裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
436
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
206 件中 1/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5
破棄
ければならないとされている(会社法436条1項,会社計算規則121条2項
判示要旨:会計限定監査役は、計算書類及びその附属明細書の監査を行うに当たり、当該計算書類等に表示された情報が会計帳簿の内容に合致していることを確認しさえすれば、常にその任務を尽くしたといえるものではない
棄却
本件許容値について .................................................................................. 436
流切り欠き436a及び係止切り欠き436bを備えた遠位先端434を...流切り欠き436aが隔壁410から出なく,それによって流体の漏れが防
田 村 市 .................................................................. 436...(甲B17,乙B436,437)...H-0436
判示要旨:平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震が引き起こした津波の影響で発生した福島第一原発事故により旧居住地からの避難を余儀なくされるなどした福島県及び隣接県の住人である一審原告ら(提訴時3864人)が、旧居住地の空間線量率を本件事故前の値以下にすること(原状回復請求)及び平穏生活権侵害に基づく慰謝料等を求めた事案について、原状回復請求は却下したものの、一審被告東電に対して原子力損害の賠償に関する法律3条1項に基づく損害賠償責任を認めるとともに、一審被告国に対して国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を認め、一審原告らの主張する損害の一部につき、一審被告らに対し連帯して支払うよう命じた事例
27,436,450,564,597であり,比較例について,31
1億2466万8436円...(1億2466万8436円+1200万円)×0.08=1093...発光管から放出されている405nmおよび436nmの水銀輝線出
棄却
その際の治療費として436
取り消す
も遅いものをいう(同法2条24号,439条,436条2項)。
棄却
だし,既に譲渡済みの信者名義の不動産と債権,送付済みの現金436
却下
97,436,556~559)。
判示要旨:四国電力伊方原発3号機(以下「伊方原発」という。)のおよそ100㎞圏内に居住する住民4名が、四国電力に対し、伊方原発の安全性に欠けるところがあるとして、人格権に基づき、伊方原発の運転差止めを命じる仮処分を申し立てたところ、原審がこれを却下し、その抗告審において、原決定が、火山事象の影響による危険性について、抗告人ら(住民ら)の生命身体に対する具体的危険の存在が事実上推定されるとして、平成30年9月30日まで伊方原発の運転の差止めを認めたのに対し、火山事象の影響による危険性の評価についても、新規制基準に不合理な点はなく、伊方原発が新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断に不合理な点がないこと又は住民らの生命身体に対する具体的危険の不存在が疎明されているとして原決定を取り消した事例
屋外作業(屋根作業を含む。)に関する予見可能性 .......... 436...した(甲A1453,甲A1436の34~37)。...1436の34~37,甲A1453),平成2年の「アスベスト規
棄却
平成27年(行ウ)第436号
判示要旨:自動車運送事業を設置する市の市バスの営業所において、企業職員の遅刻を有給休暇に振り替える等の取扱いが行われてきたことが、違法であったということはできないとされた事例
棄却
行目,同頁8行目,436頁26行目の「 同原告」及び427頁16行目の「原
却下
(乙436)
判示要旨:四国電力伊方原発3号機(以下「伊方原発」という。)のおよそ100km圏内に居住する住民4名が、四国電力に対し、伊方原発の安全性に欠けるところがあるとして、人格権に基づき、伊方原発の運転差止めを命じる仮処分を申し立てた事案について、火山事象の影響による危険性に関する、伊方原発が新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は不合理であり、抗告人ら(住民ら)の生命身体に対する具体的な危険の存在が事実上推定されるとして、原決定を変更し、平成30年9月30日まで伊方原発の運転の差止めを認めた事例
上告を棄却
第436号平成元年3月8日大法廷判決・民集43巻2号89頁参照)。情報摂取
判示要旨:1 放送法64条1項は、受信設備設置者に対し受信契約の締結を強制する旨を定めた規定であり、日本放送協会からの受信契約の申込みに対して受信設備設置者が承諾をしない場合には、その者に対して承諾の意思表示を命ずる判決の確定によって受信契約が成立する 2 放送法64条1項は、同法に定められた日本放送協会の目的にかなう適正・公平な受信料徴収のために必要な内容の受信契約の締結を強制する旨を定めたものとして、憲法13条、21条、29条に違反しない 3 受信契約の申込みに対する承諾の意思表示を命ずる判決の確定により受信契約が成立した場合、同契約に基づき、受信設備の設置の月以降の分の受信料債権が発生する 4 受信契約に基づき発生する受信設備の設置の月以降の分の受信料債権の消滅時効は、受信契約成立時から進行する
棄却
年1月当時,約1000名の正社員のうち,SM職の従業員は436名
棄却
436μSv毎時の放射線量が計測され,同年5月から同年10月頃に
却下
-2-236,23-2-310及び23-2-436の「㉒違反事項及び是
判示要旨:1 処分行政庁が情報公開法に基づく行政文書の開示請求に対する一部不開示決定(本件旧決定)を取り消して、改めて一部不開示決定(本件新決定)をした場合における本件旧決定の不開示部分取消訴訟の訴えの利益の有無 2 大阪労働局需給調整指導官作成に係る事業所への指導監督記録及び同事業所作成に係る是正報告書等に記載された情報の情報公開法5条1号、2号イ及び6号イ所定の不開示情報該当性の有無
電子ファイル形式及び紙媒体形式によって一般に対して販売しており(甲436~...出するレポート〔甲436~438〕についても,原告は,飽くまで「個性診断」...17,436~438)。前記サイトのうち,前者には,「個性心理學研究所Ⓡ公式
,甲7(米国特許第5,436,401号明細書)を示して【0
棄却
用248人を含む436人もの大量の新規採用をし,新規採用を抑制し
却下
の増加(ア④)について .................................................................. 436
棄却
家族番号26(原告番号72)について……………436頁
却下
平成28年(行ク)第436号
判示要旨:精神保健指定医に対する指定取消処分の執行停止の申立てにつき、行政事件訴訟法25条2項所定の「重大な損害を避けるため緊急の必要」があると認められた事例
棄却
経て組み立てるものであり,1台当たりの所要時間は合計約436分であ
棄却
3,436,000円/㎡
判示要旨:第一種市街地再開発事業の完成の期待と都市再開発法80条1項にいう「相当の価額」
品の廃棄を求めるとともに,不法行為に基づく損害賠償として436万700
却下
胃がんとの重複が比較的多いことが知られている (乙Dイ4・436
判示要旨:原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項の規定による原爆症認定の各申請を却下する旨の処分の全部又は一部が違法であるとして取り消された事例
棄却
めたものでないことは,当裁判所の判例(昭和63年(オ)第436号平成元年3
判示要旨:刑事確定訴訟記録法4条1項ただし書、刑訴法53条1項ただし書にいう「検察庁の事務に支障のあるとき」と関連する他の事件の捜査や公判に不当な影響を及ぼすおそれがある場合
控訴を棄却
l,血糖436mg/dl,PT%28.7%であり,また,頭部CT検
判示要旨:オセルタミビルリン酸塩(タミフル)の副作用を理由とする独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく医療手当に係る未支給の救済給付並びに遺族一時金及び葬祭料の給付の各請求に対する不支給決定が、適法とされた事例
棄却
平成22年度中に厚労省に新規採用されたのは436名であり,
5万5436円は,原告の本件独占的利用権を侵害する著作物の利用許...Aⅱにその20%を配分したとしても,その80%である436万43...松文館に対する利用許諾により,少なくとも436万4349円の損害
販売することにより得べかりし利益の額は,1台当たり436万8056...円,合計4368万0560円である。
棄却
K)1036IU/l,血糖436mg/dl,PT%28.7%,C...436mg/dl(基準値...1036IU/l,血糖436mg/dl,PT%28.7%であり(認
判示要旨:オセルタミビルリン酸塩(タミフル)の副作用を理由とする独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく医療手当に係る未支給の救済給付並びに遺族一時金及び葬祭料の給付の各請求に対する不支給決定が、適法とされた事例
取り消す
436,467 台(92.2%)
判示要旨:自動車の製造及び販売を主たる事業とする内国法人である原告が、その間接子会社である外国法人であり、ブラジル連邦共和国アマゾナス州に設置されたマナウス自由貿易地域(マナウスフリーゾーン)で自動二輪車の製造及び販売事業を行っている国外関連者との間で、自動二輪車の部品等の販売及び技術支援の役務提供を内容とする国外関連取引を行ったことにより支払を受けた対価の額につき、残余利益分割法を適用してした独立企業間価格の算定が違法であるとされた事例
幅は436mm,620mmのものがあることが認められる。
控訴を棄却
するものであり(会社法436条2項1号)
判示要旨:出向中の社員が出向先の会社に損害を与えた場合出向元が補償するとした契約が有効であるとして、出向中の社員の横領行為によって出向先の被った損害について出向元の損害賠償責任を認め、また、出向先にも会計監査上の過失があるとして損害の5割を過失相殺するのが相当であるとした事例。
棄却
った340例(のべ436名)のうち,胸膜肥厚斑(石綿を吸うことによ
第2留保手段430と,第2特別図柄留保数表示制御手段436と,特別遊技状態...第2特別図柄留保数表示制御手段436は,第2特別図柄表示器102において...第2特別図柄留保数表示制御手段436は第2留保手段430によって留保され
出 願 番 号 特願2010-43641...に436億円の売上を計上しており,平成23年に入ってからも,同額ない...3%に相当する実施料相当額である5億6620万円(計算式:436億円
4について)及び436万8056円(原告製品5及び6について)で...被告製品3の競合品である原告製品5及び6の平均限界利益は436万8...スは原告製品5及び6を同一数量販売して,1台当たり436万8056円,
原告は,被告に対し,436万0812円及びうち420万円に対する平
3年(オ)第436号平成元年3月8日大法廷判決・民集43巻2号89頁
判示要旨:1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号(国の安全等に関する情報)及び同条4号(公共安全秩序維持情報)該当性の審査方法と主張立証責任 2 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、文化財問題、法的地位問題、請求権問題等について行った韓国側との交渉の様子やその評価、政府部内での検討の様子、日本政府の具体的見解等の情報が、①同文書の開示部分に記録されている情報と同一の内容のもの又は同一と評価し得るもの、②日韓会談において両国間で授受された文書に記録されているもの、③当時の官公庁において一般国民に公開することも予定していて一般的又は網羅的に調査するなどして得た情報であって現在において一般に入手可能なもの等に記録されているもの、④専ら当時の財政事情、経済情勢又は貨幣価値等に基づく検討内容又は計算金額等に係るもの、⑤日本に所在する朝鮮半島に由来する文化財に関する客観的事実等に係るもの、⑥韓国側開示文書によって既に公にされている情報と同一の内容のもの等であると認められる場合には、外務大臣の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用があると認められるが、その余のものについてはいずれも原則として、一般的類型的にみて、今後想定される北朝鮮との日朝国交正常化交渉等において交渉上不利益を被るおそれがあるとして、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとした事例 3 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、日韓会談及びその準備段階の政府部内における議論の内容やそれに対する評価、政府部内での検討の様子等の内部機密情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとされた事例 4 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①竹島問題に関する日本側の提案、見解、対処方針であって、日本側が韓国側に文書で提示したもの又は日韓両政府間で現に行われた交渉時に発言されたもの(ただし、原則として非公開約束があるものを除く。)、②竹島問題に関して韓国側から提示された提案、見解等(ただし、原則として非公開原則があるものを除く。)、③竹島問題に関する第三国の見解等が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たらないとされた事例 5 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①韓国要人一行等が訪日する際の警備計画に関するもの、②特定の場所における警備態勢及び警備対策に係る政府内部での具体的な検討状況、③海上保安庁の韓国周辺水域での警備体制についての検討状況、④日本政府が情報収集に至った経緯、犯罪容疑者に対する捜査に関する情報収集の方法や操作手法自体等の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 6 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、一般に公表されていない国の機関の連絡先に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号の不開示情報に当たるとされた事例 7 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、竹島を含む水域の警備等に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 8 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、昭和天皇と韓国政府高官とのやりとりが記載されている情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号イに当たり同号の不開示情報に当たらず、また同条3号の不開示情報にも当たらないとされた事例
取り消す
16年分110万2100円,平成17年分436万3700円,平成18年
判示要旨:シンガポール共和国において設立された外国法人の株式を保有する者に対し、前記法人が租税特別措置法(平成17年法律第21号による改正前又は平成18年法律第10号による改正前)40条の4第1項の特定外国子会社等に当たるとして、前記法人の課税対象留保金額を前記保有者の総収入金額の額に算入してされた、所得税の更正処分のうち確定申告額を超える部分及び過少申告加算税の賦課決定処分が、いずれも違法とされた事例
棄却
~29歳の男子労働者の平均賃金436万8500円を日額で算出した
9,437,438,439,440,436,424,412,404,403,...には1本,413と429の間(図8での実測値26mm)には6本,436と4.../417~420/421~424/425~428/429~432/433~436/4
206 件中 1/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in