裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62480 
刑事22085民事40395
教育関係法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
22110 件中 7/443 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
懲役11年
判示要旨:被告人が、自動車を酒気帯び運転し、その際、赤色信号を殊更に無視して横断歩道上を歩行中の被害者に自車を衝突させて死亡させた道路交通法違反、危険運転致死の事案について、赤色信号を「殊更に無視」したという点が争われたが、現場の信号が赤色表示になったタイミングや走行状況等を根拠に赤色信号を「殊更に無視」したと認定し、危険運転致死罪の成立を認めて懲役11年を言い渡した事例(裁判員裁判)
懲役6年
判示要旨:被害ビル内の飲食店の従業員である被告人が、同店経営者と共謀の上、同店の火災保険金を取得しようとして、同ビルに侵入し同店舗付近に火を放ったものの消火された建造物侵入、現住建造物等放火未遂被告事件で、弁護人は、被告人は共犯者と共謀しておらず無罪である旨、仮に共謀が認められるとしても放火された建物と人が現在していた建物とは別の建物であるとして非現住建造物等放火未遂が成立するにとどまる旨主張したが、いずれも排斥し、建造物侵入罪及び現住建造物等放火未遂罪の成立を認め、懲役6年を言い渡した事案。
破棄,罰金15万円
判示要旨:1 医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為の意義 2 入れ墨(タトゥー)の施術と医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為
棄却
判示要旨:勾留の裁判に関する準抗告決定(原裁判取消し、勾留請求却下)に対する検察官からの特別抗告が棄却された事例
棄却
と基本原則を実現するために教育関係法令が制定される必要があり,そ...対して教育関係法令に基づき国費が支出されることが許されないのは当
上告を棄却
判示要旨:自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条5号の危険運転致死傷罪の共同正犯が成立するとされた事例
懲役5年
判示要旨:知人と共謀の上、被害者方に押し掛けて傷害を負わせた住居侵入、傷害、行動をともにしていた女性の死亡に気付き、別の知人と共謀の上、遺体を峠の山中に遺棄した死体遺棄、覚せい剤所持の各犯行に及んだ被告人を懲役5年に処した事案
懲役6年
判示要旨:被告人が、同じ共同住宅の住民への嫌がらせ目的で、自室に火をつけた現住建造物等放火被告事件で、弁護人が心神耗弱を主張したが、その主張を排斥して完全責任能力を認め、被告人に懲役6年を言い渡した事例
懲役3年6月
判示要旨:家人を脅迫し金品を強取しようと考え、包丁を携えて民家を訪れた被告人が、被害者の抵抗によりその目的を遂げず、その際、同人に傷害を負わせたとして、懲役3年6月の判決を言い渡した事案(裁判員裁判)
取り消す
ての教育関係法規の基本法たる性質を有し,全ての教育関係法規は教育基...において述べたとおり,支給法も教育関係法令である以上,教育基本...における議論の過程からみても,また,全ての教育関係法規の基本法
判示要旨:外国人学校であるA校を設置及び運営する被控訴人が、公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成25年法律第90号による改正前のもの。同号により法律の題名が「高等学校等就学支援金の支給に関する法律」と改められた。)2条1項5号の委任を受けて定められた同法施行規則(平成22年文部科学省令第13号。ただし、平成25年文部科学省令第3号による改正前のもの。)1条1項2号ハの規定に基づく文部科学大臣の指定を受けるため、当該指定に関する規程(「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則第1条第1項第2号ハの規定に基づく指定に関する規程」。以下「本件規程」という。)14条1項に基づいて申請をしたのに対し、A校が本件規程13条に適合すると認めるに至らないことを理由に文部科学大臣が当該指定をしない旨の処分をしたことについて、A校は他の団体から教育の目的を達するための必要性、合理性の限度を超えて介入を受け、教育の自主性をゆがめるような支配を受けている合理的な疑いがあること、A校において就学支援金の管理が適正に行われないことを疑わせる相当な根拠があることから、A校について、法令に基づく適正な学校運営という観点からして本件規程13条適合性があるとはいえないとして、上記不指定処分が違法とはいえないとされた事例
懲役3年
判示要旨:無理心中しようと考え、妻である被害者に対し、包丁で切りつけるなどしたが、自らの意思により被害者を助けるため119番通報をしたため、傷害を負わせるにとどまったという殺人未遂事案において、中止未遂の成立を認め執行猶予に付した事案。
上告を棄却
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(愛知一家強盗殺傷事件)
控訴を棄却
判示要旨:警察官がマンション内のゴミステーションに捨てられたごみ袋の任意提出を受けて領置し、これを開封してその内容物を確認するなどした捜査手続が適法とされた事例
懲役5年
判示要旨:妻である被害者に対し、つえで殴打するなどの暴行を繰り返し行い被害者を死亡させたという傷害致死事案において、懲役5年を言い渡した事案。
22110 件中 7/443 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in