裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62315 
刑事22057民事40258
法律
児童福祉法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
児童福祉法の判決統計
0
3
0
61 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
却下
東京都児童相談センター所長が児童福祉法28条3項本文に基づいてした,...以下「本件児童」という。)について,児童福祉法28条1項1号に基づき,...裁判所に対して,児童福祉法28条1項1号に基づき,本件児童を児童
判示要旨:児童福祉法28条2項ただし書に基づく措置期間の更新に係る家庭裁判所の承認の審判が確定した場合における、同条3項本文に基づく措置継続の処分の取消しを求める訴えの利益
上告を棄却
児童福祉法違反被告事件...弁護人竹永光太郎の上告趣意のうち,憲法31条違反をいう点は,児童福祉法3...児童福祉法34条1項6号にいう「淫行」とは,同法の趣旨(同法1条)に照ら
判示要旨:1 児童福祉法34条1項6号にいう「淫行」の意義 2 児童福祉法34条1項6号にいう「させる行為」に当たるか否かの判断方法
懲役3年
について,児童福祉法60条1項,34条1項6号を適用している。...被害児童と性交したものであり,本件性交は児童福祉法60条1項,3...以上の次第で,被告人には児童福祉法60条1項,34条1項6号の
判示要旨:1 行為者を相手方として児童に淫行をさせる場合の児童福祉法34条1項6号に違反する罪の罪となるべき事実の摘示に理由不備の違法があるとされた事例 2 養父が児童をして自己を相手に性交させた行為が児童福祉法34条1項6号にいう「児童に淫行をさせる行為」に該当するとされた事例
控訴を棄却
児童福祉法24条1項は,...児童福祉法は,保育所を児童福祉施設の一つとして定め(同法7条 )
判示要旨:児童福祉法24条1項ただし書に基づく保育の実施を行うための家庭保育室委託事業に関し必要な事項を定める要綱に基づいて市長がした家庭保育室の指定を取り消す旨の通知が、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとされた事例
上告を棄却
なお,所論にかんがみ,児童福祉法34条1項6号違反の児童に淫行をさせる罪...被告人は,上記事実により児童福祉法違反,児童ポルノ法違反として札幌...裁判所支部は管轄を有しない旨主張する。そこで,検討するに,児童福祉法34条
判示要旨:児童福祉法34条1項6号違反の児童に淫行をさせる罪と児童買春・児童ポルノ等処罰法7条3項の児童ポルノ製造罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
強制わいせつ,強姦未遂,強姦,児童福祉法違反
判示要旨:小学校教師であった被告人が、約4年8か月の間に、その勤務先の女子児童であった計10名の13歳未満の少女に対し、多数回にわたりわいせつ行為等を行ったという、強姦46件、強姦未遂11件、強制わいせつ25件、児童福祉法違反(児童に淫行させる行為)13件からなる事案において、併合罪加重後の最高刑である懲役30年を言い渡した事例
却下
児童福祉法(児福法)24条...この告示は,児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項た...自宅その他の施設(児童福祉法第35条第4項の認可を
判示要旨:児童福祉法24条1項ただし書に基づく保育の実施を行うための家庭保育室委託事業に関し必要な事項を定める要綱に基づいて市長がした家庭保育室の指定を取り消す旨の通知が、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとされた事例
棄却
を受けた児童であるAについて,児童福祉法28条1項1号に基づく家庭裁判...児童福祉法において ,...の審判として行い(児童福祉法28条3項 )
判示要旨:児童福祉法28条1項1号に基づく家庭裁判所の承認の審判を得た上でなされた児童福祉施設への入所措置決定の取消しを求める抗告訴訟において、家庭裁判所の審判の適法性等を争うことの可否
控訴を棄却
判示要旨:子が知的障害児施設へ入所したことに伴い、児童福祉法56条2項に基づき納付した児童福祉施設負担金が、所得税法に基づく医療費控除の対象にならないとしてされた更正処分が、適法とされた事例
破棄
判示要旨:1 都道府県による児童福祉法27条1項3号の措置に基づき社会福祉法人の設置運営する児童養護施設に入所した児童を養育監護する施設の職員等と国家賠償法1条1項にいう公権力の行使に当たる公務員 2 国又は公共団体以外の者の被用者が第三者に加えた損害につき国又は公共団体が国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を負う場合における使用者の民法715条に基づく損害賠償責任の有無
却下
原告は ,沖縄県知事に対し ,児童福祉法56条2項( 費用の徴収 ,負担 )...児童福祉法45条は , 厚生労働大臣は ,児童福祉施設の設備及び運営 ,...「児童福祉法56条(費用の徴収,負担)
判示要旨:子が知的障害児施設へ入所したことに伴い、児童福祉法56条2項に基づき納付した児童福祉施設負担金が、所得税法に基づく医療費控除の対象にならないとしてされた更正処分が、適法とされた事例
却下
1 本件訴えのうち,大阪市長がAに対して平成15年11月19日付けで行った児童福祉法33条に基づく一時保...1 大阪市長がAに対して平成15年11月19日付けで行った児童福祉法33条に基づく一時保護処分を取り消... 本件は,Aの母である原告が,大阪市長がAに対して平成15年11月19日に行った児童福祉法(平成16年法
判示要旨:市長が児童に対して行った児童福祉法33条2項の規定による一時保護処分が違法であるとして、児童の母親がした国家賠償法1条1項に基づく慰謝料請求が、棄却された事例
懲役2年
  論旨は,要するに,原判決は,(1)原判示の児童福祉法違反行為と児童買春,児童...いAに対する児童福祉法違反罪に定めた懲役刑で処断するとしながら,児童買春等処... 児童福祉法34条1項6号違反罪(以下,単に「児童福祉法違反罪」ともいう。)は,児
判示要旨:児童福祉法34条1項6号違反の罪(法定刑は10年以下の懲役又は50万円以下の罰金)と児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律5条2項の罪(法定刑は5年以下の懲役及び500万円以下の罰金)が観念的競合の関係に立つ場合の処断刑
却下
12年12月22日、児童福祉法33条に基づき、緊急保護を理由として、Aを一... 債務者は、(1)児童福祉法33条による一時保護は、行政庁の処分にあたるか...(1) 児童福祉法33条1項は、児童相談所長は、必要があると認めるときは、
判示要旨:1 児童相談所長が児童福祉法33条に基づき一時保護を加えた児童の親権者が、県を相手方として民事保全法上の子の引渡しを求める仮処分申立ての適法性 2 児童相談所長が児童福祉法33条に基づき一時保護を加えた児童の親権者がした民事保全法上の子の引渡しを求める仮処分申立てが、却下された事例
上告を棄却
判示要旨:児童福祉法三四条一項六号にいう「児童に淫行をさせる行為」に当たるとされた事例
破棄
手淫等の性交類似行為をさせ、もって、児童に淫行させた、という児童福祉法違反...証拠を、本件の証拠として採用し取り調べただけではなく、本件の児童福祉法違反...児童福祉法違反の犯行に及ぶに至った経緯ないし犯行の動機等の情状を推知するた
判示要旨:児童福祉法違反被告事件についての家庭裁判所の訴訟手続に地方裁判所係属中の職業安定法違反の犯罪事実をも実質上処罰する趣旨で刑を量定した違法があるとされた事例
控訴を棄却
 論旨は、要するに、(1)児童福祉法三四条一項六号にいう「淫行」に含まれる... 児童福祉法三四条一項六号にいう「淫行」には、性交そのもののほか性交類似行...右のような児童福祉法の基本理念や同法三四条一項六号の趣旨目的に照らせば、児
判示要旨:中学校教師の教え子に対する行為が児童福祉法三四条一項六号にいう児童に淫行をさせる行為に当たるとされた事例
控訴を棄却
き、児童福祉法六〇条二、三項、三四条一項七号に問擬した原判決には、判決に影... <要旨>ところで、児童福祉法六〇条三項の「児童を使用する者」とは、当該児童
判示要旨:児童福祉法大〇条三項にいう「児童を使用する者」に当たるとされた事例
上告を棄却
れを自己の支配下に置いたというのであって、右の事実関係の下においては、被告人が児童福祉法六〇条三項にいう「児童を使用する者」に当たることは明らかであ
判示要旨:児童福祉法六〇条三項の「児童を使用する者」に当たるとされた事例
上告を棄却
 児童福祉法(昭和六一年法律第一〇九号による改正前のもの。以下「法」という。)
判示要旨:児童福祉法(昭和六一年法律第一〇九号による改正前のもの)五六条一項、二項と憲法二五条
控訴を棄却
 一 控訴趣意中、原判決の、児童福祉法三四条一項九号にいう「児童を自己の支...女優として出演させたことをもって、児童福祉法三四条一項九号にいう「児童を自... <要旨第一>思うに、児童福祉法三四条一項九号にいう「児童を自己の支配下に置
判示要旨:一 児童福祉法三四条一項九号にいう児童を「自己の支配下に置く行為」の意義 二 児童福祉法六〇条三項にいう「児童を使用する者」の意義 三 児童福祉法三四条一項九号にいう児童を「自己の支配下に置く行為」及び同法六〇条三項にいう「児童を使用する者」に当たるとされた事例
(二) 相手方らは、いずれも児童福祉法(以下「法」という。)第三二条第二...項、大阪市児童福祉法施行細則第二条により、大阪市長から法第二四条に規定する...なお、児童福祉法の一部を改正する法律(昭和六二年法律第九八号一)よる改正前
判示要旨:1 児童福祉法24条の保育所入所措置に期限を付した場合につき、同条は、市町村に対し、児童の保育に欠けるところがあると認めるときには、同条ただし書所定の事由がある場合を除き、保育所入所措置を採るべきことを義務付けているから、一律に児童の保育所入所措置に期限を付し、同期限の到来をもって保育所入所措置が当然に失効するものとすることは、法の趣旨に合致せず、前記入所措置は、期限の到来した時点でなお保育所入所措置を継続すべき児童については更新が予定されており、措置権者が保護者のした更新申請の受理を拒み、あるいは保護者に対しその保護する児童につきそれまで入所していた保育所からの退所を求めるなどの方法で保育所入所措置の期限の更新を拒絶する処分をしたときに初めてその効力が消滅するものと解するのが相当であるとした事例 2 市福祉事務所長が、児童福祉法24条の保育所入所措置に付した期間の満了に当たって、入所保育所を変更の上新たに入所措置をした場合につき、同措置は、直前の保育所入所措置の期限を更新するとともに、保育所入所措置の実施方法である入所保育所を変更する処分であって、同処分の効力が停止されれば、同処分に先行する保育所入所措置についての更新申請に対する処分がいまだされていない状態に復帰し、保育所入所措置に付された措置期間の満了後も当該児童を当初保育所で引き続き保育しなければならないこととなるから、当該児童の保護者は、前記入所保育所変更処分の執行停止を申し立てる法的利益を有するとした事例
却下
(一) 児童福祉法(以下、「法」という。)二四条は、保護者において同法施行...法三二条二項及び法や右条例の施行細則を定めた大阪市児童福祉法施行細則(昭和...化していた通達である「児童福祉法による保育所への入所の措置基準について」
判示要旨:1 児童福祉法24条の規定する保育所入所措置は、いったんされれば特段の事由のない限り当該児童が就学年齢に達するまで継続されるものではなく、期限を含め措置の具体的方法については、同法所定の保育の目的に反しない限度で措置権者の合理的な裁量にゆだねられていると解すべきであるとした事例 2 市福祉事務所長が、保育所入所措置に付した期間の満了に当たって、入所保育所を変更の上新たに入所措置をした場合につき、同入所措置は、保育所を変更する処分ではなく、直前の入所処分の期間満了に伴う新たな入所処分であり、同処分の執行を停止しても、単に当該入所処分がされなかった状態を回復するにすぎず、それ以上に申立人らの希望する保育所を入所先とする入所処分がされたのと同一の状態を形成するものではないから、同入所措置に係る児童の保護者は、同処分の執行停止を求める申立ての利益を欠くとした事例
控訴を棄却
して控訴人に対し、児童福祉法(以下「法」という 。
判示要旨:触法少年として通告を受けた児童に対し、児童相談所の所員である児童福祉司が児童福祉法15条の2第1項3号の範囲内においてした面接指導は、抗告訴訟の対象となる処分に当たるか
上告を棄却
売に従事させることは、児童福祉法三四条一項九号にいう「児童の心身に有害な影
判示要旨:児童福祉法三四条一項九号にいう「児童の心身に有害な影響を与える行為をさせる」ことにあたる場合
却下
し、以後三年間同校に在学していたものであり、被告は児童福祉法(以下法とい
判示要旨:1 触法少年として通告を受けた児童に対し、児童相談所の所員である児童福祉司が児童福祉法15条の2第1項3号の範囲内においてした面接指導は、抗告訴訟の対象となる処分に当たるか 2 触法少年として通告を受けた児童に対し、児童相談所の所員である児童福祉司が児童福祉法15条の2第1項3号の範囲内においてした面接指導の無効確認又は取消しを求める訴えが、右面接指導により触法行為の存否が終局的に判定されるものではなく、しかも、右面接指導は既に終了しているから、訴えの利益を欠くとして、不適法であるとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:1 厚生省所管補助金等交付規則(昭和31年厚生省令第30号)2条に基づいて発せられた厚生事務次官通達が定める昭和47年度の保育所措置費についての国庫負担金交付基準が、児童福祉法45条所定の最低基準を維持するに足りないものであるということはできないとした事例 2 地方公共団体は、児童福祉法53条、同法施行令(昭和48年政令第371号による改正前)15条により国庫が負担することとされている保育所措置費に対する負担金を、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律5条、6条に定める交付申請及びこれに対する厚生大臣の交付決定の手続を経ることなく、国に対し直接請求することは許されないとした事例
上告を棄却
判示要旨:児童福祉法三四条一項九号にいう児童を「自己の支配下に置く行為」にあたるとされた事例
却下
者として、児童福祉法(以下「法」という。)第二四条により右の各児童の保育委...第三条第二項及び東京都板橋区の児童福祉法施行細則(昭和四〇年東京都板橋区規...(児童福祉法施行規則(昭和二三年厚生省令第一一号、以下「規則」という。)第
判示要旨:1 区福祉事務所長が、児童が児童福祉法24条にいう「児童の保育に欠ける」状況にはないとしてした保育所入所申請却下処分及び保育所措置解除処分が、違法ではないとされた事例 2 区福祉事務所長が保育所措置解除処分をするに当たり、児童の保護者に告知と聴問の機会を与えなかったとしても、違法とはいえないとした事例 3 区福祉事務所長がした保育所措置解除処分の通知書に理由附記を欠いているとしても、違法とはいえないとした事例 4 区福祉事務所長がした児童を入所させる保育所を変更する処分の取消しを求める訴えが、当該児童が変更前の保育所の保育対象児童の年齢制限を経過したことにより、訴えの利益を欠くとされた事例
控訴を棄却
一 本件保育所設置費国庫負担金支払請求の根拠となる児童福祉法(以下法とい...次に法制定当時、参議院厚生委員会において政府委員は児童福祉法案の説明とし...児童福祉法に従つて保育に欠ける児童を収容する本件保育所の設置の必要に迫られ
判示要旨:1 保育所の設置者である市が保育所の設備費用に対する国庫負担金の交付を国に申請するに際し、厚生大臣らがあらかじめ一定額の交付申請をさせるべく行った事前協議、内示及び交付申請についての行政指導が、右市の正当な権利の行使を妨げた行為ということはできないとされた事例 2 児童福祉法52条、51条2号、同法施行令(昭和48年政令第371号による改正前)15条1項、16条1号により、国庫が負担することとされている保育所の設備費用に対する負担金についての具体的な請求権は、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律6条による交付決定がなければ発生しないとした事例
棄却
二 国分寺市は、昭和四七年度の市立保育所の保育所措置費(児童福祉法二四条本...ところで、児童福祉法五三条は、市町村が支弁する保育所措置費については、「国...て、これを行う。」とされているところ、本件措置費については、児童福祉法五六
判示要旨:1 厚生省所管補助金等交付規則(昭和31年厚生省令第30号)2条に基づいて発せられた厚生事務次官通達が定める昭和47年度の保育所措置費についての国庫負担金交付基準が、児童福祉法45条所定の最低基準を維持するに足りないものであるということはできないとした事例 2 地方公共団体は、児童福祉法53条、同法施行令(昭和48年政令第371号による改正前)15条により国庫が負担することとされている保育所措置費に対する負担金を、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律5条、6条に定める交付申請及びこれに対する厚生大臣の交付決定の手続を経ることなく、国に対し直接請求することは許されないとした事例
棄却
2 原告は児童福祉法(以下「法」という。)第三五条第三項の規定に基づき、大...て、法第五二条、第五一条第二号、児童福祉法施行令(昭和四八年政令第三七一号
判示要旨:児童福祉法52条、51条2号、同法施行令(昭和48年政令第371号による改正前)15条1項、16条1号により、国庫が負担することとされている保育所の設備費用に対する負担金についての具体的な請求権は、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律6条による交付決定がなければ発生しないとした事例
上告を棄却
判決は被告人の児童福祉法三四条一項六号・九号に該当する各行為を認定したうえ、
判示要旨:児童福祉法六〇条三項但書の規定違憲(三一条)の主張が不適法とされた事例
上告を棄却
 弁護人花房秀吉の上告趣意は、違憲(三一条違反)をいうが、児童福祉法三四条
判示要旨:児童福祉法三四条一項六号にいう「淫行」の意義 」
上告を棄却
 論旨は、憲法違反をいう点もあるが、実質は児童福祉法三四条一項九号の解釈、...の同意を得ていないものである以上、児童福祉法の右条項にいう「正当な雇用関係...状証拠としてではなく、本件児童福祉法違反の事実を争う証拠として提出している
判示要旨:一 児童福祉法第三四条第一項第九号にいう「正当な雇用関係」にあたらないとされた事例 二 同条項同号にいう児童を「自己の支配下に置く行為」があつたとされた事例 三 同条項同号にいう「児童の心身に有害な影響を与える行為」にあたるとされた事例
上告を棄却
響を与える行為をさせる目的をもつて、これを自己の支配下に置いた児童福祉法三
判示要旨:職業安定法第六三条第二号の罪と児童福祉法第三四条第一項第九号第六〇条第二項第三項の罪との罪数関係
破棄
 所論は、芸妓として酒席に侍する行為は児童福祉法第三四条第一項第五号の規定
判示要旨:児童福祉法第三四条第一項第九号にいう児童の心身に有害な影響を与える行為の事例
控訴を棄却
 所論の一、二は要するに児童福祉法三四条一項九号にいう「児童の心身に有害な... よつて児童福祉法一条に掲げる児童福祉の理念、本条項制定の趣旨等を参酌して...告人の営業ないし行為は、まさに児童福祉法三四条一項九号において禁止する児童
判示要旨:児童福祉法第三四条第一項第九号違反の罪の成立する事例
破棄
 論旨は、原判決は原判示事実につき児童福祉法第三四条第一項第九号、第六〇条... 児童福祉法第三四条第一項及び第二項は、児童福祉上有害であると認められる児
判示要旨:児童福祉法第三四条第一項各号に違反する同法第六〇条第一項第二項の罪の判示方法
上告を棄却
つて、刑訴法四〇五条の上告理由に当らない(児童福祉法三四条一項六号の児童に
判示要旨:児童福祉法第三四条第一項第六号にいう児童に淫行をさせる行為の意義。
控訴を棄却
 所論は、原判決が被告人を児童福祉法第六〇条第三項にいう「児童を使用する... よつて按ずるに、児童福祉法第六〇条第三項が、児童を使用する者は児童の年令...め難く、従つて被告人は未だ児童福祉法第六〇条第三項にいわゆる「児童を使用す
判示要旨:児童福祉法第六〇条第三項の「児童を使用する者」の意義
破棄
うのである。しかるに、本件の児童福祉法違反については、これより先である昭和...は重複しており、犯行の場所も同一であるから、児童福祉法第六〇条第一項の罪と... <要旨>ところで児童福祉法違反の罪は家庭裁判所の事物管轄に属するものとされ
判示要旨:家庭裁判所に対し児童福祉法違反の起訴があつた後地方裁判所に対し、この罪と一所為数法の関係にある売春防止法違反の罪の起訴のあつた場合の措置
破棄
為をなしたものであるというのであつて、これに対し同判決は、児童福祉法六〇条...児童福祉法六〇条一項の罪と売春防止法一二条の罪との法益の差異から見て、被告
判示要旨:児童福祉法第六〇条第一項の罪と売春防止法第一二条の罪とが想像的競合となる事例
上告を棄却
 しかし、所論引用の各判例は、児童福祉法六〇条三項但書にいわゆる児童の年令...過失があると解した原判決は、児童福祉法六〇条三項但書の解釈適用を誤つた違法
判示要旨:児童福祉法第六〇条第三項但書にいわゆる年令を知らないことに過失がない場に該当しない事例。
上告を棄却
〇五条の上告理由に当らない。(児童福祉法三四条六号は、何人も、児童すなわち
判示要旨:一 児童福祉法第六〇条第三項本文にいう「児童の年齢を知らないこと」と刑訴法第三三五条第二項にいう「法律上犯罪の成立を妨げる理由となる事実」 二 児童福祉法第六〇条第三項但書にいう「過失のない」ことと刑訴法第三三五条第二項にいう「法律上犯罪の成立を妨げる理由となる事実」
控訴を棄却
 按ずるに児童福祉法第三四条第一項第九号は「児童の心身に有害な影響を与える...となれば児童福祉法は児童が心身ともに健<要旨第二>やかに生まれ、且育成され、
判示要旨:一、 児童福祉法第三四条第一項第九号の「支配」の意義 二、 同条同項同号の場合被支配者は支配者から支配されている認識の要否
上告を棄却
 児童福祉法六〇条三項の規定に従えば、同法三四条一項六号違反の罪につき、児
判示要旨:児童福祉法第六〇条第三項の合憲性
破棄
洵に所論のとおりである。而して児童福祉法第三四条第一項第六号違反の罪は、
判示要旨:一、 児童福祉法第三四条第一項第六号の罪の罪数 二、 包括一罪として起訴された児童福祉法第三四条第一項第六号の罪について訴因の変更または追加の手続を経ないでこれを併合罪として認定することができるか
控訴を棄却
 所論は要するに、(一)児童福祉法第三十四条第一項第六号にいわゆる「淫行を... <要旨第一>よつて案ずるに、(一)児童福祉法第三十四条第一項第六号にいわゆ... <要旨第二>児童福祉法第六十条第三項は、児童と特別の身分関係ある者に児童の
判示要旨:一、 児童福祉法第三四条一項第六号にいわゆる「児童に淫行をさせる行為」の意義 二、 児童福祉法第六〇条第三項にいわゆる「児童を使用する者」の意義
上告を棄却
らの意思に基く場合であつても児童福祉法三四条一項六号の児童に淫行をさせる行
判示要旨:児童福祉法第三四条第一項第六号の児童に淫行をさせる行為にあたる一事例
61 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in