裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62660 
刑事22127民事40533
昭和
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
昭和の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
昭和を犯した場合、 17.5%の確率で無罪、
82.5%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
29
7
3
0
48999 件中 1/980 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄
ばならないと解されるところ(最高裁昭和51年(オ)第978号同52年4月1
判示要旨:自筆遺言証書に真実遺言が成立した日と相違する日の日付が記載されているからといって同証書による遺言が無効となるものではないとされた事例
原告は,昭和7年12月24日,石川県能登町で,杜氏一家の三代...昭和36年に石川県内の菊姫合資会社に杜氏として就職し,平成9年,
取り消す
は違法の評価を免れないものと解される(最高裁昭和47年(行ツ)第52号同
判示要旨:普通地方公共団体(政令指定都市)の議会がその所属議員に対してした懲罰としての除名処分の取消し等を求める請求について、自らの政治的主張を追求するために臨時議長の職権を濫用して非民主的かつ偏頗な議事運営を行った行為は極めて悪質であり、同議会がこのような元議員の行為についてその自律権の行使として除名の懲罰を選択したことがその裁量権を逸脱又は濫用したものであるとはいえないなどとして、元議員の請求を全部認容した原判決を取り消し、その請求を全部棄却した事例
取り消す
昭和41年6月30日午前1時過ぎ頃,静岡県清水市(当時)所在のみそ製造販売...公判が続いていた昭和42年8月31日,同社みそ製造工場において,従業員が1号タンクの仕込みみその搬出作業中,タンク底部から麻袋に入った5点の衣類(白...仕込まれた昭和41年7月20日以前にタンク底部に入れられたと認められたとこ
判示要旨:再審請求を棄却した原決定に審理不尽の違法があるとされた事例
条1項2号)に該当するに至っており,他方,控訴人は,昭和61年の設...とおり,被控訴人商品は,昭和59年(1984年)以来販売され,ファ...昭和59年
棄却
するのが相当である(大審院昭和13年(オ)第222号同年6月25日判決・大
判示要旨:同一の当事者間に数個の金銭消費貸借契約に基づく各元本債務が存在する場合における借主による充当の指定のない一部弁済は、特段の事情のない限り、上記各元本債務について消滅時効を中断する効力を有する
黄金の味」と称する商品が,昭和53年6月以降,全国で販売され,広告宣...昭和53年6月...原告は,昭和53年6月以来「エバラ焼肉のたれ
和17年10月13日,昭和37年8月22日,昭和48年4月12日,...昭和58年1月27日,平成5年4月27日,平成14年5月21日及び...ピー商會へ順次譲渡され,その旨の移転登録(登録日はそれぞれ昭和18
控訴を棄却
原判決22頁2行目の「昭和22年に制定されたあはき師法」を「昭和2...営業法(昭和26年改正前のあはき師法)」と,13行目の「届出業者」を...である。),16行目の「(乙31)」を削り,20・21行目の「昭和3
却下
本件発電所は,昭和54年3月に1号機が,同年12月に2号機がそれぞ...れ営業運転を開始した原子力発電所である。本件各原子炉は,いずれも昭和...km2 であるのにこれを600km 2 であるとし,昭和20年に発生した
判示要旨:原子力規制委員会がした発電用原子炉の設置変更許可が違法であるとされた事例
本件発明1について,原告代表者及びAⅰは,昭和50年代から行って...被告は,昭和43年から昭和52年頃に製造された武田マイヤー株式会社...基本的技術であって(前記第2の1⑵カ),被告が昭和60年頃に導入
無期懲役
ての判断は,何らの拘束力を有するものではない(最高裁昭和43年10月25日
却下
とができるものに限られる(最高裁判所昭和56年4月7日第三小法廷...訴えを却下している(最高裁判所昭和49年5月30日第一小法廷判...「昭和49年最高裁判決」
上告を棄却
市議会の定例会の回数は,岩沼市議会定例会の回数に関する条例(昭和3...懲罰の適否は一律に司法審査の対象とならないとした最高裁昭和34年(オ)第10号同35年10月19日大法廷判決・民集14巻12号2633頁に反するとい...これと異なる趣旨をいう所論引用の当裁判所大法廷昭和35年10月19日判決
判示要旨:普通地方公共団体の議会の議員に対する出席停止の懲罰の適否は、司法審査の対象となる
取り消す
申立人は,昭和 a 年 b 月 c 日生まれの女性であり,兵庫県川西市において
棄却
昭和61年7月に本件排水機場の設計上の計画雨水量と
上告を棄却
参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につい...挙区の人口に比例する形で,2人ないし8人の偶数の議員定数を配分した。昭和2...成6年改正」という。)まで,上記定数配分規定に変更はなかった。なお,昭和5
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法14条1項等に違反するに至っていたということはできない。
上告を棄却
参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につい...挙区の人口に比例する形で,2人ないし8人の偶数の議員定数を配分した。昭和2...成6年改正」という。)まで,上記定数配分規定に変更はなかった。なお,昭和5
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない。
また,甲6(特開昭53-148097号公報。昭和53年12月23日公開)
工業新聞社(昭和56年発行。甲95)には,
東京都知事は,昭和54年1月24日,日野市の都市計画公園に北川...日野市においては,昭和38年3月29日,日野クリーンセンター(旧...昭和40年,本件区画整理事業(前提事実⑵カ)に係る都市計画決定がさ
日本分析化学会著「機器による高分子分析(I)」(廣川書店,昭和38
いた。Aは,昭和8年に設立された宇良ガラス加工所の創業者の息子で...る(最高裁昭和39年(行ツ)第110号同43年2月27日第三小法廷...れる(最高裁昭和37年(オ)第953号同38年12月5日第一小法廷
牧廣ほか著「図解プラスチック用語辞典」日刊工業新聞社(昭和56年
の名を使っている旨主張していることを併せ考慮すると,原告は,遅くとも昭和6...から構成される京都茶道団体懇話会の役員を,昭和50年以降継続し,平成28年...員を昭和50年以降継続し,平成29年に理事長となったこと,同文化会が開催し
棄却
Aを含むYは,昭和31年に福岡県知事から学校教育法134条2項,同法4...高裁昭和43年(あ)第1614号同51年5月21日大法廷判決刑...るから(最高裁昭和43年(あ)第1614号同51年5月21日大法
また,甲10(「医薬品の溶出」株式会社地人書館,昭和52年10月
上告を棄却
参議院(比例代表選出)議員の選挙については,昭和57年法律第81号に...我が国においては,現行憲法の制定前後を通じ,昭和57年の公職選挙法の改正
判示要旨:参議院(比例代表選出)議員の選挙についていわゆる特定枠制度を定める公職選挙法の規定の合憲性
アミノ酸代謝と生体アミン(中)」東京化学同人,昭和...51年],甲9[R.Y.スタニエ他「微生物学(上)」培風館,昭和56年],...昭和40年])。しかも,アルギニンはこの種の微生物による発酵の際によく用い
棄却
(最高裁判所昭和60年11月21日・民集39巻7号1512頁)
棄却
なお,条約法に関するウィーン条約(昭和56年条約第6号。以下「条
控訴を棄却
れば足りるものであって(最高裁昭和50年10月24日第二小法廷判決・民
判示要旨:子を殺害したとして有罪判決を受け、20年の除斥期間経過前に子の死亡を原因とする損害賠償請求権を行使することができなかった母親が、再審公判における無罪判決確定後6か月以内に損害賠償請求訴訟を提起した事案について、除斥期間の経過により損害賠償請求権が消滅することを定めた民法724条後段(平成29年法律第44号による改正前のもの)は、加害者が権利者の権利行使を意図的に妨害した場合など、これを適用することが著しく正義・公平の理念に反するときはその適用が制限されるが、本件では、被告とされた会社の従業員等が母親の刑事事件や再審開始決定に対する即時抗告審において母親の権利行使を意図的に妨害したなどと認めるには足りないと判断し、除斥期間の経過を理由として損害賠償請求を棄却したもの
棄却
控訴人法人は,本件学校を設置,運営する準学校法人であり,昭和41年...6年文部科学省令第20号)や専修学校設置基準(昭和51年文部省令第2...盟(朝青)も任意加入団体にすぎない。北朝鮮からは,昭和32年以降,朝
判示要旨:朝鮮学校につき、平成25年法律第90号による改正前の公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律2条1項5号及びその委任を受けた同法施行規則1条1項2号ハの規定に基づく指定をしない旨の文部科学大臣の処分は違法なものとはいえず、申請者である学校法人並びに同校の生徒及び元生徒らによる上記処分の取消請求には理由がなく、指定の義務付けを求める訴えは、行訴法37条の2又は37条の3の要件を欠き不適法であり、上記処分及びこれに至る一連の行為は生徒及び元生徒らの学習権、幸福追求権及び平等権等を侵害する違法なものとはいえないとした事例。
被控訴人は,昭和29年10月25日に設立された,一般衣料品及び服
取り消す
C(昭和53年9月5日生)は,原告の子であり,平成25年4月1日,...と解される(最高裁昭和51年11月12日第二小法廷判決・裁判集民事1
判示要旨:看護師として勤務していた労働者が、勤務する病院での業務に起因して精神障害を発病し自殺したとして、原告が労災保険法に基づき遺族補償給付及び葬祭料を請求したところ、処分行政庁がこれらを支給しない旨の処分をしたことから、原告が被告を相手として、上記各処分の取消しを求めた事案において、労働者が精神障害を発病して死亡したことにつき、業務起因性を認めた事例
あり,需要者一般を保護するという公益的性格を有するものである(最高裁昭和5...8年(行ツ)第31号昭和61年4月22日第三小法廷判決・裁判集民事147号
「類似の商品」に当たると解するのが相当である(最高裁昭和33年(オ)第
昭和31年の各都道府県知事あて厚生省医務・薬務局長連名通知...(乙5)の135頁には,昭和58年当
いうべきである(なお,一審被告らは,東京地裁昭和51年5月26日判
破棄,罰金40万円
以下の罰金であるから,最高裁昭和22年(れ)第222号同23年4月8日第一...小法廷判決・刑集2巻4号307頁(以下「昭和23年判例」という。)によれ...昭和23年判例は,併科刑又は選択刑の定めがある場合の法定刑を対照して,そ
判示要旨:数罪が科刑上一罪の関係にある場合において、各罪の主刑のうち重い刑種の刑のみを取り出して軽重を比較対照した際の重い罪及び軽い罪のいずれにも選択刑として罰金刑の定めがあり、軽い罪の罰金刑の多額の方が重い罪の罰金刑の多額よりも多いときの罰金刑の多額
取り消す
本件は,有限会社B(本件会社)の従業員であったA(亡A。昭和55年1...昭和50年10月24日第2小法廷判決(民集29巻9号1417頁。以下...「最高裁昭和50年10月24日判決」という。 ,亡Aが発症した本件疾病
判示要旨:本件は、被控訴人が控訴人に対し、被控訴人の配偶者は、①過重業務が原因で免疫力が低下し、その結果劇症型心筋炎を発症し、死亡した、②そうでなくとも、被控訴人の配偶者が過重業務により治療機会を喪失したために劇症型心筋炎を発症し、死亡したと主張して、業務起因性を認めずに療養補償給付等を不支給とした労働基準監督署長の決定の取消しを求めた事案につき、①については、過重業務による免疫力の低下が心筋炎を発症させるウイルス感染を生じさせた事情の一つとなった可能性は否定できないが、その他の事実を総合すると、被控訴人の配偶者の免疫力が低下していたものとまでは認め難いし、その上、過重業務によりウイルス性心筋炎を発症し劇症化するとの経験則が存在するとも認めることもできないから、業務起因性が認められるとする主張は採用できないとし、②についても、そもそも治療機会を喪失したとは認められないし、より早い時期に治療が開始されたとしても、劇症型心筋炎の発症を防ぎ得たと認めることはできないから、業務起因性が認められるとする主張は採用できないとして、業務起因性を認めて上記労働基準監督署長の不支給決定を取り消した原審判決を取り消した事案である。
取り消す
本件は,有限会社B(本件会社)の従業員であったA(亡A。昭和55年1...昭和50年10月24日第2小法廷判決(民集29巻9号1417頁。以下...「最高裁昭和50年10月24日判決」という。 ,亡Aが発症した本件疾病
判示要旨:本件は、被控訴人が控訴人に対し、被控訴人の配偶者は、①過重業務が原因で免疫力が低下し、その結果劇症型心筋炎を発症し、死亡した、②そうでなくとも、被控訴人の配偶者が過重業務により治療機会を喪失したために劇症型心筋炎を発症し、死亡したと主張して、業務起因性を認めずに療養補償給付等を不支給とした労働基準監督署長の決定の取消しを求めた事案につき、①については、過重業務による免疫力の低下が心筋炎を発症させるウイルス感染を生じさせた事情の一つとなった可能性は否定できないが、その他の事実を総合すると、被控訴人の配偶者の免疫力が低下していたものとまでは認め難いし、その上、過重業務によりウイルス性心筋炎を発症し劇症化するとの経験則が存在するとも認めることもできないから、業務起因性が認められるとする主張は採用できないとし、②についても、そもそも治療機会を喪失したとは認められないし、より早い時期に治療が開始されたとしても、劇症型心筋炎の発症を防ぎ得たと認めることはできないから、業務起因性が認められるとする主張は採用できないとして、業務起因性を認めて上記労働基準監督署長の不支給決定を取り消した原審判決を取り消した事案である。
却下
被告P1は,昭和59年4月から平成18年3月まで住宅設備機器メーカー
棄却
断すべきものであり(最高裁判所昭和31年7月20日第二小法廷判決・民...意又は過失は否定される(最高裁昭和41年6月23日第一小法廷判決・民...集20巻5号1118頁,最高裁昭和58年10月20日第一小法廷判決・
また,最高裁昭和61年(オ)第454号同年10月3日第二小法廷...判決・民集40巻6号1068頁(以下「最高裁昭和61年判決」とい...使用権の効力の及ぶ範囲が認定されるべきであるとした。最高裁昭和6
審被告東電が初めて建設し,昭和46年3月26日に運転を開始した...発電用原子炉である。その後,2号機は昭和49年7月に,3号機は...昭和51年3月に,4号機は昭和53年10月に,5号機は昭和53
判示要旨:平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震が引き起こした津波の影響で発生した福島第一原発事故により旧居住地からの避難を余儀なくされるなどした福島県及び隣接県の住人である一審原告ら(提訴時3864人)が、旧居住地の空間線量率を本件事故前の値以下にすること(原状回復請求)及び平穏生活権侵害に基づく慰謝料等を求めた事案について、原状回復請求は却下したものの、一審被告東電に対して原子力損害の賠償に関する法律3条1項に基づく損害賠償責任を認めるとともに、一審被告国に対して国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を認め、一審原告らの主張する損害の一部につき、一審被告らに対し連帯して支払うよう命じた事例
棄却
県昭和警察署(以下「昭和警察署」という。 の留置担当官が,①複...を受け,少なくとも同年12月11日までの間,愛知県昭和警察...被告は,昭和警察署を置く地方公共団体である。
棄却
としてその意味内容を解釈し,判断すべきものである (最高裁昭和29年...される(最高裁昭和37年(オ)第815号同41年6月23日第一小法廷...判決・民集20巻5号1118頁,最高裁昭和56年(オ)第25号同58
(昭和51年)...社) 昭和63年9月当時,...昭和63年9月頃までには,
具体的な取引状況に基づいて判断するのが相当である(最高裁昭和39年(行...断することが許されるものと解される(最高裁昭和37年(オ)第953号同...恒常的事情(最高裁昭和47年(行ツ)第33号昭和49年4月25日第一
48999 件中 1/980 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in