裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62372 
刑事22064民事40308
業務妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
業務妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
業務妨害を犯した場合、 7.0%の確率で無罪、
93.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
24
3
0
13
1
301 件中 1/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
棄却
る。自宅住所を知られることにより,業務妨害の危険性にとどまらず
控訴を棄却
現住建造物等放火,器物損壊,威力業務妨害,...た器物損壊,威力業務妨害(原判示第2,平成30年2月26日起訴),...件母屋の現住性の認識,②原判示第2の事件(器物損壊,威力業務妨害)
控訴を棄却
威力業務妨害,わいせつ文書頒布被告事件...抱かせたなどとして威力業務妨害罪の成立を認めた原判決には,判決に影響を及ぼ...原判決が認定した本件威力業務妨害罪の要旨は,被告人が,文書(後記①ない
判示要旨:封筒に「出て行け」などと記載した文書とともに人糞を入れて外国公館に郵送した行為につき、刑法234条の「威力を用いて」に該当するとして威力業務妨害罪の成立を認めた第1審判決が維持された事例
業務妨害等の目的...業務妨害行為及びフリーライド行為を行ったから,その不当性は強度で...業務妨害等の目的について
棄却
点から,原告らを含めた近隣住民による威力業務妨害行為がされていた。また,放...の現場でも散見されるところであるが,異常なまでの威力業務妨害という犯罪行為
取り消す
意見ないし批判の範疇を超えて誹謗中傷や業務妨害を受けたり,生命や身
6 原告に対する業務妨害行為について...原告に対する業務妨害行為...原告に対する業務妨害行為
差止め等の業務妨害を行うために原告商標を取得したのであり,公の秩序...商品の輸入差止め等の業務妨害を行うために原告商標を登録し,本件請求を
棄却
料もなく,相談すると「業務妨害」と叱責され,どう進めて良いかわから...方を他の社員に相談したことについて業務妨害であると叱責された等とし
判示要旨:上司の暴行により傷害を負った旨の虚偽の被害届を警察に提出したこと等を理由に被告から解雇された原告が、被告に対し、上記解雇には客観的合理的理由も社会通念上の相当性も認められず、違法無効である等と主張して、地位確認、賃金及び損害賠償を求めた事案について、上記解雇は客観的合理的理由があったとはいえず無効であるが、不法行為を基礎付けるほどの違法性があったとはいえないとして、原告の地位確認請求及び賃金請求が認容され、損害賠償請求が棄却された事例。
棄却
内容を含む原告の勤務状況や被告Dによる業務妨害の具体的状況
棄却
こと,本件情報漏えいは本件情報漏えいの相手方の偽計業務妨害に起因する...たと認めて,偽計業務妨害罪に当たるとする判決を言い渡した(甲2)。
懲役2年
威力業務妨害,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件...業務妨害とナイフ携帯では科し得る最大限の刑が懲役4年6月であること
取り消す
名誉毀損及びIに対する業務妨害を理由に本件退学処分を行ったことにつ
判示要旨:大学院生に対する退学処分が適法と判断された事例。
棄却
対して,業務妨害及び所属タレントに連絡先を聞くなどの迷惑行為をしな
棄却
題行動等が,業務妨害や,業務命令違反,職場秩序のびん乱,業務遂行...り主張しており,原告の問題行動が,業務妨害や,業務命令違反,職場秩
棄却
及び業務妨害に当たる発言又は投稿を行ったと主張し,一審被告Aに対して
棄却
としての資質や容姿等に関し名誉毀損及び侮辱並びに脅迫及び業務妨害に当...業務妨害及び脅迫に係る不法行為の成否(争点3)...したがって,被告Y2の同発言は業務妨害及び脅迫として原告に
棄却
し,これ以上の一方的な要求は原告に対する業務妨害と理解させて
判示要旨:化粧品等の輸入、卸売販売等の事業を営む会社が、アメリカ合衆国所在の関連企業との間の問屋契約に基づき、上記関連企業が複数の製造者から購入した輸入貨物について、上記関連企業と製造者との間の売買が関税定率法(平成25年法律第6号による改正前のもの)4条1項の規定する輸入取引に該当し、同項の規定を適用して輸入貨物の課税価格を計算すべきであるなどとして、関税、消費税及び地方消費税の申告納税を行ったところ、上記売買は同項の規定する輸入取引には該当しないから、同法4条の3第1項1号等の規定に基づいて課税価格を計算すべきであるとしてされた更正処分等が、適法であるとされた事例
申入れが業務妨害ないし名誉毀損になり,法的措置を検討中であるなど...被告による後記(3)アの行為が,原告に対する信用毀損,業務妨害...苦情申立て等の業務妨害を停止するよう申し入れたところ,それ以降,被
誉毀損』『業務妨害』『プライバシー侵害』などに対応」とし,「当社...業務妨害などの被害を受けたら,まずは当社にご相談下さい。」などと...根拠を明確に示す必要があります。『名誉毀損』『業務妨害』『著作権
は,Dの偽計業務妨害行為によって被った前記(4)の〔控訴人の主張〕で述べ...訴人の使用者責任の対象であるDの偽計業務妨害行為と同時並行して行われ
るのみに止まらず,業務妨害並びに信用を毀損するものである。つい
棄却
る。),かかる業務妨害的な回答を排除するため,処分の対象とし得
無罪
互いの行動には干渉しないという考え方で行動していたから,本件業務妨害行...そこで,被告人のこれらの行為が威力業務妨害に当たるか検討する。
棄却
まで参照)。この間における原告らの行動は,被告会社らに対する業務妨害
る重大な背信行為・業務妨害行為である。...な背信行為・業務妨害行為である。
22年8月10日,被告A,被告C及び被告Eを威力業務妨害罪及び名誉毀...損罪の疑いで,被告Dを威力業務妨害罪,名誉毀損罪及び器物損壊罪の疑い...告Eを威力業務妨害及び侮辱罪の公訴事実で,被告Dを威力業務妨害及び侮辱罪並びに器物損壊罪の各公訴事実で,それぞれ起訴した。
判示要旨:原告が設置運営する朝鮮学校に対し、隣接する公園を違法に校庭として占拠していたことへの抗議という名目で3回にわたり威圧的な態様で侮蔑的な発言を多く伴う示威活動を行い、その映像をインターネットを通じて公開した被告らの行為は、判示の事実関係の下では、原告の教育事業を妨害し、原告の名誉を毀損する不法行為に該当し、かつ、人種差別撤廃条約上の「人種差別」に該当するとして被告らに対する損害賠償請求を一部認容し、また、一部の被告が上記学校の移転先周辺において今後同様の示威活動を行うことの差止め請求を認容した事例
控訴を棄却
控訴人は,平成22年7月11日当時,傷害事件,威力業務妨害事件,道
判示要旨:公職選挙法11条1項2号の合憲性
上告を棄却
威力業務妨害,建造物不退去被告事件
判示要旨:刑訴法316条の17と自己に不利益な供述の強要
的に解されるべきであり,これらの権利に基づく業務妨害行為の差止請求
棄却
Bの利益を図るためになされた業務妨害である。本件各投稿の内容からし
棄却
で怒号する等,業務妨害というべき行為をし,さらには,参加人代表取
懲役1年2月
本件公訴事実中電汽車往来危険,威力業務妨害の点については,被...平成23年6月20日付け起訴状記載の電汽車往来危険,威力業務妨害の公...険,威力業務妨害の点については犯罪の証明がなく,刑事訴訟法336条に
1号の不正競争行為に該当するとともに,偽計業務妨害行為として不法
の後,原告による業務妨害的な風説の流布により,被告セキショウと
れるなどの業務妨害を行ったものであって,反訴被告は,これによって反
上告を棄却
は,威力を用いて他人の業務を妨害したものというべきであり,威力業務妨害罪の...被告人の本件行為が威力業務妨害罪の構成要件を充足し違法であることは疑いがな...力業務妨害罪の成立を認めても,憲法21条1項に違反するものではない。
判示要旨:卒業式の開式直前に保護者らに対して大声で呼び掛けを行い、これを制止した教頭らに対して怒号するなどし、卒業式の円滑な遂行を妨げた行為をもって刑法234条の罪に問うことが、憲法21条1項に違反しないとされた事例
上告を棄却
本不実記録,同供用,威力業務妨害の事案,(2)上記偽装交通事故の加害者役の
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(宮崎の2名殺害等事件)
威力を用いた請求ではなく業務妨害には抵触しないと承知しております。
棄却
当な電力料金の計算徴収業務を妨害した。(以下「業務妨害被...ついた傷を修理するという目的もあった。また,業務妨害事件は,...変造等被告事件,不正競争防止法違反被告事件,業務妨害被告事件等
判示要旨:実質的保険金受取人である者の故意行為によって死亡事故が生じたとして、免責条項により保険金の支払が免責されるとした事例
控訴を棄却
より販売したものであり,原告に対する業務妨害はしていない。
た,その後もサーバダウンをねらった妨害工作があったとして,業務妨害行為
ことは,職務規律に違反することは勿論のこと,窃盗罪,業務妨害
るなどとして,そのような業務妨害を一切行わないよう要求するとと
信用・名誉を毀損するものとは認められない(業務妨害にも当たらない。。...て開示しており,これは控訴人会社の信用・名誉毀損,業務妨害に該当するなどと
棄却
版・販売等につき偽計業務妨害罪,名誉毀損罪に該当するとして,平成15...よる原告に対する業務妨害行為の存在,本件書籍1の内容が一方的にAの主...の意を汲んだ(中略)業務妨害行為の一環であることは明らかである。」,
庁へ商標登録出願した行為は,原告に対する業務妨害行為というほかない。...(3) また原告は,本件商標の登録出願行為を原告に対する業務妨害行為である...は,原告に対する業務妨害行為というほかない。しかるに本件審判において
301 件中 1/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in