裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
436
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
206 件中 2/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5
棄却
本件再審請求は,刑訴法436条1項所定の事由の主張がないため不適法である
判示要旨:上告棄却の確定決定に対する再審請求について、刑訴法436条1項所定の再審事由の主張がなく不適法であることが明らかであるとして、刑訴規則285条2項による訴訟手続の停止決定を取り消し、棄却した事例
登録(特許第4362837号)を受けた。以下,この特許を「本件特許」という。...特許庁は,平成23年6月10日,本件訂正を認めた上,「特許第436
棄却
定判決に対するものであるが,刑訴法436条1項所定の事由の主張がなく,法令
判示要旨:控訴棄却の確定判決に対する再審請求が適法な再審事由の主張がなく不適法であることが明らかなときと刑訴規則285条1項による訴訟手続の停止
棄却
延びるラッチ耳435(第10図)が係止されているが,ばね436
棄却
436万8654円...436万8654円...請求しているものと解される。休業損害の額は,上記既払金と同額の436
判示要旨:大阪府警察の警察官が、職務の執行として普通自動二輪車を運転して不審車両を追跡中に反対車線を逆走し、対向して来た普通自動二輪車と正面衝突してその運転者を死亡させた交通事故について、被害者の遺族からの大阪府に対する国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求が一部認容され、警察官個人に対する民法709条に基づく損害賠償請求は棄却された事例。
控訴を棄却
はかなり曖昧であることがうかがわれ(期日外N436ないし446項),
判示要旨:少年院の法務教官である被告人が、少年院在院中の少年に対して行った一連の行為が特別公務員暴行陵虐罪に該当するとした原判決に対して、訴訟手続の法令違反、公訴の不法受理及び事実誤認を理由としてなされた被告人の控訴を棄却した事例
却下
は,現空港で,降り始めの午後4時からの25時間の雨量が436m
判示要旨:国土交通大臣が航空法(平成20年法律第75号による改正前)38条1項に基づいて県に対してした飛行場の設置の許可処分について、同法又は環境影響評価法(同年法律第75号による改正前)の規定に違反する瑕疵があるなどとして、飛行場の敷地の一部に土地を共有する者らがした同処分の取消しを求める請求が、棄却された事例
棄却
436頁参照)の延長,F波(運動神経の閾値上刺激(電気)で活動
却下
436万6950円
判示要旨:1 市が人権教育啓発推進協議会に対し、同推進協議会の職員として採用された地域人権協議会の事務局長であり市同和事業促進協議会の事務局長であった者の給与等を補助金として交付してきたことは公益上の必要性を欠き違法であるなどとして、地方自治法242条2第1項4号に基づき、市長に対し、前記推進協議会及び前記職員に対して不当利得返還請求すること、市長個人に対して損害賠償請求することをそれぞれ求める請求が、いずれも一部認容された事例 2 市が同和会連合会支部にアルバイト職員を派遣しその給与等を支出したことは、公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律(平成18年法律第50号による改正前)2条1項に違反するなどとして、地方自治法242条2第1項4号に基づき、市長に対し、前記連合会支部に対して不当利得返還請求すること、市長個人に対して損害賠償請求することをそれぞれ求める請求が、いずれも認容された事例
435は,ばね436により半径方向外方に付勢されるため,厚い壁部分41
棄却
436万6698円(公的年金等収入額221万1498円と給与収入
控訴を棄却
である。そうすると,被控訴人の収入は,少なく見積もっても436万円(3...を加算した436万円として養育費を算定すべきであると主張する。
無期懲役
判示要旨:犯人性が争われた強盗殺人等被告事件において、複数の間接事実を総合して、被告人が犯人であると認定し、無期懲役が言い渡された事例
724mm ,外寸 436mm × 732mm であった。ペリクルフレームの内寸と外...( 436-418)÷2=9 mm ,短辺幅は( 732-724)÷2=4 mm となる。
棄却
これまでに支出した治療費は436万7055円である。
判示要旨:脳梗塞により痙攣を起こして救急車で搬送された患者について、それまで通院治療をしていた精神科の担当医師には、CT検査の実施や画像の読影依頼など、早期に脳梗塞の診断、治療を受けられるための措置を怠った過失があるとは認められないとして、脳梗塞による障害が残った患者の医療機関に対する損害賠償請求が認められなかった事例
棄却
業者の選定を行うものとされ(査供436,438,439,464から466),...4,436,438,439,466から470)。...地元業者が指名される例もあった(査共367から436,438から441,4
判示要旨:1 建設公社が指名競争入札の方法により発注した土木工事について、ゼネコン業者らが談合を行ったとして課徴金の納付を命じた審決が、適法とされた事例 2 建設公社が指名競争入札の方法により発注した土木工事について談合を行ったとして、最低制限価格をわずかに上回る金額で土木工事を落札した業者に課徴金の納付を命じた審決が適法とされた事例
平成11年から平成14年までが407万5994円から436
棄却
」を「 甲サ64,436 )...者に対しては1436万円(同じく2350万円であった 。 ,10の事業者
判示要旨:市が工事の施工等を委託した建設公社により発注された公共下水道に係る複数の工事について、指名競争入札において談合して特定の建設業者を受注予定者とする受注調整が行われた結果、入札参加者間で公正な競争が確保された場合に形成されたであろう正常な落札価格と比較して不当に高い価格で当該建設業者が落札し、市にその差額相当額の損害を与えたとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、市に代位してした前記各工事を受注した各建設業者らに対する各損害賠償請求が、いずれも一部認容された事例
棄却
ー)が装着された(乙A1・436頁)。
却下
知事に提出しなければならないと定めている(乙A1の436頁)
棄却
からの記録では第1位,7月の平均降水量436.5ミリメートルを
乙8(実開昭49-4108号公報)及び乙9(実願昭47-436
却下
436...T65Dによる推定被曝線量が1グレイ以上である2436人の被爆者グループ,...射線量が1グレイ以上である2436人の被爆者全員,②
判示要旨:原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定申請に対する却下処分が一部違法であるとして取り消された事例
No. 開始時刻25 13時46分 67.626 13時50分 60.127 13時54分 65.128 13時57分 65.229 14時01分 62.530 14時02分 72.431 14時06分 70.732 14時08分 62.033 14時11分 65.534 14時13分 60.835 14時15分 66.436 14時16分 64.937 14時19分 61.038 14時20分 61.339 14時22分 60.741 14時28分 81.2...報1436号1頁参照)
棄却
と債務が増大する傾向が続き 甲436 )
判示要旨:1 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定の取消しを求める訴えにつき、前記起業地内の不動産又は立竹木等について財産上の権利を有しない者の原告適格が、否定された事例 2 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定の取消しを求める訴えにつき、いわゆる環境保護団体の原告適格が否定された事例 3 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定が、土地収用法20条3号の要件に適合しているとされた事例 4 「騒音に係る環境基準について」(昭和46年5月25日閣議決定の旧環境基準及び平成10年環境庁告示第64号の新環境基準)における「道路に面する地域」の意義 5 平成13年法律第103号による改正時の土地収用法の改正附則2条と憲法29条3項及び31条 6 収用委員会が、土地収用法48条4項ただし書に基づき、土地の境界が不明であるとしてしたいわゆる不明裁決が、適法とされた事例
却下
以上である2436人の被爆者グループ,上記グループと年齢及び性を一致さ...推定放射線量が1Gy以上である2436人の被爆者全員,②...-436-
判示要旨:原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(一部の者につき平成11年法律第160号による改正前)11条1項に基づく原爆症認定の各申請に対し、厚生労働大臣(前記一部の者については厚生大臣)がした同申請を却下する旨の各処分は、各申請者の疾病の放射線起因性についての判断を誤り違法であるなどとしてされた前記各処分の取消請求が、いずれも認容された事例
棄却
者の合計人数が約700人であったとされている(乙2・436頁 )
判示要旨:太平洋戦争後期に沖縄の座間味島および渡嘉敷島の各守備隊長であった元軍人が住民に集団自決を命じたという記述及びこれを前提とした意見、論評の記述のある書籍について、元軍人及び遺族が、同書籍を出版し又は執筆した被告らに対し、同記述は虚偽の事実を摘示したものであり、元軍人は名誉、人格的利益を侵害され、遺族は亡元軍人に対する敬愛追慕の情を内容とする人格的利益を侵害されたと主張して、損害賠償及び謝罪広告の掲載を求めた事案において、上記書籍の記述どおりの元軍人の命令を認定することはできないが、同命令があったことを真実と信じるについての相当の理由があったものと認められるなどとして、上記請求が棄却された事例
棄却
41mm(6日午後6時) 339mm 436mm
棄却
63,436,500
判示要旨:コンピューターソフトウェア製品の販売支援業を業とする国内企業が租税特別措置法66条の4第1項の国外関連者との間でした役務提供取引における対価の額が、同条2項所定の独立企業間価格に満たないとして、同条1項により、前記役務提供取引が独立企業間価格により行われたものとみなして計算した所得金額に基づいてされた法人税の増額更正処分及び過少申告加算税賦課決定が、適法とされた事例
棄却
16万4362円...873,004,436 / 845,221,656 = 103.2870
436号公報にも ,...公報(乙23)及び特開平8-152436号公報(乙22)の開示内容(前記(3)イ
棄却
済みまで1日につき436円の割合による金員を支払え。...済みまで1日につき436円の割合による金員を支払え。...損害賠償請求権に基づき1日当たり436円の賃料相当損害金の支払を求めて
判示要旨:賃借人が市有地を暴力団事務所の敷地として利用した行為等が賃貸借上の信頼関係を裏切る不信行為に当たるとして当該敷地の賃貸借契約の解除が認められた事例
公社による下水道等の土木工事の発注(甲サ64,436,439)...札)を採用していた(甲サ436 )...(以上につき,甲サ64,436,439)
判示要旨:市が工事の施工等を委託した建設公社により発注された公共下水道に係る複数の工事について、指名競争入札において談合して特定の建設業者を受注予定者とする受注調整が行われた結果、入札参加者間で公正な競争が確保された場合に形成されたであろう正常な落札価格と比較して不当に高い価格で当該建設業者が落札し、市にその差額相当額の損害を与えたとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、市に代位してした前記各工事を受注した各建設業者らに対する各損害賠償請求が、いずれも一部認容された事例
却下
業利益は約7億円である。グループとしての従業員数等は436名(パ
棄却
同原告の陳述書(甲A436)第7項によれば,同原告が大和都市...2,436,472
判示要旨:財務局長が抵当証券業の規制等に関する法律8条1項に基づいてした抵当証券業者に対する更新登録が、同法6条所定の登録拒否事由の存在を看過してされたものであり、その更新登録拒否に係る権限の不行使が具体的事情の下で著しく不合理であったとして、国が、当該抵当証券業者から上記更新後に抵当証券を新規資金によって購入し、当該抵当証券業者がその後に営業を停止したことによって損害を被った者に対して、国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を負うものとされた事例
棄却
一時帰国旅費の国庫負担(乙総2の2 p435-436,160,179)
懲役4年
判示要旨:詐欺の実行行為否認(排斥)
無期懲役
色の鍔付き帽子を被っていたと認められる(捜査報告書・甲436,押収...が撮影されている(捜査報告書・甲436,押収してあるビデオテープ
判示要旨:大型量販店4店舗に、前後7回にわたって放火し、うち6件は未遂にとどまったが、1件は店舗を全焼させ、さらに、うち3店舗において、火事騒ぎに乗じ商品を窃取した現住建造物等放火、同未遂、窃盗等の各事実について、いずれも間接事実から被告人が犯人であることを認定した上で完全責任能力を認め、被告人に対し無期懲役を言い渡した事案。
却下
育費)」56,436,000千円のうち31,290,742千円を
判示要旨:京都市の住民である原告らが、京都市教育委員会教育長が行った教育実践功績表彰に伴う公金支出が違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、京都市長に対し、当該公金支出に関与した当該職員らに対する損害賠償請求をすることを求めたところ、京都市教育委員会教育長は当該職員にあたらないとして同教育長を相手方とする訴えが却下され、公金支出は違法であるとまではいえないとしてその余の訴えが棄却された事例。
能な多くの種類の細胞株の大量培養を可能にした」(436頁右欄) と記載されてお
代時間で,連続培養可能な多くの種類の細胞株の大量培養を可能にした」(436頁右
ologica 1986,112(1986)p.436-441」。甲7)の各記載から,「一般に,
棄却
いものというべきである(最高裁昭和63年(オ)第436号平成元年3
棄却
被告は,医療費(診療報酬)の自己負担分(未払)が合計436万12...負担分合計436万1210円が未払となっている。...らに対し,436万1210円の債権を有している。
棄却
被控訴人青葉出版は,控訴人X 22に対し,436万0233円及びこれに対...被控訴人文溪堂は,控訴人X 23に対し,273万4436円及びこれに対す...る別紙遅延損害金目録記載の金員(予備的に207万4436円及びこれに対する
206 件中 2/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in