裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
逃走
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
逃走の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
逃走を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役3-5年」に処する。
0
0
1
1030 件中 3/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
控訴を棄却
したもので,害意等もなかったが,Aらが被告人車両を暴走族狩りと誤信して逃走...と誤信して逃走しようとしていることを認識していたと認定しているが,被告人が,...拠はなく,この点は誤りというほかないが,いずれにせよ,被告人は,Aらが逃走
判示要旨:「人又は車の通行を妨害する目的」(平成25年法律第86号による改正前の刑法208条の2第2項前段)があるとされる場合
取り消す
ず,その後も救護義務,報告義務を果たさず,そのまま逃走したとい
懲役23年
れたいという理由で,被害者らの安否を確認せずに放置して逃走した救護義務違反...及び報告義務違反の犯行に加え,逃走後に自分の自動車にビニールシートを掛ける
判示要旨:被告人両名が、2台の自動車で赤色信号の交差点に進入して先行車両が被害車両に衝突するなどした危険運転致死傷、道路交通法違反の事案について、①赤色信号の殊更無視、②危険運転の共謀、③後行車両の運転者の救護・報告義務違反の故意の有無が争われたが、①信号の視認状況や走行状況等から、被告人両名が赤色信号を殊更無視したことを認定し、②被告人両名が互いの自動車の走行状況を認識して速度を競うように高速度で走行していたとして危険運転の共謀を認め、③共謀が成立することから後行車両の運転者に救護・報告義務違反の故意を認めた事例
棄却
刑務官は,被収容者が自身を傷つけ若しくは他人に危害を加え,逃走し,...え,逃走し,刑事施設の職員の職務の執行を妨げ,その他刑事施設の
懲役5年
衝突したものの逃走し, ンビニエンスストアの駐車場に停車して,
判示要旨:普通乗用自動車を飲酒運転中の被告人が、過失により被害者に同車を衝突させた後、そのままその場を離れて警察に出頭するまで別の場所で過ごした行為につき、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律4条の「アルコールの影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的」があったとされ、同条の過失運転致死アルコール等影響発覚免脱にあたるとされた事案
棄却
度等から,罪証隠滅や逃走を図る可能性は存在しなかったといえることな...逃走の恐れが高いような状況ではなかった)
上告を棄却
及び母をいずれも出刃包丁で刺殺し,さらに,逃走資金を得る目的で両名の財布を
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(長崎ストーカー殺人事件)
上告を棄却
ーターホールに行った際,Dが被害者の逃走を阻止しようとしているのを知り,Dが被害者を取り押さえている現場に行った。被告人Cは,その後の午前7時54分
判示要旨:1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
懲役3年
あると疑われていることも認識してD棟南側出入口から逃走を開始した。丙は,...げ,逃走を続けた。丙が,さらに被告人を追って,午後11時12分頃,その
判示要旨:被害者方に侵入して同人所有のノートパソコンを盗んだ被告人が、一旦窃盗現場から離れたものの、再び犯行現場付近に戻ってきた際に、窃盗被害を聞いて犯人を捜していた被害者の知人に発見されて逃走し、追跡してきた同人の顔面を左げん骨で2回殴る暴行を加えて傷害を負わせたのに対し、窃盗の機会を肯定して強盗致傷罪の成立を認めた事案。
棄却
原告が逃走した経緯やその後の状況を内心の状況も含めて無理なく説明す...る自然かつ合理的なものであり,逃走を決意した理由に関し,過去に人身
判示要旨:普通貨物自動車の右後輪で、転倒した被害者の頭部を轢過して即死させるという交通事故を起こした運転者が、当該事故について未必的に認識しながら、自動車を停止せず、被害者の状態を確認することなく立ち去った場合における、道路交通法72条1項前段の定める救護義務違反の成否
懲役6年
め逃走し,その目的を遂げなかった。
判示要旨:警察官が、被告人の承諾なく、その使用車両の底部にGPS端末を取り付けて、約3か月間にわたり1600回を超えて位置検索を行い、その位置情報を取得した捜査は違法であるが、弁護人が違法収集証拠として排除を求める各証拠の収集過程に重大な違法まではないなどとして、その証拠能力は否定されなかった事例
死刑
人らがB,D及びEと過ごしていたのは,Bらが警察などに通報したり,逃走
判示要旨:被告人が、共犯者2名と共謀の上、強盗目的で民家に侵入して夫婦を殺害した住居侵入、強盗殺人と、その8年後に同共犯者のうち1名と共謀の上、強盗目的で民家に侵入して1名を殺害しようとした住居侵入、強盗殺人未遂の事案につき、死刑に処した事例
懲役1年
その場を逃走した。なお,本件衝突直後の被告人車両の速度は,本件衝突地...己保身から現場から逃走したものであり,強い非難に値する。本件は,懲役刑が...いて,被告人が逃走したことを「無責任の極み」や「自己中心」などの言葉で強
却下
ていた現金等をいきなりひったくり,自動車に乗って逃走しようとしたが,同
懲役21年
防犯ブザーを設置したり,逃走後に生活基盤を築く上で重要な役割を...の事実からすれば,DはJがいまだに逃走しようとする意思を持ち続...し,常に見張られているとの心理を植え付け,逃走しようとする意思
棄却
刑者の逃走,金品・信書の授受の防止などの的確な管理運営が必要不可欠
判示要旨:受刑者とその妻との面会を不許可とした刑事施設の長の処分が、国家賠償法1条1項の適用上適法とされた事例
却下
したため,原告はそのまま逃走し,λの知人宅に潜伏した。(原告本
判示要旨:1 コンゴ民主共和国国籍の男性について難民であると認められた事例 2 難民認定不認定処分に対する異議申立てと出入国管理及び難民認定法61条の2の2第2項の在留特別許可をしない処分の取消しの訴えにおける行政事件訴訟法14条1項ただし書の「正当な理由」 3 仮滞在の許可を受けていた在留資格未取得外国人で難民であると認められる者に対する退去強制手続の適否
破棄
て逃走する事案が事故態様を問わず広く「轢き逃げ」と呼ばれるように,「車に轢
無罪
同女は,被告人の横を通って,逃走した。続けて被告人も被害者方から外...へ出て逃走した。...(7)被告人は,被害者方から逃走後,所持していた剣なたなどを土中に
判示要旨:長期間にわたり統合失調症にり患していた被告人が、現金等を窃取しようとして、被害者宅に深夜侵入し、就寝中の被害者を殺害するなどした住居侵入、殺人等被告事件について、被告人は、被害者に出会えば殺されるという被害妄想に支配されていた一方、被害者に脅し取られたと考えていた金を取り戻さなければならないという思考障害に強く影響された状態にあり、犯行動機は、被害妄想や思考障害の影響を強く受けた中で形成されたものであって、了解することが極めて困難であることに照らすと、犯行は統合失調症の症状の圧倒的影響の下に行われたことが明らかであって、被告人は心神喪失の状態であったとの合理的な疑いが残るとして、被告人に無罪を言い渡した事例
却下
動車内の同運転手を目掛け,続いて同車から降車して後方に逃走した...続いて同車から降車して後方に逃走した同運転手を目掛け,それぞれ拳
懲役22年
故後の逃走経路を正しく案内できなかったこともあったというのであるから,こう
判示要旨:スマートフォンの画面を注視し、被害者らに気がつかないまま自車を衝突させた危険運転致死傷等(予備的訴因 過失運転致死傷等)被告事件において、危険運転致死傷罪の成立が争われたが、約15ないし20秒もの間ほとんど前を見ていないという運転態様や酔いの程度等を総合して、危険運転致死傷罪の成立を認めた事例
懲役4年6月
において呼び止められるなどしたため,逃走を図ろうとして,近くに横付けされた...自動車(以下「逃走車」という。)に乗って逃走するに当たり,被告人を捕ま...Dは,被告人が盗品の入ったショルダーバッグをDに押し付けて逃走車に
懲役1年
無視して約8時間30分にわたり逃走を続けていること(被告人は,停船命令に気
判示要旨:中華人民共和国に国籍を有し、同国船籍漁船の船長である被告人が、船員と共謀の上、本邦領海内においていわゆる宝石さんごの密漁を行った事案(平成26年12月7日施行の罰金額引上げの法改正後の外国人漁業の規制に関する法律違反被告事件)について、懲役1年及び罰金1000万円の各実刑並びに漁船及び漁具の没収を言い渡した事例
棄却
覚せい剤容疑の車両が逃走...時速約50キロメートルにて逃走を続け,午後3時4分ころ,広島市E...原告車は,そのまま本件駐車場を出て逃走した。
破棄
ないと認識していたため,逃走を阻止しようと考えて,直ちにEを追い掛け,本...ビルの4階エレベーターホールに行ったが,前記ケのとおり,HがEの逃走を阻...追い掛けて,同人の逃走を阻止した直後,Hが注視する中,その眼前でEに対し
判示要旨:二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
死刑
人は,隙を見てA方から逃走した。
判示要旨:金品窃取の目的で民家に侵入し、家人に発見されたことから、居直り強盗を決意して、家人2名を殺害し、1名に重傷を負わせ、現金等を奪ったという強盗殺人、強盗殺人未遂等の事案につき、死刑を回避すべき特別な事情はないとして、死刑が言い渡された事例
懲役1年2月
被告人は,その場から逃走しようと考え,自車を 発進させようとしたが,進...びDに対し判示のけがをさせ,その場から逃走した(被告人が自車を発進させ...場から逃走するために本件犯行に及んだと認められるが,被告人がそのような事
棄却
しかし,原告はこれに応じず,逆に自転車の速度を上げ,逃走する素振りを
控訴を棄却
屋上駐車場に出た後は急に小走りで逃走したが,
判示要旨:万引き窃盗事案において、クレプトマニア等を理由とする心神耗弱の主張を排斥し、併せて、その治療を開始していることが再度の刑執行猶予を相当とする理由にも刑期を減ずる理由にもならないとした事例
棄却
の者としての地位を考慮し,その逃走及び罪証の隠滅の防止並びに防御
判示要旨:1 受刑者とその妻との面会を不許可とした刑事施設の長の処分が、刑事収容施設法114条1項に関する長の裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用したものとして、当該妻に対する関係で国家賠償法1条1項の適用上も違法とされた事例 2 受刑者の妻から当該受刑者に宛てた信書の一部を抹消した刑事施設の長の処分が、刑事収容施設法129条1項に関する長の裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用したものとして、当該妻に対する関係で国家賠償法1条1項の適用上も違法とされた事例
懲役8年
逃走しようと考えた。被告人は,その逃走資金を得るために,窃盗や強盗...被告人は,前記第2の犯行現場から逃走後,犯行発覚を妨げようと...からの逃走資金を得ようとして思うがままに本件各犯行に及んだという動
懲役16年
認められる。さらに,セ供述によっても,犯人がいつ現場から逃走したかは明らか...供述を考慮しても,午後11時頃には,既に犯人は死体焼損現場から逃走していた可...本件では,犯人が死体に火をつけた後どのような経路を通って逃走したのかは
取り消す
その後,P3の支援を受けて同病院から逃走し,P3のメンバーの自...を出て,近くに止められていた車に乗って逃走し,そのままP3のメン
判示要旨:アンゴラ国籍を有する外国人に対して法務大臣がした難民の認定をしない処分の取消請求が、認容された事例
懲役2年8月
来るのではないかと考え,わいせつ行為を諦めて逃走した。自宅に逃げ帰った...的な記憶を留めてもいる。また,被告人は,犯行後,逃走し,犯行を告白した
棄却
が逃走しようとしたとしてAを非難した。
らかの理由によりそれを引き延ばした後に,それを放置して逃走したものと推認...室内で時計等を盗んだ後,同じ掃き出し窓から逃走したと認められる(その主...前記のとおり,侵入口であり逃走口と考えられる北側ベランダの手すりや
破棄
あり,同年10月21日に本件犯行に使用され,同日,逃走途中にタオルに包ま...れて逃走したためその目的を遂げず,上記暴行により同人に全治約2週間を要す
判示要旨:殺害された被害者が1名の強盗殺人等の事案につき、被告人が短期間に強盗致傷や強盗強姦という重大事件を複数回犯したことなどの事情を考慮して被告人を死刑に処した原判決が量刑不当として破棄された事例
無期懲役
けて逃走中であって,A2一家本部事務所にX3が現れてX2と対面して上記のよ
判示要旨:広域暴力団の二次団体の組長である被告人が、傘下組織の構成員が殺害された報復として配下組員らに指示し、対立する暴力団組織の構成員をけん銃で射殺させるなどした組織的犯罪処罰法の加重殺人、銃砲刀剣類所持等取締法の組織的なけん銃発射及びけん銃の加重所持の事案において、被告人を無期懲役及び罰金3000万円に処した事例
無期懲役
殺害し,全裸の遺体を林道の路肩に放置して逃走したという冷酷で非情なものであ
たときに,まだ不法侵入者が建物内に存在していた場合には,警戒解除時から逃走
控訴を棄却
V4を運転して,パトカーに追跡されながら,片側1車線の道路を逃走し,
判示要旨:刑法208条の2第2項前段にいう「人又は車の通行を妨害する目的」が肯定された事例
棄却
設の長が立会いを省略するか否かを判断するに当たり,自殺及び逃走等の...を把握しなくても,自殺,自傷,逃走その他の刑事施設の規律及び秩序を
上告を棄却
を受けて逃走や抵抗が困難であることを認識しつつAらと共謀の上,Cらに対し,
判示要旨:共謀加担後の暴行が共謀加担前に他の者が既に生じさせていた傷害を相当程度重篤化させた場合の傷害罪の共同正犯の成立範囲
懲役14年
ル」へ向けて逃走した。...対する暴行が始まり,Aらは,逃走しようとしたHを捕まえて,更なる暴行を加え
判示要旨:第1 中国人の民族間闘争における被害者甲に対する傷害の事案について、被告人が、言い争いをしていた甲から手拳や特殊警棒で殴打されるなどの暴行を加えられたことから、同じ民族の仲間に助けを求め、駆け付けた仲間と一緒になって甲を取り囲んで反撃を加え、甲が抵抗できなくなった後も激しく執拗な暴行を加え続けたという判示の事実関係の下において、被告人の共謀を認め、過剰防衛が成立するとした事例  第2 上記闘争における被害者乙に対する殺人の事案について、被告人の仲間が乙の仲間に先制攻撃を加えたことなどから、乙が、スタンガンを持ち出し、後ろに下がりながら左右に振り回すなどしていたところ、被告人が、乙に自ら近付き、携帯していた包丁(刃体の長さ約17?)を乙の上半身目掛けて、手加減することなく1回振り下ろして乙の左頸部に突き刺したという判示の事実関係の下において、被告人の殺意を認め、正当防衛や誤想防衛の成立を否定した事例
懲役3年
ア前に立ちはだかることとなって監禁行為は継続しているし,わいせつ行為が終了した直後にその場から逃走して被害児童を解放している。そうす
判示要旨:1 監禁罪と強制わいせつ罪とが観念的競合の関係にあるとされた事例 2 強制わいせつ罪と児童買春・児童ポルノ等処罰法7条3項の児童ポルノ製造罪とが併合罪の関係にあるとされた事例
(逃走者)
判示要旨:1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号(国の安全等に関する情報)及び同条4号(公共安全秩序維持情報)該当性の審査方法と主張立証責任 2 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、文化財問題、法的地位問題、請求権問題等について行った韓国側との交渉の様子やその評価、政府部内での検討の様子、日本政府の具体的見解等の情報が、①同文書の開示部分に記録されている情報と同一の内容のもの又は同一と評価し得るもの、②日韓会談において両国間で授受された文書に記録されているもの、③当時の官公庁において一般国民に公開することも予定していて一般的又は網羅的に調査するなどして得た情報であって現在において一般に入手可能なもの等に記録されているもの、④専ら当時の財政事情、経済情勢又は貨幣価値等に基づく検討内容又は計算金額等に係るもの、⑤日本に所在する朝鮮半島に由来する文化財に関する客観的事実等に係るもの、⑥韓国側開示文書によって既に公にされている情報と同一の内容のもの等であると認められる場合には、外務大臣の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用があると認められるが、その余のものについてはいずれも原則として、一般的類型的にみて、今後想定される北朝鮮との日朝国交正常化交渉等において交渉上不利益を被るおそれがあるとして、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとした事例 3 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、日韓会談及びその準備段階の政府部内における議論の内容やそれに対する評価、政府部内での検討の様子等の内部機密情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとされた事例 4 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①竹島問題に関する日本側の提案、見解、対処方針であって、日本側が韓国側に文書で提示したもの又は日韓両政府間で現に行われた交渉時に発言されたもの(ただし、原則として非公開約束があるものを除く。)、②竹島問題に関して韓国側から提示された提案、見解等(ただし、原則として非公開原則があるものを除く。)、③竹島問題に関する第三国の見解等が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たらないとされた事例 5 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①韓国要人一行等が訪日する際の警備計画に関するもの、②特定の場所における警備態勢及び警備対策に係る政府内部での具体的な検討状況、③海上保安庁の韓国周辺水域での警備体制についての検討状況、④日本政府が情報収集に至った経緯、犯罪容疑者に対する捜査に関する情報収集の方法や操作手法自体等の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 6 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、一般に公表されていない国の機関の連絡先に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号の不開示情報に当たるとされた事例 7 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、竹島を含む水域の警備等に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 8 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、昭和天皇と韓国政府高官とのやりとりが記載されている情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号イに当たり同号の不開示情報に当たらず、また同条3号の不開示情報にも当たらないとされた事例
上告を棄却
おいて,帰宅途中の中国人女性留学生(当時24歳)からバッグを強奪し,逃走し
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(大阪の中国人留学生・会社員強盗殺人等事件)
度,被告人 が転倒し た被害者 を放置し て 逃走してい ることな どを総合 すれば, 被
懲役1年6月
被告人に声をかけたときに,被告人が逃走する気配を示したり,立会いを拒否する...上げたことはなく,被告人車両に対する捜索を行う前にK警察官が逃走防止のため...警察官の供述によれば,K警察官は,被告人が被告人車両に乗り込んで逃走したり
判示要旨:強制採尿令状を執行中の捜査官らが、携帯電話機で外部の者と連絡を取ろうとした被告人から強制力を用いて携帯電話機を取り上げ、さらに、被告人からの携帯電話機の返却要求を拒んだ行為は、いずれも刑事訴訟法111条1項の「必要な処分」には当たらず、違法と言わざるを得ないが、その際、被告人が知り合いの弁護士に連絡する意図を有していたか疑問があるし、捜査官らは被告人が弁護士に連絡しようとしていたことを知らなかったから、捜査官らが故意に被告人の弁護人依頼権を侵害したとみることはできない上、捜査官らが被告人から取り上げた携帯電話機を返却するまでの時間は多く見積もっても40分程度であったこと、捜査官らの行為は被告人が携帯電話機で外部の者に連絡し暴力団関係者を呼び寄せて強制採尿令状の円滑な執行を妨害するのを防止するのに必要なものであったこと、ただ、その手段がやや行き過ぎたに過ぎなかったことにも照らすと、その違法の程度が重大であるとはいえないだけでなく、捜査官らに令状主義を没却する意思があったともいえないとして、捜査官らの行為が被告人の弁護人依頼権を侵害したことを理由に強制採尿令状によって採取された尿に関する鑑定書を違法収集証拠として証拠から排除した1審判決を破棄し、同鑑定書に証拠能力を認めて被告人を有罪とした事例
無期懲役
)で逃走した。その...加えたため,同人はその場にうずくまり,被告人らは被告人車両で逃走した。...ど逃走が困難な状況にした上で,因縁をつけて強い口調で金銭の交付を求め,更に
判示要旨:強盗殺人、現住建造物等放火等被告事件について、区分審理が行われた上で、無期懲役刑が言い渡された事例
1030 件中 3/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in