裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
逃走
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
逃走の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
逃走を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役3-5年」に処する。
0
0
1
1030 件中 4/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
無期懲役
ンビニエンスストアで食料や着替えを購入するなど,ほとんど逃走すること...を残し,被害者方から左右異なるサンダルを履いたまま逃走しているところから
判示要旨:居住するアパートの大家から滞納家賃を支払うよう強く迫られたため、大家及びその妻をペティナイフで刺殺し、さらに、大家の所有する乗用自動車等を窃盗したという強盗殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反事件において、被告人に滞納家賃を支払わないままアパートに居住し続ける利益を得るという強盗の目的があったとの検察官の主張を排斥し、成立する犯罪は殺人罪2罪と窃盗罪にとどまると判示した上で、死刑の求刑に対し無期懲役刑を言い渡した事例
上告を棄却
錠しないまま自動車で逃走した。」というものである。
判示要旨:実母及び実子2名を殺害し、その保険金等を詐取したとして起訴された事案につき、被告人の自白の信用性を否定するなどして無罪とした第1審判決を維持した原判決が是認された事例
棄却
ては,強盗犯人がアラームの鳴動等にひるむなどして犯行を断念して逃走
判示要旨:コンビニエンス・ストアのフランチャイズ・チェーンの運営会社とフランチャイズ契約を締結してコンビニエンス・ストアを経営する者らが、同社が公共料金等の収納代行サービス等及び深夜営業を強要するのは私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条9項5号ハ所定のいわゆる優越的地位の濫用に該当し、同法19条に違反するとしてした、同法24条に基づき前記収納代行サービス等及び前記深夜営業の強要の禁止等を求める請求が、いずれも棄却された事例
棄却
「在監者逃走,暴行若クハ自殺ノ虞アルトキ又ハ監外ニ...監者,手錠及捕縄ハ暴行,逃走若クハ自殺ノ虞アル在監者又ハ護送中ノ在監者ニシ...「保護房収容のみでは,逃走,暴行又は自殺を抑止できないと認められる場合に限
上告を棄却
ードランプをつけて降車し,同乗者のCに逃走を指示し,携帯電話で友人に身代わ
判示要旨:1 刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第1項前段にいう「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」の意義 2 飲酒酩酊状態にあった被告人が直進道路において高速で自動車を運転中、先行車両に追突し、死傷の結果を生じさせた事案につき、被告人はアルコールの影響により前方を注視してそこにある危険を的確に把握して対処することができない状態にあったとして、危険運転致死傷罪が成立するとされた事例
上告を棄却
留中である同年11月13日,看守者の隙をついて逃走した(逃走)という事案で...ていることや,被告人Bが捜査段階では(1)(2)の犯行についておおむね認め,逃走
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(大牟田の4名殺害等事件)
懲役4年
て射精をしたが,現金を渡さないまま逃走したと供述し,暴行,脅迫及び姦淫行為...その同意を得て同女の手のひらに射精したのに,報酬を支払わずに逃走したため,
判示要旨:通行中の女性に対して暴行、脅迫を加えてビルの階段踊り場まで連行し、強いて姦淫したとされる強姦被告事件について、被害者とされた者の供述の信用性を全面的に肯定した第1審判決及び原判決の認定が是認できないとされた事例
死刑
目撃した第三者に騒ぎ立てられて逃走したため,その目的を遂げず,
判示要旨:被告人が、約2か月の間に、強盗殺人、現住建造物等放火の各犯行に加え、強盗致傷や強盗強姦、同未遂等の各犯行合計13件に連続的に及んだ、という事案について、(1)強盗殺人、現住建造物等放火等の事件の殺害態様が執ようで冷酷非情であり、放火も危険性が高く、結果が重大であること、(2)同事件の前後の強盗致傷、強盗強姦等の事件が悪質で重大であること、(3)前科があるのに本件に及び、短期間の犯罪の反復累行性に現れた被告人の人格の反社会性が顕著であること、(4)被告人が真に反省しているとは評価できず、更生可能性に乏しいことなどにかんがみると、殺害された被害者の数が一人であること、殺害に計画性がないことなどを十分に考慮しても、その刑事責任は誠に重く、被告人を死刑に処するのが相当であるとした事例
控訴を棄却
し,その際,クソ首席を殺す,逃走するなどと話していたことを聞き,教育...一度ならず処分を受けていた本件少年が,同室の在院者と,首席を殺す,逃走
判示要旨:少年院の法務教官である被告人が、少年院在院中の少年に対して行った一連の行為が特別公務員暴行陵虐罪に該当するとした原判決に対して、訴訟手続の法令違反、公訴の不法受理及び事実誤認を理由としてなされた被告人の控訴を棄却した事例
懲役6年
を支払わないで逃走すること(いわゆる「入れ逃げ」)を企図し,同年6月1...を請求された際,その支払を免れて逃走すべく,同人が被告人が運転する普通...て逃走し,
判示要旨:ガソリンスタンドにおいて給油代金を支払わず逃走した際、被告人車両のドアハンドルをつかんでいた店員を引きずり負傷させた被告人に、暴行の故意を認めて強盗致傷罪が成立するとした事例
懲役8年
逃走しており,被害女性の恐怖など顧みることなく,自身が確実に逃走するため
判示要旨:裁判員裁判対象事件である住居侵入、強盗強姦、強盗致傷(認定罪名 住居侵入、強盗強姦)被告事件について、控訴審において、懲役11年に処した一審判決の量刑が重過ぎるとし、量刑不当の主張を認め、一審判決を破棄し、懲役8年に処した事例
棄却
X2は,通院時に逃走することはできず,また,丙病院の医療関係者等に...他の入所者が同行していたため,原告X2は,通院時に逃走することはで
取り消す
すれば逃走のおそれや罪証隠滅のおそれも認められ,逮捕の必要性もあっ
判示要旨:被控訴人は、当時17歳であったA子と性行為をしたことについて、愛知県青少年保護育成条例に違反するとして、逮捕、勾留、公訴提起され、その後、無罪判決が確定したため、(1)愛知県に対し、警察官による逮捕状請求等と警察官から意思に反して供述調書に署名・押印させられたことが違法であるとして、(2)国に対し、検察官による勾留請求、公訴提起等と検察官から意思に反して供述調書に署名・押印させられたことが違法であるとして損害賠償の支払を求めた事案について、31歳の社会人で妻子のある被控訴人が、妻と離婚する意思はなく、最初のデートからわずか2週間ないし1か月程度でA子と性行為に至っているなどの事情によれば、警察官又は検察官が、被控訴人について、A子を「単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような場合」に当たると判断し、逮捕状請求、勾留請求、公訴提起等したことに、合理的根拠が欠如しているとは認められないし、供述調書作成に違法はないとして、原判決を変更して被控訴人の請求を棄却した。
上告を棄却
が自己に及んだことから,自動車内で寝泊まりする逃走生活を送っていたところ,
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(広島、岡山の独居老人強盗殺人等事件)
懲役4年
った上で,周囲から発見されないように逃走していると考えられる不審な行動であ...しかしながら,1月2日,F刑事に目撃された車両は追跡を振り切り逃走したの...しかも追跡を振り切り逃走するという不審な行動を取っていたのであるから,自動
棄却
に渡したこと,その後は4人で東方向へ逃走したこと等,共犯者や犯行態
判示要旨:強盗致傷の罪で起訴されたものの無罪判決が確定するなどした原告らが、捜査及び公訴提起の違法性等を理由に国家賠償を求めた事案について、警察官による取調べが違法であったなどとして請求の一部を認容した事例。
無罪
期待できること,被告人が一旦逃走した後,警察に出頭しようとしていたこと,被
無罪
居間から逃走したと認められると主張する。しかし,次のとおり,関係証拠...のテーブルに本件スコップを立て掛けて逃走した可能性も否定できず,この...⑦(犯人が侵入した6畳居間から逃走した点)について
判示要旨:犯人性が争われた住居侵入、強盗殺人事件において、情況証拠によって認められる間接事実の中に、被告人が犯人でなければ合理的に説明することができない(あるいは、少なくとも説明が極めて困難である)事実関係が含まれていないというほかないから、本件程度の情況証拠をもって被告人を犯人と認定することは、刑事裁判の鉄則である「疑わしきは被告人の利益に」という原則に照らして許されないというべきであって、結局、犯罪の証明がないとして、被告人を無罪とした事案
死刑
し1人に重傷を負わせた上,1人を拉致して逃走したという重大事案で,近隣住民
判示要旨:傷害、殺人、殺人未遂、未成年者略取、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件につき、少年である被告人を死刑に処した裁判員裁判の事案
懲役9年
は甚だ大きく,被害者が犯人の厳重処罰を求めるも,被告人が逃走して自首し
判示要旨:裁判員裁判において、合議体を構成する裁判官が裁判員らに対し教示を欠いたことが、刑事訴訟法379条にいう訴訟手続の法令違反に当たるとされた場合
棄却
さえていた人物からC及びEが引渡しを受ける際にBが逃走しようとし...って逃走することは考えられない。...がってこようとするなど,逃走の気配と強い抵抗を示したことから,周辺
執行猶予
ており,その際,「クソ首席(被告人のこと)を殺す。」「逃走する。」など...夕食をとっていた本件少年を立たせ,逃走防止のために小手取り連行を指示し,...人が本件に及んだ直接の原因は,本件少年が他の在院者とともに,逃走や被
判示要旨:少年院の首席専門官である被告人が同院に在所する少年に対して行った数件の行為について、その一部は特別公務員暴行陵虐罪にいう暴行、陵辱行為に該当しないが、その余は同罪にいう暴行、陵辱行為に該当するとされ、懲役10月、執行猶予3年を言い渡した事例
取り消す
所から逃走した。...逃走願望,車両修理の願望があったことの現れであり,原告に人身事故の認...車両の修理に関する電話をかけていることが,原告に強い逃走願望,車
懲役23年
監禁の期間及びその後の同月23日までの逃走中の被告人の行動があらかじめ計画...8日に母親を切り付けた後は何ら母親を救護する措置をとらずに逃走し,同月18...が5日間にわたり逃走した本件が,社会,特に,付近住民に与えた不安や恐怖も軽
棄却
ガスコンロを隠したりもしておらず,広島を離れたのも逃走目的ではなかっ
判示要旨:本件について、差戻後の審理をするに至った経緯を踏まえ、当審では差戻前控訴審の弁論終結時までの審理を前提に審理を行い、(1)弁護人及び検察官の訴訟手続の法令違反の各主張については、理由がなく、主張も採用できない(ただし、被告人のペルー共和国当時の前歴関係については、差戻前控訴審が一部証拠採用しているが、当審では心証形成の資料にはしない。)、(2)弁護人の事実誤認の各主張については、理由がない、(3)弁護人の法令適用の誤りの主張については、誤りはない、としてそれぞれ退けた上で、検察官及び弁護人の量刑不当の各主張については、各所論を踏まえて検討しても、被告人を無期懲役に処した第一審判決の量刑は相当であり、その量刑が軽過ぎて不当であるといえないとともに、これが重過ぎて不当であるともいえないとして、双方の控訴をいずれも棄却した事案
懲役12年
自首が成立することに争いはない。しかし,被告人が,このまま逃走しても逃
判示要旨:被害者に対して恋愛感情を抱き、金品を交付するなどしていた被告人が、被害者の首を電気コードで絞めて殺害した殺人の事案で、被告人に懲役12年の実刑が言い渡された事例(裁判員裁判対象事件)
懲役7年
て停止することがなければ,そのまま逃走し,あるいは,更に重大な事故を引き
判示要旨:アルコールの影響により正常な運転が困難な状態にあった被告人が、コンビニエンスストア前の駐車場で自車を後退させた際、後ろを歩いていた被害者(当時84歳)に自車後部を衝突させて路上に転倒させ、車底部に巻き込んだのに、これに全く気がつかないまま自車を走行させ、よって、被害者を死亡させたという危険運転致死の事案につき、懲役10年の求刑に対して、懲役7年を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
懲役30年
同マンションから逃走し,いずれの目的も遂げなかった...話が鳴り出したため,犯行の発覚を恐れてその場から逃走し,姦淫の目的を遂...きた同女の母親と顔を合わせるなどしていたため,その場から逃走し,いずれ
判示要旨:被告人が、約3年半の間に、強盗強姦目的で住居に侵入するなどして、強盗強姦6件、強盗強姦未遂4件等を敢行した事案について、無期懲役の求刑に対して懲役30年を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
無期懲役
台所の食器棚内にあった多額の現金入りのポーチは見つけきらないまま逃走
判示要旨:前件の住居侵入、強盗殺人等により無期懲役に処せられ、受刑中であった被告人が、前件のわずか13日後に同種の住居侵入、強盗殺人に及んでいたとして起訴された事案において、検察官は死刑を求刑し、弁護人は無期懲役の科刑意見を述べていたところ、? 本件量刑における前件の位置付けについて、本件は「併合の利益」が認められるような事案ではなく、むしろ「併合の不利益」が想定される事案であることから、前件を本件との併合罪関係から評価し直し、統一刑としての死刑を念頭に置いて、本件につき死刑を選択するというような思考方法を採ることは憲法39条が定める二重処罰の禁止に抵触して許されないが、? 被告人の性格・経歴や、本件犯行の動機・目的・方法等の情状推知資料としての限度で前件を考慮することは当然に許されるとした上で、? これを含めた本件の犯情 ・一般情状を総合するとともに、いわゆる永山事件判決後、被害者1名を殺害した強盗殺人の事案で死刑が確定している事例との対比 の観点を踏まえて、量刑を検討すると、本件について死刑を選択することにはなお躊躇を覚えざるを得ないとして、無期懲役を言い渡した事例
無罪
件犯行場所で前記前提事実1の被害に遭い,その直後,自転車で逃走する犯...た鉄亜鈴は運動に使用したと供述し,鉄亜鈴自体は,犯行後自転車で逃走す...や逃走時に音や落下等でじゃまになる可能性があるし(犯行現場の地面は土で
判示要旨:犯人性が争われている傷害被告事件について、被告人の犯人性を肯定する方向の事実は相応に認められるが、被害者の犯人識別供述は犯人にそれなりに似ているという限度でしか評価できない等の問題がある上、被告人が犯人であることと矛盾し得る方向の事実や、犯人性を支える証拠の信用性に疑問を生ぜしめる事情があることを考慮すると、被告人が犯人であることについて合理的な疑いが残るとして、被告人を無罪とした事案
(ア) 保護房の天井には,自殺や逃走の防止などの目的で受刑者を監視す...,暴行,逃走もしくは自殺の虞のある在監者または護送中...。ここにいう暴行,逃走若しくは自殺のおそれ
判示要旨:刑務官らが、ベルトを受刑者の腰部に巻き付けて受刑者の両手首と腰部とを固定する戒具である革手錠を刑務所の受刑者数名に対し高緊度で施用するなどし、うち受刑者1名を腸間膜挫裂等に基づく外傷性ショックにより死亡させ、他の受刑者1名に外傷性腸間膜損傷等の傷害を負わせたことなどにつき、国の国家賠償責任が認められた事例
棄却
自傷及び逃走についての 要...(自殺,逃走等のおそれがありその身体保護等...殺,逃走等のおそれがあるため一般の者よりその動静を厳重に観察する必
判示要旨:医療少年院に入院中の少年が、入院前に収容されていた少年鑑別所でベルトを首に巻き付けて両手で引っ張ったり、同少年院の医師に対して希死念慮の存在を伝えたりしていた等の具体的事情の下では、同少年院の職員らには、少年がベルトを用いて自殺することについての予見可能性があり、同少年に対しベルトを漫然と貸与したという過失があったと認められる。
を鳴らされるなどしたため,その場から逃走した結果,現金を脅し取ること...を鳴らされるなどしたため,その場から逃走した結果,現金を脅し取ること
判示要旨:裁判員裁判対象事件1件(強盗致傷)及び非対象事件7件(強盗等)につき、区分審理を行った事例(終局判決及び部分判決)
懲役4年6月
後に警察に通報されないよう脅した上で逃走するなど,犯行が発覚しないよう
判示要旨:被告人が、被害者宅に郵便配達員を装って侵入し、ガムテープで被害者の両手首を縛るなどの暴行を加え、現金を奪い、傷害を負わせた強盗致傷等の事案で、被告人に懲役4年6月の実刑が言い渡された事例(裁判員裁判対象事件)
無期懲役
かも,他の場所に居住する者であっても,犯行後の逃走に同国道を用い,その...本件各犯行後に逃走する者の心理として,本件現場から西方に向かう砂利...って〈i〉を南下する経路で逃走したと考えられる。
判示要旨:犯人性が争われた強盗殺人等被告事件において、複数の間接事実を総合して、被告人が犯人であると認定し、無期懲役が言い渡された事例
懲役15年
逃走時刻・経路...排水管を伝って逃走したものと認められる。...の逃走時刻は,Bが110番通報をした同日の午前2時23分の前後ころである,
懲役28年
ところが,被告人は,犯行後逃走しており,被害弁償は全くしていない。
懲役3年
駐車しておいた自動車(以下「被告人車両」ともいう。)を運転して同所から逃走...転して同所から逃走しようと運転席に乗り込んだ。...ことをも勘案すると,逃走を図る被告人の認識としては,気が動転して冷静
判示要旨:工具を万引きした被告人が、自動車で逃げようとした際、被告人を制止しようとした被害者からの逮捕を免れるべく、自動車を発進走行させて同人を振り切って転倒させ、全治約1週間を要する傷害を負わせたという事後強盗致傷の事案に関し、懲役3年・執行猶予4年(保護観察付き)に処した事例
棄却
の行状が悪質であり,本件捜査を察知すれば処罰を免れるために逃走を企...逃走を企て,また被害少女と接触を図り,威迫又は懐柔工作を図るなどし
懲役3年
いかかり,2人で強烈な暴行を加え,財物を奪って逃走するなど,
判示要旨:在日外国人である被告人が、共犯者と共謀の上、被害者に対して殴る、蹴るなどの暴行を加え、財物を強取し、その際、同人に全治約2週間を要する頭部外傷及び全治約1か月を要する脾臓損傷の傷害を負わせた事例に関し、懲役3年執行猶予5年付保護観察に処した事例
懲役5年
犯行直後,被告人は,現場から逃走する際に被害者の着衣を山林内に遺棄して証
無期懲役
Dの死亡が判明した2月16日,被告人がEの家から一時逃走した理由を...人が一時逃走した理由は明らかでないが,警察官が検視に訪れたのが予想外の...事態だったので,動揺して逃走したのではないかとも考えられ,替え玉殺人計
判示要旨:被告人が、相続名目で夫の資産を得るため、夫を殺害し、夫の替え玉にした人物を病死を装って殺害し、さらに夫の替え玉にしたが計画の邪魔になった別の人物を殺害したという3件の殺人等の事案において、夫の替え玉にした人物を病死を装って殺害した公訴事実については殺人罪を認定したが、夫を殺害したという公訴事実については殺意を認定せず、傷害致死が成立するとし、また、計画の邪魔になった別の人物を殺害したという公訴事実については、被告人が犯人であるとは認められないとして無罪を言い渡した事例
上告を棄却
客室で,被害者からキャッシュカード2枚を強取した上,逃走する際,被害者が声...し,共犯者らにも逃走を呼び掛けるなど,犯行の途中から,その言動は消極的なも
判示要旨:強盗殺人1件、強盗致死・強盗致傷1件等の事案につき、無期懲役の量刑が維持された事例
懲役20年
判示第2の犯行後に逃走する際,被告人が,赤信号に従って本件車両を停...れるのであり,同様に,イの点は,赤信号を無視して逃走すれば,かえって...行後は速やかに本件車両を発進させて逃走することができる状態であったと
上告を棄却
のであるが,取り分け,地下鉄サリン事件においては,実行犯らのために,逃走用の自動車を調達し,実行前に集合,待機するマンションの一室を提供するなどした
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(オウム真理教地下鉄サリン殺人等事件)
上告を棄却
バルナイフを持って逃走し,約1kmほど離れた路上で警察官らに見つかり,「散歩
判示要旨:1 精神鑑定の意見の一部を採用した場合と責任能力の有無・程度の判断 2 責任能力の有無・程度について原判決の判断手法に誤りがないとされた事例
死刑
苦しくなって逃走したが,他の客や店員に火が出たことを知らせようともしなかっ
判示要旨:被告人が、いわゆる個室ビデオ店の試写室内で、自殺を企ててキャリーバッグに火を放ち、同店舗を全焼させた上、同店の客16名を急性一酸化炭素中毒等により死亡させ、他の7名については消防隊員によって救出されるなどしたため死亡させるに至らなかったという現住建造物等放火、殺人及び殺人未遂の事案について、弁護人は、被告人の放火行為を否認するなどして争ったが、おおむね公訴事実どおりの事実を認め、被告人に死刑を言い渡した事例
懲役17年
とから,警察に通報されるのを危惧して逃走したが,叔母や,Aから事情を聴い
判示要旨:被告人が、(1)交際相手の次女(当時3歳)に暴行を加えて死亡させ、その死体を遺棄したという、傷害致死と死体遺棄、(2)交際相手の長女(当時4歳)に対し、暴行を加えた後に殺意をもって放置して死亡させ、その死体を遺棄したという、不作為の殺人(予備的訴因は傷害致死)及び死体遺棄、(3)交際相手に対する暴行で起訴された事案において、(2)交際相手の長女に対する不作為殺人については、医師による医療行為を受けさせたとしても、長女を救命できたというには合理的な疑いが残るなどとして、殺人罪の成立を否定し、予備的訴因である傷害致死罪を認定した事例
懲役13年
なお,検察官は,殺害後,被害者のバッグなどを盗み,北海道まで逃走...の評価も誤っているとまではいえない。しかしながら,被告人が逃走中,
1030 件中 4/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in