2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61912 
刑事21947民事39965
法律
刑罰法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
19 件中 1/1 ぺージ
破棄
 原判決は、本条例三条三号の規定が刑罰法令の内容となるに足る明白性を欠き、...あるといわなければならない。しかしながら、およそ、刑罰法規の定める犯罪構成...を有し、刑罰法規もその例外をなすものではないから、禁止される行為とそうでな
一 集団行進及び集団示威運動に関する条例(昭和二七年徳島市条例第三号)三条三号、五条と道路交通法七七条一項四号、三項、一一九条一項一三号、徳島県道路交通施行細則一一条三号との関係 二 刑罰法規があいまい不明確のゆえに憲法三一条に違反するかどうかの判断基準 三 集団行進及び集団示威運動に関する条例(昭和二七年徳島市条例第三号)三条三号の「交通秩序を維持すること」の意義とその犯罪構成要件としての明確性 四 集団行進及び集団示威運動に関する条例(昭和二七年徳島市条例第三号)三条三号、五条の集団行進者に交通秩序の維持に違反する行為をするようにせん動した所為と道路交通法七七条一項四号、三項、一一九条一項一三号、徳島県道路交通施行細則一一条三号の警察署長の付した道路使用許可条件に違反してだ行進をした所為との罪数
上告を棄却
らず、何ら刑罰法規に触れるものではないということはできない。かかる共謀に基...判したものであるにすぎない。右の如く、被告人Aが相被告人両名と共謀した日時が適正化法施行前であつたとしても、その共謀自体詐欺罪の共謀であり刑罰法規に...刑責を認めたからといつて、所論の如く刑罰法令不遡及の原則、罪刑法定主義に違
刑罰法令不遡及の原則、罪刑法定主義、不告不理の原則に違反しないとされた事例。
上告を棄却
控訴審において主張診断のなかつた実体刑罰法規に関する違憲の主張が上告理由として不適法とされた事例。
上告を棄却
法三九条後段に違反するというが、刑罰法令で一の犯罪に対する法定刑として主刑
一 旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第八三条第三項により追徴を科せられる犯人の範囲。 二 旧関税法第八三条第三項と憲法第三一条、第二九条。 三 刑罰法令の規定にしたがい一の犯罪につき法廷の主刑を科した上、没収又は追徴を科することは憲法第三九条後段の規定に違反するか。 四 刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法の施行と第三者所有物没収に代わる追徴。
犯罪について重ねて処罰されない趣旨を定めたものであり、刑罰法令で一の犯罪に
一 憲法第三九条後段の法意 二 刑罰法令の規定に従い一の犯罪につき法定の主刑を科した上、没収又は追徴を科することは右憲法の規定に違反するか
上告を棄却
したこと、並びに、所論学校教育法一一条違反行為が他面において刑罰法規に触れ...本件起訴が果たして妥当であるか否かは格別被告人両名の本件行為をもつて刑罰法
一 教育上必要な懲戒行為としてなした暴行の違法性 二 学校教育法第一一条の刑罰法規との関係
上告を棄却
続犯については、一個の罪が成立し継続中、たといその刑罰法規に変更があつても、
刑罰法規に変更があつた場合継続犯についてはいずれの法律を適用すべきか
上告を棄却
刑罰法規自体の解釈を誤つた事案に関するものであつて本件の場合に適切でない。
公正証書原本不実記載同行使罪の犯意を欠く一事例(非刑罰法規の錯誤は犯意を阻却するか)
上告を棄却
は犯意成立の要件ではないのであるから、刑罰法令が公布施行されたにかヽわらず
一 昭和二〇年一一月二〇日厚生省第四四号第一条が禁止する塩酸ヂアセチルモルヒネの処分行為 二 刑罰法規の認識の有無について特に判示することの要否
棄却
護人から公判請求書に記載された罪名の基本である刑罰法令が違憲、無効であるか
裁判所が事實審理に先だち刑罰法令が違憲無効であるか否かについての被告人の請求に對する判斷の要否と有罪の豫斷
上告を棄却
一 横領罪における不法領得の意義 二 刑罰法令の誤解に基く主張と再上告理由としての適否 三 憲法第二五條第一項の法意と國民の權利
破棄
める社会生活上の要求に立脚して殊に所持を犯罪として観察する場合においては、その刑罰法規手続規定等の立法の目的に立脚してのみ、正当に理解し得るのである。...うな犯罪において、確定判決後又は刑罰法規の改正実施後なお意識的に独立した犯...わが国従来の刑罰法規においても、所持罪はいくらか認められてはいた。すなわち、
一 判決の既判力の意義 二 民事判決の既判力 三 刑事判決の既判力と一事不再審の原則 四 公訴不可分の原則の意義 五 所持罪における幅員的關係の區分と延長的(時間的)關係の區分 六 一事不再理の原則の適用の一場合と所持罪の特殊性 七 物の所持における實力支配關係の開始と持續の意義 八 人が多數の物を同時に所持する場合における所持の個數 九 所持の個別性の決定と社會通念 十 連續犯廢止前の所持に對する有罪判決と廢止後の繼續的所持に對する既判力 一一 確定判決後又は刑罰法規の改正實施後にわたる繼續犯の可罰性と憲法第三九條後段
原判決は、刑罰法規適用の基準となるべき犯罪時を確定せずして、法規を適用した違法あるものと認めなければならない。しかして、この違法は判決に影響すること
一 昭和二一年六月十七日以前過失によりメタノールを販売した行為と有毒飲食物等取締令 二 刑罰法規改正の以前か以後か犯罪の日時を確定しない判決の違法
棄却
記載された罪名の基本である刑罰法令が違憲無効であるか否かについて、予めその
事實審理に入るに先立ち公判請求書に記載された罪名の基本である刑罰法令が違憲無効であるか否かについての判斷明示の要否
棄却
書に記載された罪名の基本である刑罰法令が違憲無効であるか否かについて、たと
一 裁判所が事實審理前公判請求書記載の罪名の基本たる刑罰法令につき憲法適否の判斷をすることの要否 二 裁判所が事實審理に入るに先だち公判請求書に記載された罪名の基本である刑罰法令につき憲法適否の判斷を示さなかつたことと憲法第三七條
上告を棄却
日本の刑罰法規が公布施行されれば、日本国内におて効力を有することは言うを待...たない。又日本の刑罰法規は何人を問わず、日本国内において罪犯した者に適用せ...べき余地は存在しないのである。しかのみならず、刑罰法規の不知は、罪を犯す意
一 刑罰法規の場所及び人に關する効力 二 法の不知と事實の錯誤
棄却
書に記載された罪名の基本である刑罰法令が違憲無効であるか否かについては、た
事實審理に入るに先立ち起訴状に記載された罪名の根據となる刑罰法令の効力についての判斷明示の要否
棄却
書に記載された罪名の基本である刑罰法令が違憲無効であるか否かについては、た
一 裁判所が事實審理に先だち或る法令の適憲有効を認識していたことと有罪の豫斷(憲法第三八條及び第三七條の關係 二 裁判所が事實審理前請求書記載の罪名の基本たる刑罰法令の違憲無効たるか否かにつき判斷することの要否 三 裁判所が事實審理に先だち或る法令の適憲有効であるか否かについて判斷を示さなかつたことと憲法第三八條及び第三七條
棄却
事実審理に入るに先立つて起訴状に記載された罪名の根拠となる刑罰法令が効力を...られない。そしてこの理はその刑罰法令が本件で問題となつた昭和二十三年政令第
起訴状に記載された罪名の根拠となる刑罰法令の効力についての判断を事実審理の前に示すことの要否
19 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in