2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62208 
刑事22007民事40201
裁判員
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
112 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
控訴を棄却
所論は,裁判員裁判において「殺人,単独犯,同種の罪の数2~4件,被害者2...択することが真にやむを得ないとまではいい難いという原判決の判断は,裁判員を
控訴を棄却
原審は,改めて裁判員裁判で審理を行い,被告人とBとの間の手紙
破棄
れたなどというが,原審(裁判員裁判)において,責任能力の結論(完全責任能力...なった。したがって,原判決の判断は,原審段階での証拠関係を前提に,裁判員と...裁判員が死刑判決に関与することは,憲法18条後段の「苦役」を強いるもので
懲役2年6月
しかし,原判決が挙げる刑訴法の制度及び運用の変化は,裁判員制度の導入等を
破棄
について,裁判員の参加する合議体により審理を尽くした上で,認定した事実に
破棄
裁判員裁判による公判審理の第1回公判期日における冒頭陳述において,...⑵ 裁判員裁判を審理する裁判官及び裁判員の権限について定めた,裁判員の...参加する刑事裁判に関する法律(以下「裁判員法」という。
上告を棄却
裁判員の参加する刑事裁判に関する法律に基づく裁判員裁判において死刑が選択さ...裁判員制度が憲法のこれらの規定に違反しないことは当裁判所の判例(最高裁昭和
懲役3年
たか否かの判断に当たり,裁判員を含む合議体はそのあらゆる前提事実につ...出して階段を下ろうとした点を裁判員・裁判官が追体験するというものであ
破棄
本件は,裁判員裁判対象事件であり,前記公訴事実を巡り,公判前整理手続にお
控訴を棄却
裁判員の参加する合議体で評議を尽くし,
控訴を棄却
に,裁判員量刑検索システムによって把握される殺人罪の量刑傾向等を
懲役16年
かなり重いものと考えられる。すなわち,裁判員制度施行後の殺人1件に対して心...る上で尊重できるものであり,原判決が裁判員を含んだ裁判体による判断であるこ
控訴を棄却
その後,裁判員裁判については,平成21年7月24日付け矯正局成...人矯正課長通知『裁判員の参加する刑事裁判の法廷における手錠等の使...用について(通知)』により,裁判所は,裁判員に被告人の手錠等を見
控訴を棄却
いる人物が裁判官及び裁判員であるかわかっていなかったり,黙秘する旨を...されたら答えます。」と答えていたのに,検察官,裁判官,裁判員からの質...然立ち上がったとか,判断者である裁判員に対して怒りをぶつける発言をし
控訴を棄却
に行った裁判員の参加する刑事裁判に関する法律50条に基づく精神鑑定の請求を
懲役30年
いかという観点から,死刑の選択について検討を加えている。その中でも,裁判員...ないかという観点から,裁判員裁判制度施行後の死刑が選択された事案や,無期懲
懲役23年
単独犯による被害者複数名の殺人罪の裁判員裁判において,凶器が使用されていな...本件事案の重大性や,量刑事情の認定・評価及び量刑判断を裁判員の参加する合議...体で行うこととした裁判員制度の趣旨に照らすと,改めて裁判員の参加する合議体
懲役15年
殺人被告事件(裁判員裁判)
破棄
本件は,裁判員裁判対象事件であり,前記公訴事実を巡り,公判前整理手続...していた裁判員裁判の公判期日の指定を取り消し,更に公判前整理手続を進め,結
懲役7年
殺人,傷害被告事件(裁判員裁判)
棄却
た,検察官送致がされた少年に関する刑事裁判や裁判員裁判においては,...手錠等を施された被告人の姿を傍聴人や裁判員から見られないよう一定
棄却
事件の記録を読み,本件被告事件が裁判員裁判対象事件であり,裁判員に...同月,本件被告事件の裁判員等選任手続期日が開催され,同年6月30...日から同年7月7日まで4回の裁判員裁判による公判期日が開かれた。原
破棄
ある。そのため,裁判員裁判の連日的開廷の中で,検討すべき事項が多岐に...おいて,12月2日までに公判の審理日程を作成し,同月10日に裁判員候...と判断された場合にも,被告人の自白が裁判員の心証形成に影響を及ぼす可
懲役7年
した。そのため,裁判所が検察官及び弁護人の了解を得て作成した裁判員に対する...説明案では,裁判員に対する「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」...の説明がされていない。その結果,裁判員が,「アルコールの影響により正常な運
控訴を棄却
けていないおそれがあるという裁判員の意見があった旨を伝えたことで明らかにな...弁護人の役割を全く理解せず公正な裁判を期待できない裁判員が審理に...関与したのに,当該裁判員の誤解を解消せず,かつ,その裁判員について裁判員の参
控訴を棄却
を十分に考慮しても,被告人を懲役3年に処した裁判員裁判による原判決の量刑判
破棄
裁判員の参加する合議体により,平成27年11月16日,第1回公判期...が行われ,裁判員の参加する合議体により評議が行われた上で,同月30日,第1
1 刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為の意義 2 子に対する保護責任者遺棄致死被告事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例 3 裁判員の参加する合議体で審理された保護責任者遺棄致死被告事件について、訴因変更を命じ又はこれを積極的に促すべき義務がないとされた事例
即時抗告を棄却
な情報として利用することができること,裁判員裁判においては心理...学的な供述評価は裁判官と裁判員が実質的に協働して評議を行うため...なお,原決定は,裁判員裁判における評議の在り方についても言及
即時抗告を棄却
な情報として利用することができること,裁判員裁判においては心理...学的な供述評価は裁判官と裁判員が実質的に協働して評議を行うため...なお,原決定は,裁判員裁判における評議の在り方についても言及
上告を棄却
このような特質を有する事案について,特に裁判員裁判において合理的な判断を
殺人未遂幇助被告事件について、第1審判決が説示する間接事実の積み重ねによって殺人未遂幇助の意思を認定できないとして事実誤認を理由に有罪の第1審判決を破棄し無罪とした原判決が是認された事例
棄却
受けたり,裁判官と議論をすることもあり,刑事裁判修習では,裁判員裁判制度開...始以降,司法修習生が,裁判員裁判の評議に立ち会うこともあった。
死刑
もっとも,裁判員が参加する審理において,殊に犯罪事実に関して深刻な争...いのあるような事案では,裁判員が的確に判断するために,犯罪事実に関する
死刑
もっとも,裁判員が参加する審理において,殊に犯罪事実に関して深刻な争...いのあるような事案では,裁判員が的確に判断するために,犯罪事実に関する
棄却
人口の増加の他に,被疑者段階における公的弁護制度,裁判員制度,日本司...対する旨の意見を述べたのに対し,井上委員は,公的弁護,裁判員制度な...ある,法科大学院,公的弁護,司法ネット,裁判員制度等は最終的に費用
棄却
に裁判員制度,司法ネット等にも財政負担,つまり国民の負担...とする必要があり,司法制度改革による 裁判員制度や司法ネッ
棄却
なお,刑事裁判修習では,裁判員裁判制度開始以降の修習期の...司法修習生は,裁判員裁判の評議に立ち会うこともあった。
控訴を棄却
更され,裁判員裁判の対象となったことから,本件は,期日間整理手続に付さ...て整理された上,裁判員裁判として審理された。
棄却
訴され裁判員裁判になった場合には裁判が非常に長期化する。起訴休職
控訴を棄却
ではなく,裁判員を交えて直接審理に臨んで証拠を検討した上での判断として十分...いことからすると,裁判員の判断を不当に歪めるおそれすらある,という。原判決...といえるか否かという法的概念について,裁判員に理解しやすい中間命題を示した
無期懲役
殺人被告事件(裁判員裁判)
控訴を棄却
みを鑑定事項とする旨の弁護人の鑑定請求を採用し,裁判員の参加する刑事裁判に...裁判員に不当な影響を与える裁判長の言動があったことを理由とする訴訟手...与える不当な言動を行っており,そのことにより裁判員が不当な影響を受け,原判
懲役9年
当裁判所は,裁判員の参加する刑事裁判に関する法律68条3項に基づき裁
破棄
裁判員法の憲法違反~」 訴訟手続の法令違反を主張するものである旨釈明した。...1 裁判員法の憲法違反をいう主張について...論旨は,要するに,①裁判員が死刑判決に関与することは憲法18条後段の「苦
無期懲役
はいえない。そこで,裁判員と評議の上で,被告人に対しては,主文の無期懲役に
いること,本件では,一般国民から選任された裁判員を含む合議体が本件を家...これを受けた本件公訴は棄却されるべきである旨主張するが,更に裁判員裁判
懲役22年
以上の検討を経て,裁判員と評議の上で,主文の刑を導いた。
破棄
原則とすることから(刑訴法320条1項),とりわけ裁判員の参加する刑事裁...裁判体は,裁判員を含め,被告人の犯人性を判断する上では,共犯者の供述の信...記録された被告人の供述態度を比較することも重要であり,そもそも裁判員が法
1 検察官から実質証拠として取調べ請求がされた被告人の自白を内容とする取調べ状況の録音録画記録媒体について、取調べの必要性を否定して請求を却下した原審の証拠決定が、裁判所の合理的な裁量を逸脱したものとは認められないとされた事例 2 控訴審において検察官が取調べ請求をした被告人から弁護人を介し共犯者に授受された手紙について、刑訴法382条の2第1項の「やむを得ない事由」があるとされた事例
懲役9年
以上の検討を経て,裁判員と評議の上で,主文の刑を導いた。
棄却
そもそも裁判員制度は,国民の視点や感覚と法曹の専門性との交流によって,...そして,裁判員裁判対象事件を取り扱う裁判体は,公平性,中立性を確保できる...よう配慮された手続の下に選任された裁判員と,身分保障の下,独立して職権を
刑訴法17条1項2号にいう「裁判の公平を維持することができない虞があるとき」に当たらないとされた事例
112 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in