裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62404 
刑事22074民事40330
法律
不正競争防止法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
不正競争防止法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
不正競争防止法を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「罰金」に処する。
0
11
10
0
25 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
不正競争防止法違反被告事件...所論に鑑み,本件における不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)21条1項3号にいう「不正の利益を得る目的」があるとされた事例
控訴を棄却
不正競争防止法違反被告事件...背き,それぞれ営業秘密を領得したという,不正競争防止法違反の事案であ...論旨は,不正競争防止法の改正(平成21年法律第30号による改正。
判示要旨:転職先等で直接的又は間接的に営業秘密を参考にする目的と平成27年法律第54号による改正前の不正競争防止法21条1項3号の「不正の利益を得る目的」
控訴を棄却
平成28年(う)第598号 不正競争防止法違反被告事件...正前の不正競争防止法(以下「法」という。)2条1項10号)に該当するか否か...ことは,不正競争防止法の趣旨,罪刑法定主義,情報処理技術からの帰結である。
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)2条1項10号に規定する技術的制限手段により制限されている影像の視聴を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする機能を有するプログラムに当たるとされた事例
懲役2年6月
不正競争防止法違反被告事件...が使用するパーソナルコンピュータに上記データをダウンロードさせて記録させることにより,これらの顧客情報を開示した,という不正競争防止法違反の事...2 本件控訴の趣意は,要するに,第1に,①本件顧客情報は,不正競争防止法2
判示要旨:不正競争防止法2条6項にいう「営業秘密」の要件である秘密管理性が満たされているとされた事例
棄却
を含む。)を掲載していることについて,不正競争防止法(以下「不競法」と
判示要旨:「A丼B」という名称を用いて飲食店を経営している原告が、インターネット上に公開されている「食べログ」と称するウェブサイトを運営管理している被告に対し、同サイト内のウェブページに上記店舗に係る情報を掲載していることについて、上記名称は著名商品等表示であり、その掲載が、不正競争防止法2条1項2号所定の不正競争に該当し、又は原告の人格権に由来する名称権等を侵害するものであるなどと主張して、同法3条1項に基づく差止請求又は名称権等に基づく妨害排除請求として上記ページの削除を求めるとともに、同法4条又は民法709条に基づく損害賠償等を求めたが、これらの請求がいずれも排斥された事例
懲役3年
被告人の判示第1の所為は別表1記載の各番号毎に刑法60条,不正競争防止法...計437万2538円を交付させた不正競争防止法違反及び詐欺の事案である。
判示要旨:精肉会社の代表取締役であった被告人が、外国産豚肉の加工品を、国産である旨表示した上、複数の学校給食センターに対し販売、納品し、仙台市教育委員会からその代金を交付させた不正競争防止法違反及び詐欺の事案につき、懲役3年執行猶予4年の判決を言い渡した事例
懲役2年
により同法による改正前の不正競争防止法22条1項1号,21条1項1号,2...包括して刑法60条,前記改正前の不正競争防止法21条1項1号,2条1項1...ては不正競争防止法違反の罪について定めたそれによる。)で処断することとし,
判示要旨:商品の原産地、品質及び内容等と異なる虚偽表示をした精米を顧客に譲渡し、そのうち1回は顧客を欺いて代金の交付を受けたという不正競争防止法違反及び詐欺の事案につき、被告会社(不正競争防止法違反についてのみ)、被告会社の代表者である被告人A、営業部長であった被告人B及び経理担当者であった被告人Cがいずれも有罪とされた事例。
懲役4年
包括して,刑法60条,不正競争防止法22条1...き渡したという不正競争防止法違反(判示第1)と,取引業者に対し,同様の偽...他方で,本件の不正競争防止法違反と詐欺とは,罪数評価としては併合罪の関
判示要旨:牛肉のみを原料とするかのような表示をし、他の畜肉を加えた挽肉等を取引業者に引き渡した不正競争防止法違反及び取引業者に対し、その事情を秘して代金を請求し、交付させた詐欺被告事件
棄却
被告が,原告に対し,不正競争防止法2条1項1号,3条1項に基づいて,原告製...被告は,原告に対し,不正競争防止法2条1項1号,3条1項に基づいて,原告...被告による不正競争防止法2条1項1号に基づく権利行使が,権利濫用と
判示要旨:XとYは同一の標章を付した自動車用シートを製造販売する会社であるところ、?XのYに対する商標権の専用使用権の行使による差止請求等が、Yに先使用権が認められ、また、Xの上記専用使用権の行使が権利の濫用にも当たるとして排斥され、?YのXに対する不正競争防止法に基づく差止請求が、Xの上記専用使用権の抗弁が権利濫用に当たるとして排斥されて認容された事例
棄却
に対し,民法719条1項に基づく損害賠償と,不正競争防止法3条に基づく虚偽...競争行為(不正競争防止法2条1項14号)に当たるとして同法3条に基づき...不正競争防止法2条1項14号にも該当する。
判示要旨:被告会社及びその代表者が、原告の製造・販売する商品を欠陥品であると断定して、原告の取引関係者あてに虚偽の事実を告知し、内容虚偽の文書を配付するなどして原告の名誉権、信用を侵害し、原告の営業を妨害したとして、原告が、被告らに対し、民法719条1項に基づく損害賠償と、不正競争防止法3条に基づく虚偽告知等の差止めを求めた事案につき、原告の差止請求と損害賠償請求の一部が認められた事例。
上告を棄却
は,不正競争防止法2条1項1号又は2号所定の不正競争に該当し,又は上告人の... 不正競争防止法1条は,同法の目的が,事業者間の公正な競争及びこれに関する...された旧不正競争防止法(平成5年法律第47号による改正前のもの)は,ヘーグ
判示要旨:1 不正競争防止法2条1項1号、2号にいう「営業」と宗教法人の宗教活動 2 宗教法人の名称を冒用されない権利に基づく侵害行為の差止請求の可否 3 宗教法人Yによる「天理教豊文教会」との名称の使用が宗教法人Xの「天理教」との名称を冒用されない権利を違法に侵害するものとはいえないとされた事例
破棄
品(以下「本件製品」という。)の販売又は輸出をする行為は不正競争防止法2条...件製品の販売又は輸出について不正競争防止法に基づく差止請求権を有しないこと... そして,不正競争防止法は,他人の商品等表示として需要者の間に広く認識され
判示要旨:不正競争防止法3条1項に基づく不正競争による侵害の差止めを求める訴え及び差止請求権の不存在確認を求める訴えと民訴法5条9号
破棄
 旧不正競争防止法(平成五年法律第四七号による改正前のもの。以下、これを「旧法」といい、右改正後のものを「新法」という。)一条一項二号に規定する「混
判示要旨:一 不正競争防止法二条一項一号といわゆる広義の混同を生じさせる行為 二 「スナックシャネル」及び「スナックシャレル」の表示の使用が「シャネル」の表示を使用する企業グループに属する企業についていわゆる広義の混同を生じさせる行為に当たるとされた事例
上告を棄却
 不正競争防止法一条一項二号にいう広く認識された他人の営業であることを示す...上告人が上告人表示及び上告人の商号を使用する行為が不正競争防止法一条一項二
判示要旨:第三者の使用により特定の営業主体の営業の表示として広く認識されるに至った表示と不正競争防止法一条一項二号
破棄
 上告人らの第一次請求たる不正競争防止法に基づく請求は、上告人A2の設立し...確定したうえ、不正競争防止法一条一項一号の趣旨に鑑みれば、自己の商品表示が... 自己の商品表示が不正競争防止法一条一項一号にいう周知の商品表示に当たると
判示要旨:一 氏名、商号、商標等自己の商品たることを示す表示が不正競争防止法一条一項一号の周知性を具備すべき時点 二 出願公開後に実用新案登録請求の範囲が補正により減縮された場合における実用新案法一三条の三第一項所定の補償金支払請求と第三者が右補正後の実用新案登録請求の範囲の内容を知ることの要否
上告を棄却
 ある営業表示が不正競争防止法一条一項二号所定の他人の営業表示と類似のもの... 不正競争防止法一条一項一号又は二号所定の他人には、特定の表示に関する商品...ら及び再使用権者のグループは不正競争防止法一条一項一号又は二号所定の他人に
判示要旨:一 商品表示が不正競争防止法一条一項一号にいう類似のものにあたるか否かの判断基準 二 特定の商品表示又は営業表示に関する商品化契約によつて結束しているグループと不正競争防止法一条一項一号又は二号にいう他人 三 同一の表示の商品化事業を営むグループに属するものと誤信させる行為と不正競争防止法一条一項一号又は二号にいう混同を生ぜしめる行為 四 権利の濫用にあたる意匠権の行使と不正競争防止法六条にいう意匠法による権利の行使 五 周知表示の商品化事業に携わる使用許諾者又は使用権者と不正競争防止法一条一項柱書にいう営業上の利益を害されるおそれがある者
上告を棄却
  ある営業表示が不正競争防止法一条一項二号にいう他人の営業表示と類似のも...  不正競争防止法一条一項二号にいう「混同ヲ生ゼシムル行為」は、他人の周知
判示要旨:一 営業表示が不正競争防止法一条一項一号にいう「類似ノモノ」にあたるか否かの判断基準 二 他人の周知の営業表示と同一又は類似のものを使用する者が自己と右他人との間に緊密な営業上の関係が存するものと誤信させる行為と不正競争防止法一条一項二号にいう「混同ヲ生ゼシムル行為」
上告を棄却
 不正競争防止法一条一項一号にいう商品の混同の事実が認められる場合には特段...登録商標と類似する本件標章を上告人らが使用することは不正競争防止法六条にい
判示要旨:一 不正競争防止法一条一項一号にいう商品の混同と同項柱書にいう「営業上ノ利益ヲ害セラルル虞アル者」 二 商標権者による登録商標に類似する標章の使用と不正競争防止法六条
上告を棄却
質的に清酒特級に劣らない優良のものであつても、不正競争防止法五条一号違反の
判示要旨:不正競争防止法五条一号違反の罪を構成するとされた事例
控訴を棄却
て、不正競争防止法第五条第一号に該当するとしたが、右二級清酒の品質や特級清... 所論は、要するに、不正競争防止法第五条第一号は、同条第二号、第三号と異な... <要旨第一>よつて案ずるに、不正競争防止法第五条第一号が、同条第二号、第三
判示要旨:一、 不正競争防止法五条一号の罪と不正の利得を得ようとする目的、意図 二、 注文に応じて清酒を給付する場合と同号の罪の成否 三、 級別の認定を受けていない品質の優良な清酒に清酒特級の表示をする行為と同号の罪の成否
上告を棄却
 所論の主張をもつて、上告人が不正競争防止法二条一項四号の主張をしたものと
判示要旨:不正競争防止法一条一項二号にいう、商号が類似し、営業活動の混同を生ぜしめるおそれがあり、営業上の利益を害せられるおそれがある場合にあたるとされた事例
上告を棄却
 所論は違憲をいうが、その実質は不正競争防止法一条による行為の差止めには、... 不正競争防止法一条による行為差止請求権の行使として、原判決判示のように特
判示要旨:一 不正競争防止法第一条による行為の差止請求と不正競争目的の要否 二 不正競争防止法第一条による行為の差止請求をなしうる事項
控訴を棄却
それの一部と共通していて、誤認混同のおそれが最も大きいから、不正競争防止法...はいわゆるコレクティブ・マークであつて、不正競争防止法一条二号にいわゆる... (4) 不正競争防止法一条二号所定のいわゆる営業混同による不正競争は、現
判示要旨:不正競争防止法第一条第二号にいわゆる「他人」の意義
上告を棄却
 所論は要するに、不正競争防止法は対立競争関係にある企業者間の競争的企業活...それ故被告人の本件行為に不正競争防止法五条二号を適用することは、公共の福祉... しかし、不正競争防止法五条二号にいう「不正ノ競争ノ目的」とは、公序良俗、
判示要旨:一 不正競争防止法第五条第二号と憲法第二二条 二 同号にいう「不正ノ競争ノ目的」の意義 三 同号の罪は反覆継続性を要素とするか
上告を棄却
のであつて、刑訴四〇五条の上告理由に当らない(なお、不正競争防止法一条一号
判示要旨:不正競争防止法第一条第一号にいう「本法施行ノ地域内ニ於テ広ク認識セラルル」の意義。
25 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in