裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62934 
刑事22171民事40763
死体遺棄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
死体遺棄の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
死体遺棄を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役10年超」に処する。
11
0
0
15
12
37
9
312 件中 6/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
びそれに続く死体遺棄の一連の行動を通じ、無垢で幼き命への慈しみの情を見出す
懲役15年
し,その後判示のとおりの死体遺棄に及び,なお,その後も,被害者になりすまし
懲役1年
に,判示第2の畑に,人が入る大きさの穴を掘って,死体遺棄の場所を準備した...第1)及び殺人,死体遺棄の事案(判示第2)である。
無期懲役
45号 強盗殺人,窃盗,死体遺棄被告事件... そして,被告人は,同月11日,強盗殺人,窃盗,死体遺棄罪の本件公訴事実に...窃盗及び死体遺棄の限度においては一貫してこれを認め,被害者に対する謝罪の意
控訴を棄却
件は,前記のとおりの強盗致死とその後の死体遺棄の事案であるが,原判決もその...害及び死体遺棄のいずれの行為を見てもそれらの動機は身勝手かつ自己中心的なも
控訴を棄却
るし,原判示第二についても,死体遺棄の日時は同月29日であり,原判示第三の... 死体遺棄の日時が誤っているとの所論も,前記のように被告人の捜査段階での...置して死体を遺棄し(原判示第二の死体遺棄),殺害後3回にわたり前記強取に
控訴を棄却
して斧やハンマー,死体遺棄用の布団袋等を買い揃えるなどして準備を整え,実行の機...った鍵を使って入り込み,H関係の書類等を運び出し,さらに,翌25日,死体遺棄を依...おいては,Aと共に,適当な凶器を吟味・選択し,あらかじめ死体遺棄に用いる布団袋等
上告を棄却
 また,本件のうち死体遺棄事件及びC方放火事件において,実行行為者の認定が
判示要旨:1 殺害の日時・場所・方法の判示が概括的で実行行為者の判示が択一的であっても殺人罪の罪となるべき事実の判示として不十分とはいえないとされた事例 2 殺人罪の共同正犯の訴因において実行行為者が明示された場合に訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる実行行為者を認定することの適否 3 殺人罪の共同正犯の訴因において実行行為者が被告人と明示された場合に訴因変更手続を経ることなく実行行為者が共犯者又は被告人あるいはその両名であると択一的に認定したことに違法はないとされた事例
上告を棄却
死体遺棄)。さらに、被告人は、平成三年三月、当時働いていた風俗営業店の営業
判示要旨:死刑事件(香川・徳島・東京・神奈川連続殺人事件)
上告を棄却
たる強盗殺人・死体遺棄のほか、詐欺、窃盗各一件の事案である。いずれの強盗殺
判示要旨:死刑事件(財産目当て従弟ら殺人事件)
上告を棄却
二名を殺害するなどしたという強盗強姦、強盗殺人、死体遺棄、強盗強姦未遂、強...日、同判示第二の一の強盗強姦、強盗殺人、死体遺棄の犯行に及んだ。右犯行は、
判示要旨:死刑事件(千葉・高知女性強盗強姦殺害事件)
上告を棄却
殺人、死体遺棄、有印私文書偽造、同行使、詐欺の事案である。自己中心的で身勝
判示要旨:強盗殺人等被告事件につき、無期懲役に処した第一審判決を維持した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
上告を棄却
動車とともに土中に埋没させてこれを遺棄し(同判決判示第二の死体遺棄)、また、
判示要旨:強盗殺人等被告事件について、無期懲役に処した第一審判決を是認した控訴審判決には量刑の基礎となる事実に関する認定、評価の誤り又はその疑いが認められるが、いまだ破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
上告を棄却
挙されて未遂に終わったという強盗殺人、死体遺棄、恐喝未遂の事案である。
判示要旨:強盗殺人、恐喝未遂等被告事件につき、無期懲役に処した第一審判決を維持した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
上告を棄却
人とうち二名の死体遺棄、一名に対する殺人未遂の各犯行に及んだ事案である。こ...のうち殺人、死体遺棄、殺人未遂の各犯行は、暴力団組長の被告人が、いずれも配
判示要旨:死刑事件(熊本の組員3人殺害事件)
控訴を棄却
絞殺又はこれに類する方法で」と、死体遺棄の日時については「右の犯行後、同月...二五日未明までの間に」と、死体遺棄の実行行為者については「B又は被告人ある...このような認定がなされた場合には、被告人として、殺人及び死体遺棄について、
判示要旨:一 殺人及び死体遺棄の共同正犯において、実行行為者、殺害の方法等につき択一的ないし厳密な特定をしない認定が是認された事例 二 殺人及び死体遺棄の共同正犯において、実行行為者を被告人と特定した訴因に対し、これを特定せずに択一的に認定するにつき訴因変更を要しないとされた事例
上告を棄却
たという強盗殺人及び死体遺棄の事案であって、動機に同情の余地はなく、犯行態様は残虐、非道であり、結果も極めて重大である。しかも、被告人は、第一審判決
判示要旨:死刑事件(熊谷の3人殺し事件)
上告を棄却
し、死体を山中に遺棄した上、多数回にわたり女子会社員の家族に電話をかけて身の代金三〇〇〇万円を要求した(同判示第二の身の代金目的拐取、殺人、死体遺棄、...拐取者身の代金要求)事案である。金銭欲に出た誘拐殺人、死体遺棄という罪質、
判示要旨:死刑事件(富山・長野連続女性誘拐殺人事件)
取り消す
 右の者に対する強盗殺人、死体遺棄被告事件について、当裁判所は、被告人が心
判示要旨:上告審における公判手続停止決定が取り消された事例
控訴を棄却
 同月二一日、被告人は、本件につきわいせつ誘拐、殺人、死体遺棄被告事件とし
判示要旨:一 MCT118法によるDNA型鑑定結果の証拠許容性 二 わいせつ誘拐、殺人、死体遺棄事件の被害者の着衣に付着していた精液のDNA型の鑑定結果が犯人特定の証拠として用いられた事例
破棄
投棄したと認定(八丁表裏)し、「第二の七Bの死体遺棄への関与」の項の補足説...明(五五丁裏から五八丁表)、「第三の三の4死体遺棄行為に関する供述部分」の...留され、同月二九日死体遺棄の被疑事実で逮捕され、九月一日同署に勾留され、同
判示要旨:刑訴法三八三条二号の「判決があつた後に刑の変更があつたこと」に該当し同法三九七条一項により第一審判決を破棄すべきであるとされた事例
上告を棄却
本件のうち二件の殺人、死体遺棄は、被告人が身勝手な動機から六日の間に二人の...尊い人命を奪った誠に重大かつ凶悪な犯行である。第一の殺人、死体遺棄は、保護...を床下に遺棄したものである。また、第二の殺人、死体遺棄は、Aの帰宅を待ち伏
判示要旨:死刑事件(山梨・新潟連続殺人事件)
 右の者に対する強盗殺人、死体遺棄被告事件について、当裁判所は、被告人が心
判示要旨:上告審の手続と刑訴法三一四条一項の準用の有無
破棄
ることになるであろう(なお、保護者遺棄致死と死体遺棄の択一的認定が問題とな
判示要旨:強盗の単独犯又は共同正犯とする択一的認定が許容された事例
破棄
褻誘拐・略取、監禁、強姦、殺人、死体遺棄等の一連の犯行は、稀に見る重大かつ... 6 Eの死体遺棄の犯行の翌日である、昭和六四年一月六日午後一一時ころから...同B、同Cら共謀のうえなされた同第三のEに対する死体遺棄の各事犯は、とりわ
判示要旨:少年法が少年の刑事事件について定める特則と量刑判断
破棄
及び死体遺棄の各事実については、被告人は無罪。...付け起訴状にかかる強姦、殺人及び死体遺棄の各事実(原判示第四ないし第六の各
判示要旨:警察署の留置場に被告人をことさら一人にして長期間留置し、留置中の動静を厳しく監視するなどしてほとんど連日長時間取り調べた結果得られた自白の任意性に疑いがあるとされた事例
破棄
遺棄したという殺人、死体遺棄の事実(以下、「第一の犯行」あるいは単に「本件」...日、Aと被告人の両名を殺人、死体遺棄の事実で逮捕した。なお、同月二九日には、...ムランプを点灯しても、死体遺棄の現場である橋の下は流水面部も内部の状況も暗
判示要旨:共犯者の供述に信用性を認めた原判決が破棄された事例
上告を棄却
致傷罪で懲役八年に処せられたほか、本件と同種の強姦致傷、殺人、死体遺棄の各
判示要旨:死刑事件(群馬の連続殺人事件)
上告を棄却
事案である。金銭欲に出た誘拐殺人、みのしろ金要求、死体遺棄に加えて、準強姦
判示要旨:死刑事件(女子中学生身のしろ金目的誘拐殺人事件)
上告を棄却
本件強盗殺人、死体遺棄の事案は、被告人両名が、一獲千金を狙つて、病院長の被
判示要旨:死刑事件(病院院長殺害事件)
上告を棄却
人が約九か月の間に累行した未成年者誘拐、殺人、死体遺棄、住居侵入、強盗殺人、...を見出し得ない。犯行の態様を見ると、誘拐、殺人、死体遺棄の犯行は、被告人が
判示要旨:死刑事件(女子中学生誘拐殺人等事件)
上告を棄却
り、本件は、金銭欲に出た誘拐殺人、みのしろ金要求、死体遺棄という罪質、結果
判示要旨:死刑事件
破棄
と誤認し、死体遺棄の故意のもとに、同女を原判示自宅及び工場敷地の北西端より...定した上、被告人は、死体遺棄罪の故意のもとに保護責任者遺棄罪を犯したもので...が成立すると判断しているが、死体遺棄罪と保護責任者遺棄罪とは、その保護法益
判示要旨:死亡の事実を認定して死体遺棄罪が成立するとされた事例
上告を棄却
 なお、記録によれば、被告人の原判示Aに対する殺人、死体遺棄の各事実につき、
判示要旨:公判途中二六年余の逃亡と刑法三二条、刑訴法三三七条の類推適用の有無
控訴を棄却
ずるようなものであつたこと、原判示第二の死体遺棄は、Aが死亡した事実に動転
判示要旨:殺人罪における殺害方法の判示の程度
棄却
件強盗強姦、強盗殺人、死体遺棄及び恐喝未遂の犯人と認めるべき証拠として掲げ
判示要旨:刑訴法四三五条六号にいわゆる新規性が認められないとされた事例
カーえい児死体遺棄事件」など続発した時代であつた。この時期において本件あつ
判示要旨:1 医師の医業停止処分の効力停止の申立てにつき、「回復の困難な損害を避けるため緊急の必要があるとき」に当たるとした事例 2 医師の医業停止処分の効力停止の申立てにつき、「本案について理由がないとみえるとき」に当たらないとした事例
却下
ち一四名を殺害するなどしたとして、殺人、同未遂、死体遺棄、強盗傷人、爆発物
判示要旨:未決拘禁者に差し入れられた監獄法及び関係法令並びにその運用状況を解説した学術的専門書の一部を謄写用インクにより抹消してした拘置所長の右図書の一部閲読不許可処分につき、右抹消部分は原状に復することができないとして、右処分の取消しを求める訴えの利益はないとした事例
上告を棄却
強盗強姦殺人、死体遺棄被疑事件で逮捕、勾留され、右一連の逮捕、勾留により引...強姦殺人、死体遺棄、恐喝未遂事件について三人共犯に関する一部自白をし、三二...て行われた勾留は、専ら、逮捕状を請求するだけの証拠の揃つていない強盗強姦殺人、死体遺棄(「本件」)について取調をする目的で、証拠の揃つている軽微な犯
判示要旨:甲事実について逮捕勾留中の被疑者を乙事実について取調べることが違法ではないとされた事例
破棄
と同一性のある事実につき殺人、死体遺棄の罪名で勾留状の執行を受け、その後一、
判示要旨:原判決中未決勾留日数算入の部分のみが破棄された事例
破棄
せられた。続いて同月一六日強盗強姦殺人・死体遺棄被疑事件について逮捕状が発...強盗強姦・強盗殺人・死体遺棄(以下これを「本件」という。)及び恐喝未遂(こ...請求を容れて六月一七日に被告人を保釈するや、その前日強盗強姦殺人・死体遺棄
判示要旨:いわゆる別件逮捕・勾留中の余罪の取調べが違法でないとされた事例
棄却
 本件不服申立の要旨は、申立人に対する殺人、死体遺棄、詐欺被告事件の審理を
判示要旨:対象となるべき裁判が存在しない場合の不服申立の適否
破棄
 論旨は、原判決は本件公訴事実中、強盗殺人死体遺棄の事実について被告人に対...理由及び必要が存続している間にこれに並行して右強盗殺人死体遺棄の事実につい...右強盗殺人死体遺棄事実の取調べに着手したところ、被告人がB弁護士を弁護人と
判示要旨:甲事件について逮捕勾留中の被疑者ないし被告人を乙事件について取調べることの可否。
棄却
 右の者に対する殺人、死体遺棄被告事件(昭和四六年(あ)第九三五号)につい
判示要旨:当審がした訴訟費用執行免除申立棄却決定に対する異義申立の適否(消極)
棄却
 右の者に対する強盗殺人、死体遺棄被告事件(当裁判所昭和四四年(あ)第一八
上告を棄却
強盗殺人および死体遺棄の犯行に関する捜査官に対する自白が各所論のように不任...すなわち、被告人の本件強盗殺人、死体遺棄などの犯行について、第一審判決の認
破棄
放置したままBの室を退去したことをもつて死体遺棄罪に問擬しているが、被告人...つて刑法第一九〇条の死体遺棄罪に該当すると解すべきいわれはないので、この点...上両者の死体の葬祭をなすべき義務があるとしても、それをもつて直ちに死体遺棄
判示要旨:死体遺棄罪の成立する場合
上告を棄却
D、同Aに対する強盗殺人、死体遺棄、被告人Eに対する賍物故買に関する第一審判決の事実認定には、判決に影響を及ぼすことが明らかな事実誤認の違法があるも
破棄
     被告人A1に対する本件公訴事実中強盗殺人及び死体遺棄の点について...死体遺棄の罪状に照らすと、被害物れの一部である現金の数額について事実誤認か...存する以上、この鑑定の結果を採つて本件強盗殺人、死体遺棄の断罪の決め手とな
判示要旨:刑訴第四一一条第三号の理由に基く破棄差戻判決の拘束力
312 件中 6/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in