裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
罪名
詐欺
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
詐欺の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
詐欺を犯した場合、 4.3%の確率で無罪、
95.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
108
18
5
90
72
29
9
1919 件中 9/39 ぺージ
◀前    次▶
5 6 7 8 9 10 11 12 13
控訴を棄却
を有罪と認定した、(二)しかし、右詐欺罪の被害者であり、かつ、右公正証書原...対する詐欺罪が成立しないとすれば、Dに対する詐欺が問題となる結果、最終的な...る詐欺ということになり、被告人が犯罪行為を犯したことに変りはないこと(原審
判示要旨:一 刑訴法三八二条の二第三項後段所定の疎明を欠き、同条一項、三八二条による控訴趣意として不適法とされた事例 二 刑訴法三八二条の二第三項前段所定の疎明を欠き、同条一項、三八二条による控訴趣意として不適法とされた事例
棄却
 右の者に対する詐欺被告事件(昭和六〇年(あ)第八〇七号)について、昭和六
判示要旨:上告棄却決定に対する異議申立につき弁護人選任届の追完が認められなかつた事例
上告を棄却
判示要旨:法人の代表者がその法人の行為に関して宅地建物取引業法七九条二号の違反行為をしたときの罰条
上告を棄却
判示要旨:宅地建物取引業者である法人の代表者がその法人の業務に関し、宅地建物取引業法四七条に違反する行為をしたときの罰条
却下
 右の者に対する詐欺被告事件(昭和六〇年(あ)第一二五七号)について、昭和
判示要旨:最高裁判所がした勾留理由開示請求却下決定に対する特別抗告の適否(消極)
却下
 右の者に対する詐欺被告事件(昭和六〇年(あ)第一二五七号)について、昭和
判示要旨:最高裁判所がした保釈請求却下決定に対する異議申立の適否(消極)
上告を棄却
判示要旨:憲法三七条違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:複数の上告趣意書の一部に具体的な上告理由の記載がない場合の処理例
破棄
いていずれも詐欺罪の成立を認めたのは、健康保険法八七条一号の解釈・適用を誤...は、原判決は被告人A、同Bについて詐欺罪の成立を認めているが、本件では健康...解せられないとして各詐欺罪の成立を認めたのは、健保法八七条一号の解釈・適用
判示要旨:虚僞の健康保険者資格取得届を提出し、被保険者証の交付を受ける行為と健康保険法八七条一号
上告を棄却
旨の弁解をし、その後別件の詐欺事件によつて逮捕、勾留され、その間本件につい
判示要旨:強盗殺人事件について一、二審判決に事実誤認がないとの職権判断が付加された事例
破棄
発生がない場合においても詐欺罪が成立するものと解すべきであり、かつこのこと...等を依頼者の口座に振替入金する行為は、詐欺罪における財産的処分行為と評価す...しては詐欺未遂の限度でしか責任を問い得ないというべきである。しかるに原判決
判示要旨:商業信用状及び船積書類の記載と異なる中古の建設機械を船積しながらその情を秘して銀行係員に対し商業信用状付荷為替手形の買取又は取立を依頼し右買取代金等名下に振替入金させた場合と詐欺罪の成否(積極)
破棄
れを騙取した」旨の詐欺の公訴事実について、被告人の右行為は詐欺罪を構成しな...いとしてこれを無罪としているが、右は詐欺罪に関する法令の解釈及び適用を誤つ...被保険者証の交付を受けてこれを取得する場合においても、詐欺罪の規定の保護に
判示要旨:欺岡手段を用いて市の係員から国民健康保険被保険考証の交付を受けてこれを取得する行為と詐欺罪の成否
上告を棄却
判示要旨:一 刑法一条二項にいう「日本船舶」にあたるとされた事例 二 公海上における船舶覆没行為につき刑法一条二項により同法一二六条二項の規定の適用があるとされた事例
破棄
昭和五七年八月二一日から二二日にかけて行つた本件詐欺の犯行につき、同年一〇
判示要旨:犯行時及び判決言渡し時に保護観察付執行猶予期間中であつた者に対し執行猶予付懲役刑を言い渡した原判決が職権により破棄差戻された事例
上告を棄却
詐欺の被害事実につきAの証人尋問が行われたのち、昭和五七年一月九日検察官が
判示要旨:すでに公判期日において証人として尋問された者を同一事項につき検察官が取り調べて作成した供述調書と刑訴法三二一条一項二号にいう「前の供述」
上告を棄却
 なお、本件詐欺の事案につき、所論は、「本件一三億五〇〇〇万円のA金庫(以...のということはできないのであつて、本件詐欺の成立を認めた原判決に事実誤認の
判示要旨:事実誤認の主張について職権判断が示された事例
上告を棄却
必要のあることは否定できないが、それが行われるのは、実際には詐欺等の他の犯...えない。しかしながら、右第一審判決によれば、当該コピーは詐欺罪の手段として...使用されており、被告人は右詐欺を含めて額面総額三二五〇万円にのぼる手形、小
判示要旨:公文書を電子複写機で複写したものに改ざんを施しこれを更に複写したものが有印公文書偽造罪の客体にあたるとされた事例
棄却
判示要旨:特別抗告が期間経過後の申立として不適法とされた事例
上告を棄却
判示要旨:第一審公判期日における証言と相反するか若しくは実質的に異るものとして、控訴審において検察官調書を取り調べながら、弁護人がした供述者の証人尋問請求を却下することと、被告人の証人審問権
上告を棄却
判示要旨:原判決の結論に影響のない事項に関する判例違反の主張であるとして不適法処理した事例
上告を棄却
判示要旨:国選弁護人の弁護活動が不十分であつたとする憲法三七条三項違反の主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
判示要旨:判決宣告調書の被告事件名欄の記載が明白な誤記と認められた事例
上告を棄却
思われる場合について詐欺罪の成立を肯定する趣旨を含むものとは解せられないか
判示要旨:判例違反の主張が限判決の所論判示部分は所論の趣旨を含むものではないとして「欠前提」とされた事例
上告を棄却
判示要旨:刑訴法三九三条一項本文、二項、三九四条、四〇〇条但書は憲法三一条、三二条、三七条二項に違反するとの主張が欠前提(立法政策)とされた事例
上告を棄却
判示要旨:被告人の自白が任意性を欠くものではなく被告人に対する勾留が不当に長い拘禁にあたるとも認められないとして、憲法三八条二項違反の主張を「欠前提」とした事例
上告を棄却
判示要旨:一 死刑の合憲性 二 死刑事件 (愛媛の保険金目当て実母殺害等事件)
上告を棄却
判示要旨:確定裁判を経た罪の余罪を処罰することが憲法三九条後段に違反するとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:刑法一二六条二項にいう艦船の「破壊」にあたるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:一 刑訴法四〇二条における刑の軽重の比較と刑の執行猶予の言渡の有無 二 刑訴法四〇二条に違反しないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:死刑事件 著名事件 第一審判決の主文が死刑と懲役刑であり、上告審における未決勾留は前者を本刑とするもののみである場合に、右未決勾留日数を後者の刑期に満ちるまで算入した事例―いわゆる寝屋川若夫婦強殺事件―
上告を棄却
判示要旨:判例不適切とされた事例
上告を棄却
判示要旨:韓国人であるため差別的取扱を受けたと認められないとして一四条違反の主張が欠前提とされた事例
棄却
判示要旨:再審請求の理由が刑訴法四三六条一項所定の再審事由にあたらない場合の棄却条文
上告を棄却
判示要旨:一 無期懲役刑につき、一、二審は未決を算入しなかつたが、上告審は算入した事例 二 分離決定をすることなく、被告人二名のうちの一名につき決定で上告を棄却した事例(他の一名については判決で上告棄却)
控訴を棄却
判示要旨:艦船破壊にあたるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:一 拘禁場又は械具の損壊による加重逃走罪における実行の着手 二 拘禁場又は械具の損壊による加重逃走罪につき実行の着手があつたとされた事例
上告を棄却
判示要旨:控訴裁判所が控訴趣意に対する判断を遺脱した旨の主張が、単なる訴訟法違反の主張とされた事例
破棄
 そこで、被告人に原判決が認定するとおりの詐欺の犯意があつたかどうかを検討...判決も主としてこのような見地に立つて被告人に詐欺の犯意を肯認したものであると窺うことができるのである。...掲供述及び証人Gの証言から窺われる最終的に被告人からGに対し一六台の車両全部の精算書を提出する約束であつた事実を併せると、被告人の詐欺の犯意を否定さ
判示要旨:詐欺の事実につき事実誤認の疑いないし審理不尽などの違法があるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:被告人が経理課長の地位にあつたことを利用して横領等を犯した旨の判示は憲法一四条に違反するとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
 もちろん、写真コピーが詐欺その他種々の不正行為の手段として使われることは、すくなくない。しかし、それは、詐欺罪の規定をはじめ、もし右不正行為自体を取...の写真コピーを使用することによる詐欺罪は成立しているのであり、被告人には外に三九回にわたる被害総額二三六五万円余に及ぶ窃盗の事実と一回の窃盗未遂の事
判示要旨:公文書の電子コピーの作成が有印公文書偽造罪にあたるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:憲法三八条二項違反の主張(自白の任意性に疑)が欠前提とされた事例
破棄
の住居侵入罪、同第三の窃盗罪、同第四の各詐欺罪、同第五の業務上過失傷害罪、
判示要旨:親族相盗例において同居関係が解消していないとされた事例
 被告人は、その窃盗、有印私文書偽造、同行使、詐欺、同未遂被告事件について、
判示要旨:上告取下の撤回が許されなかつた事例
1919 件中 9/39 ぺージ
◀前    次▶
5 6 7 8 9 10 11 12 13

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in