2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61913 
刑事21948民事39965
法律
借地法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
91 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
破棄
うことはできない。けだし、借地法一二条二項は、賃料増額の裁判の確定前には適
第三者所有地を目的の一部とする賃貸借につき賃借人が賃貸人の負担すべき右第三者所有地の賃料等の額を下回ることを知りながら支払う賃料と借地法一二条二項にいう相当賃料
破棄
 2 借地法一二条二項にいう「相当ト認ムル」とは賃借人において主観的に相当...めていないときには、従前の賃料額と同額を支払っても、借地法一二条二項にいう...務の本旨に従った履行をしたということはできない。けだし、借地法一二条二項は、
一 賃借人が主観的に相当と認めていない額の賃料と借地法一二条二項にいう相当賃料 二 賃借人が公租公課の額を下回ることを知りながら支払う賃料と借地法一二条二項にいう相当賃料
破棄
目的とするものであるから、借地法の趣旨に照らし、同法一条にいう「建物の所有...すと、本件賃貸借は、借地法一条にいう建物の所有を目的とするものではないとい... 以上と異なる原審の判断には借地法一条の解釈適用を誤った違法があり、右違法
幼稚園の園舎敷地に隣接する土地をその運動場として使用するためにされた賃貸借が借地法一条にいう「建物ノ所有ヲ目的トスル」ものに当たらないとされた事例
上告を棄却
 土地所有者が借地法六条二項所定の異議を述べた場合これに同法四条一項にいう...一 法廷意見は、借地法四条一項但書所定の「正当ノ事由」の有無は、同法六条に...便宜上、借地借家法(平成三年法律第九〇号)施行前の借地法及び借家法によるこ
借地法四条一項所定の正当事由を補完する立退料等の提供ないし増額の申出の時期
上告を棄却
 借地法一二条一項の規定は、当初定められた土地の賃料額がその後の事情の変更
当事者間の個人的な事情の変更と借地法一二条一項の規定による賃料額の増減の請求の可否
破棄
 1 借地法一二条二項にいう「相当ト認ムル」賃料とは、客観的に適正である賃... 借地法一二条二項は、賃貸人から賃料の増額請求があった場合において、当事者... 四 そうすると、原判決には借地法一二条二項の解釈適用を誤った違法があり、
借地人の供託した賃料額が借地法一二条二項の相当賃料と認められた事例
取り消す
あり、当時幼稚園には木造の園舎が建てられていたから、借地法二条一項によりそ... これに対し、被控訴人は、借地法の適用を争い、仮にその適用があるとしても、...る幼稚園運動場として使用することを目的とするものであるから、借地法の趣旨に
幼稚園の園舎敷地に隣接する土地を運動場として使用する目的でされた賃貸借が借地法一条にいう「建物ノ所有ヲ目的トスル」ものに当たるとされた事例
上告を棄却
 借地法七条により建物所有を目的とする地上権の存続期間が延長された場合、右
借地法七条により地上権の存続期間が延長された場合において期間延長前の地上権についてされた登記と期間延長後の地上権についての効力
上告を棄却
は借地法一条にいわゆる建物の所有を目的とするものにあたり、本件土地全体につ...いて借地法の適用があるとした原審の判断は、正当として是認することができ、原
自動車学校建築のため木造家屋の敷地に使用する目的でされた土地の賃貸借と借地法の適用
上告を棄却
非堅固建物の所有を目的とする借地契約において二〇年に一日足りない期間が定められた場合に借地法二条二項の適用が肯定された事例
棄却
 借地法九条の二第一項の規定が憲法二九条に違反しないことは、当裁判所の判例...る借地法九条の二第一項、一四条の二、一四条の三の規定が憲法三二条、八二条に
借地法九条の二第一項、一四条の二、一四条の三と合憲性
上告を棄却
土地の賃貸借契約の期間満了を理由とする該土地の明渡請求訴訟の係属中賃貸人の主張する時期よりのちに期間が満了した場合と借地法六条の異議
上告を棄却
借地法一〇条の規定による建物買取請求権と右建物の賃借人による代位行使の許否
上告を棄却
借地法一〇条による建物買取請求権の消滅時効が認められた事例
破棄
きものとして確定したうえ、借地法第一二条第二項は裁判上の和解によつて、争い...者又は土地賃貸人が借地法第一二条第一項の賃料増額請求権を行使し、これを前提...担する筋合であるが、借地法第一二条第二項は増額請求権行使の効果が裁判により
争いある貸料額が裁判上の和解によつて確定した場合における借地法一二条二項但書の適用の有無
棄却
 借地法八条ノ二の規定が憲法一四条に違反しないことは、当裁判所昭和三一年(...したがつて、借地法八条ノ二の規定が憲法一四条、二九条に違反する旨の所論は失
借地法八条の二と憲法一四条、二九条
破棄
 しかしながら、賃貸人が賃借人に対し借地法一二条に基づく賃料増額の請求をす
共同借地人の一部の者に対してされた借地法一二条に基づく賃料増額請求の効力
破棄
は昭和五一年六月二四日被上告人らに対し借地法一〇条による建物買取請求権を行...賃貸人が賃借権の譲渡を承諾しない間に賃貸借契約が賃料不払を理由に解除されたときは、借地法一〇条に基づく第三者の建物買取請求権は、これによつて消滅する
賃借権の無断譲渡を理由とする賃貸借契約の解除後の賃料相当損害金の不払と借地法一〇条に基づく建物買取請求権
破棄
 原審は、上告人が借地法一〇条に基づく建物買取請求権を行使した当時、本件建...と推測するほかはない。ところが、借地法一〇条の建物買取請求権が行使されると、...価値であると認め、建物買取請求権の成立を否定したのは、借地法一〇条の解釈を
借地法上の建物の取引価格が零であると認めて借地法一〇条の買取請求権を否定した認定判断が違法とされた事例
上告を棄却
きない状態となるに至つたものであることが明らかであつて、このような場合、上告人が地上の建物の不存在を理由として被上告人に借地法四条一項に基づく借地権
賃貸人が地上の建物の不存在を理由に借地人の借地法四条一項に基づく借地権の更新請求権がないと主張することが信義則上許されないとされた事例
上告を棄却
 賃貸人が共同借地人に対し借地法一二条に基づく賃料増額の請求をするには、借
共同借地人の一部の者に対してなされた借地法一二条に基づく賃料増額請求の効力
上告を棄却
のであつて、右事実関係のもとにおいては、右賃貸借契約は借地法一条にいう「建...地部分を含む本件宅地の賃貸借契約が借地法一条にいう「建物所有ヲ目的トスル」
一、バツテイング練習場として使用する目的でされた土地の賃貸借と借地法の適用の有無 二、バツテイング練習場として使用する目的で賃貸借された土地の一部に卓球場の建築が許された場合における借地法の適用の有無
上告を棄却
 借地法七条にいう建物の滅失とは、所論のように、必ずしも、建物を一時に全部... 原審が適法に確定した事実関係によれば、上告人が、借地法七条の適用に関し、
借地上の旧建物が新建物の建築工事に応じ逐次取り毀され新建物完成の時に全部取り毀された場合と借地法七条にいう建物の滅失
棄却
 借地法八条ノ二第一項に規定する借地条件の変更の裁判は、その性質が非訟事件...かである。それゆえ、借地法八条ノ二第一項、同法一四条ノ三第一項の規定が憲法... 借地法八条ノ二の規定が憲法二九条に違反しないことは、当裁判所昭和二九年(
借地法八条ノ二の合憲性
上告を棄却
ないというのであるから、本件賃貸借契約は、借地法一条にいう建物の所有を目的...とするものとはいえず、したがつて、借地法は適用されないものと解すべきであり
バツテイング練習場として使用する目的でされた土地の賃貸借と借地法の適用の有無
上告を棄却
 借地法六条の規定は、その要件を満たす事実が存在するかぎり、これに適用され、
借地法六条の適用回数
棄却
 借地法八条ノ二第二項に規定する借地条件の変更の裁判は、増改築を制限する旨
借地法八条ノ二第二項の借地条件変更に関する裁判の合憲性
上告を棄却
借地法四条一項但書の正当事由の有無の判断基準時とその後の事情
上告を棄却
 借地法六条一項の規定は、同条二項が賃貸人の異議について正当の事由があるこ
賃借人の債務不履行に基づく解除による土地賃貸借の終了と借地法六条一項
破棄
達したとの事実を適法に確定したうえ、借地法の適用をうける土地の賃貸借契約の...約の解約申入をするについては、借地法所定の正当事由の存在は必要でなく、破産... しかしながら、借地法の適用のある賃貸借契約の賃借人が破産宣告を受けた場合、
一、借地法の適用のある賃貸借の賃貸人が賃借人の破産を理由としてする解約申入と正当事由の要否 二、賃借人が破産しても賃貸借が解約されない場合における賃料債権の性質
上告を棄却
間で賃貸借契約を合意解除しても、特段の事情がないかぎり、借地法一〇条にもと...取請求権を行使しうるわけであるが、そもそも、借地法一〇条は、賃借権譲渡につ
借地法一〇条の建物買取請求権と土地賃貸借の合意解除
上告を棄却
る事情は認められないものということができるから、右期限付合意解約は、借地法
土地賃貸借の期限付合意解約が借地法一一条に該当しないとされた事例
上告を棄却
対し遅滞なく異議を述べたときには、借地法七条による更新の規定の適用がなく、借地権...借地法二条一項所定の存続期間を有する借地権につき、借地権の消滅前に建物が滅失し、...に対し土地所有者が異議を述べた事情や滅失建物の朽廃すべかりし時期等は、借地法六条
借地上にあつた滅失建物の朽廃すべかりし時期が借地法六条による更新後に到来した場合と借地権の消長
破棄
は更新をなさないことが特に約定されたものであり、本件賃貸借契約は借地法の更... しかしながら、土地の賃貸借が借地法九条にいう一時使用の賃貸借に該当し、同...するものにほかならないから、その期間は、少なくとも借地法自体が定める借地権
裁判上の和解により賃貸期間を二〇年と定めた土地の賃貸借と借地法九条にいう一時使用の賃貸借
上告を棄却
り賃貸借契約を解約するという期限附合意解約は、借地法の適用がある土地賃貸借...いると認めるに足りる合理的客観的理由があり、しかも他に右合意を不当とする事情の認められないかぎり許されないものではなく、借地法一一条に該当するもので
土地賃貸借の期限付合意解約と借地法一一条
控訴を棄却
審第二回口頭弁論期日において被控訴人ab両名に対し、借地法第一〇条に基づき...ことは認めるが、借地法の立法趣旨からすれば、右増築部分についても当然買取請...て、被控訴人ab両名に対し、借地法第一〇条に基づき、本件建物等を買い取るべ
土地賃借権の譲受後借地法第一〇条に基づく地上建物の買取請求前に当該賃貸借契約が債務不履行により解除されたため買取請求権が消滅したとされた事例
上告を棄却
いことを理由に借地法一〇条に基づき本件建物につき買取請求をしたというのであ
借地法第一〇条による買取請求権を行使した場と借家法第一条の適用の有無
上告を棄却
 借地法一二条による賃料増額請求があつた場合、裁判所は、同条所定の諸契機を
借地法第一二条による増額賃料の算定と土地価格の利廻り算定方式
上告を棄却
 旧借地法一二条(昭和四一年法律九三号による改正前のもの)による地代増額請...一審判決を含む。以下同じ)の判断は相当である。現行借地法一二条二、三項が新
旧借地法第一二条(昭和四一年法律第九三号による改正前のもの)による地代増額請求の効果の発生時期
上告を棄却
立したものであるから、それによつて定められた一〇年の賃借期間は、借地法一一...観的合理的な理由が存する場合にかぎり、右賃貸借が借地法九条にいう一時使用の...的条件の存否にかかわりなく借地法の規定する制約から解放されることになり、借
裁判上の和解により成立した土地賃貸借と借地法第一一条
破棄
 借地法一条にいう「建物ノ所有ヲ目的トスル」、とは、借地人の借地使用の主た...のように認定し、本件貸借が借地法一条にいう「建物ノ使用ヲ目的トスル」賃貸借...判断を誤り、ひいては借地法の解釈適用を誤つたものであつて、この違法は原判決
ゴルフ練習場として使用する目的でされた土地の賃貸借と借地法の適用の有無
上告を棄却
 借地法一〇条による買取請求権は、その行使により当事者間に建物その他地上物
借地法第一〇条による建物買取請求権の消滅時効期間
上告を棄却
あるから、本件建物は借地法にいう朽廃の程度には達していないものと解すべきであ
建物が借地法にいう朽廃の程度に達していないと認められた事例
上告を棄却
することができる旨の特約は、借地法一一条所定の借地権者に不利なる契約条件に
借地法第一一条の借地権者に不利な条件にあたらないとされた事例
上告を棄却
 借地法一二条により、賃貸人は、従来の賃料が不相当になつたときは、相当な賃...定したのは相当であつて、これに借地法一二条の解釈適用を誤つた違法は認められ
借地法第一二条の賃料増額の基準。
破棄
 しかして、借地法一〇条の買取請求の目的となつた建物の時価は、建物を取り毀...する余地がないとかいうことはできない。したがつて、原判決は借地法一〇条の解釈適用を誤つたものといわざるをえず、論旨は結局理由があり、原判決中上告人に
借地法第一〇条の買取請求の目的となつた建物の時価を算定するについて建物の存在する場所的環境を斟酌しなかつた違法があるとされた事例
上告を棄却
 借地法一一条の規定は、土地賃借人の義務違反である賃料不払の行為をも保護す
借地法第一一条の特約にあたらないとされた事例。
上告を棄却
は当然に消滅する旨の特約が、借地法一一条に違反しないとした原判決は同法条の
賃借土地上の建物が第三者の者の所有に帰したときは賃借権が当然に消滅する旨の特約と借地法第一一条。
上告を棄却
 借地法一〇条により建物の買取を請求した者が、建物の買取代金の支払を受ける
借地法第一〇条の買取請求権行使後における敷地占有と不当利得の成否。
上告を棄却
 借地法六条の適用により、建物所有を目的とする土地の賃貸借の期間満了の後賃...べられたことになるとしても、この異議をもつて借地法六条にいう遅滞なく述べら...ら、以上のような特段の事情の下においては、これをもつて借地法六条にいう遅滞
借地法第六条にいう遅滞なく述べた異議にあたるとされた事例。
91 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in