裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
逃走
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
逃走の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
逃走を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役3-5年」に処する。
0
0
1
1030 件中 2/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
懲役3年,執行猶予
アや車体をつかんで被告人の逃走を阻止しようとしていたにもかかわらず,自動車
判示要旨:被告人が、万引きを発見されて逃げようとして、被害者が自動車のドアを開けてドアや車体をつかんでいる状態で、同車を発進させて加速し、同人を振り切って地面に転倒させ、加療2週間を要する傷害を負わせた強盗致傷被告事件において、被告人に懲役3年、執行猶予5年付保護観察を言い渡した事例
懲役8年
自動車で犯行現場から逃走し,...誤信させ,本件キャリーケース等を持ち去って,自動車で犯行現場から逃走し
懲役2年
と話をしたいと言っている同居人を演じて被害者と会い,その際,被害者の逃走を
棄却
び施設については,防諜,逃走防止,朝鮮人との均衡保持,中国人の慣習...事業者側に対しては中国人労働者の逃走はもちろん,事業場内外にお...逃走者があった場合には,直ちに関係方面に捜査手配を行い,発見に
破棄
無視していたことが逃走と評価できるとした原判断に対し,妻が被告人の不貞を疑...なども挙げ,被告人の行動は逃走とは評価できない旨主張する。しかし,本件後に...被害者の意識が回復に至れば,自らの犯行であることが露見すると考え,逃走を図
判示要旨:被告人の犯人性を認めた上で、強盗殺人の訴因について殺人と窃盗の認定にとどめた第1審判決には、居直り態様の強盗殺人の成立を認めなかった点で事実誤認があるとして、第1審判決を破棄して差し戻した事例
告は,被告の逃走中は訴訟提起ができないと思っていたこと,本件事件後の...かったのは被告が本件事件後に逃走を継続していることが原因である。
懲役5年
途中,逃走用車両に付け替えるため,駐車中の自動車2台からナンバープレート...が逃走できる準備をし,首尾よく現場から逃走するなど相応に重要な役割を果た
判示要旨:被告人3名が、共犯者らと共謀して、自動車からナンバープレートを窃取した2件の窃盗と、強盗を実行しようとして民家に侵入し、家人に傷害を負わせた住居侵入、強盗致傷の事件について、運転手役兼見張り役であった被告人甲に懲役5年、指示役であった被告人乙に懲役6年、実行犯への連絡役であった被告人丙に懲役5年をそれぞれ言い渡した事例。
懲役7年
首から腕時計を奪うと,いっせいに逃走した。
無罪
殴られたり蹴られたりして出来たとは考えにくく,逃走時等にどこかにぶつけて受...するのを左肘という部位で防御することは不自然であるという前提で逃走時等にぶ...Bは,被告人が本件倉庫の外に逃走した後,自ら頭(前額部)を本件ハンマーで
判示要旨:頭部をハンマーで殴打し、全治約2週間の傷害を負わせた行為について、正当防衛の成立が認められ、無罪となった事案
懲役11年
り,交通トラブルの相手に警察に通報する旨告げられて逃走中であったことか
判示要旨:被告人が、自動車を酒気帯び運転し、その際、赤色信号を殊更に無視して横断歩道上を歩行中の被害者に自車を衝突させて死亡させた道路交通法違反、危険運転致死の事案について、赤色信号を「殊更に無視」したという点が争われたが、現場の信号が赤色表示になったタイミングや走行状況等を根拠に赤色信号を「殊更に無視」したと認定し、危険運転致死罪の成立を認めて懲役11年を言い渡した事例(裁判員裁判)
懲役10年
ホールに行った際, Cが被害者の逃走を阻止しようとしているのを知り, C
棄却
え,逃走し,刑事施設の職員の職務の執行を妨げ,その他刑事施設の規...他害行為や逃走等を防止するための戒護権を有していることとなる。...しかしながら,本件勾留質問室は,その構造上,逃走防止のための物的
懲役6年
炎が燃え上がっているのを見て,大変なことをしたと思い,そのまま逃走
判示要旨:被告人が、同じ共同住宅の住民への嫌がらせ目的で、自室に火をつけた現住建造物等放火被告事件で、弁護人が心神耗弱を主張したが、その主張を排斥して完全責任能力を認め、被告人に懲役6年を言い渡した事例
棄却
逃走すること。...原告が,本件各公判期日において,逃走,自傷他害及び器物損壊(以下「逃...「被収容者逃走,暴行若クハ自殺ノ
無罪
いて以後,被告人は,Aの下から逃走し,落とした本件携帯電話を取りに戻ってAともみ...2動画の撮影を終了した際に,Aに気付かれたため逃走したという限度では事実が認めら
破棄
えてその所在を把握しておく必要があったところ,万一被告人が逃走を図った場合...閉めさせなかった行為については,被告人の逃走を防止したり,強制採尿令状が発...ったともいえない。この点,検察官は,被告人が逃走を図る可能性があり,その場
懲役10年
でなく,物損事故を起こすや,これらの犯罪の発覚を恐れて,事故現場から逃走して
懲役4年6月
従属的な立場にあった。しかし,その指示によるものとはいえ,移動・逃走手段と
判示要旨:被告人が共犯者3名と共謀して、自動車からナンバープレートを窃取した2件の窃盗及び、強盗を実行しようとして民家に侵入し、その際家人に傷害を負わせた強盗致傷について、被告人に有罪判決(懲役4年6月)を言い渡した事案(裁判員裁判)
無期懲役
あって,被害者らに通報や逃走をする余裕がなかっただけと考えるのが常識
控訴を棄却
必要に迫られており,被害者らの殺害行為に及んだ後に慌てて逃走するので
控訴を棄却
さらに,療養所長は,大正4年頃以降,入所患者の逃走防止等のため...対象とされ,また,逃走し又は逃走しようとしたとか,他人を煽動し
懲役4年
ールの影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的で,事故現場から逃走し
判示要旨:被告人が、アルコールの影響により正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で自動車を運転し、横断歩道上を歩行していた被害者をはねて死亡させるなどした上、現場から逃走して友人方等で過ごすなどし、その間、自宅でアルコールを摂取したとされる過失運転致死アルコール等影響発覚免脱等の事案で、同罪の成否に関し、その運転時のアルコールの影響の発覚免脱目的があったことや、その発覚免脱の実行行為に当たることを争う主張を排斥して、同罪の成立を認定した事例
懲役18年
挙を恐れての逃走と評価でき,②被告人以外の本件ホテルの従業員が本件犯行を行った可能性は認められないという事実関係が同時に存在することについては,被告
判示要旨:被告人を殺人及び窃盗の犯人と認めて有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
控訴を棄却
のまま物色等をせずに逃走した可能性 がないとはいえないし ,その際,比較
無罪
人が再び逃走を試みたため,私は,再度被告人の前に立ち塞がり,その左...もとに残してでも全力で逃走を試みたにもかかわらず,警察官らに追いつか...の手元に残したまま,いきなり全力疾走して逃走を試みたことなどから,
判示要旨:覚せい剤自己使用の事件において、警察官らが被告人に職務質問をした際の状況につき、警察官らの証言は信用できず、被告人供述に依拠せざるを得ないところ、警察官らが、その職務の執行を妨害していない被告人に対し「公妨とるぞ。」などと言って被告人を威迫するとともに、被告人の所持品を占有して返還せず、4時間程度の長時間にわたり被告人を留め置くなどした違法は重大であるとして、上記違法行為の結果得られた被告人の尿の鑑定書及び鑑定人の証言の証拠能力を否定し、他に被告人の自白を補強するに足りる証拠がないとして被告人に無罪を言い渡した事例
取り消す
すと,再審開始決定を取り消したことにより逃走のおそれが高まるなどして
懲役1年8月
捕状が発せられ,逃走中の者であることを知りながら,その逮捕を免れさせる目的...状が発せられ逃走中の者であるXであることを認識していたことは立証されてい...Xについて,殺人事件等の罪を犯した犯人として逮捕状が発せられ,逃走中の
懲役2年
被告人は,本件第1事故を発生させた後,その場から逃走し,その後高速度で
判示要旨:被告人が飲酒の上、自動車を運転し、一方通行道路を逆走して被害者をれき過するなどして、被害者2名にそれぞれ傷害を負わせた危険運転致傷被告事件について、弁護人が、被告人は犯行当時高度の酩酊状態にあり、当時の記憶をなくしていることなどから、被告人には危険運転の故意がなく、また、心神喪失状態にあったとして無罪を主張したが、いずれも排斥し、故意及び完全責任能力を認めた事案
懲役8年
逃走した後,p は,Ⅶ町の岸壁から本件黒色バイクを海中に投棄した。...転して共犯者とともに犯行現場から逃走しており,本件犯行を遂行する上で不可欠
懲役2年
のそのまま逃走しており,無責任な態度を示している上,運転前に飲酒
懲役9年
ってくる」と告げて本件犯行に及び,直ちにCの運転で逃走した。Aは,犯行で得た...て2人で逃走を果たしたのは,...Cの案内で建物内から逃走経路などの下見をし,想定される売上金の搬出ルートをC
判示要旨:①被告人A、B、Cに対する強盗致傷、②被告人A、Cに対する窃盗、③被告人A、Bに対する窃盗の各事案であり、①では共謀内容に、②では共謀の存在に争いがあったが、全ての事件について有罪が認定され、被告人Aに懲役9年、被告人Bに懲役6年、被告人Cに懲役5年が言い渡された事案(裁判員裁判)。
控訴を棄却
取と運転を指示されたこと,E組の幹部であったJと犯行現場や逃走...動はとっておらず,被害者2を放置して逃走していること等も併せて
懲役30年
接近し実行することを指示し,原動機付自転車の隠匿場所や犯行後の逃走経路等...原動機付自転車を急加速させて逃走した...の刃物で突き刺し,逃走した。
懲役8年
だめだ,死ななければ」と考え,現場から逃走しているのであり,一般論とし
判示要旨:殺意をもって、普通乗用自動車を時速約40kmで走行させ、道路端を一列に並んで集団登校していた小学生10人に、その背後から衝突させ、そのうち9人に傷害を負わせた事案。被告人は殺意を否認したが、自動車の走行態様等から殺意を認定した。さらに、弁護人は、被告人が当時持続性妄想性障害に罹患していた等の事情から心神耗弱であった旨の主張をしたが、妄想の影響は限定的であるなどの理由から、完全責任能力を認めた。
棄却
罪証隠滅や逃走のための方策を依頼するなどの不適切な内容の記載がされる
懲役17年
欺を理由に逮捕されてしまうかもしれないなどと恐れ,急加速して逃走を開始し,...詐欺事件での検挙や飲酒運転の発覚等を恐れて逃走し,上記危険な運転行為に及ん...・報告義務を果たさず現場から逃走しており,強い非難に値する。
棄却
において見張りをしていた上記共犯者のうちの一名に対し暴行を加えて逃走
無期懲役
発見されると,被害者を押しのけて逃走するなど他にとりうる手段もあったのに,
懲役4年
に乗車して被告人と共に逃走した。...乗り込むところが見えた。被告人は,その場から逃走しようと,本件レガシ...自らレガシィを発進させて逃走を開始したなどと,自らが窃盗を主導したと
控訴を棄却
わないまま,現場から逃走した(同第3)という事案である。...被害者の安否を確認することなく事故現場に放置して,逃走を
判示要旨:被告人両名がそれぞれ運転する2台の自動車で対面する信号機が赤色を表示している交差点に進入し、先行車両が左方道路から進行してきた被害車両に衝突するなどして、その運転者及び同乗者を死傷(4名死亡)させた事案で、被告人両名がおよそ赤色信号に従わずに高速度で交差点を通過する意思を相通じ、共謀して危険運転行為に及んだこと等を肯認し、危険運転致死傷及び道路交通法違反の罪が成立すると判断してそれぞれ懲役23年に処した原判決について、事実誤認や量刑不当等の主張を排斥し、被告人両名の各控訴を棄却した事例
懲役2年6月
に逃走の意思を固めさせ ,もって罰金以上の刑に当たる罪を犯した者を隠避...判示第3の事実につき,被告人は,自身の言動がAの逃走の決め手になったとは...被告人の行為がAに逃走の意思を固めさせたとはいえず,「隠避」させたとは評価
破棄
るなどして,午後9時34分頃に310号室から逃走したことになるが,こ...引き戸を通り,新館北側の従業員用出入口から出るなどして逃走したと認定...から逃走した可能性を否定することはできない。
判示要旨:ホテル事務所内で支配人が襲われ現金が奪取された強盗殺人(第一審認定・殺人、窃盗)被告事件について、第一審判決が被告人の犯人性の推認の根拠とした間接事実の評価(犯人像等)には一部論理則・経験則に照らして不合理な点があり、また、事件翌日に被告人が入金した被害金と金額・金種が近似する230枚の千円札の入手経路についての被告人供述を虚偽として排斥することもできず、結局、被告人が犯人であることを示す事情は、被告人に犯行の機会があったということしかなく、犯罪の証明が十分ではないとして、第一審判決を事実誤認により破棄し、被告人を無罪とした事例
懲役28年
以上によれば,Aは,自分の判断で,被告人及びBの下から逃走したり,その上
無期懲役
うになり,仙台から山形県内への逃走ルートを確認したり,山形にある...母方の実家に置いてある預貯金から逃走資金を確保したり,逃走の際に
控訴を棄却
見も自らの意思によるものであって,逃走することも可能であった,④Iと死別の...給料を渡さないよう依頼したりした状況がうかがわれ,Iは,逃走資金もなく,か
懲役7年
後述するとおり被告人は本件事故後に逃走していることから,本件事故直...キをかけることなくそのまま逃走し,同町bc丁目x番y号までの約1.8...告人は,被害者の救護や警察への通報等を行わずに逃走するという身勝手で無責任
車を調達した上,犯行後も救護措置を講じることなく逃走し,更には自身の責
判示要旨:運転経験がないのに普通乗用自動車を運転し、被害者運転の自転車との衝突事故を起こし、被害者を死亡させたという未熟運転致死等の事案について、悪質な事案ではあるものの、その目的や犯行に至る経緯からすれば、故意の犯罪行為により人を死亡させた事案の中では反社会性が強いとまでは評価できず、被告人の年齢、非行歴、反省の程度、被告人の負った手続的負担も考慮して保護許容性を認め、保護可能性の存在も明らかであるとして、事件を家庭裁判所に移送する旨決定した事案(裁判員裁判実施事件)
棄却
また,警ら活動に使用するパトカーは,盗難防止,逃走防止等の観点から,チャイ
懲役22年
そして,被告人が本件犯行後に他県へ逃走していることや,被害者遺族を更に精
1030 件中 2/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in