裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62832 
刑事22149民事40683
水質
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
水質の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
水質を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
1
0
407 件中 7/9 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
却下
境には、大気、水質、土壌、日照、通風、景観等により形成される自然的環境、遺
判示要旨:1 建設中の建物が、建築基準法(平成14年法律第85号による改正前)68条の2に基づく「国立市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例」(平成11年国立市条例第30号)に違反しているとして、これにより日照、景観等について被害を受けると主張する者らが、都の建築指導事務所長に対し、同建物の違法部分について同法9条1項に基づく建築禁止命令及び除却命令を発しないという不作為が違法であることの確認及びこれらの各命令を発することを求めてしたいわゆる無名抗告訴訟のうち、不作為が違法であることの確認を求める訴えが、適法とされた事例 2 建築物の高さを規制した建築基準法及び条例に違反する建物の違法な部分により害される周辺住民の日照に対する利益、及び同条例により直接規制を受ける高さ制限地区の地権者の景観に対する利益が、建築基準法によって保護された法律上の利益に該当するとされた事例 3 建設中の建物が、建築基準法(平成14年法律第85号による改正前)68条の2に基づく「国立市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例」(平成11年国立市条例第30号)に違反しているとして、これにより日照、景観等について被害を受けると主張する者らが、都の建築主事は同建物について検査済証を交付してはならないとしていわゆる予防的不作為を求めた訴えが、却下された事例 4 根切り工事の着手及びその継続がされている建築物が、建築基準法3条2項にいう「現に建築の工事中の建築物」に当たらないとされた事例
取り消す
水質に関わりなく一切の処理済排水を排水設備設置義務免除等の対象から除外する... また,原告は,水質汚濁防止法2条2項の「特定施設」を保有していることか...共下水道への排出口における水質が法施行令及び静岡市下水道条例で定める基準に
判示要旨:下水道法10条1項ただし書所定の公共下水道管理者である市水道事業及び下水道管理者が、同項の規定により製紙会社のした排水設備設置義務免除及び放流許可に係る申請に対し、当該許可についての審査基準のうち「放流下水は、排水処理施設等を経由しない、未処理の状態であること」との基準に該当しないとしてした不許可決定が、取り消された事例
棄却
ダム,湖沼等の水質管理,水質調査等の業務に従事してきた実直な会社員である。
棄却
給,水質汚濁の防止等の作用により魚類の棲息と繁殖を助けることを目的とする保...栄養分を供給し,土砂等の流入による水質汚濁を防止する作用を有するとされてお...周辺海域に流失することを防ぐなど,周辺海域の水質汚濁の防止に寄与するのみな
判示要旨:魚つき保安林に指定されている森林を所有する者が、保安林指定のためにその使用収益を妨げられて損失を被ったと主張して、国に対してした森林法(平成11年法律第87号による改正前)35条に基づく損失補償請求が、棄却された事例
棄却
性剤による水質の改善研究,生物活性剤等の生産及び販売等を目的とする有限会...は,生物活性剤による水質の改善研究,生物活性剤等の生産及び販売等を目的とす
取り消す
水)等重要な施設があり,ゴルフ場からの排水が両水源の水質に影響を及ぼすこと...がないよう水質保全に万全の...の協議のもとに,水質保全対策として,11番ホール及び12番ホールのグリーン
取り消す
度、③水質管理の問題、の三点のほか、④配管の材質の問題も考えられる。本件原
判示要旨:1 核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和52年法律第80号による改正前)23条に基づいて内閣総理大臣のした原子炉設置許可処分につき、当該原子炉施設から約20キロメートル以内に居住する住民は、同処分の取消しを求める訴えの原告適格を有するが、後に100キロメートル余の遠隔地に転居するに至った者は、前記訴えの原告適格を有しないとした事例 2 核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和52年法律第80号による改正前)23条に基づく原子炉設置の許可処分の取消訴訟の係属中に当該原子炉について設置変更許可処分がされ、現実に同原子炉の施設及び設備が変更された場合に、同変更許可処分の実体的違法事由の有無を前記訴訟で審理及び判断することができるとした事例 3 核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和52年法律第80号による改正前)23条に基づく原子炉設置許可処分の取消請求が、同処分における原子炉施設の安全性に関する審査に不合理な点があるとはいえないなどとして、請求を棄却した事例
棄却
排出に対する規制が行われ,また水質や土壌に関する基準も設定あるいは提案され
取り消す
地産団地などに被害が及ぶおそれがあり、さらに上記取水口の水質汚染によって
却下
地表水及び地下水の水量及び水質に及ぼす影響の範囲及び程度などとともに、「当
判示要旨:1 林地開発許可処分の無効確認を求める訴えにつき、「自然の権利」という自然の価値の代弁者としての地位を有すると主張する市民や環境NGOの原告適格が否定された事例 2 林地開発許可処分の無効確認を求める訴えにつき、開発予定地の周辺に居住する住民の原告適格が否定された事例 3 森林法10条の2第1項(平成11年法律第87号による改正前)に基づく林地開発許可処分の取消しを求める訴えが、訴えの利益が消滅したとして、却下された事例
棄却
た。右調整池の建設により、農業用水への水質への影響も、浮遊物質量について望
棄却
酸素や塩素等の含有量を抑えるように水質が管理されること、③過渡状態での一次...ム・鉄合金等)が使用されており、一次冷却材の水質を清浄な状態に保つ水質管理
判示要旨:原子力発電所の加圧水型原子炉の増設を予定していた電力会社が行った原子炉設置変更許可申請に対して通商産業大臣がした許可処分が違法であるとして周辺住民がした同処分の取消請求が、棄却された事例
却下
水道施設において供給する浄水の水質基準は法律により定められており(同法四、...源保護条例(以下「水源保護条例」という。)を制定し、水道施設の水質汚濁の防...告の敗訴により、参加申立人吉永町は、水道等の水源の水質保全のため水源保護条
棄却
辺の水質の悪化、水量の変化、大気汚染、その他の環境悪化を生じ、許可区域周辺
判示要旨:多数の周辺住民が提起した林地開発行為許可処分取消訴訟における控訴提起の手数料額の算定
棄却
つのグループのうち、水質汚染グループの
控訴を棄却
については、厚生省水道環境部の平成八年度の水質測定結果では、フェニトロチオ...については平成八年度の水質測定結果では、フェニトロチオンについては全国で二
棄却
物処理法(及び水質汚濁防止法)上の基準である一リットル当たり〇・〇〇五ミリ
判示要旨:市が発注したごみ焼却場新築請負契約に関し、談合があったから、前記契約の締結及び代金の支払いが違法であり、契約は無効であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づきされた前記談合に関与した建設業者、当時の市議会議員及び市建設局次長に対する不法行為に基づく損害賠償請求ないしは不当利得返還請求が、認容された事例
棄却
用した水質浄化に関する商品、寝具類、ミネラルウォーター等の飲食物等多岐に亘
控訴を棄却
これらが周辺の水質等に悪影響を与え、森林破壊にもつながるものであって、廃棄
判示要旨:産業廃棄物処理業者が産業廃棄物最終処分場への産業廃棄物運搬のためにした林道使用許可申請に対し市長がした不許可処分の取消請求が、認容された事例
棄却
スルファミン酸ニッケル溶液を入れる。水質がめっき液に適さないほど悪い地方で
備で蒸発濃縮、脱塩等の処理が行われ、処理水は放射性物質の濃度、水質等を考慮... この点、後記(第一〇章第一一)のとおり、右事故の原因は、不十分な水質管理...(三) 伝熱管の腐食を防止するため、ナトリウム純度及び水質を管理するコール
判示要旨:1 高速増殖炉の建設及び運転の差止請求の根拠 2 建設中の原子炉施設の周辺に居住する住民がした同施設の建設及び運転の差止請求が、棄却された事例
は、不十分な水質管理の下に生じた腐食と不適切な配管の接続によって生じた冷却...備で蒸発濃縮、脱塩等の処理が行われ、処理水は放射性物質の濃度、水質等を考慮...(3) 伝熱管の腐食を防止するため、ナトリウム純度及び水質を管理するコール
判示要旨:1 無効確認訴訟に行政事件訴訟法10条1項を類推適用することの可否 2 原子炉設置許可処分の無効確認訴訟において科学技術に係る事項を判断する際に用いる科学的知見の基準時 3 原子炉設置許可処分の無効確認訴訟における主張立証責任 4 原子炉設置許可の段階における安全審査対象の範囲 5 内閣総理大臣がした原子炉設置許可処分の無効確認請求が、棄却された事例
控訴を棄却
(二) 仮に、(一)の主張が認められないとしても、本件条例は水質汚濁のおそ...水を確保するため、水道水質の汚濁を防止し、その水源を保護し、住民の生命、健...ものであって、その業種をみればいずれも水質を汚濁させ、或いは水源を枯渇ない
判示要旨:町長が、産業廃棄物の収集等を業とする会社の計画している産業廃棄物処理施設は、その必要水量を地下水から取水することが不可欠なものであるから町の水源を枯渇させるおそれがあり、紀伊長島町水道水源保護条例2条5号に定める「水源の枯渇をもたらし、又はそれらのおそれのある工場、その他の事業場」に当たるとしてした規制対象事業場認定処分が、適法とされた事例
棄却
により、水質汚濁の防止を図る。...(2) 温排水、水質汚濁・汚染による海生生物への影響について...② 水質汚濁について
棄却
ンターを通じて、地方公共団体等を相手に、河川や海の水質調査、土壌の分析等、
棄却
化槽、環境水質検査等、電話設備、フロント会計機、消防設備、ボイラータンク管
控訴を棄却
使用しているわけではないことも明らかである。さらに、近時は水質汚濁のため天
棄却
奈良県から指名競争入札により受注した桜井浄水場水質試験棟計装設備工事(以下
取り消す
剤取締法違反、廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反、水質汚濁防止法違反、公
判示要旨:1 県警察本部警務部総務課の旅費の支出に関する文書に記録された情報のうち、警察組織における警察職員の特定や支払の相手方の特定に関する情報並びに支払時期及び支出金額に関する情報が、滋賀県公文書の公開等に関する条例(昭和62年滋賀県条例第37号)6条3号に非公開事由として規定する公共秩序維持情報に該当するとされた事例 2 県警察本部警務部総務課の懇談会費の支出に関する文書に記録された情報のうち、警察組織における警察職員の特定や支払の相手方の特定に関する情報が、滋賀県公文書の公開等に関する条例(昭和62年滋賀県条例第37号)6条3号に非公開事由として規定する公共秩序維持情報に該当するとされた事例 3 県警察本部警務部総務課の懇談会費の支出に関する文書に記載された情報のうち、支払等の時期に関する情報及び支出金額に関する情報が、滋賀県公文書の公開等に関する条例(昭和62年滋賀県条例第37号)6条3号に非公開事由として規定する公共秩序維持情報に該当しないとされた事例
控訴を棄却
主張する。しかしながら、右は事業として行うものとして水質汚濁防止法、建築基
棄却
っており、具体的には、①取水から浄水、配水調節、水質管理に至る業務、その間...器具・水質のトラブル等各種トラブル対応業務、③民間サービス業と同様の迅速か
棄却
た、大気汚染、水質汚濁、工事にともなう騒音及び振動は、いずれも規制基準等を...埋立に伴う大気質、潮流、水質、底質、騒音、振動、悪臭、生態系及び漁業等に対...波の影響などを調査した結果、大気汚染、水質汚濁、騒音、振動、海生生物の生
判示要旨:県知事が県に対してした公有水面埋立免許処分が、同埋立てにより自然環境や生活環境が破壊されるなど違法であるから、同埋立てに係る県の公金の支出も違法であるとして、地方自治法242条の2第1項に基づき、前記知事に対してされた前記埋立てに係る一切の公金の支出の差止請求が、前記処分に違法な点はないとして、棄却された事例
棄却
届について、被告が、水質汚濁防止法その他の法令違反があるとして、受理を拒否...に与える水質の影響が大きいこと。...② 本件終末処理場の放流水質を基準以下に抑えるために、従来から地場産業の染
判示要旨:1 市長がした下水道法12条の10及び市下水道条例に基づく除害施設新設等届の受付を拒否した行為が行政庁の処分に当たるとされた事例 2 市長がした下水道法12条の10及び市下水道条例に基づく除害施設新設等届の受理を拒否した行為の取消しを求める請求が、棄却された事例
却下
と定め、この規定に基づいて公害防止計画書第四項は、「公害防止管理体制、水質
棄却
には、放流水の水質及び水量、放流方法並びに放流先の概況を記載し、かつ最終処...される周辺住民に限られるところ、原告らが主張する水質汚染の問題は、本件最終...(五) この点、原告らは、新廃掃法は、産業廃棄物処理場周辺における水質汚染
判示要旨:1 知事が、産業廃棄物最終処分場の設置の届出をした上でその設置を完了した者に対し、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(平成9年法律第85号による改正前)15条4項に基づいてした同処分場が同条2項1号所定の技術上の基準に適合している旨の認定について、同処分場から流出した土砂等から成る土石流ないし泥流による直接的な被害を受けることが想定される範囲内に居住する住民は、当該認定の無効確認を求める訴えの原告適格を有するとした事例 2 廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び廃棄物処理施設整備緊急措置法の一部を改正する法律(平成3年法律第95号)による改正前の廃棄物の処理及び清掃に関する法律15条1項に基づく産業廃棄物最終処分場の設置届出がされ、前記改正法附則5条1項、2項により同法(平成9年法律第85号による改正前)15条1項の許可を受けたものとみなされた施設について、知事に対してした同許可の取消しを求める旨の訴えが、不適法とされた事例
却下
 本件整備事業が博多湾の水質悪化・和白干潟の汚泥化に悪影響を与えるのは確実...(3) 博多湾の水質悪化の危険について...イ 水質汚濁の防止に関する事項
棄却
の埋立計画があるが、埋立てによる荒川の水質汚染、地下水汚染が懸念され、荒川...れているが、その理由は、主としてばい煙や水質汚染を問題とするものである。し... 当該施設による騒音、振動、臭気、粉塵、有毒ガス、大気汚染、水質汚濁等の公
判示要旨:1 建築基準法51条ただし書に基づく同条本文所定の建築物の新築許可を求める申請に対して不許可処分をするに当たり、同条ただし書所定の都市計画地方審議会の議を経ることの要否 2 建築基準法51条ただし書に基づく同条本文所定の建築物の新築許可を求める申請に対し、特定行政庁である県知事がした不許可処分の取消訴訟において、同処分の通知書に記載されていない処分理由を追加して主張することが許されるとした事例 3 建築基準法51条ただし書に基づく同条本文所定の建築物の新築許可を求める申請に対し、特定行政庁である県知事がした不許可処分の取消請求が、棄却された事例
却下
水についての国民の責務等を定めた水質汚濁防止法や下水道整備を定めた下水道法
判示要旨:1 県知事が県に対してした公有水面埋立免許処分に対する周辺住民、周辺漁民のした同処分の取消請求が、却下された事例 2 公有水面埋立法4条1項2号の趣旨 3 公有水面埋立法5条4号にいう、慣習により公有水面に排水をなす者の意義
棄却
るうえ、水質汚染を防止するため(実際には防止できないのに)にさらに長大な排...一定の広範な地域にわたって右地域の水質を汚染し、水量を減少させ、土砂災害を
判示要旨:森林法10条の2及び都市計画法29条所定の各開発行為許可処分に基づくゴルフ場建設により、水利権、環境権等が侵害されるとして、複数の近隣住民が提起した同各処分の取消しを求める訴えの訴額は、各住民がそれぞれ2個の非財産権上の請求をするものとして、これらを合算して算定するのが相当であるとした事例
却下
の設置に際し、あるいはその設置後も、有害物質の排出及び水質の汚染等の危険並...最大規模であり、その社会的影響も大きく、特に交通障害、水質汚染の懸念は大き...遵守すべく、長期間最大限の努力を尽くしたものである。なお、水質汚染の問題に
判示要旨:1 廃棄物の処理及び清掃に関する法律14条4項に基づく産業廃棄物処理業の許可申請及び同法(平成9年法律第85号による改正前)15条1項に基づく産業廃棄物処理施設の設置許可申請に対し、知事が各申請書を返戻した行為が、行政処分に当たらないとされた事例 2 不作為の違法確認の訴えにおける違法性の判断基準 3 廃棄物の処理及び清掃に関する法律14条4項に基づく産業廃棄物処理業の許可申請及び同法(平成9年法律第85号による改正前)15条1項に基づく産業廃棄物処理施設の設置許可申請に対し、行政指導を継続していることを理由として何らの処分をしないことが違法であるとして、知事に対してされた不作為の違法確認請求が、認容された事例
棄却
流先の水質環境基準を守れないような都市計画決定は違法である。工場排水を受け...入れることにより環境負荷が憎大する場合も違法となる。公共用水域の水質環境基...都道府県は水質環境基準が定められた公共用水域について、その水質環境基準を下
判示要旨:1 土地収用裁決に係る供託された補償金及び替地の異議をとどめない受領と同裁決の取消しを求める訴えの利益 2 土地収用裁決後に代執行により土地の引渡しが完了した場合と同裁決のうち権利取得裁決の取消しを求める訴えの利益 3 土地収用裁決後に代執行により土地の引渡しが完了した場合と同裁決のうち明渡裁決の取消しを求める訴えの利益 4 都市計画事業の認可と収用裁決との間の違法性の承継の有無とこれが肯定される場合における同認可の違法性の有無の判断の基準時 5 都市計画事業の用地として収用される土地の所有者が収用裁決取消訴訟においてその違法事由として都市計画事業の認可の違法を主張した場合につき、当該違法事由は、行政事件訴訟法10条1項によって主張が制限されるものではないとした事例 6 都市計画事業に係る流域下水道終末処理場用地として収用される土地の所有者が都市計画決定及び下水道事業計画の認可の違法等を理由としてした権利取得裁決取消請求が、当該決定及び認可は適法であるなどとして、棄却された事例 7 都市計画事業に係る流域下水道終末処理場用地として収用される土地の所有者が県収用委員会を被告とする収用裁決取消請求を主位的請求として、予備的に起業者である県を被告として求めた替地補償を求める訴えが、主観的予備的併合が許される場合には当たらないとして、不適法であるとされた事例
棄却
る。放流先の水質環境基準を守れないような都市計画決定は違法である。工場排水...を受け入れることにより環境負荷が増大する場合も違法となる。公共用水域の水質... 都道府県は水質環境基準が定められた公共用水域について、その水質環境基準を
判示要旨:主位的に収用委員会を被告として収用裁決の取消しを求め、予備的に起業者である県を被告として替地補償を求める訴えの主観的予備的併合の適否
控訴を棄却
近の地下水脈が遮断されることになる結果、近隣の地盤沈下、水質汚濁及び土壌汚
判示要旨:鉄道事業法9条1項に基づく鉄道施設工事計画の変更認可の取消しを求めて当該施設予定地の周辺住民らがした審査請求を却下した運輸大臣の裁決が、当該周辺住民らは不服申立人適格を有しないとして、適法とされた事例
棄却
月には整備資材倉庫受払作業について、昭和六三年三月には水質試験作業につい
却下
水質汚濁、土壌汚染、原野火災などの環境破壊等のいわゆる基地公害が発生し、関
判示要旨:1 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法14条1項、土地収用法36条5項に基づく知事の署名等代行事務の機関委任事務該当性 2 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法14条1項、土地収用法36条5項に基づく署名等代行事務の主務大臣 3 土地収用法36条5項に基づき知事が署名等代行事務を行う場合における土地調書及び物件調書についての審査義務等の範囲 4 土地収用法36条2項の定める土地所有者等の立会いの意義 5 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法の合憲性 6 県知事に対し、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法14条1項、土地収用法36条5項に基づく署名等の代行を命ずることを求める職務執行命令訴訟が、認容された事例
控訴を棄却
気の汚染、水質の汚濁(括弧内略)、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下(括弧...気の汚染、水質の汚濁(括弧内略)、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下(括弧
判示要旨:1 都市計画法59条2項に基づき建設大臣がした東京都施行の道路拡幅事業の認可及び同条3項に基づき建設大臣がした首都高速道路公団施行の地下道路事業の承認の各取消しを求める訴えにつき、前記の認可又は承認に係る事業地内に所在する土地等に関して権利を有する者の原告適格を肯定し、前記事業地付近に居住する者等の原告適格を否定した事例 2 都市計画法59条に基づく都市計画事業の認可又は承認が土地収用法20条各号所定の事業の認定の要件を満たすことの要否 3 都市計画法59条に基づく都市計画事業の認可又は承認の違法事由としてその前提となる都市計画決定の瑕疵を主張することの可否 4 都市計画法59条2項に基づき建設大臣がした東京都施行の道路拡幅事業の認可及び同条3項に基づき建設大臣がした首都高速道路公団施行の地下道路事業の承認の各取消請求が、前記道路拡幅事業及び地下道路事業は同法61条各号に該当し、これらの都市計画事業に係る各都市計画に違法はなく、前記認可及び承認の各申請手続にも違法はないとして、いずれも棄却された事例
取り消す
を利用するといっておきながら水質不良のため、結局は控訴人から給水を受けざる
判示要旨:水道法一五条一項にいう「正当の理由」が水事情を理由に認められた事例
却下
盤沈下、水質汚濁及び土壌汚染をもたらし、白然教育園を中心とする自然環境に悪
判示要旨:鉄道事業法9条1項に基づく鉄道施設工事計画の変更認可の取消しを求めて当該施設予定地の周辺住民らがした審査請求を却下した運輸大臣の裁決が、当該周辺住民らは不服申立人適格を有しないとして、適法とされた事例
控訴を棄却
は、周囲の河川等の水質を悪化させ、飲料水等が汚染され、原告らは様々な経路で
判示要旨:県知事が都市計画法29条に基づいてしたゴルフ場建設の開発許可処分の取消しを求めて、ゴルフ場予定地の周辺住民がした審査請求を却下した県開発審査会の裁決の取消しを求める訴えにつき、当該周辺住民らは、裁決の名あて人として当該裁決の取消しを求める法律上の利益を有するが、前記開発許可処分の取消しを求める審査請求適格は有しないから、前記取消しの訴えに係る請求は棄却されるべきであるとした事例
棄却
被告は、冷却材中の塩素濃度、pH値等について適切な水質管理を行えば、腐食環...の酸素の存在状況等が不明であり、塩素濃度、pH値の水質管理も奏功していると...却材の水質管理がいかに実効性のないものかを如実に示している。
判示要旨:1 設置許可申請に係る原子炉の周辺住民が提起した原子炉設置の許可の取消訴訟において、同処分の取消しの理由として主張し得る違法事由の範囲 2 内閣総理大臣がした原子炉設置の許可が、適法とされた事例
407 件中 7/9 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in