裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62723 
刑事22135民事40588
155
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
918 件中 1/19 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
乙130,138,140,142,145,148,149,153,155,
却下
(乙155から157まで,弁論の全趣旨)...そこで検討すると,証拠(乙87,155)によれば,次の事実が認...地震に関する基本的知見等(乙147,155)
判示要旨:原子力規制委員会がした発電用原子炉の設置変更許可が違法であるとされた事例
許法155条2項が保護しようとしている被請求人の利益,
許法155条2項が保護しようとしている被請求人の利益,
許法155条2項が保護しようとしている被請求人の利益,
棄却
155万0568円
判示要旨:被告国が、くろまぐろの小型魚につき、平成29年7月1日から平成30年6月30日までの期間(第3管理期間)における北海道の沿岸漁業での漁獲可能な数量を「111.81トン」としていたところ、実際にはこれを大幅に超過する漁獲がされてしまったため、当該超過分を差し引き、同年7月1日から平成31年3月31日までの期間(第4管理期間)における北海道の沿岸漁業での漁獲可能な数量をわずか「8.3トン」としたことについて、北海道内の漁業者である原告らが、被告国及び被告北海道は漁業者への法的措置を講じず、漫然と漁業者の自主管理に委ねた結果、第3管理期間において上限を大幅に超過する漁獲を招き、もって第4管理期間以降のくろまぐろ漁が事実上できなくなったなどと主張して、被告国及び被告北海道に対し、国家賠償法1条1項に基づき、損害賠償を請求した事案につき、①被告国について、法令に基づく法的措置の行使については、被告国(農林水産大臣)の広範な裁量に委ねられているところ、原告らの主張する時点において法令に基づく法的措置を行わなかったことが、著しく不合理なものであったとはいえない、②被告北海道について、法令に基づく法的措置の行使については、被告北海道(都道府県知事)の広範な裁量に委ねられているところ、法令に基づく法的措置を行わなかったことが、著しく不合理なものであったとはいえないとして、原告らの請求がいずれも棄却された事例
上告を棄却
平成26年(行ツ)第155号,第156号同年11月26日大法廷判決・民集6
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法14条1項等に違反するに至っていたということはできない。
上告を棄却
平成26年(行ツ)第155号,第156号同年11月26日大法廷判決・民集6
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない。
ニチンに代謝(変換)された場合には,発酵物1g当たり155mgのオルニチン...された値である155mgの約5%未満である8mg未満にまで減少するとは当業
本件事故以前,原子力基本法(平成16年法律第155号によ...180,同T-2435,同T-0155,同T-1072,...訴している一審原告らのうち,一審原告T-1553,同T-
判示要旨:平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震が引き起こした津波の影響で発生した福島第一原発事故により旧居住地からの避難を余儀なくされるなどした福島県及び隣接県の住人である一審原告ら(提訴時3864人)が、旧居住地の空間線量率を本件事故前の値以下にすること(原状回復請求)及び平穏生活権侵害に基づく慰謝料等を求めた事案について、原状回復請求は却下したものの、一審被告東電に対して原子力損害の賠償に関する法律3条1項に基づく損害賠償責任を認めるとともに、一審被告国に対して国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を認め、一審原告らの主張する損害の一部につき、一審被告らに対し連帯して支払うよう命じた事例
被告は,原告に対し,3億8122万2226円並びにうち155万
(2017年7月発行)(甲40の155)に「実際にはき比べ!この
懲役17年
(床面からの高さ約155センチメートルの位置)
棄却
しないことを求めた(乙154,155)。
判示要旨:中央卸売市場の移転先用地を取得するため複数筆の土地を正常価格の目安となる価格の約1.37倍から約1.41倍の価格で買い取る各売買契約を締結した都の財務局長の判断が裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用するものとして違法であるとはいえないとされた事例
棄却
地震動予測地図(乙B103,155,156の1~3)
棄却
最高裁昭和42年7月18日第三小法廷判決・民集21巻6号155
棄却
最高裁昭和42年7月18日第三小法廷判決・民集21巻6号155
棄却
最高裁昭和42年7月18日第三小法廷判決・民集21巻6号155
棄却
161条1項)や有印公文書偽造・同行使(同法155条1項,15
却下
集民事209号155頁)は,弁護士に対する日本弁護士連合会による戒告...裁判集民事209号155頁参照)。
シートを,155℃に加熱後,縦方向に5倍延伸して5倍延伸シートを得,/MI...シートを,155℃に加熱後,縦方向に5倍延伸して5倍延伸シートを得,/MI...いで,この積層フィルムを約155℃まで再加熱した後,横方向に7倍延伸し,次
上記ハンドルの中心線と上記軸線とのなす角が90°~155°であるこ...上記ハンドルの中心線と上記軸線とのなす角が155°よりも大きい場合
棄却
(甲A155)のとおりである。...画漁業権の対象となっている各区域は,別紙9(甲A155)及び別紙12
棄却
(甲A155)のとおりである。...画漁業権の対象となっている各区域は,別紙9(甲A155)及び別紙12
しかし,乙194文献の段落【0155】には,...【0155】ラッチアーム204及びラッチ凹部は,プラグ200が開口から意図...一審被告は,乙194文献の段落【0155】の「ラッチアーム2
棄却
年政令第155号。以下「番号利用法施行令」という。
開平11-155612号公報(以下「引用文献」という。甲1)に記載さ...μm~300μm,140μm~275μm,又は155μm~250μ
棄却
売上金額が38億8714万1138円以上,155億4856万...売上金額が38億8714万1138円以上155億4856万4
取り消す
原決定155頁7行目の「考えた」の次に「(乙13[6-3-64~...原決定155頁12行目の「判断した」の次に「(乙13[6-3-7...原決定155頁12行目末尾に行を改めて次のとおり加える。
4,155)など,審査官において適切な調査を行っていれば,トット...その分類は容易ではない(甲154,155,乙74の46頁以下)。
棄却
高裁平成26年(行ツ)第155号,第156号同年11月26日大法廷
155と径方向に並んで示される。しかしながら,第1の実施形態とは対照的に,...上面152は,最上リング溝123の平坦な最下面155と径方向に並んで示され
棄却
最高裁平成26年(行ツ)第155号,第156号同年11月26日大法
棄却
大法廷判決」という。)及び最高裁平成26年(行ツ)第155号,第15
棄却
最高裁平成26年(行ツ)第155号外同年11月26日大法廷
判示要旨:令和元年7月21日に施行された参議院議員通常選挙当時における選挙区選出議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法14条1項等に違反するに至っていたということはできないとして、選挙無効請求が棄却された事例。
棄却
集66巻10号3357頁及び最高裁平成26年(行ツ)第155号,第1
棄却
高裁平成26年(行ツ)第155号,第156号同年11月26日大法廷判
棄却
)及び最高裁平成26年(行ツ)第155号,第156号同年1
棄却
平成25年選挙につき,最高裁平成26年(行ツ)第155号,第15
判示要旨:令和元年7月21日に行われた参議院議員通常選挙(本件選挙)について、北海道選挙区の選挙人である原告が、公職選挙法が定める参議院(選挙区選出)の議員定数配分規定は、人口比例に基づいて定数配分しておらず、憲法に違反して無効であり、これに基づく本件選挙の北海道選挙区における選挙も無効であると主張したが、違憲状態であるが憲法違反とは認められないとして、原告の請求を棄却した。
棄却
20巻11号175頁,最高裁判所平成2年(行ツ)第155号同4年
破棄
民法155条は,「差押え,仮差押え及び仮処分は,時効の利益を受ける者に対...民法155条は,差押え等による時効中断の効力が中断行為の当事者及びその承
判示要旨:債権執行における差押えによる請求債権の消滅時効の中断の効力が生ずるためには、その債務者が当該差押えを了知し得る状態に置かれることを要しない
ム10Bのビルドシェル150Bに含まれるファイル設定部155Bは,OS設定...態のファイル設定部155とは相違する。ファイル設定部155Bは,パラメータ...【0136】ファイル設定部155Bは,図6に示すように,パラメータ確認部
継) などの操作指示を保留メール管理処理部155に対して実行する...理処理部155を備えている。」(段落【0019】①,【0021】...「保留メール管理処理部155は,メール送受信端末110から受け
棄却
0.22ないし4.95µSv/h(乙B155の1)...0.15ないし4.44µSv/h(乙B155の2)...0.13ないし3.81µSv/h(乙B155の3)
棄却
150,150,150,155,430,4
判示要旨:タイヤ製造等を目的とする会社に雇用され、タイヤ製造業務に従事していた被用者らが、作業工程から発生する石綿及び石綿を不純物として含有するタルク(滑石を微粉砕した無機粉末であり、ゴムの充填剤ないし粘着防止の打ち粉として使用されていた)の粉じんに曝露し、これによって石綿関連疾患(悪性胸膜中皮腫、肺がん、石綿肺)に罹患したとして、被用者ら及びその相続人ら(一審原告ら)が、タイヤ製造会社(一審被告)に対し、債務不履行(安全配慮義務違反)又は不法行為に基づき、慰謝料の支払を請求した事案において、昭和35年には石綿が生命・健康に対して危険性を有するものであるとの抽象的な危惧を抱かせるに足りる知見が集積し、一審被告の同業者が設置した病院の医師が昭和35年にタルクが不純物として石綿を含むことが多い旨の論文を公表していたことから、一審被告もその頃にはこれらの知見を有していたのに、一審被告は高濃度の石綿又は石綿を不純物として含有するタルクの粉じんが飛散する状態で被用者らを職務に従事させていたとして、被用者ら全員に対する安全配慮義務違反が認められるとした事例。
障害施設に入所した。(甲D114・152~155,180頁,乙A2...5・155頁)...収容を実施した(甲A44・155頁)。沖縄における隔離収容は沖縄以
918 件中 1/19 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in