裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
罪名
詐欺
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
詐欺の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
詐欺を犯した場合、 4.3%の確率で無罪、
95.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
108
18
5
90
72
29
9
1919 件中 8/39 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
懲役20年
せ考えると,本件詐欺が保険制度の根幹を揺るがす非常に悪質なものである上に,...省悔悟していること,本件詐欺被害については被告人の父親から全額被害弁償がな
破棄
 2 第1審判決は,次のような事実認定及び法律判断をして,被告人両名に詐欺...場合と本件のような虚偽の申告をした場合とでは支払時期に差異が生じる点で詐欺...工事完成払金の支払時期を不当に早めたものとして,詐欺罪の成立を認めていると
判示要旨:請負人が欺罔手段を用いて請負代金を本来の支払時期より前に受領した場合と刑法246条1項の詐欺罪の成否
上告を棄却
判示要旨:1 殺害の日時・場所・方法の判示が概括的で実行行為者の判示が択一的であっても殺人罪の罪となるべき事実の判示として不十分とはいえないとされた事例 2 殺人罪の共同正犯の訴因において実行行為者が明示された場合に訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる実行行為者を認定することの適否 3 殺人罪の共同正犯の訴因において実行行為者が被告人と明示された場合に訴因変更手続を経ることなく実行行為者が共犯者又は被告人あるいはその両名であると択一的に認定したことに違法はないとされた事例
懲役1年6月
 4 しかし,以下のとおり,被告人が詐欺の故意を有していたと認めるには疑問...ば,外形的には詐欺の欺罔行為と目される面があったことは否定し難いところであ...うべきである。 5 以上の検討によれば,本件共済金請求につき被告人に詐欺の故意があったと
判示要旨:交通事故による休業損害補償金として自動車共済契約による共済金を騙し取ったとされた事件において詐欺の故意が認められないとして無罪が言い渡された事例
上告を棄却
遺棄、有印私文書偽造、同行使、詐欺、詐欺未遂)。以上の各犯行は、いずれも罪
判示要旨:死刑事件(香川・徳島・東京・神奈川連続殺人事件)
上告を棄却
られた録音テープは、被告人から詐欺の被害を受けたと考えた者が、被告人の説明
判示要旨:相手方の同意を得ないで相手方との会話を録音したテープの証拠能力が認められた事例
上告を棄却
たる強盗殺人・死体遺棄のほか、詐欺、窃盗各一件の事案である。いずれの強盗殺
判示要旨:死刑事件(財産目当て従弟ら殺人事件)
上告を棄却
成七年法律第九一号による改正前のもの)二四六条一項の詐欺罪の成立を認めた原
判示要旨:簡易生命保険証書の騙取と詐欺罪の成否
上告を棄却
殺人、死体遺棄、有印私文書偽造、同行使、詐欺の事案である。自己中心的で身勝
判示要旨:強盗殺人等被告事件につき、無期懲役に処した第一審判決を維持した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
上告を棄却
偽造、同行使、詐欺)という事案である。
判示要旨:強盗殺人等被告事件について、無期懲役に処した第一審判決を是認した控訴審判決には量刑の基礎となる事実に関する認定、評価の誤り又はその疑いが認められるが、いまだ破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:平成一一年法律第一三八号による刑訴法二二二条の二の追加前において検証許可状により電話傍受を行うことの適否
破棄
した強盗殺人、有印私文書偽造、同行使、詐欺の事案である。すなわち、被告人は、...同行使、詐欺)ものである。...本件各犯行に及んだものであり、また、本件強盗殺人の犯行において主導的役割を果たしており、その犯行後に本件詐欺等の犯行にも及び、その後も堕落した生活を
判示要旨:第一審判決の無期懲役の科刑を維持した控訴審判決が量刑不当として破棄された事例
控訴を棄却
詐欺のことだけでなく、被告人がF宅放火やG宅放火にも関係していたことまで発...火及び保険金詐欺、F宅の放火及び保険金詐欺の各事実についても起訴されて、平...Bは、F宅の放火と保険金詐欺を共謀したのはB、A、F及び被告人の四人であ
判示要旨:一 殺人及び死体遺棄の共同正犯において、実行行為者、殺害の方法等につき択一的ないし厳密な特定をしない認定が是認された事例 二 殺人及び死体遺棄の共同正犯において、実行行為者を被告人と特定した訴因に対し、これを特定せずに択一的に認定するにつき訴因変更を要しないとされた事例
上告を棄却
謀の上、あるいは単独で、有印私文書偽造・同行使・詐欺五件、恐喝未遂一件、恐
判示要旨:死刑事件(熊谷の3人殺し事件)
  第一 銃撃事件に関連する詐欺の訴因について...  第二 昭和六三年一二月一六日付け起訴状第二記載の詐欺の事実について...一九日付け起訴にかかる詐欺及び同年一二月一六日付け起訴にかかる公訴事実第一
判示要旨:銃撃の実行者である特定の者との殺人罪の共同正犯の訴因に対しその実行者を氏名不詳者と認定したことが違法とされた事例
上告を棄却
判示要旨:競売手続の妨害目的で従業員を交替で泊まり込ませていた家屋につき放火前に右従業員を旅行に連れ出していても刑法(平成七年法律第九一号による改正前のもの)一〇八条にいう「現ニ人ノ居住ニ使用」する建造物に当たるとされた事例
破棄
に対する殺人未遂、同判示第三の一のDに対する殺人、同判示第三の二の詐欺未遂...の、単独で同判示第二の二の詐欺の、各犯行に及んだものと認定した第一審判決に...万円相当を取得し(同判示第二の二の詐欺)、さらに、Aの紹介で同社の名目上の
判示要旨:死刑の選択がやむを得ないと認められる場合に当たるとはいい難いとして原判決及び第一審判決が破棄され無期懲役が言い渡された事例
破棄
や、前記詐欺の発覚を防ぐために、支払金振込通知書写しを偽造、行使しようと企...下に金融業者から合計一五一万円を騙取し、同第二のとおり、同月一〇日、右詐欺...行の態様も、同第一の詐欺については、岡山県の母子福祉貸付制度関係書類を被害
判示要旨:公文書の内容を改ざんしこれを原稿としてファクシミリで送信し受信先のファクシミリで印字させて作成した写しが有印公文書偽造罪の客体に当たるとされた事例
破棄
ら、原判示第二の有印私文書偽造、同行使については無罪であり、同第一の詐欺に...認識し、Aと共謀のうえ、これを実行したことは明らかであり、かつ同第一の詐欺... 所論は、要するに、原判決は、原判示第一の詐欺と同第二の有印私文書偽造、同
判示要旨:詐欺罪と偽造有印私文書行使罪とが包括一罪とされた事例
上告を棄却
判示要旨:死刑事件(保険金殺人事件)(補足意見がある)
破棄
子計算機使用詐欺罪及び第一次予備的訴因である業務上横領罪は成立しないとし...も、主位的訴因である電子計算機使用詐欺罪の成立を認めるべきであるのに、これ...る、というのであり、弁護人の答弁は、要するに、本件につき電子計算機使用詐欺
判示要旨:一 刑法二四六条の二にいう「虚偽ノ情報」の意義 二 刑法二四六条の二にいう「虚偽ノ情報」に当たるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:いわゆる撚糸工連事件(理事長による詐欺、業務上横領、贈賄事件)
棄却
判示要旨:勾留執行停止決定の取消決定に対する特別抗告が申立の利益を失ったとされた事例
控訴を棄却
四名の被害者から金員を騙取したとして、いわゆる客殺し商法による詐欺罪を認定...ていた事実はない上、被告人には詐欺の犯意はなく、(2)また、原判決挙示の証...のような商法を推進していたものであるから、被告人には詐欺の故意に欠けるとこ
判示要旨:公判調書の裁判官氏名欄の記載が明白な誤記と認められた事例
上告を棄却
とができるから、被告人らの本件行為が刑法二四六条一項の詐欺罪を構成するとし
判示要旨:商品先物取引に関していわゆる客殺し商法により顧客から委託証拠金名義で現金等の交付を受けた行為について詐欺罪の成立が認められた事例
破棄
を取得するいわゆる「空刷り」の手口で詐欺的利用を行ったものであり(名目上の...計画的、常習的な詐欺の一環で、その使途も同情すべき余地の全くない悪質なもの...態様である「空刷り」についてその詐欺的利用であることを強調し、更に被害弁償
判示要旨:起訴されていない犯罪事実を実質上処罰する趣旨で量刑をした疑いがあるときと破棄理由
 被告人は、詐欺未遂、詐欺被告事件について、平成三年四月三〇日大阪高等裁判
判示要旨:上告取下げの撤回が許されなかった事例
破棄
いずれも、その全て、あるいは一部が原判示第一及び同第二の詐欺により取得した...物と推測されるのであり、被害者は詐欺による取消権を行使して四及び五の物件を...ているので、詐欺による取消の意思表示も当然あったものと認められるのに、原判
判示要旨:一 破産法三七四条三号の「商業帳簿」と商法との関係 二 売掛帳などの補助簿や伝票と商法三二条一項の「会計帳簿」 三 破産法三七四条三号の「商業帳簿」に当たるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:新株の払込みを仮装のものとして公正証書原本不実記載罪の成立が認められた事例
上告を棄却
同行使、詐欺の犯人であるとした第一審判決を是認した原判決に事実誤認があると
判示要旨:いわゆる無盡蔵店主殺人事件
上告を棄却
判示要旨:被疑者に対する長時間の取調べが任意捜査として許容される限度を逸脱したものとまではいえないとされた事例(反対意見がある)
上告を棄却
かれたため詐欺の目的を遂げなかつたものである。このように本件犯行が極めて執
判示要旨:死刑事件(保険金目的殺人事件)
上告を棄却
和四一年一二月二日当時、同被告人に対しては詐欺被告事件の勾留と恐喝被疑事件
判示要旨:一、 弁護人との接見交通権の制限を含めて検討しても自白の任意性に疑いがないとされた事例 二、 迅速裁判保護条項違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:判決宣告期日の直前に国選弁護人選任の請求がされた場合にその選任をしないまま判決の宣告をしたことが憲法三一条、三七条三項に違反しないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:詐欺罪が成立するとされた事例−いわゆる東京畜犬事件
上告を棄却
強盗、強盗傷人、詐欺、窃盗を内容とする事案であり、ことに尊い人命を二人まで...詐欺事件により指名手配されて内妻と共に逃亡生活を続けるうち宿泊先に困り、内
判示要旨:死刑事件(女子中学生誘拐殺人等事件)
上告を棄却
判示要旨:誤つて公訴事実の同一性のない訴因の追加及び立証がされた場合の事後措置
上告を棄却
判示要旨:判例違反の主張が欠前提及び事案異とされた事例
上告を棄却
判示要旨:原判決が第一審判決の懲役刑及び罰金刑のいずれに未決勾留日数を算入するのか明示していない場合につき懲役刑に算入した趣旨と解すべきであるとした事例
上告を棄却
判示要旨:第一回公判期日前に保釈条件変更許可決定をした裁判官が関与した裁判についてされた憲法三七条一項違反の主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
判示要旨:公文書の内容に改ざんを加えたうえそのコピーを作成した場合の擬律
1919 件中 8/39 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in