裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62603 
刑事22116民事40487
恐喝
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
恐喝の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
恐喝を犯した場合、 4.9%の確率で無罪、
95.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
26
5
1
30
18
0
592 件中 2/12 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
取り消す
ば足り,恐喝や脅迫の域に至れば,刑事司法手続を利用するほかない。
判示要旨:1 労働基準監督署長が業務災害に関する障害等級の認定のため医師にした照会に対する回答の記載のうち医師の署名印影及び障害残存の理由に係る各情報、並びに医師が労働基準監督署長に提出した意見書の記載のうち残存障害の評価に係る情報等が、いずれも行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律14条7号所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例 2 業務災害に関する障害等級の認定のための資料として労働基準監督署長に提出された書面の記載のうち心理検査の結果についての検査者の意見が、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律14条7号所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例
懲役1年10月
被告人は,(1)平成14年7月9日松山地方裁判所で恐喝罪により懲役1年
判示要旨:覚せい剤取締法違反について、強制採尿に至る一連の捜査過程に重大な違法があり、被告人の尿につき作成された鑑定書が違法収集証拠にあたるとしてその証拠能力が否定され、被告人に対し無罪が言い渡された事例(暴力行為等処罰に関する法律違反、傷害について有罪)。
棄却
いることを世間に明らかにする旨申し向けて同被告を恐喝した。これに対し,...なお,Gは,平成19年6月12日,被告A2に対する上記恐喝未遂事件
判示要旨:不動産業者との間で土地を購入し、併せて同土地上に自宅建物を建築することを請け負わせる契約を締結した後に、同土地に大量の産業廃棄物が埋設されていることが判明したことが同土地の隠れた瑕疵に当たるとして、買主から当該業者に対する損害賠償請求が一部認められた事例
棄却
そこで,原告Aが帰宅後に原告Bに相談すると,原告Bから「恐喝にあ...為は強要罪・脅迫罪・恐喝罪にあたり,刑務所に3年から10年入らなけ...ればならない罪であるなどと説明するとともに,甲中学校へ「恐喝・いじ
却下
た後には恐喝・脅迫行為等が繰り返されて逃れられない状態になって
判示要旨:厚生労働大臣から柔道整復師法4条3号所定の非違行為の存在を理由とする同法8条1項に基づく柔道整復師免許取消処分を受けた柔道整復師がした、前記処分の取消しを求める訴えを本案とする前記処分の効力停止の申立てが、認容された事例
団C幹部であった者であるが,恐喝罪により懲役刑の実刑判決を受け,...,恐喝被告事件の刑事手続が始まるころは...も恐喝といった犯罪行為に及んでいることなどからすれば,一定の
判示要旨:刑務官らが、ベルトを受刑者の腰部に巻き付けて受刑者の両手首と腰部とを固定する戒具である革手錠を刑務所の受刑者数名に対し高緊度で施用するなどし、うち受刑者1名を腸間膜挫裂等に基づく外傷性ショックにより死亡させ、他の受刑者1名に外傷性腸間膜損傷等の傷害を負わせたことなどにつき、国の国家賠償責任が認められた事例
10条 一罪として犯情が重い恐喝利得罪の刑で処断 )...刑法54条1項前段,10条(犯情の重い恐喝利...本件は,被告人が,わずか2か月間に,タクシー運転手に対する恐喝や強盗
判示要旨:裁判員裁判対象事件1件(強盗致傷)及び非対象事件7件(強盗等)につき、区分審理を行った事例(終局判決及び部分判決)
取り消す
張りに立ってもパン売場での恐喝事件が止まないといった状況で...損壊,対教師暴力,恐喝が横行し,常に生徒指導が必要であるとい
懲役5年6月
一緒に起こした恐喝事件では100万円を脅し取ったことを被害者から聞いて...犯した恐喝罪により平成19年4月23日松山地方裁判所今治支部で懲役2年に処
判示要旨:殺意が争われた事例(裁判員裁判対象事件)
却下
務所に呼び付けて30万円を脅し取った恐喝の罪で,平成14年に暴力団員と共に
懲役17年
同年6月22日,甲の未成年の従業員Bから,被害者から15万円を恐喝されてい
懲役5年
確かに,被告人は高校中退後,恐喝事件により家裁で保護観察に付せられる
判示要旨:少年である被告人が、4回にわたり、深夜の住宅街で、通行するなどしていた被害女性を無差別に襲って強姦し、その際、そのうち2名に対して傷害を負わせ、他の2名については、強姦目的で、カッターナイフを突き付けて連れ去って自動車内に監禁し、うち1名に対して更に強盗を行ったという事案に関し、懲役5年以上10年以下の不定期刑に処した事例
懲役17年
女性に対する傷害,恐喝の罪で懲役2年・5年間執行猶予の判決を受けたにもか
判示要旨:被告人が、(1)交際相手の次女(当時3歳)に暴行を加えて死亡させ、その死体を遺棄したという、傷害致死と死体遺棄、(2)交際相手の長女(当時4歳)に対し、暴行を加えた後に殺意をもって放置して死亡させ、その死体を遺棄したという、不作為の殺人(予備的訴因は傷害致死)及び死体遺棄、(3)交際相手に対する暴行で起訴された事案において、(2)交際相手の長女に対する不作為殺人については、医師による医療行為を受けさせたとしても、長女を救命できたというには合理的な疑いが残るなどとして、殺人罪の成立を否定し、予備的訴因である傷害致死罪を認定した事例
ほかならず,脅迫・強要・恐喝に当たる行為といえるから,原告に
無期懲役
覚せい剤取締法違反,恐喝被告事件...覚せい剤の自己使用(判示第2),恐喝(判示第3)からなる事案である。...また,判示第3の恐喝については,被告人が当たり屋であるJに誘われ,同級
判示要旨:共犯者7名と共謀の上、薬物密売人の被害者を刃物で突き刺すなどし、違法薬物及び現金を強奪し、被害者を殺害した強盗殺人(判示第1)、覚せい剤の自己使用(判示第2)、恐喝(判示第3)の各罪に問われた被告人に対し、求刑どおり無期懲役刑を言い渡した事案
無期懲役
被告人は,平成11年3月29日,傷害,恐喝,ぐ犯保護事件でt少年院
判示要旨:被告人が、元同級生1名を出刃包丁で刺して殺害し、さらに交際相手であった元同級生1名の頭部を足で数回踏みつけて重傷を負わせた殺人、殺人未遂等の事案について、殺意及び完全責任能力を認めた上で、被告人を無期懲役に処した事例
無期懲役
学時代の同級生から恐喝行為を受けていた,その同級生は自分の両親に信頼...告人から暴力を受けたり恐喝されたことだと話したのをどうみるかが問題
判示要旨:詐欺につき、被告人が被害者の息子に貸した金の返済と見る余地があるとして無罪が言い渡され、強盗殺人につき、被告人は犯人ではなく、被害者のDNA型と同一のDNA型の血こんが付着していた被告人の革靴は違法収集証拠であり、また、捜査機関の故意又は過失により血こんが付着した可能性がある等の弁護人の主張が排斥され、無期懲役が言い渡された事例
懲役1年6月
BがDに対し,C及びDらがA事件のために拠出した金銭が恐喝されたもので...弁護人は,本件書面は,Bが,自らが恐喝行為をしたと言われないよう...Bは金銭を集めるのに何ら関与していないので,恐喝を心配するというの
判示要旨:弁護人である被告人が、(1)暴力団と共謀の上、自らが弁護人となっていた盗品等有償譲受け事件に関し、同事件の被告人以外の者が真犯人である旨の内容虚偽の書面を作成して、これを同事件を審理中の裁判所に提出したという証拠隠滅の事案、(2)自らが弁護人を務めており、他人の刑事事件の捜査に必要な知識を有する者に対して強談威迫の行為をするとともに、同人の親族の生命、身体等に危害を加えかねない気勢を示して脅迫したという証人等威迫及び脅迫の事案において、各公訴事実を否認する被告人の弁解をいずれも排斥した上、懲役1年6月の実刑判決を言い渡した事例
棄却
事件に関与した旨の文書等により恐喝されたことにつき,警察に被害届を
の敷地所有者に多額の金銭等を要求したとして,恐喝未遂の罪で広島西警
上告を棄却
本件の争点は,恐喝未遂の被害に遭ったという当時18歳の女性(以下...弁明を否定して被告人が一審判決認定の恐喝未遂行為を行ったと認定するには,な...に,その目的を遂げることができなかった,という恐喝未遂の事案であり,一審判
判示要旨:恐喝未遂罪の成否に関する原判決の事実認定の是非等について補足意見、反対意見が付された事例
懲役3年6月
以上前に恐喝未遂罪によって執行猶予の付された懲役刑の前科はあるものの,そ
判示要旨:軽油等の製造工場を経営する被告人が、大阪府知事の承認を受けずに軽油を製造し、さらに1年余りの間に軽油の譲渡等に係る軽油引取税合計11億円余りを免れた事例
懲役1年
は,平成17年に恐喝罪で執行猶予判決(懲役3年・4年間執行猶予)を受けてお
判示要旨:被告人が、病院長に対し、同病院職員の配置転換を要求し、それを決定させた事案につき、(1)被告人が行った行為が強要罪における脅迫とはならない、(2)被告人の行為が法令行為として違法性を阻却する、(3)被告人は「義務なきことを行わしめた」わけではないと主張して争ったが、いずれの主張も排斥された事例。
懲役1年
は,平成17年に恐喝罪で執行猶予判決(懲役3年・4年間執行猶予)を受けてお
判示要旨:被告人が、病院長に対し、同病院職員の配置転換を要求し、それを決定させた事案につき、?被告人が行った行為が強要罪における脅迫とはならない、?被告人の行為が法令行為として違法性を阻却する、?被告人は「義務なきことを行わしめた」わけではないと主張して争ったが、いずれの主張も排斥された事例。
懲役3年6月
加えて,被告人は,平成12年5月に恐喝,監禁 ,傷害の各罪により懲役2年 ,
判示要旨:ホストクラブの従業員に多量の酒を飲ませて死亡させた行為が、傷害致死罪に当たるとして被告人に懲役3年6月を言い渡した事例
棄却
恐喝行為による財産的損害...恐喝行為など行っていないし,...本件当時,振込み,出金作業ばかりしており,被告Jらの恐喝行為を見たこ
判示要旨:いわゆるヤミ金融業者が債権回収に名を借りて行った過酷な取立てが恐喝行為に当たるとされた上、同行為と債務者の自殺との間に相当因果関係が認められた事例
無罪
恐喝未遂...金銭を騙し取ろうとしたことはないなどと供述し,本件恐喝未遂についても,...そもそも恐喝未遂の対象となる債権はなく,被告人Bらと共謀したこともない
判示要旨:タレントとして稼動していた被告人Aが、入手価格と同一の価格で被害者に未公開株式を譲渡するよう装い、購入価格の3倍に相当する株式購入代金及び譲渡手数料として合計3億7000万円を騙し取ったとする詐欺被告事件、被告人A及び俳優として稼動していた被告人Bが、共犯者2名と共謀して、被告人Aが被害者から請求されている合計約4億円の株式代金等の返還請求につき、1000万円を支払うことでその余の請求を放棄させるため、被害者を脅迫したが、被害者が請求を断念せず、未遂に終わったという恐喝未遂被告事件について、詐欺の欺罔行為並びに2項恐喝の前提となる債権、恐喝の共謀及び被告人Bの実行行為を認めるには合理的な疑いが残るとして、被告人両名にいずれも無罪が言い渡された事案
懲役23年
も,もともと被告人には恐喝の犯意しかなく,建築工事現場から本件鉄パイプを持
判示要旨:通行人を鉄パイプで襲って現金等を奪おうと企て、未必的な殺意をもって、その頭部を鉄パイプで殴打するなどしてバッグ等を強取したが、全治の見込みのない後遺症を伴う傷害を負わせたにとどまり、被害者を殺害するに至らなかった事案に対して、懲役23年の判決が言い渡された事例
懲役5年6月
たから,被告人には強盗未遂罪は成立せず,せいぜい恐喝未遂と傷害各罪が成立す
判示要旨:当時の交際相手の女性と共謀の上、地下鉄の男性客に刑事処分を受けさせる目的で、警察官に対して、前記男性客が同女に痴漢をした旨の虚偽の被害申告するなどをした被告人に実刑判決が言い渡された事例
無期懲役
被告人は,(1)平成9年9月16日浦和地方裁判所熊谷支部で強姦,恐喝,強盗の罪...の後犯した暴行,恐喝の罪により平成18年3月13日さいたま地方裁判所で懲役1
判示要旨:約2週間の間に、見知らぬ女性(被害者A)に対するわいせつ略取、監禁、強姦致傷、知人の女性(被害者B)に対する殺人、見知らぬ女性(被害者C)に対する殺人未遂を立て続けに起こすなどした事案において、無期懲役刑が言い渡された事例
懲役14年
万5000円を振り込ませ,もって人を恐喝して財物の交付を受け...を恐喝して財物の交付を受け...Aに対する恐喝事件について
判示要旨:大阪弁護士会所属の弁護士である被害者を6年以上にわたって脅迫するなどして合計3億円余りを脅し取り、他2名の被害者からも合計700万円余りを喝取、詐取した恐喝、詐欺事件について、懲役14年の刑を言い渡した事例
取り消す
ところで,記録によれば,本件当日,本件現場の周辺で,赤色の上衣を着た男1人を含む数人の若者グループによる通行人に対する威迫及び恐喝未遂事件(前兆事...人に対する威迫及び恐喝未遂事件が生起しているのであって,本件送致事実にかか
判示要旨:強盗致傷の非行事実を認定して少年を中等少年院送致とした家庭裁判所の決定が、抗告審で事実誤認を理由に取り消されて差し戻された場合において、検察官の申し出た証拠を取り調べずに、非行なしとして少年を保護処分に付さなかった受差戻審の決定に法令違反はないとされた事例
懲役1年10月
係では押し貸しを恐喝罪と構成しながら,Kの関係では押し貸しを出資法違反と構...恐喝罪を被疑事実として被告人を逮捕・勾留するためにはルーマニア国の承諾等の...も視野に入れてその手続履践を待ったが,被告人は恐喝罪で逮捕・勾留されたもの
判示要旨:ヤミ金融組織から借入れをした被害者が自殺に及んだ事案において、同組織の統括者である被告人に対するいわゆる出資法違反事件につき、実刑を言い渡した事例
懲役2年
本件公訴事実中恐喝の点については,被告人は無罪。...万円を振込入金させて,もって,人を恐喝して財物を交付させた」...恐喝について
懲役22年
人は,被告人ら4名の間では,せいぜい恐喝の限度で共謀が成立したに過ぎ...これを実行していることに照らすと,被告人ら4名の間で脅迫罪ないし恐喝...ら4名の(又は被告人A単独の)行為は,せいぜい恐喝罪に該当するにとど
取り消す
ひったくり,空巣狙い,乱闘,恐喝,傷害事件などの発生,飲食店や風俗
判示要旨:競輪事業の場外車券売場を建設するためにされた道路法32条に基づく道路占有許可申請及び同法(平成19年法律第19号による改正前)24条に基づく道路工事施行承認申請を、不許可及び不承認とした処分が、いずれも違法とされた事例
懲役9年
にわたり,もとの依頼者であったSから巧妙かつ苛烈な恐喝の被害を受けたために...恐喝は,平成8年ころTが被告人らの周辺から姿を消した後も続き,その態様も,...付け入る隙を与え,恐喝を助長したともいえる。さらに ,
判示要旨:大阪弁護士会所属の弁護士である被告人が、顧客からの預り金合計3億7200万円あまりを横領したという業務上横領被告事件につき、被告人が、もとの顧客から、約15年の長きに渡り恐喝の被害を受けたことなどの事情をふまえ、懲役9年が言い渡された事例
棄却
6月11日を目途に何等動きが無い場合や私自身に対して恐喝や拘束
棄却
止処分にとどまった者の中には,①恐喝・覚せい剤取締法違反で懲役3年(執行猶...せられた者,④贈賄で懲役1年6月(執行猶予3年)の刑に処せられた者,⑤恐喝
破棄
以上に加えて,被告人は,凶悪事犯である放火,強盗致傷,恐喝未遂等に
判示要旨:原判決は、金品強取の目的で住居に侵入した後、被害者の頸部を絞めて頸部圧迫に基づく窒息により死亡させた事案に関し、被告人が未必的にも殺意を有していたとは認められず、強盗致死罪の限度で刑事責任を負うのに止まると判断し、その後敢行された被殺者1名の強盗殺人等と併せて無期懲役を言い渡したが、原判決には殺意について事実の誤認があるとして、これを破棄し、死刑を言い渡した事例
懲役10年
強盗致死罪の共謀共同正犯として起訴されたが,恐喝の限度でしか共謀していない...べ,弁護人も,被告人が強盗や強盗致死まで共謀した事実はなく,被告人には恐喝...を成している。また,被告人は,平成18年に恐喝罪で逮捕され,両親に厳しく
判示要旨:強盗致死罪の共謀共同正犯として起訴されたが、恐喝の限度でしか共謀していないと主張した被告人について、強盗の共謀の成立を認めた上、懲役10年の刑を言い渡した事例
棄却
して恐喝,暴力行為等処罰に関する法律違反等を行っている。また,a会...せい剤の密売,賭博,ノミ行為,ゆすり・たかり等の恐喝,みかじめ料
無罪
(1) 本件恐喝未遂被告事件の公訴事実(以下「本件公訴事実」という。)の概要は,...(2) 本件恐喝未遂被告事件は,平成19年2月21日に起訴された。同年4月16日に開かれた第1回公判期日において,被告人は,Cに対し...て脅迫文言を発したことはないと述べ,主任弁護人も被告人の供述に則って無罪を主張した。その後,本件恐喝未遂被告事件は,同年5月8
死刑
恐喝未遂事件を起こしたことを契機に同高校を中途退学し,栃木県内の私立高
判示要旨:架空請求詐欺を行う組織の内紛から、被告人両名を含む多数の構成員が、4名の構成員を監禁の上、凄惨な暴行を加えて死亡させ、死体を山林に埋めた殺人、傷害致死、死体遺棄等の事案につき、(1)被告人両名が実行犯らに3名の殺害を含めた解決策の実現を委ねたことなどを理由に殺害の共謀を認め、(2)3名の殺人と1名の傷害致死の訴因に対し、1名に対する殺意を認めず、2名の殺人と2名の傷害致死を認定し、(3)犯行態様の残虐さや結果の重大性を指摘した上で、グループを統括する首謀者として被害者の殺害に向けて中心的かつ積極的な役割を果たした被告人に死刑を、監禁や暴行を中心的に行い、実行犯らに殺害等の方法による解決を押し付けるなど、その影響力を行使して大きな役割を果たしたが、首謀者ではなく、当初は殺害を主導していなかった被告人に無期懲役を言い渡した事例
控訴を棄却
年余りで再度恐喝未遂事件に及んだことも上記引用に係る原判決記載のとお
判示要旨:中華人民共和国残留邦人の母とともに本邦に上陸し、以後24年間にわたり本邦に居住して生活している中国国籍を有する男性が、出入国管理及び難民認定法(平成16年法律第73号による改正前)49条1項に基づく異議申出をしたのに対し、法務大臣から権限の委任を受けた入国管理局長がした同申出には理由がない旨の裁決は、在留特別許可を認めなかった点で違法であり、同裁決を前提とする入国管理局主任審査官がした退去強制令書の発付処分も違法であるとしてした前記裁決及び発付処分の取消請求が、いずれも棄却された事例
上告を棄却
00万円を喝取し(恐喝),(3)...にも,けん銃様のものを用いて恐喝をするという一連の犯行に及んだ犯情は著しく
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(三重の連続強盗殺人等事件)
棄却
人罪,強盗罪,恐喝罪,傷害罪等の犯罪を犯し再犯のおそれがある者,
棄却
万引きに端を発した恐喝等...原告Aは,被告生徒らから継続的な暴行及び恐喝行為を受けた結果,...ゲームソフト代金を恐喝したとの点は,否認する。被告Dは,原告Aが
判示要旨:原告が、中学の同級生である被告らから、執拗な暴行や嫌がらせ、恐喝行為等のいじめ行為を受け、その結果、多大な精神的苦痛を被り、統合失調症を発症したとして、同被告らに対して、不法行為に基づく損害賠償責任を認めるとともに、うち一部の被告の両親に教育・監督義務違反の不法行為に基づく損害賠償責任を認め、また、学校教員らが上記いじめ行為を早期に発見し、かつ、適切な措置を講じてこれを防止する義務があったにもかかわらず、これを怠り、原告らに精神的苦痛を与えたとして、被告広島市に国家賠償法1条に基づき、被告広島県に同法1条及び3条に基づき損害賠償責任を認めた事例
控訴を棄却
定の職員に関する恐喝未遂の懲戒理由を捏造し,同職員に対する懲戒処分事件...Cの懲戒理由となった事実は恐喝未遂等であって,
判示要旨:監査結果を記載した書留郵便が留置期間経過により監査委員事務局に還付された場合に、遅くとも留置期間満了時点で監査請求人に到達したと認められた事例
懲役1年
使の範囲内にあり違法性が阻却される,また,③被告人両名の間に恐喝の共謀はなかった...及びFが警察に被告人両名の恐喝行為について虚偽の申告をすることによって隠ぺいでき...恐喝されたという虚偽の供述をしてまで免れたいと考えるような重大なものとはいえない
判示要旨:恐喝文言の一部否認、違法性阻却(権利行使)、共謀否認(いずれも排斥)
592 件中 2/12 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in