2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61913 
刑事21948民事39965
法律
予納法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
は、予納法人税が破産法四七条二号ただし書にいう「破産財団ニ関シテ生シタルモ...算中の所得の金額及び法人税の重課の対象となる土地の譲渡利益金額に係る予納法
破産会社の予納法人税と破産管財人の予納申告等の義務
控訴を棄却
「また、右予納法人税の一般部分に係る債権は、劣後的破産債権にも当たらないと...劣後的に取り扱うこととされているものであり、予納法人税の一般部分とはその性...することは許されない。破産管財人は、予納法人税の一般部分に係る債権を劣後的
1 法人税法の予納法人税に関する規定は破産法人に対しても適用されるから、破産管財人は、破産財団に対する管理処分権能の一環として同税の申告義務を負うとした事例 2 破産財団に対する予納法人税の一般部分に係る債権は、破産法46条4号を準用して劣後的破産債権として取り扱われるのが相当であり、破産財団から配当手続により納付されるべきであるとした事例 3 破産管財人が法定の申告期限内に法人税法102条1項所定の予納法人税の申告をしなかったとしてされた無申告加算税賦課決定処分が、適法とされた事例
棄却
法人税(租税特別措置法六三条一項による重課税の部分を含も。)を「予納法人...税」と、予納法人税のうちの右重課税の部分を「土地重課部分」と、土地重課税部...の本件清算事業年度の予納法人税を「本件予納法人税」という。)。
1 法人税法が清算所得に関する諸規定において、合併による解散の場合を別異に取り扱う旨を定めながら、破産による解散の場合についてはこのような規定をおいていないことに照らせば、予納法人税に関する規定は破産法人に対しても適用され、破産財団の管理処分権限を有する破産管財人は、管理処分権能の一環として同税の申告義務及び納付義務を負うものと解すべきであるとした事例 2 破産財団に対する予納法人税の一般部分に係る債権は、破産法47条2号ただし書の「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たるものと解することはできず、同法15条の「破産宣告前ノ原因ニ基キテ生シタル財産上ノ請求権」にも該当しないが、その性質上、同法46条を準用して劣後的破産債権として取り扱われるのが相当であり、破産財団から配当手続により納付されるべきであるとした事例 3 破産法人が清算中の事業年度中に同法人が所有する不動産を譲渡して所得を得たにもかかわらず、破産管財人が法定の申告期限内に法人税法102条1項所定の予納法人税の申告をしなかったとしてされた無申告加算税賦課決定処分が、申告期限の徒過につき国税通則法66条1項ただし書にいう「正当な理由」があったとは認められず、税額の算出方法にも誤りはないとして、適法とされた事例
破棄
該金額に相当する法人税(以下「予納法人税」という。)を納付しなければならな...いとされているが、この予納法人税は、清算中の内国普通法人等が継続し又は合併...とといわなければならない。もつとも、予納法人税の制度は、清算所得が生ずる場
一 破産法人に対する予納法人税の債権のうち各事業年度の所得に係る部分と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権 二 破産法人に対する予納法人税の債権のうち租税特別措置法(昭和五七年法律第八号による改正前のもの)六三条一項の規定による土地重課税に係る部分と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権 三 破産法人に対する住民税の債権と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権 四 破産法人に対する予納事業税の債権と破産法四七条二号但書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権
棄却
(一) 予納法人税について...う。)を援用し、それを前提として予納法人税が財団債権にあたるとし、その理由...として、(ア)予納法人税が破産法人といえども、所得がある以上、破産終結まで
破産宣告を受けて清算中の法人につき、右宣告後の事業年度の予納法人税、過少申告加算税、予納事業税及び住民税に係る各租税債権が、破産法47条2号ただし書の財団債権に当たるとされた事例
棄却
1 本清算事業年度予納法人税...し、右予納法人税額を九六六八万五三〇〇円とする旨の更正決定をし、同時に過少...したがつて、予納法人税は、破産法人といえども、所得がある以上、破産終結まで
破産宣告を受けて清算中の法人につき、右宣告後の事業年度の予納法人税、過少申告加算税、予納事業税及び住民税に係る各租税債権が、破産法47条2号ただし書の財団債権に当たるとされた事例
控訴を棄却
控訴人の本件訴えは、被控訴人が本件予納法人税を財団債権に該当するものである
税務署長が破産法人の納付すべき予納法人税に係る租税債権が財団債権であるとして破産管財人に対してした交付要求は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
却下
和五五年八月三一日までの清算事業年度分予納法人税の交付要求を取消す。...年度予納申告書を提出し、予納法人税として七三一五万八九〇〇円を申告した。し...かし、右予納法人税は破産手続上財団債権に該らないものであるから、直ちに納付
税務署長が破産法人の納付すべき予納法人税に係る租税債権が財団債権であるとして破産管財人に対してした交付要求は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
8 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in