裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
逃走
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
逃走の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
逃走を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役3-5年」に処する。
0
0
1
1030 件中 5/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
懲役8年
その場から逃走し ,
判示要旨:被告人が、交際相手を折りたたみ式ナイフで切りつけるなどして重傷を負わせた殺人未遂等の事案について、裁判員裁判において、被告人に強い殺意があったことを認めた上で、被告人を懲役8年6か月に処した事例
破棄
ていたBの腕が緩み,被告人の頭が抜け,被告人及びAが逃走した。
判示要旨:事後強盗としての暴行についての共謀等を認めなかった原判決を重大な事実誤認の疑いが顕著であるとして破棄して差し戻した事例
懲役15年
タカーで現場から逃走し,F駅のコインロッカーに隠しておいた告発文書を取...わ e」の白かシルバーの軽四輪乗用自動車で逃走したことを把握した。...午前7時47分,捜査機関は,車両照会を行い,逃走車両は「札幌580
破棄
④については,確かに6畳間は狭い空間である。しかし,被害者は,攻撃を受けた後,犯人の姿や動き,更には逃走の気配などを全く認識していないところ,左胸...らず,被害者が逃げ出したときは,Eは既に逃走のため侵入した窓際の方に移動し...反対の右手に逃走した可能性があり(Eの供述によれば被告人が自己の車両に戻る
判示要旨:被告人と本件犯行とを結びつける共犯者の供述の証拠価値に疑問があり、原判決には、審理を尽くさず、ひいては重大な事実誤認をした疑いが顕著であるとして、原判決を破棄し事件を原審に差し戻した事例
懲役3年
転席ドアが開いており,被告人が車道左側から必死に逃走しようと...を引き摺ったりするような形態でなく,逃走手段として自動車を用いたと
判示要旨:窃盗犯人が、逮捕を免れるために、目撃者の指や腕に噛みつき、目撃者から胸ぐらを掴まれた状態のまま自動車を発進させた行為につき、「犯人を捕まえることをあきらめさせるに十分な強さ」の暴行に当たると認定して強盗致傷(事後強盗)罪の成立を認めた上で、量刑に関しては、「凶器を使用しない犯罪類型」に準じて過去の裁判例で示された量刑幅を参考にし、犯罪自体や動機の悪質性を前提に、行為の危険性の程度、損害賠償の状況と処罰感情の程度、被告人の再犯の可能性を具体的に検討して、執行猶予・保護観察付きの懲役刑を言い渡した事例(千葉地裁の裁判員裁判対象第1号事件)
懲役5年
また,被告人らは,深夜人通りの少ない時間帯に相手が逃走しにくい場所を選
判示要旨:在日外国人である被告人(犯行時少年)が、共犯者2名と共謀の上、2名の被害者それぞれに対して殴る、けるの暴行を加えた上、各被害者から現金等を強取し、第1事件の被害者には全治約1か月の傷害を、第2事件の被害者には加療約10日間を要する傷害を負わせたという、2件の強盗致傷の事案に関し、懲役5年に処した事例
懲役7年
場に降り,更に同駐車場北西側出入口から同署敷地外に走り出て逃走した...7日に同署から逃走したものであるが,その逮捕及び処罰を免れる目的で,同...に来てほしい。 などとその情を打ち明けて逃走への便宜を図るように依頼し ,
判示要旨:被害者2名にスプレーを噴射したことで傷害を負わせたとする強盗致傷につき、1名について逮捕を断念させる程度の暴行とはいえないとして強盗致傷罪の成立を否定して傷害罪を認定し、道路交通法違反(報告義務違反)につき、事故現場である駐車場が「一般交通の用に供するその他の場所」に該当せず、交通事故に該当しないとして、無罪を言い渡した上、確定裁判前の罪につき懲役6月を、その余の罪につき懲役7年の実刑が言い渡された事例
無期懲役
発覚を恐れて逃走したため,同人に加療約6か月間を要し6か月後には右上下...き場で鍵のかかっていない自転車を盗み,さらに逃走したが,その途中で,...被告人は本件犯行後,警察に捕まりたくないと思って現場から逃走し,逃
判示要旨:被告人が、元同級生1名を出刃包丁で刺して殺害し、さらに交際相手であった元同級生1名の頭部を足で数回踏みつけて重傷を負わせた殺人、殺人未遂等の事案について、殺意及び完全責任能力を認めた上で、被告人を無期懲役に処した事例
破棄
同状態のまま自車を放置して逃走し,もって,同道路上における危険を防止する等
判示要旨:1 法定刑超過による非常上告 2 観念的競合の適用条文について補足意見が付された事例
取り消す
ているのに気付き逃走しようとしたこと,人定に素直に応じなかったた
判示要旨:市職員が、市に対し、酒気帯び運転等を理由とする懲戒免職処分を受けたことにつき、その取消しを求めた事案について、同処分は社会観念上著しく妥当性を欠き、裁量権を濫用したものであるとして、同処分の取り消しを命じた事例
無期懲役
せて遺棄した上,食料,財布,自動車等を盗んで逃走した(判示第2及び第3の...を運転して逃走したものであり,これらの被告人の一連の行動には,人間性のか
懲役20年
子メールを送信した旨偽装したり,警察官による取調べを受けた後逃走するなど
懲役3年6月
警察署に勾留中の平成20年6月17日に同署から逃走したものであることを...同人に同自動車を提供するなどして香川県丸亀市内株式会社l駐車場まで逃走...させ,もって,犯人の逃走に便宜を与えてこれを隠避させた
判示要旨:窃盗事件の一部につき、氏名不詳者と共謀の上行ったという予備的訴因を認定(主位的訴因は被告人単独で行ったとするもの)し、強盗致傷につき、強盗についての共謀はないという弁護人の主張を認めた上、懲役3年6月の実刑が言い渡された事例
懲役15年
件レンタカー」という)で,川越市方面に向かって逃走したが,国道m号線を...たため,被告人は,本件レンタカーを急発進させて逃走し,パトカーを振り切...上記第2の事実関係を前提に検討すると,被告人は,逃走中の本件駐車場内
判示要旨:共犯者と共謀の上、けん銃を使用した強盗事件を起こして逃走中、駐車場において、警察官らの周囲に向けてけん銃数発を発射し、さらに、警察官に対し、殺意をもってけん銃1発を発射したが、その目的を遂げなかったなどの建造物侵入、強盗、銃砲刀剣類所持等取締法違反、公務執行妨害、殺人未遂等の事案に関し、けん銃発射の共謀を認めた上、緊急避難の主張を排斥して懲役15年に処した事例
懲役3年
したが,同人がその場から逃走したため,同人に全治約2週間を要する頸部切創,
懲役13年
て降車してきたため,その場から逃走して金員強取の目的を遂げず,被害者に
判示要旨:被告人がタクシー強盗を企て、乗客を装ってタクシーに乗車し、同車内において背後から運転手の首に果物ナイフを突き付けたところ、同人から抵抗されたため、未必の殺意をもって同ナイフを同人の首に強く突き付け、その首を切るなどして現金を奪い取ろうとしたが、現金を奪うことができず、通院加療約1か月間の傷害を負わせるにとどまった強盗殺人未遂等の事案について、懲役13年の判決が言い渡された事例
控訴を棄却
一旦逃走を断念してブレーキをかけて停車させたところ,被害...せると,被告人が逃走中でいわゆるパニック状態にあり,上記...逃走しようと本件車両に乗り込んだところ,本件車両のボンネ
判示要旨:被告人が、友人と共謀して釣具店から釣り具を万引きし、逃走しようと普通乗用自動車に乗り込んだところ、被害店舗店員の被害者が同車のボンネットにしがみついたため、逮捕を免れる目的で、そのまま同車を発進させて蛇行走行した後、ブレーキをかけて停車した同車から被害者が路上に転落して転倒するや、再び同車を発進させ、被害者が死に至るかもしれないことを認識しながら、車底部で被害者を引きずったまま走行させて殺害したという公訴事実に対し、被害者を車底部に挟み込んだ認識のなかった被告人には殺意が認められないとの被告人側の主張を第1審同様に認めず、量刑についても無期懲役を維持し、被告人の控訴を棄却した事例
懲役2年6月
そして,このことは,犯行直後,現場で,通行人から声をかけられると逃走し,翌
判示要旨:統合失調症の被害妄想の強い影響下で行われた傷害致死の行為につき、上告審が原審が採用しなかった心神喪失を示唆する鑑定の基本的な信用性を肯定して破棄差し戻した後の控訴審において、上告審判決が要検討事項として指摘した点について新たに行った事実取調べの結果を踏まえ、鑑定の信用性を肯定できないとして心神耗弱が認定された事例
懲役20年
発覚すれば失職するとの考えから,現場からそのまま逃走して道路交通法所定の救...は,自己中心的動機により現場から逃走して救護・報告義務を怠るにとどまらず,
判示要旨:事故原因を脇見として業務上過失致死傷罪を認定した第1審判決を破棄し、アルコールの影響により、正常な運転が困難な状態で本件事故を起こしたとして、危険運転致死傷罪の適用を認めた事例
無期懲役
したまま,その場から逃走した。...場から逃走した。...な救護措置等をすることなく自己の保身を優先させて逃走したものであり,この
判示要旨:自転車に乗って走行中の女性に対し、殺意をもって自動車を衝突させ、財物を奪おうとしたという強盗殺人未遂のほか、強盗傷人、強姦致傷等合わせて21件の罪に問われた被告人に対し、強盗殺人未遂の公訴事実については殺意を認定せず、強盗傷人が成立するとした上、凶悪な犯罪行為をわずか4か月足らずの間に多数敢行し、重大な結果が生じているなどとして、求刑どおり被告人に無期懲役刑を言い渡した事例
懲役1年2月
立ち去ったり,現場から直ちに逃走せず,国道H号線を往復して本件建物
判示要旨:被告人に対する非現住建造物等放火被告事件(以下、「本件」という。)と併合審理されていた被告人に対する同一の建物に対する建造物侵入、窃盗被告事件等(以下、「前訴」という。)について、弁護人の請求により弁論を分離した後、有罪判決が言い渡され確定したところ、本件については、前訴と公訴事実の同一性が認められ、上記確定判決の一事不再理の効力が及んでいるから、刑事訴訟法337条1号により判決で免訴を言い渡すべきであるのに、それをしなかった原判決には重大な法令違反があること等を理由とする控訴に対し、本件と前訴の両訴因が、一罪の関係にあり、公訴事実の同一性が認められるとしても、弁護人が、前訴及び本件について、弁論の分離を請求し、それぞれ判決が言い渡されることを当然の前提にしていたこと等にかんがみると、本件において、前訴の確定判決の一事不再理の効力を主張して免訴を求めるのは、権利の濫用に当たり、刑事訴訟規則1条2項の法意に照らし許されないとして、控訴を棄却した事案
無期懲役
に,被害者が逃走を試みるも, A や被告人が被害者を捕まえ,順次,路上...打するなどした。さらに,逃走しようとした被害者を被告人及び C が制
懲役7年
までの間,前記 fg 付近路上において,逃走を図ろうとした上記Dの顔面を手...首付近をつかんで同人を制止するなどして,同人の逃走を防止した上,被告人...した機会に,被害者が,逃走を試みるも,被告人AやCが同人を捕まえ,
取り消す
なり,被疑者等の事件関係者等が逃走や証拠隠滅を図るおそれがあるこ...事件関係者が逃走や証拠隠滅を図るおそれがあることから,新4号に該...には,被疑者等の事件関係者が捜査活動の進展状況等を推察し,逃走や
死刑
点の入った布製バッグ1個を強奪し,その場から自転車に乗って逃走しようと...転車に乗って逃走しようとしている被告人をAが追い掛けている様子を目撃し,...男性は,公判で,被告人が金品を強奪して自転車で逃走を始めた直後に,被
判示要旨:路上強盗後に、被告人を逮捕しようとした男性を殺害しようとして負傷させた上、被害品を取り戻そうと追いかけてきた女子留学生を殺害し、その約7年半後、商業施設の共同トイレで入ってきた男性を強盗目的で殺害した事案につき、各犯行とも殺意がなく、自首が成立するという主張をいずれも排斥して死刑を言い渡した事例
棄却
監獄法は,在監者に逃走,暴行若しくは自殺のおそれがあるとき又は監...戒具のうち,手錠及び捕じょうは逃走,暴行又は自殺のおそれのある...未決勾留は,刑事訴訟法の規定に基づき,逃走又は罪証隠滅の防止を
無罪
本件南北道路を北へ向かい,本件交差点を左(西)に曲がって逃走した(本...は,路上で上半身を起こして,逃走する犯人の後ろ姿を見ながら,叫ぶよう...あって,第1目撃の際に注意が向いていたし,犯人が逃走するときにも目撃
判示要旨:犯人性が争われている強制わいせつ致傷の事案において、被害者の犯人識別供述、犯人と認められる男性が被告人方駐車場に走り込んだ際の状況に関する目撃者の供述の信用性をいずれも全面的には認めず、信用性が認められる限度での前記各供述を含む関係証拠から認定することのできる間接事実を総合しても、被告人を犯人と認めるには合理的な疑いが残り、この疑いをより大きくする消極的事情も認められるとして無罪判決を言い渡した事例
懲役3年
も,Eがeに向かったことを察知した被告人Cが逃走しようと提案し,これに
取り消す
状況等の事実が推察されることとなり,被疑者等の事件関係者等が逃走...疑者等の事件関係者が逃走や証拠隠滅を図るおそれがある。...況等を推察し,逃走や証拠隠滅等を図るおそれがある。
判示要旨:1 県警察本部の各課隊における犯罪捜査協力報償費に係る犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書、現金出納簿、捜査費支出伺、支払精算書及び領収書に記録された捜査員へ個々の捜査報償費を交付した日、その金額等の情報が宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号。平成14年宮城県条例第60号による改正前)8条2項ただし書による同条1項4号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当するとした警察本部長の判断が、裁量権の逸脱又は濫用に当たらないとされた事例2 県警察本部の各課隊における犯罪捜査協力報償費に係る施行伺に記録された起案者である警察職員の氏名、印影の情報が、いずれも宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号。平成14年宮城県条例第60号による改正前)8条2項本文により読み替えられた同条1項4号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当するとされた事例
懲役18年
被告人はそのまま逃走し,Aに計画どおりBを跳ねたことを電話した。車
判示要旨:交際相手の女性と一緒になるために、同女の内縁の夫である被害者を殺害しようと企て、同女と共謀の上、自ら自動車を運転して、道路を歩いている被害者を跳ねて殺害した被告人に、懲役18年が言い渡された事例
無期懲役
も済ませて逃走するという冷静かつ狡猾な行動をとっている。しかも,被告人はそ
判示要旨:実母の居所を探し出すため、実母と懇意にしている弁護士の事務所に侵入し、居合わせた女性事務員の頭部を所携のハンマーで殴打するなどして殺害した上、住所が記載されたノート及び商品券等を強取した事案について無期懲役を言い渡した事例
懲役14年
逃走すべく,同駐車場内に駐車していた普通貨物自動車に乗り込んだが,その...上記第5の犯行後,上記車両を運転して逃走中,同日午前5時18分ころ,...停止を求めたにもかかわらず,なお逃走するため,上記警ら用無線自動車の左
判示要旨:路上で職務質問を行っていた警察官2名に対し、未必の故意をもって自動車を衝突させるとともに、うち1名を自動車の底部に巻き込んだまま同車を前進させるなどの暴行を加えたという公務執行妨害、殺人未遂等の罪に問われた被告人に対し、懲役14年の判決が言い渡された事例
懲役5年6月
場から逃走しようとしたことが認められるが,かかる行動も重大犯罪を犯した
判示要旨:知的障害者である被告人が、殺意をもって、当時3歳の男児を歩道橋上から約6.4メートル下のアスファルト路面へ投げ落としたものの、同児に加療約2か月間を要する傷害を負わせたにとどまり、殺害するに至らなかったという殺人未遂の事案につき、被告人が、当時知的障害及びこれに起因する激しい心理的葛藤状態にあったとして、心神耗弱を認め、懲役5年6月を言い渡した事例
無期懲役
A5らは逃走し,A5,A8,A17は, m 区Uの飲み屋街で降りた。そ
懲役4年6月
前記第2の交通事故現場から松山市方面に向かい逃走しようと企て,同日午...よる交通事故の発覚をおそれ,その場から何とかして逃走しようとしてしたも...を十分理解しながら,逃走目的を達成するためあえてその行為に及んだのであ
判示要旨:酒気帯び運転での追突事故後も車両の運転を継続し、対向進行してくる車両(被害者運転車両)を認めたにもかかわらず、先行車両が4台連なる状況で、時速約80キロメートル以上の速度で反対車線上にはみ出して先行車両の追越しを開始し、結果、被害者運転車両と正面衝突して被害者を死亡させたという事案につき、通行を妨害する目的がなかったとの被告人の主張が排斥され、危険運転致死罪の成立が認められた事例
破棄
人が,本件交通事故を引き起こして逃走した犯人であるかどうか」であると...「被告人が,本件交通事故を引き起こして逃走した犯人であるかどうか」と...せる交通事故を起こしたのに,現場から逃走して,救護義務及び報告義務を
判示要旨:公判前整理手続を経た後の公判審理の段階でされた訴因変更請求が許されるとされた事例
却下
人の逃走が図られるなど,本件事故に関する今後の検視活動や捜査手続
無期懲役
スーパーのATMまで現金を引き出しに行く間,逃走されないように,同女を洋式...しかも,被害者を緊縛した後,現場から逃走することも十分可能であったのに,あ...う一つのバッグも手にして玄関から逃走した。
判示要旨:約2年8か月の間に、住居侵入、強盗殺人1件、住居侵入、強盗強姦2件、住居侵入、強盗未遂1件、住居侵入、窃盗1件、ATM窃盗2件の犯行を断続的に敢行した事案について、無期懲役に処された事例
無罪
本件事故は,ひき逃げ事件として捜査され,登録番号照会の結果,逃走車...せたのに,救護義務や報告義務を尽くすことなく逃走したという事案であり,自動
判示要旨:被告人が、8車線一方通行道路の第1車線に停車させていた普通乗用自動車を第8車線方向に向かい発進進行させる際に、安全確認を怠った過失により、後ろから進行してくる普通自動二輪車に衝突の危険を感じさせて急ブレーキをかけさせて転倒させ、傷害を負わせたという業務上過失傷害の公訴事実について、被害者供述の信用性については合理的な疑いが存するとして排斥し、被告人供述により、被害者車両は停車していたものと認め、同公訴事実について無罪の言い渡しをした事例
上告を棄却
を現認され,追跡されて停止を求められたが,そのまま逃走し,信号機により交通
判示要旨:刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第2項後段にいう赤色信号を「殊更に無視し」の意義
懲役4年
して逃走するつもりでいたと考えられ,Aや被告人の動向のほか,周
判示要旨:被告人が、自分を襲ってきた男性を殺害し、同人と行動を共にしていた男性に傷害を負わせたという殺人、傷害被告事件において、殺人につき過剰防衛の成立を認めて被告人を懲役4年に処し、傷害につき正当防衛の成立を認めて被告人を無罪とした原判決について、傷害の被害者及び被告人の各供述の信用性判断を誤った結果、事実を誤認し、さらに、刑事訴訟法321条1項2号前段に基づく目撃者の検察官調書の取調請求を却下した原審の訴訟手続には法令違反があり、これら事実誤認及び訴訟手続の法令違反が判決に影響を及ぼすことは明らかであるとして、原判決を破棄し、原裁判所に差し戻した事例
無罪
ら逃走し,その途中,婦人警官に職務質問を受けたものの,捕まったら死...的には現場から立ち去ろうとしたものの,それについても積極的に逃走等する
判示要旨:文化住宅にある自室に放火した事案につき、被告人は、犯行当時、精神遅滞及び統合失調症に罹患しており、特に統合失調症に基づく幻聴に強く影響されていたとして、心神喪失を認め、無罪を言い渡した事例
無期懲役
死の重傷を負わせたが,被害者Aを放置したまま現場から逃走したこと,被害者...逃走するまでの場面については,ブラジャーのホックをはずす振りをしながら...の犯行が発覚することを恐れるなどして逃走したため」と断定することは困難
判示要旨:約2週間の間に、見知らぬ女性(被害者A)に対するわいせつ略取、監禁、強姦致傷、知人の女性(被害者B)に対する殺人、見知らぬ女性(被害者C)に対する殺人未遂を立て続けに起こすなどした事案において、無期懲役刑が言い渡された事例
懲役18年
体の長さ約19.0センチメートル)で突き刺すなどしたが,同人が逃走
判示要旨:いずれも、殺意をもって、女性に対し所携の包丁で切りつけたものの殺害するに至らず、男性に対し同包丁で多数回突き刺すなどして死亡させて殺害したという殺人未遂、殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件について、有罪とした原判決に対し、原審で取り調べた証拠によって認められる事実からだけでは、女性に対する殺意が認められないなどとして、原審における審理不尽を理由として原判決を破棄し、差し戻した事案
懲役23年
果物ナイフを突きつけ,郵便局員から現金を強取し,逃走の際,逮捕を免れ...通行人や追跡してきた郵便局員を果物ナイフで突き刺して逃走を続け,さら
判示要旨:被告人が、バスチケットセンターに押し入り、客に果物ナイフを突き付け人質にとって現金10万円を奪い、その客に傷害を負わせ、その十数日後、郵便局に押し入り、客を人質にとって現金約130万円余りを奪い、その逃走中に逮捕を免れるため、2名の被害者に対し、殺意を持って次々と果物ナイフで胸部や腹部を刺すなどし、逮捕しようとした被害者1名に対し、大腿部を果物ナイフで刺し、さらに逃げ込んだ地下鉄車内で、乗客に果物ナイフを突き付けて脅迫したという連続強盗致傷、強盗殺人未遂、示凶器脅迫等の事案について、被告人に懲役23年が言い渡された事例
懲役28年
料金を支払わずに逃走した。...シー料金を支払わずに逃走していること,...口止めをしていること,携帯電話で,人を呼び寄せてB方から逃走しよう
判示要旨:被告人が、飲酒の上、共犯者らと共謀して行った、タクシーの無賃乗車及び無銭飲食の事案、被告人が単独で暴行した事案及び被告人が無賃乗車に引き続いて料金の支払いを免れるために行ったタクシー運転手に対する強盗致死の各事案において、被告人の犯行時及び犯行前後の言動等を踏まえて、本件各犯行時、被告人は、完全責任能力を有していたとされ、また、無賃乗車による詐欺罪と強盗致死罪とが包括して(2項)強盗致死1罪となるとされた事例
無期懲役
ペティナイフを用いて執拗に攻撃を加えている。さらに,長男が逃走した後
判示要旨:一家心中を企てた被告人が、妻及び二女を絞殺し、長男及び長女を刺殺しようとしたが未遂に止まり、その後自宅に放火した事案につき、被告人の完全責任能力を認めて無期懲役に処した事例
控訴を棄却
ている死刑確定者を逃走させたり,その身柄を奪取したりすることはあり得...上で公開されており,仮に,死刑確定者の逃走援助やその身柄の奪取,外部...そこで,上記控訴理由①の主張をみるに,死刑確定者の奪取又はその逃走
判示要旨:拘置所の死刑場に関する図面に記録された情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号所定の不開示情報(公共秩序維持情報)に当たるとされた事例
懲役8年
も行っていないものの,実行方法や逃走方法について他の共犯者らと協議を行い,
懲役3年
本件ベンツは,その場から直ちに逃走したこと,本件事故当時,本件ベンツに乗って...したが,停止することなく,その場から逃走した。本件事故当時,被告人とDは,い...人物であるが,本件ベンツの逃走状況等について,公判廷で,概要,次のように供述
判示要旨:運転事実(犯人性)否認(排斥)
1030 件中 5/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in