2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61910 
刑事21947民事39963
法律
不当表示防止法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
9 件中 1/1 ぺージ
棄却
て,平成15年10月28日付け「不当景品類及び不当表示防止法第4条第
1 事業者の供給する商品に係る表示が不当景品類及び不当表示防止法(平成26年法律第118号による改正前のもの)4条2項により同条1項1号に規定する実際のものよりも著しく優良であると示す表示等とみなされるとして同法6条に基づいてされた措置命令の取消訴訟の審理の対象 2 事業者がその供給する商品に係る表示の根拠として不当景品類及び不当表示防止法(平成26年法律第118号による改正前のもの)4条2項に基づいて提出した資料が、同項に規定する当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料に該当しないとされた事例
取り消す
不当景品類及び不当表示防止法(以下「景表法」という。)
消費者庁が不当景品類及び不当表示防止法に基づく措置命令に向けた立入検査において任意に提出を受けた文書のうち、民事再生手続における財務状況の調査として特定監査法人が行った質問に対する回答を記載した書面に記録された情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号柱書きの不開示事由に該当しないとされた事例
却下
行った不当景品類及び不当表示防止法6条に基づく措置命令(消表対第2...た不当景品類及び不当表示防止法6条に基づく措置命令(消表対第254号)...ついて,不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という。)4条
不当景品類及び不当表示防止法6条に基づく消費者庁長官の措置命令の効力停止を求める申立てについて、行政事件訴訟法25条2項本文所定の「重大な損害を避けるため緊急の必要があるとき」に当たるとされた事例
棄却
及び不当表示防止法違反事件につき平成19年1月30日付けでした審決...改正前の不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という 。
1 公正取引委員会が輸入業者が輸入した商品を購入し、一般消費者に販売していた衣料品の小売業等を営む事業者に対し、不当景品類及び不当表示防止法(平成17年法律第35号による改正前)4条1項所定の「事業者」に当たるとして排除措置命令を命じた審決の取消請求が、棄却された事例 2 不当景品類及び不当表示防止法(平成17年法律第35号による改正前)4条1項に違反する不当表示行為の成否と不当表示を行った者の故意又は過失の要否
却下
不当表示防止法7条,並びに,農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する...シールを貼付して販売していたことは,不当景品類及び不当表示防止法(以下
和牛以外の国産牛肉商品に和牛と記載したシールを貼付して販売していた業者に対してされた、不当景品類及び不当表示防止法7条並びに農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律19条の14第1項の規定に基づく指示が、行政処分に当たらないとされた事例
棄却
たので、原告らが右認定に対し、不当景品類及び不当表示防止法(昭和三七年法律...不当表示防止法(以下「景品表示法」という。)第一〇条第六項の規定に基づき、
公正取引委員会が不当景品類及び不当表示防止法10条1項に基づいてしたローヤルゼリーの表示に関する公正競争規約の認定(昭和54年公正取引委員会告示第27号)につき、ローヤルゼリーを販売している事業者は、同条2項2号にいう関連事業者に該当するというだけでは、不服申立ての資格を有するとはいえないとした事例
棄却
及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という。)第三条規定に基づく「事業者...たものであるとしても、「不当景品類及び不当表示防止法第二条の規定により景品
1 不当景品類及び不当表示防止法3条に規定する制限すべき景品類の提供に関する事項及び禁止すべき景品類の提供の具体的特定を公正取引委員会の告示に委任したことが、憲法22条1項に違反しないとされた事例 2 時計等の卸売業者が、自己の商品の販売先である小売業者を対象として海外旅行を計画し、その商品である特定種類の時計を一定金額以上買い上げた小売業者について、その海外旅行費用の半額を負担したことが、不当景品類及び不当表示防止法3条の規定に基づく「事業者に対する景品類の提供に関する事項の制限」(昭和42年公正取引委員会告示第17号)1項に規定する「景品類の提供」に当たるとされた事例 3 時計等の卸売業者が、自己の商品の販売先である小売業者を対象として海外旅行を計画し、その商品である特定種類の時計を一定金額以上買い上げた小売業者について、その海外旅行費用の半額を負担したことが、時計卸売業界における取引の慣行にも、右卸売業者の従来の値引きの仕方にも従っておらず、「不当景品類及び不当表示防止法第2条の規定により景品類及び表示を指定する件」(昭和37年公正取引委員会告示第3号)1項ただし書に規定する「正常な商慣習に照らして値引と認められる経済上の利益」に当たらないとされた事例
上告を棄却
 不当景品類及び不当表示防止法(以下「景表法」という。)一〇条一項により公
一 不当景品及び不当表示防止法一〇条六にいう「第一項の規定による公正取引委員会の処分について不服があるもの」の意義 二 不当景品類及び不当表示防止法の規定にいう一般消費者と公正取引委員会による公正競争規約の認定に対する同法一〇条六項に基づく不服申立の利益
棄却
び不当表示防止法(以下景表法という。)一〇条六項の規定により不服を申し立て
一、 不当景品類及び不当表示防止法一〇条六項と民衆争訟 二、 公正競争規約の認定が正当にされなかつたことと右認定に対する一般消費者の不服申立ての許否
9 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in