判廷における自白と憲法第三八條第三項及び刑訴應急措置法第一〇條第三項にいわゆる「本人の自白」 九 銃砲等の所持を処罰しない旨の一地方行政官庁の掲示と刑訴第四一五条 一〇 勾留状に記載すべき「執行の場所」 一一 保釈後四ケ月後の公判廷における自白と憲法第三八条第二項 一二 銃砲等所持禁止令第一条の法意 一三 銃砲等所持禁止令第二條の所持に對する犯意
上告を棄却
連續犯たる數個の詐欺行爲事實の判示方法
上告を棄却
窃盗罪に於ける目的物の他人の所有に屬することとその占有に屬することの判示方法
上告を棄却
一 連續犯の判示方法 二 犯罪の日時と證據 三 強盜罪の認定における採証方法
39 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in