2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61913 
刑事21948民事39965
法律
会計法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
11 件中 1/1 ぺージ
棄却
本件各支出は,それ自体,財務会計法規に違反する違法なものであるから,...(イ) 仮に,本件各支出そのものに財務会計法規違反があるということができな...体が財務会計法規上違法と評価される場合に限られるというべきである。
導水路の建設事業に関し、独立行政法人水資源機構法に基づく都道府県の費用負担金の支出命令ないし支出の差止めを求める住民訴訟において、当該支出命令ないし支出を行うことが財務会計法規上違法であるとはいえないとされた事例
取り消す
市が、公共土木事業用地の取得に伴う登記、測量及び調査の業務につき、土地家屋調査士の団体、司法書士の団体及び測量業者(測量士)の団体の3団体との間で委託契約を締結したが、同各契約は、予め一定期間の業務を包括して、それぞれの団体内部での各業務担当者の選定も含めて一括して委託する形態の随意契約としてされたもので財務会計法規上違法であり、これによる支出も違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号前段に基づき、市に代位して市長個人らに対してされた損害賠償請求が、棄却された事例
却下
いわば「丸投げ」の内容の随意契約としてされたこと,以上の観点から財務会計法...会計法規上違法であるか(争点①),② 被告らは,それぞれ法242条の2第1...的な場合に該当せず,財務会計法規上違法であることは,明らかである。
市が、公共土木事業用地の取得に伴う登記、測量及び調査の業務につき、土地家屋調査士の団体、司法書士の団体及び測量業者(測量士)の団体の3団体との間で委託契約を締結したが、同各契約は、予め一定期間の業務を包括して、それぞれの団体内部での各業務担当者の選定も含めて一括して委託する形態の随意契約としてされたもので財務会計法規上違法であり、これによる支出も違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号前段に基づき、市に代位して市長個人らに対してされた損害賠償請求が、認容された事例
上告を棄却
 会計法三二条の規定は、国がその私法上の債権につき法令の規定によつて納入の...継取得したものであるときは、その債権の納入の告知については会計法三二条の規...法律一三条、会計法六条、予算決算及び会計令二九条、国の債権の管理等に関する
国が私人から承継取得した私法上の債権についての納入の告知と会計法三二条
上告を棄却
つて、公法上の金銭債権ではないから、その時効による消滅については、会計法三...る。それゆえ、本訴請求債権は、会計法三一条一項の規定する時効の利益を放棄す
労働者災害補償保険法二〇条一項の規定によつて国が取得する損害賠償債権と会計法三一条一項
破棄
規定した会計法規は、国に財産的損害が生ずるのを防止することを目的としたもの...状況の下においては、被告人に右会計法規に違背する認識のあつたことをもつて、
被告人に会計法規に違反する認識のあつたことをもつて直ちに国に損害を加える認識もあつたとして背任罪の成立を認めるのは相当でないとされた事例
上告を棄却
 本件売買のごとき国の普通財産の売払いは、所論国有財産法および会計法の各規...ではないから、会計法三〇条の規定により五年の消滅時効期間に服すべきものでは
国の普通財産売払代金債権と会計法第三〇条
上告を棄却
 本件売買契約がなされた当時施行の旧会計法(大正一〇年法律四二号)および会
一 旧会計法(大正一〇年法律第四二号)および会計規則(大正一一年勅令第一号)施行当時国と私人間に契約書を作成することなく締結された私法上の契約の効力 二 戦時補償特別措置法に基づく戦時補償特別税の賦課徴収は憲法第二九条第三〇条に違反するか 三 旧憲法下に施行された法律が旧憲法に違反するかどうかの審査権
控訴を棄却
法第三一条の五および同条の六にいわゆる過誤納金に該当するから、会計法第三〇...は会計法第三〇条の適用はなく、控訴人の消滅時効の抗弁は理由のないものであ...る。仮りに本件請求権については会計法第三〇条の適用があるとしても、被控訴人
抵当権者に配当すべき公売代金が誤つて滞納国税に充当された場合の不当利得返還請求権と会計法第三〇条
却下
 然しながらこのような黙示の売買がもし行われたとすれば、之も又会計法令に違...約は会計法令上その効力を認められないところである。(ト)尚又仮に原判決の認...て勝手に和解契約又は之に類似の契約をすることは会計法令の許さないところであ
一、 会計法規に違反する契約の効カ 二、 戦時補償特別措置法第三〇条に基く税務署長の更正決定に対する審査請求と国税局長の課税額増額決定
棄却
いで現金化して保管したことが所論のように会計法第一五条、第一六条に違反する
会計法第一五条第一六条に違反する行為の反覆常業が刑法第二五三条にいわゆる業務にあたるか
11 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in