裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62723 
刑事22135民事40588
337
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
288 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6
除 染 の 状 況 .................................................................. 337
判示要旨:平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震が引き起こした津波の影響で発生した福島第一原発事故により旧居住地からの避難を余儀なくされるなどした福島県及び隣接県の住人である一審原告ら(提訴時3864人)が、旧居住地の空間線量率を本件事故前の値以下にすること(原状回復請求)及び平穏生活権侵害に基づく慰謝料等を求めた事案について、原状回復請求は却下したものの、一審被告東電に対して原子力損害の賠償に関する法律3条1項に基づく損害賠償責任を認めるとともに、一審被告国に対して国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を認め、一審原告らの主張する損害の一部につき、一審被告らに対し連帯して支払うよう命じた事例
品の特徴(左右7個ずつの貫通孔)を備える商品「YS-CL337」
角度の正方向としたときに,右下方337.5°右下方292.5°,左...右下方337.
(Science, Aug 2012, Vol.337, p.816-821。甲2の
(Science, Aug 2012, Vol.337, p.816-821。甲2の1)及び
棄却
理師に係る賃金センサスを基準とすると,その年収は337万0500
被告は,原告に対し,337万2400円及びこれに対する平成...307万2400円に弁護士費用30万円を加えた額である337万240...求める部分,及び本件商標権侵害の不法行為に基づく損害賠償として,337
棄却
づく既払賃金との差額)合計337万4800円及び別紙別表2中「差額」
控訴を棄却
337万5000円...9(製造期間修正)×0.9(喫煙歴による減額)=337万5000円
棄却
相当額337万4000円及び慰謝料300万円並びにこれらに対する不法行為
ら平成30年12月18日までに7万3376回であり,1回の再生で複...337号同62年6月26日第二小法廷判決・集民151号147頁)
棄却
337万2000円...(計算式)3000円/日×1124日=337万2000円
棄却
控訴人らそれぞれにつき,損害賠償金337万4080円のうち500
棄却
れたと述べていた。(甲26・337頁,339頁)
判示要旨:被告が管理する病院に勤務していた事務職員が、長時間労働等によりうつ病を発症し、自殺したものとして、同人の両親である原告らが、被告に対し、安全配慮義務違反による損害賠償請求をした事案につき、被告の安全配慮義務違反の態様、当該事務職員の自殺に至る経緯等から当該事務職員の過失による賠償額の減額を認めなかった事例
精神薬理学雑誌14巻337~354頁(平成6年発行。甲3)
棄却
14,337,000...14,337,000...14,337,000
棄却
るなどしていた。(甲10の1・2,337,乙イ2の61,7の9,
1月当たり平均約337万円であって,直近の売上が減少しているところ,
棄却
-Jones の報告(乙A337)...2~53頁,甲A139の1-51~54頁,乙A337,証人A(反訳
破棄
あった(刑事訴訟法337条)のに,原審裁判所が,被告人Aに対し,暴...更に判決することとし,同法404条,337条4号を適用して,被告人
取り消す
年 10 月 13 日発行の米国特許第 5,821,337 号)
控訴を棄却
れない(原審N267,337丁)。被告人について,当然に違法性の意識があっ
却下
36)及び前野(2014)(乙337)も,VEI7クラスの破
判示要旨:四国電力伊方原発3号機(以下「伊方原発」という。)のおよそ100㎞圏内に居住する住民4名が、四国電力に対し、伊方原発の安全性に欠けるところがあるとして、人格権に基づき、伊方原発の運転差止めを命じる仮処分を申し立てたところ、原審がこれを却下し、その抗告審において、原決定が、火山事象の影響による危険性について、抗告人ら(住民ら)の生命身体に対する具体的危険の存在が事実上推定されるとして、平成30年9月30日まで伊方原発の運転の差止めを認めたのに対し、火山事象の影響による危険性の評価についても、新規制基準に不合理な点はなく、伊方原発が新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断に不合理な点がないこと又は住民らの生命身体に対する具体的危険の不存在が疎明されているとして原決定を取り消した事例
(ウ) BoneKEy-Osteovision, 2007 December, 4(12), 337-341(甲2)の発
却下
(a) 被告は,原告に対し,337万4800円及び別紙別表2中「差...額。〕と本件契約社員契約に基づく既払賃金との差額。)合計337万4
石綿の使用を前提とした規制権限等不行使の違法性 ................ 337...防じんマスクの着用義務付け .................................. 337...石綿切断等作業 ............................................. 337
被告は,旧HPコンテンツ 337 文字を被告作品集1頁分に使用し,総...前者を用いた場合の使用料は,4,000 円(=2,000 円×(337 字÷200...前者を用いた場合の使用料は,4,000 円(=2,000 円×(337 字÷200
却下
そこで検討すると,証拠(乙21〔282頁〕,92,109〔337頁〕)
棄却
議資料335~337,349~352頁),本件聴聞通知書の記
棄却
者健康手帳の申請書(乙C5の2・337頁)には,被爆地が吉島町(爆心
判示要旨:被爆者援護法11条1項の規定による原爆症認定申請を却下する旨の処分に対して、その取消しと国家賠償を求めた事案であり、争点は、①原爆症認定における放射線起因性の判断基準、②原爆症認定要件該当性、③本件各却下処分についての国家賠償責任であるところ、争点①について、当該被爆者の放射線への被曝の程度と、統計学的・疫学的知見等に基づく申請疾病等と放射線被曝との関連性の有無及び程度とを中心的な考慮要素としつつ、これに当該疾病等の具体的症状やその症状の推移、その他疾病に係る病歴、当該疾病等に係る他の原因の有無及び程度等を総合的に考慮して、原子爆弾の放射線への被曝の事実が当該申請に係る疾病若しくは負傷又は治癒能力の低下を招来した関係を是認し得る高度の蓋然性が認められるか否かを経験則に照らして判断するのが相当であると判示し、争点②について、控訴人X1は、放射線被曝の影響との関係を、通常人が疑いを差し挟まない程度に真実性の確信を持ち得る程度の高度の蓋然性があると認めることは困難であるため、白内障の放射線起因性が認められないとし、控訴人X2は、放射線の影響によって発症した面があるとする合理性、高度の蓋然性があるため、白内障の放射線起因性が認められ、控訴人X2に対する医師による定期的な経過観察は、白内障の治療のためには、悪化の状況に応じて的確に積極的な治療行為を行うために必要不可欠な行為であり、要医療性があると認められると判示し、争点③について、控訴人X1の却下処分は、原爆症の認定要件の判断に誤りはなく、国家賠償法1条における違法とも認められない、控訴人X2の却下処分は、放射線起因性に対する判断を誤ってされた違法なものであるが、同処分は、厚生労働大臣が疾病・障害認定審査会の意見を聴いた上で、その意見に従ってされたものであり、その意見が関係資料に照らして明らかに誤りであるなど、答申された意見を尊重すべきではない特段の事情が存在したとは認めるに足りる証拠はないから、国家賠償法1条における違法とは認められないと判示した。
棄却
行目,337頁11行目,同頁19行目,338頁15行目,同頁19行目,...目,337頁26行目,338頁22行目,339頁7行目の「原告B1本
棄却
によるAの財産の支出を2754万3375円の限度で違法と認め,Fに損...(予備的に4754万3375円又は2754万3375円)...得合計1500万円を控除した4754万3375円が損害である。
棄却
項に基づき,原告らそれぞれにつき,損害賠償金337万4080円のうち500
却下
-337-...・前野(2014):「カルデラとは何か:鬼界大噴火を例に」前野深, 科学, 84, 00580063, 2014.(乙337)
判示要旨:四国電力伊方原発3号機(以下「伊方原発」という。)のおよそ100km圏内に居住する住民4名が、四国電力に対し、伊方原発の安全性に欠けるところがあるとして、人格権に基づき、伊方原発の運転差止めを命じる仮処分を申し立てた事案について、火山事象の影響による危険性に関する、伊方原発が新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は不合理であり、抗告人ら(住民ら)の生命身体に対する具体的な危険の存在が事実上推定されるとして、原決定を変更し、平成30年9月30日まで伊方原発の運転の差止めを認めた事例
337号公報)の【0021】には,「これらポリアミドイミド樹脂は,環
却下
(乙C3の1・337頁)
判示要旨:被爆者援護法11条1項の規定による認定申請に対する厚生労働大臣による却下処分は違法であるとして、原告らが処分の取消しを求めるとともに国家賠償法1条1項に基づく慰謝料を請求した事案について、一部の原告らに対し、原処分が撤回され新たに認定処分がされたことにより法律上の利益がないものとして取消しを求めた部分を却下し、その余の原告らにつき申請疾病に放射線起因性はいずれも認められず、被告の国家賠償法上の違法性も認められないとして、原告らのその余の請求を棄却した事例
棄却
原決定は,本件再審請求が刑事訴訟法337条に定められた免訴事由以外の事情...刑事訴訟法337条は,免訴を言い渡すべき場合として,①確定判決を経た...したがって,刑事訴訟法337条は,請求人らが主張する「正義の観点からして,
が0.15未満,(002)面の面間隔が0.337ナノメートル以
却下
mSv/y相当)が計測されたが,3月16日には0.337μSv/h
棄却
原告らの損害額は,それぞれ合計337万2480円となるところ,原
288 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in