裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62962 
刑事22175民事40787
暴行
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
暴行の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
暴行を犯した場合、 5.3%の確率で無罪、
94.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
24
5
6
28
14
1
22834 件中 1/457 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
棄却
判示要旨:心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律による処遇制度と憲法14条、31条、34条
上告を棄却
判示要旨:犯人が他人を教唆して自己を蔵匿させ又は隠避させる行為と刑法103条の罪の教唆犯の成否
控訴を棄却
又は暴行等による個人番号の取得、国の機関等の職員の職権濫用による特定個人情
棄却
支払制度に関する問合せをしたが,脅迫や暴行には及んでいない。いずれ...棒を振り回す暴行に及んだ。このため,仮に被告Aらが原告の主張する対
,罰金20万円
:道路交通法違反,暴行被告事件...てる暴行を加え...暴行の犯行は,被告人の自転車の運転方法を注意した被害者に対し,立腹して石を
,罰金20万円
てる暴行を加え...暴行の犯行は,被告人の自転車の運転方法を注意した被害者に対し,立腹して石を
判示要旨:自転車の運転者が、他の自動車の通行を妨害する目的で、後続車両の直前に自車を進出させたり、対向車両に自車を接近させたりした行為について、令和2年法律第42号(道路交通法の一部を改正する法律)によって創設された道路交通法117条の2の2第11号チ、70条(妨害運転の罪)が適用された事例。
懲役4年
判示要旨:原審が被告人質問を実施したが、被告人が黙秘し、他に事実の取調べは行われなかったという事案につき、第1審が無罪とした公訴事実を原審が認定して直ちに自ら有罪の判決をしても、刑訴法400条ただし書に違反しないとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:必要な食事を与えられず栄養状態が悪化し、かつ頭部等に傷害を負うなどして要保護状況に陥った長女(当時2歳)に対し、交際男性と共謀の上、生存に必要な食事を与えず、かつ生存に必要な医師による治療等の医療措置を受けさせずに放置して衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死罪の成立を認めた原判決について、訴訟手続の法令違反や事実誤認の主張を排斥し、控訴を棄却した事例。
控訴を棄却
暴行を加えて,頭部全体にわたる皮下出血及び頭頂部の帽状腱膜下出血の傷...数回の暴行を加えて,...被害児に傷害を負わせる暴行を一切加えていないと主張したところ,
判示要旨:被害児(当時2歳)の頭部に暴行を加えて傷害を負わせ、さらに、必要な食事を与えられず栄養状態が悪化し、上記傷害を負うなどして要保護状況に陥った被害児に対し、同児の母親と共謀の上、生存に必要な食事を与えず、かつ医師による治療等の医療措置を受けさせずに放置して衰弱死させたとして、傷害罪及び保護責任者遺棄致死罪の成立を認めた原判決について、事実誤認の主張を排斥し、控訴を棄却した事例。
懲役18年
たり,眠っていたAの頸部に腕を巻き付けて絞め付けるなどの暴行を加え,よって,
棄却
判示要旨:新証拠による旧証拠の証明力減殺が、他の旧証拠の証明力に関する評価を左右する関係にあるとはいえず、それらの再評価を要することになるものではないとされた事例
懲役6年
の顔面を拳で多数回殴るなどの暴行を加えた上,床に座っていた同人の背後からそ...多数回殴られる強度の暴行も受けるなどして強い恐怖心を短くない時間感じており,
無罪
官らは逮捕状を被告人に提示しなかったり,必要以上の暴行,虐待を加えた,㋒第
懲役5年,罰金200万円
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、SNSを通じて、約6か月の間に166回にわたり、約108人に対して大麻等合計約4942グラムを有償で譲渡した等の麻薬特例法違反の事案、大麻等及び麻薬を所持したという大麻取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反の事案で、被告人に対し懲役5年及び罰金200万円を言い渡した事例。
懲役29年
防ぎ若しくは逮捕を免れるために暴行脅迫を加えることも想定し,共謀の上,令和
無期懲役
の左脇腹等をげん骨で殴るなどの暴行を加え,よって,同人に加療約3週間...着するけん銃を強取しようと考え,Cに暴行を加え,公務の執行を妨害すると
控訴を棄却
傷害,傷害致死,暴行,強要被告事件...し,その頭部を手で殴るなどの暴行を加え(被害児に対する暴行。原判示...ち付けさせたほか,その顔面及び胸部を圧迫し又は打撃するなどの暴行を
上告を棄却
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)2条1項10号にいう技術的制限手段の効果を妨げることにより影像の視聴を可能とする機能を有するプログラムに当たるとされた事例
懲役7年
スバーナーの炎を顔に向けてあえて近づける暴行を加えてその髪の毛等に着火させ,...者から玄関内で暴行を受けたという点は,ドライブレコーダーにはそのよう...づけたと推認することができる。そして,被告人の述べるような暴行を被
判示要旨:被告人が、深夜、酔って帰宅した内縁の夫である被害者に対し、その言動等に立腹して、ガスバーナーの炎を顔に向けて近づけてその髪の毛等に着火させ、よって、被害者の着衣などに燃え広がらせ、全身熱傷等の傷害を負わせて死亡させた、という傷害致死の事案で、被告人に対し懲役7年の刑を言い渡した事例。
懲役3年
手でその顔面付近を複数回殴る暴行を加え,よって,同人に全治約10日間を...に打撲を加える暴行を加え,よって,同人に全治約1週間ないし10日間を要...て,A(当時3歳)に対し,その腹部に強い外力を与える何らかの暴行を加え,
棄却
人を欺き,人に暴行を加え,若しくは人を脅迫する行為により,又は財
判示要旨:行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づき、個人番号の収集等をする番号制度を構築し、運用することは、憲法13条の保障する個人に関する情報をみだりに収集、保有、管理若しくは利用され、第三者に開示又は公表されない自由を侵害するものではないとして、個人番号の付番を受けた原告らの個人番号の削除等を求める請求を棄却した事例
懲役6年
グの間付近で,前記暴行の際と同様の表情で「殺すぞ。」と言ってきたた...者から暴行を受けたことにより,今後被害者を殺すこともあり得るなどと...日には初めて被害者から暴行を受けて恐怖を感じ,被害者への対応に不安
懲役24年
判示要旨:自動車を運転する予定の者に対し、ひそかに睡眠導入剤を摂取させ運転を仕向けて交通事故を引き起こさせ、事故の相手方に傷害を負わせたという殺人未遂被告事件について、事故の相手方に対する殺意を認めた第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
控訴を棄却
暴行を加えたほか,顔面にナイフを突きつけて「騒ぐな。殺すぞ。...ついては,Xは,逮捕監禁の継続に必要な暴行を加える意図を有していたと考えら...自動車に乗せた際は,暴行脅迫を加えておらず,このような態様は,Veを平穏に
判示要旨:被告人がXら配下の者を使い、殺人2件(Vc第2の2、Va第2)、生命身体加害略取・逮捕監禁1件(Vc第2の1)、同致死1件(Vd)、同致傷1件(Vc第1)、逮捕監禁2件(Va第1、Ve)、同致傷1件(Vb第2)に及んだとして起訴され、原判決(裁判員裁判)は、殺人1件(Va第2)以外は、被告人が首謀者として犯行を主導したと認定して、被告人を無期懲役に処し、Va第2事件については死亡原因が確定できないために無罪とし、検察官、被告人の双方が控訴した。控訴審判決において、①弁護人の訴訟手続の法令違反の主張及び事実誤認の主張に対し、原審の訴訟手続には違法はなく、原判決による間接事実等からの有罪認定に誤りがないなどと説示して論旨を排斥し、②㋐検察官の事実誤認の主張に対し、Vaが死亡に至った経緯を推測できる手掛かりはなく、Xにより殺害された以外の可能性を排斥することは困難である旨、㋑検察官の量刑不当の主張に対し、有罪となった殺人の事案は、これまでに殺害被害者1名で死刑に処された事案に類する悪質性や厳しく非難すべき事情があるとはいえず、死刑の選択がやむを得ないとはいえない旨などを説示し、原判決の判断を是認して検察官の論旨も排斥し、双方の控訴を棄却した事例
上告を棄却
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(干物店強盗殺人事件)
懲役2年,執行猶予
た期間に,Bに暴行を加えており(F及びCの各検察官調書(甲35,39,...暴行に用いた木刀の処分方法,Bの死亡に気づいた経緯等についての警察への
取り消す
判示要旨:再審請求を棄却した原決定に審理不尽の違法があるとされた事例
22834 件中 1/457 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in