裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
業務妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
業務妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
業務妨害を犯した場合、 7.0%の確率で無罪、
93.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
24
3
0
13
1
306 件中 6/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
控訴を棄却
い。)。業務妨害罪における業務の妨害とは、業務上損失を被らせると
判示要旨:一、 刑法第二三四条にいう「威力ヲ用ヒ」にあたるとされた事例 二、 刑法第二三四条にいう「人ノ業務ヲ妨害シ」にあたるとされた事例 三、 自己の所有地を利用した威力業務妨害行為の違法性
上告を棄却
力業務妨害罪に当たるとしたのは、正当である。)
判示要旨:刑法第二三四条にいう「威力」の意義。
棄却
刀剣類等所持取締令違反、火薬類取締法違反、業務妨害、汽車往来危険未遂、暴力
棄却
締令違反、火薬類取締法違反、業務妨害、汽車往来危険未遂、暴力行為等処罰ニ関
破棄
な意味での大学の自由である。又、大学の研究用の顕微鏡の窃取は研究者の業務妨害...の業務妨害罪成立の要件を欠く)が、大学の学芸研究の自由の侵害であるとしても、
判示要旨:一 憲法第二三条の趣旨 二 学生集会と大学の有する学問の自由および自治
控訴を棄却
止するのやむなきに至らしめたという事実であつて威力業務妨害の罪となるべき事
判示要旨:政党の結党大会は、刑法第二三四条にいう「業務」にあたるか
破棄
ことは疑いをいれない。かくして、本件の事実関係は威力業務妨害罪の構成要件を...ば刑法の業務妨害罪は企業活動を保護しようとするものであるから、両規定の保護...法益は明らかに異るものがあり、業務妨害罪の違法阻却性は公労法の争議禁止規定
判示要旨:一、 公共企業体等労働関係法第一七条違反の争議行為と刑法第三五条 二、 国鉄機関車乗務員に対するピケツテイングが限界を超え威力業務妨害罪を成立せしめる一事例
控訴を棄却
第一七条に違反すれば直ちに犯罪(例えば業務妨害罪)に該ると解釈したものであ...えば業務妨害罪)に該当すると解釈したものではない。...議行為の規模、態様の如何により刑法第二三四条威力業務妨害罪の規定を適用する
判示要旨:一、 公共企業体の職員の争議行為と労組法第一条第二項 二、 公共企業体の職員の職場集会と公労法第一七条
上告を棄却
されないものであつて、これを威力業務妨害罪として処罰することが憲法二八条に
判示要旨:刑法第一二五条第一項の電車往来危険の意義。
控訴を棄却
裁は後記の如く、場合によつては威力業務妨害罪が成立することを最近判決し...がないから、公務ではあつても、威力業務妨害罪の対象となり得ない筈はないと言...る妨害行為はその手段方法の如何によつては公務執行妨害罪の外威力業務妨害罪の
判示要旨:いわゆる斗争手段としてのビラ貼り行為を器物損壊行為と認めた事例
破棄
ることは住居侵入、業務妨害等違法行為となる疑があるとして厳重にその中止方を...侵入業務妨害罪等の犯罪行為すら構成すること疑のないところであつて、警察官が...入業務妨害等の犯罪行為すら成立することの明な案件において警察力の行使とい
判示要旨:家屋の損壊撤去について正当防衛の成立を認めた一事例
控訴を棄却
務であつて、公務は業務妨害罪における業務に含まれないから、国鉄職員を公務員...であるとしながら、国鉄の業務に関して業務妨害罪の成立を認めた原判決は法令の...も含む一般私企業と同様刑法第二三三条及び第二三四条の業務妨害罪の
判示要旨:一、 国鉄の業務は業務妨害罪の対象となるか 二、 公共企業体等の職員の争議行為について労働組合法第一条第二項の適用の有無
控訴を棄却
脱したものと認められる場合には刑法上の威力による業務妨害罪の成立を妨げるも
判示要旨:一、 争議手段としての発電用用水の放流が違法であるとされた事例 二、 平和的ピケツテイングの限界を逸脱し業務妨害罪が成立するとされた事例
破棄
あつて、右の各所為は刑法二三三条、二三四条の業務妨害の包括一罪を構成すると...いうのであるところ、第一審判決は、(一)被告人Dに対し、偽計による業務妨害...うには当らないものと解し、引きつづいて行われた威力による業務妨害の点につい
判示要旨:一 刑訴法第四〇〇条但書に違反しない事例 二 国鉄の事業ないし業務は業務妨害罪の対象となるか
控訴を棄却
 論旨は、原判決が被告人の所為を威力業務妨害罪として処断したのは事実の誤認
判示要旨:刑法第二三四条の威力業務妨害罪が成立する一事例
上告を棄却
た職員等の出勤に対して行使されたというのであり、かかる行為が威力業務妨害罪
判示要旨:争議行為に加わつていない職員の就業を阻止するための威力の行使が威力業務妨害罪を構成するものとされた事例。
控訴を棄却
ないから国鉄職員の業務に対する反抗は業務妨害とはなつても刑法第九五条の公務...るものと解する。所論のごとく、公務の執行に対する妨害が、特に業務妨害罪から...区別して処罰される所以は公務が一般の業務と異るが故であり、業務妨害罪は個人
判示要旨:一、 国鉄車掌の職務執行に対する公務執行妨害罪の成否 二、 国鉄車掌の職務執行の適法性を認めた事例
破棄
われなかつたことを前提としてたやすく被告人等の本件所為を威力による業務妨害
判示要旨:一 刑訴法第四一一条第三号にあたる事例 二 ―威力業務妨害に関する事実誤認―
破棄
認められる場合には、刑法上の威力による業務妨害罪の成立を妨げるものではない。」と判示しているのである。
判示要旨:労働争議における労働社側の争議手段として正当な範囲を逸脱するものと認めた事例。
破棄
囲を逸脱したものと認められる場合には刑法上の威力による業務妨害罪の成立を妨...見て正当な範囲を逸脱し刑法上の威力による業務妨害罪の成立を妨げるものではな
判示要旨:一 いわゆる電源ストについて原判決に理由不備、事実誤認の疑があるとされた事例。 二 ピケツテイングについて理由のくいちがい、真実誤認の疑があるとされた事例。
破棄
 原判決が被告人らの業務妨害の犯行として認定した事実によれば、被告人らは共
判示要旨:一、 刑法第一二五条にいわゆる汽車又は電車の往来の危険を生ぜしめることの意義 二、 業務命令に違背してなされた電車の運行が汽車又は電車の往来に危険を生ぜしめたものと認めた事例
破棄
J、同K、同G(被告人Aに対する業務妨害被告事件の公判廷外の証人として出頭...行為は、刑法の威力業務妨害罪とはならないと主張し、被告人Bの上告趣意は、本...場合には刑法上の威力による業務妨害罪の成立を妨げるものではない。本件につい
判示要旨:労働争議における労働者側の威力行使の手段(いわゆるピケツト、ライン)と威力業務妨害罪の成立および憲法第二八条
破棄
趣意第一点は、いずれも分離前の相被告人Eの業務妨害の所為(第一審判決の判示
上告を棄却
告人Jの本件業務妨害の所為(第一審判決の判示第三)は正当な争議行為であるか
判示要旨:労働組合法第一条第二項の正当行為と認められない事例
上告を棄却
 被告人三名の弁護人佐伯静治の上告趣意第一点中、威力業務妨害罪の解釈を誤つ
判示要旨:刑法第二三四条にいう「威力ヲ用ヒ」の意義
上告を棄却
判示要旨:一 期待可能性の不存在を理由として刑事責任を否定する場合、法文上の根拠を示すことを要するか 二 いわゆるピケツテイングが威力業務妨害罪にあたらない一事例
破棄
る各業務妨害の罪責を負わしめることはできない。... 要するに、本件公訴に係る業務妨害の事実はその訴因たる暴力の行使が認められ
判示要旨:一、 いわゆる電源職場労務提供拒否争議を正常な争議行為と認めた事例 二、 右争議の実施に際して許容せらるべきピケツテイングの方法の限界
控訴を棄却
なく、従つて同記者に対する業務妨害は成立しない旨主張するのであるが、原審証...為を妨害するにおいては業務妨害が成立するのは当然であつて、所論は到底採用し
判示要旨:新聞記者の取材活動と不可分の関係にある行為を妨害した所為と業務妨害罪の成否
破棄
るとの大審院判例(大正一〇年一〇月二四日判決)を引用し、所謂業務妨害罪の対...第二三四条より業務妨害罪を構成するが、同法第九五条の公務執行妨害罪は構成し...による公務の執行に際しては、威力業務妨害罪の成立を是認している。従つて一概
判示要旨:業務妨害罪の対象たる「業務」と非権力的関係の公務
破棄
旨>める具体的事実の予見即ち業務妨害罪の故意を欠いているから犯罪は成立しない...と主張するけれども、刑法第二百三十四条業務妨害罪にいう業務の「妨害」...とは現に業務妨害の結果の発生を必要とせず、業務を妨害するに足る行為あるをも
判示要旨:業務妨害罪における業務妨害の成立
破棄
務を妨害させたものとして刑法二三四条の業務妨害罪の教唆犯にあたるとして処断... なお、本件公訴事実中、被告人等三名の威力業務妨害罪教唆の点(原判決判示第一の事実のうち)は、罪とならないのであるが、右は前記昭和二三年政令第二〇一
判示要旨:一 昭和二三年政令第二〇一号第二条第一項違反の罪と平和条約の発効 二 昭和二三年政令第二〇一号と刑法第二三四条との関係
破棄
しても、その行為は、刑法第二百三十四条所定の威力業務妨害罪を構成しないもの
判示要旨:ある団体の結成式は刑法第二三四条にいう業務にあたるか
控訴を棄却
ない。(3)本来業務妨害罪の成立には妨害の結果を発生せしめるに足る行為ある
判示要旨:刑法第二三三条の業務妨害行為とみるべき事例
破棄
 (二) 業務妨害罪の成否に関する主張について。この点に関する当裁判所の判...告人らの犯意の点につきその証明がなく無罪であるけれども前叙認定の業務妨害の
判示要旨:争議行為の正当性の限界についての一事例
控訴を棄却
判示要旨:列車の制動機を故なく緊締する行為と業務妨害罪の成否
棄却
判示要旨:土地建物の所有権の継承者の右土地建物の賃借人に対する威力業務妨害罪の成立する事例
棄却
(判示第一、威力業務妨害の事実誤認、法令適用の誤)について。...件所為が威力による業務妨害の罪を<要旨>構成しないとする論旨は採用し難い。刑...のによるものであつて、被告人らの所為によるものでなく、また業務妨害の事実も
判示要旨:刑法第二三四条にいう「威力」にあたる一事例
破棄
 刑法第二三四条の業務妨害罪は、威力を用いて人の業務を妨害することによつて
判示要旨:軽犯罪法第一条第三一号違反罪が成立する事例
上告を棄却
その目的、意図の如何を問わず、業務妨害罪並びに建造物不退去罪に該当すること
上告を棄却
論会社の業務妨害であり、後者はA工場長の送電設備状況監視の業務妨害であると
判示要旨:業務妨害罪について訴因の変更を必要としない一事例
破棄
 (一)刑法二三四条業務妨害罪にいう業務の「妨害」とは現に業務妨害の結果の...無について判断を加えることなく、たやすく業務妨害罪の成立を否定したものであ...つて、従つて原判決には刑法二三四条の業務妨害罪に関する業務の意義に関し法令
破棄
 (一)刑法二三四条業務妨害罪にいう業務の「妨害」とは現に業務妨害の結果の...有無について判断を加えることなく、たやすく業務妨害罪の成立を否定したもので...あつて、従つて原判決には刑法二三四条の業務妨害罪に関する業務の意義に関し法令の解釈を誤つたか、又はこの点に関する審理不尽乃至理由不備の違法があるもの
判示要旨:一 刑法第二三四条にいう「業務ヲ妨害シタル」ことの意義 二 同条にいう「威力」の意義
上告を棄却
 被告人等の弁護人福田力之助の上告趣意は原判決が被告人等に対し業務妨害罪の
棄却
象であつて、結果において業務妨害となつても、その方法は威力を以てしたものと...いうことはできない。従つて刑法第二百三十四条の業務妨害罪を構成しない。然る...に原判決は本件告人の所為を住居侵入罪及び業務妨害と認定して各その法条を適用
判示要旨:食卓と寝台の設備のない店舗と刑法第一三〇条の住居
上告を棄却
から右活版部員等の業務妨害の現状を指摘しつつ「組合員外の部長以上で作業する...して該就業規則によれば前段において認定した被控訴人等のなした業務妨害の所為
判示要旨:一 旧労働関係調整法(昭和二一年法律第二五号)第四〇条の「調整」の意義 二 旧労働関係調整法(昭和二一年法律第二五号)第四〇条により労働者を解雇するについて労働委員会の同意を要する場合 三 単一労働組合の解散とその一構成分子である支部、使用者間の団体協約の効力 四 労働組合解散後の団体協約中解雇承認条項のいわゆる予後効の問題 五 違法な争議行為の一事例。 六 労働基準法第一〇六条違反と就業規則の効力。 七 違法な争議行為を理由に就業規則により労働者を解雇することの当否。
控訴を棄却
人等の右行為を威力業務妨害罪に問擬したのは正当であつて何等事実の認定や法律
判示要旨:一、 昭和二五年政令第三二五号占領目的阻害行為処罰令の合憲性 二、 平和条約の発効と右政令の効力 三、 右政令の性格
破棄
て刑<要旨>法業務妨害罪により保護せられる法益は事実上平穏に行われている一定...することは許されないものといわねばならない。即ち被告人に対し業務妨害の事実
判示要旨:刑法第二三三条第二三四条にいわゆる業務の意味
上告を棄却
二三四条の業務妨害罪に問われるのは明かである。論旨は理由がない。
判示要旨:一 生産管理と威力による業務妨害罪の成立 二 生産管理の違法性 三 労働関係調整法第七条と争議行為の適法性
破棄
 原判決は本件業務妨害の公訴事実について、、被告人は工場内モーター室におい...思の遂行を制圧し、業務妨害罪を構成するものと云わねばならないのである。結局... 論旨は住居侵入罪について量刑不当を主張するのであるが、これと業務妨害罪と
判示要旨:刑法第二三四条にいわゆる「威力」の解釈
破棄
事実中、建造物侵入の点及び業務妨害と窃盗の各一部の点は、前記組合法の条項の...本件公訴事実中建造物侵入及び業務妨害の点につき被告人、A、B、C、D、E、...力であるから、公務執行妨害罪が成立しないとしても、業務妨害罪が成立すると主
判示要旨:一 公務員に対する威力の誇示と業務妨害罪の成否 二 生産管理の違法性 三 社会と組合との間に争議について妥協成立し双方の合意によつて全員解雇され組合が解散した場合と争議の終了 四 右の場合会社となお抗争を継続する組合の少数反対派の行動は争議行為といえるか 五 検挙に向つた警察官等に対しスクラムを組み労働歌を高唱する労働者等の行為と公務執行妨害の成否 六 暴力行為を等処罰に関する法律第一条第一項の合憲性
306 件中 6/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in