裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62480 
刑事22085民事40395
過失致死
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
過失致死の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
過失致死を犯した場合、 9.2%の確率で無罪、
90.8%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
69
13
18
22
0
366 件中 1/8 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8
破棄
業務上過失致死被告事件...者を死亡させたといえるから,業務上過失致死罪が成立する。被害者に提供さ...り死亡したとの機序を認定した上で,被告人には業務上過失致死罪における過
懲役16年
本件の争点は,判示第4の現住建造物等放火,重過失致死被告事件について,...重過失致死罪が成立することも明らかである。...量刑の中心となる現住建造物等放火,重過失致死(判示第4)についてみると,
無罪
被疑者とする業務上過失致死事件として進められた。B看護師及び被告人は,任...人工呼吸器のアラームに気付かなかったことによる業務上過失致死の疑いで捜査開始...アラームに気付かなかった業務上過失致死を念頭に,B看護師及び被告人を容疑者としてそれぞれ取調べが行われていた(高弁2,被告人質問)。
破棄
人は,本件事故を起こしたことについて自動車運転過失致死罪として執行猶予付き
判示要旨:被用者が使用者の事業の執行について第三者に加えた損害を賠償した場合、被用者は相当と認められる額を使用者に求償することができる
棄却
被告Cに対する業務上過失致死被疑事件について,高松地方検察庁検察官は,
控訴を棄却
業務上過失致死(変更後の訴因業務上過失致
判示要旨:火薬類取締法25条1項ただし書にいう「鳥獣の捕獲若しくは駆除」の意義
禁錮1年
各業務上過失致死被告事件...件入会地」という。)の野焼作業に係る業務上過失致死の事案であり,原...あり,被告人両名には業務上過失致死罪は成立しないと判断した。以下,
破棄
業務上過失致死被告事件...補佐の役割を果たしていた被告人Bの5名を,業務上過失致死罪で起訴した。...法400条ただし書に従い,当裁判所において,本件各業務上過失致死被告事件に
控訴を棄却
その上,被告人は,昭和62年9月から平成20年12月までの間に業務上過失致死
破棄
平成28年(あ)第1549号 保護責任者遺棄致死(予備的訴因重過失致死)...に,第1審裁判所が検察官に対し重過失致死罪に訴因を変更するよう促し,又はこ...て,第1審裁判所には,検察官に対し重過失致死罪に訴因を変更するよう促し又は
判示要旨:1 刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為の意義 2 子に対する保護責任者遺棄致死被告事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例 3 裁判員の参加する合議体で審理された保護責任者遺棄致死被告事件について、訴因変更を命じ又はこれを積極的に促すべき義務がないとされた事例
禁錮2年
業務上過失致死罪は各業務上過失傷害罪よりも犯情が重く,②各業務上過失致...死罪については被害者ごとに犯情が異ならないから,いずれの業務上過失致死...上過失致死罪の刑により処断する。
控訴を棄却
2179号 業務上過失致死被告事件...したがって,その余の点について判断するまでもなく,被告人に業務上過失致死
罰金30万円
自動車運転過失致死罪につき,被告人に対しては略式命令による罰金30万円...本件では,確定した自動車運転過失致死罪の刑において被害者の死の結果は考慮
棄却
鳴っていたことも想定して,業務上過失致死事件として捜査を進め...請求人が殺害を最初に自供したのは,業務上過失致死事件とし
棄却
免許運転の禁止)違反及び自動車運転過失致死傷罪の犯罪事実により,5年
却下
務上過失致死罪で共同被告人として起訴された。この刑事訴訟の経過は次のとおり...務上過失致死罪で起訴...原告らは業務上過失致死罪で有罪とされたのであるから,その罪について故意が
破棄
業務上過失致死被告事件...業務上過失致死傷罪における注意義務違反の有無を判断するに当たっ
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件
判示要旨:曲線での速度超過により列車が脱線転覆し多数の乗客が死傷した鉄道事故について、鉄道会社の歴代社長らに業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例
無罪
業務上過失致死被告事件
無罪
業務上過失致死被告事件
禁錮2年
以上の事情,とりわけ本件被害結果の重大性に照らせば,本件は重過失致死
判示要旨:無免許で水上オートバイを操船し、その操作を誤ってゴムボートに衝突させ、ゴムボートに乗っていた4人のうち2人を死亡させ、他2人にも重傷を負わせた事案につき、生じた結果が重大であること、無免許で操船技術が未熟であるのに、自己の楽しみのために操船し、運転操作を誤って事故を生じさせた被告人の過失の程度は重いことなどを考慮し、被告人を禁錮2年及び罰金10万円に処した事例。
上告を棄却
起こしたことを聞き,A車の破損状況から捜査機関が前記道路交通法違反及び自動車運転過失致死の各罪の犯人がAであることを突き止めるものと考え,Aの逮捕に
判示要旨:参考人として警察官に対して犯人との間の口裏合わせに基づいた虚偽の供述をする行為が刑法(平成28年法律第54号による改正前のもの)103条にいう「隠避させた」に当たるとされた事例
禁錮2年
以上によれば,被告人の刑事責任には,この種の過失致死傷事案の中でも重いも
同事件は,業務上過失致死事件として捜査が行われ,被告Dは,警察官及び
控訴を棄却
要素として,通行妨害目的を必要としたのは,従前,業務上過失致死傷罪等で処断
判示要旨:「人又は車の通行を妨害する目的」(平成25年法律第86号による改正前の刑法208条の2第2項前段)があるとされる場合
無罪
業務上過失致死被告事件
判示要旨:認知症の要介護者のためのグループホームの火災により入居者7名が死亡した事件につき、火災の発生原因は、建物の居間兼食堂で寝起きしていた入居者がストーブの上面に衣類を置くなどしたことにあるとして、事業会社の代表取締役であった被告人が、そのような原因による火災の発生を未然に防止すべき業務上の注意義務を怠ったとして起訴された業務上過失致死被告事件において、火災発生原因をそのようなものと認定することができない以上、かかる過失を問題とする本件公訴事実の下では犯罪の証明がないとして、無罪を言い渡した事例
懲役5年
には自動車運転過失致死傷罪と道路交通法の救護義務違反の罪との
判示要旨:普通乗用自動車を飲酒運転中の被告人が、過失により被害者に同車を衝突させた後、そのままその場を離れて警察に出頭するまで別の場所で過ごした行為につき、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律4条の「アルコールの影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的」があったとされ、同条の過失運転致死アルコール等影響発覚免脱にあたるとされた事案
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件...域官」という。)が平成14年12月26日に業務上過失致死傷罪で起訴され,平...るというためには,被告人とB地域官に業務上過失致死傷罪の共同正犯が成立する
判示要旨:花火大会が実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、警察署副署長に同署地域官との業務上過失致死傷罪の共同正犯は成立しないとされた事例
無罪
各業務上過失致死傷被告事件...しかしながら,業務上過失致死傷罪における予見の対象は死傷の結果であ...によりAを死亡させた業務上過失致死罪が成立する。他方,被告人aについて,
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件...したがって,被告人に本件爆発事故について過失があるとして,業務上過失致死
判示要旨:ガス抜き配管内で結露水が滞留してメタンガスが漏出したことによって生じた温泉施設の爆発事故について、設計担当者に結露水の水抜き作業に係る情報を確実に説明すべき業務上の注意義務があったとされた事例
禁錮4年6月
各重過失致死の点...犯情の最も重いEに対する重過失致死罪の刑で処断...たことを考慮しても,本件は重過失失火,重過失致死傷の事案の中では最も重い部
破棄
平成26年(あ)第1844号 自動車運転過失致死被告事件
判示要旨:自動車運転過失致死の公訴事実について防犯カメラの映像と整合しない走行態様を前提に被告人を有罪とした原判決に、審理不尽の違法、事実誤認の疑いがあるとされた事例
棄却
関し,自動車運転過失致死罪により,原告を罰金20万円に処する旨の判決...運転過失致死罪並びにその際の救護義務違反及び報告義務違反の被疑事実に
判示要旨:普通貨物自動車の右後輪で、転倒した被害者の頭部を轢過して即死させるという交通事故を起こした運転者が、当該事故について未必的に認識しながら、自動車を停止せず、被害者の状態を確認することなく立ち去った場合における、道路交通法72条1項前段の定める救護義務違反の成否
禁錮1年6月
2 予備的訴因(重過失致死罪)について...したがって,判示のとおりの重過失致死罪を認定した。...重過失致死の事案の中でも重いかという観点からみると,
判示要旨:被害者(難病に罹患した当時3歳の女児)が保護を要する状態であったことを認識し、認容していたか等が争点となった保護責任者遺棄致死(予備的訴因 重過失致死)被告事件において、養父である被告人にはそのような認識、認容があったとまでは認めがたいものの、僅かな注意を払えば、被告人がそのように認識できたと認められるとして、重過失致死罪の成立を認めた事例(裁判員裁判実施事件)
無罪
なお,被告人に対して重過失致死罪の成立を検討する余地はあるものの,公
判示要旨:主として生存に必要な保護をしないことの認識の有無が争点となった保護責任者遺棄致死事件において、被害者(難病に罹患した当時3歳の女児)が十分な栄養を与えられていない状態にあると認識していたと、常識に照らして間違いなくいえるだけの立証が検察官によりなされているとは認め難いとして、実母である被告人に無罪の言渡しをした事例(裁判員裁判実施事件)
控訴を棄却
業務上過失致死被告事件...論旨は,被告人に過失を認め,業務上過失致死罪の成立を認めた原判決には,...亡させるに至ったという遭難事故について,被告人に業務上過失致死の責任が問
判示要旨:山岳ガイドの業務に従事していた被告人が、有料登山ツアーを企画、主催し、5名の女性登山客を引率して、降雨の中、登山を開始し、その登山道上で天候悪化のため、登山客らを強風、みぞれ、吹雪等にさらさせて、追従、歩行ができない状態に陥らせ、そのうち4名を低体温症で死亡させるに至ったという遭難事故について、過失判断の前提としての予見の内容としては、遭難事故となる危険性のあるような天候の悪化の可能性で足り、それ以上に、現に生じたような著しい天候の悪化の可能性は予見の対象とはならないとして、被告人に過失を認め、業務上過失致死の責任を認めた原判決を是認した事例
棄却
告D及び被告Eを業務上過失致死罪で略式起訴した。
判示要旨:障害者福祉サービス事業を営む社会福祉法人の施設において、施設職員らが、興奮状態にあった施設入所者の男性をうつぶせの状態で押さえつけて死亡させたことについて、途中で離脱した職員を除く押さえつけ行為に関与した施設職員には、お互いの押さえつけ行為の態様や男性の表情などを確認しなかった過失があり、社会福祉法人の理事長には、入所者を制止する方法についての指導やマニュアルの整備を怠った過失があるとして、上記施設職員、社会福祉法人の理事長及び社会福祉法人に対する損害賠償請求が認められた事例
道路交通法上の義務が直ちに自動車運転過失致死傷罪における注意義務と...本件自動車運転過失致死傷罪における注意義務にもなると解すべきであり,
禁錮1年
に対する業務上過失致死罪の刑で処断)
判示要旨:古書店において書棚が転倒して女児2名が死傷した事故につき、同店を経営する会社の取締役である被告人の過失が問われた業務上過失致死傷被告事件において、被告人には書棚の転倒について予見可能性があり、補強措置を講じるなどの転倒防止措置を講ずべきであったのにこれを怠った過失があるとして、被告人を禁錮1年、執行猶予3年に処した事例。
上告を棄却
業務上過失致死被告事件...所論に鑑み,被告人甲に対する業務上過失致死罪の成否に関し,その業務上の注
判示要旨:国から占用許可を得て市が公園の一部として開放し維持管理していた人工砂浜での埋没事故について、同砂浜を含む海岸における工事の監督、巡視や海岸保全施設の管理等の事務を担当していた国土交通省職員に同砂浜に関する安全措置を講ずべき業務上の注意義務があったとされた事例
上告を棄却
業務上過失致死被告事件...所論に鑑み,業務上過失致死罪の成否に関し,その業務上の注意義務の有無につ
判示要旨:国から占用許可を得て市が公園の一部として開放し維持管理していた人工砂浜での埋没事故について、同砂浜を含む海岸の工事、管理に関する事務を担当していた国土交通省職員に同砂浜に関する安全措置を講ずべき業務上の注意義務があったとされた事例
禁錮1年4月
上記の監査役に選任された者は,これに先立つ同年2月22日,大阪地方裁判所堺支部において,自動車運転過失致死罪により禁錮1年4月,執行猶予3年の判決
判示要旨:貸金業法4条1項2号により定義されている同法6条1項9号の「役員」に監査役は含まれるか
懲役9年6月
自動車運転過失致死傷,道路運送法違反,電磁的...本件自動車運転過失致死傷(罪となるべき事実第1。以下「本件事故」ともい...被告人は,5月1日に本件自動車運転過失致死傷で逮捕され,H警察官に
判示要旨:高速道路を走行中に仮睡状態に陥り、多数人が死傷するバス事故を起こした運転手である被告人に対し、被告人が罹患していた睡眠時無呼吸症候群との因果関係を否定し、眠気を感じながら、あえて運転を中止せず、漫然と運転を継続した過失があるとして、有罪判決を言い渡した事例
転過失致死 罪の刑で 処断)
判示要旨:コンテナを積載したトレーラを牽引して大型貨物自動車を運転中、その積載したコンテナを横転、落下させ、並走していた自動車を押し潰し、同車運転者ら3名を死傷させた自動車運転過失致死傷の事案につき、コンテナをトレーラに確実に緊締せず、かつ、適宜速度を調整することなく進行した過失を認め、禁錮3年6月の実刑に処した事例
禁錮1年2月
判示要旨:工場建物の解体工事において、解体作業中に建物の壁が市道上に倒壊し、同市道を通行中の被害者1名を死亡させた事案について、当該解体工事を請け負った会社の専務取締役兼主任技術者であった者及び重機オペレーター兼職長であった者に、それぞれ壁の倒壊防止措置を講じなかった過失があるとして、過失の競合による業務上過失致死罪の成立を認め、いずれも実刑判決が宣告された事例
禁錮1年
,業務上過失致死(被告人B及び被...れ,過失②による業務上過失致死罪が成立する。...業務上過失致死罪について
禁錮2年
業務上過失致死被告事件...これらの被害者5名に対する業務上過失致死罪の成立を認めた。残る4名について...るが,前記5名に対する業務上過失致死罪とは観念的競合の関係にあるので,主文
判示要旨:特定非営利活動法人が運営していた入居型介護施設の火災事故に関し、理事長について防火管理上の注意義務を怠っていた過失を認めた上、起訴された9名の死亡のうち5名の死亡について、その過失との因果関係を認めて有罪判決を言い渡すとともに、理事については防火管理上必要な業務を遂行するための実質的な権限を有していたとは認められないとして無罪判決を言い渡した事例
棄却
の死者を出したなどとして,重過失失火罪及び重過失致死罪で有罪判決を受けた。...び重過失致死罪で起訴された。
却下
上記の者に対する業務上過失致死被疑事件について,平成24年4月27日高知
判示要旨:勾留請求却下の裁判に対する準抗告
366 件中 1/8 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in