裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62754 
刑事22139民事40615
憲法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
12509 件中 1/251 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
被告人両名の弁護人壇俊光ほかの上告趣意は,憲法違反,判例違反をいう点を含
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)2条1項10号にいう技術的制限手段の効果を妨げることにより影像の視聴を可能とする機能を有するプログラムに当たるとされた事例
上告を棄却
免除した当時の市長の行為は,憲法の定める政教分離原則に違反し,無効であり,...した宗教的活動を容易にしているなどとして,憲法20条1項後段,3項,89条...憲法は,20条1項後段,3項,89条において,いわゆる政教分離の原則
判示要旨:市長が都市公園内の国公有地上に孔子等を祀った施設を所有する一般社団法人に対して同施設の敷地の使用料を全額免除した行為が憲法20条3項に違反するとされた事例
棄却
に必要不可欠な権利として憲法13条に保障される人格権ないし自己決...る自由は,憲法13条により保障される人格権ないし自己決定権に含ま
判示要旨:被告の設置運営する高校に在籍していた原告が、被告に対し、高校教員らから頭髪指導として頭髪を黒く染めるよう強要され、生徒名簿から氏名を削除されるなどして精神的苦痛を被ったとしてした国家賠償請求等につき、染髪を禁じる校則及びこれに基づく頭髪指導は高校教員らの裁量の範囲内で適法であるとする一方、生徒名簿からの氏名の削除等は教育環境を整える目的でされたものではなく、手段の選択も著しく相当性を欠くなどとして、原告の国家賠償請求を一部認めた事例
棄却
)が,優生保護法が憲法13条,14条1...ての自己決定権として憲法13条及び24条によって保障されるととも...に,性と生殖に関する権利(リプロダクティブ・ライツ)としても,憲法
判示要旨:優生保護法3条1項に基づく優生手術及び同法14条1項1号に基づく人工妊娠中絶手術を受けたとする原告1及びその夫の相続人が、被告に対し、国家賠償法1条1項に基づき、合計2200万円と遅延損害金の支払を求めた事案につき、原告1に対し、優生保護法3条1項に基づく優生手術が実施されたと認めるには足りず、また、原告1が人工妊娠中絶手術を受けたことは認められるものの、これが精神薄弱であることを理由としたものであったと認めるには足りないとされた事例。
上告を棄却
反,事実誤認の主張であり,その余は,憲法違反をいう点を含め,実質は単なる法
懲役24年
令違反,事実誤認の主張であり,弁護人久保有希子,同趙誠峰の上告趣意は,憲法
判示要旨:自動車を運転する予定の者に対し、ひそかに睡眠導入剤を摂取させ運転を仕向けて交通事故を引き起こさせ、事故の相手方に傷害を負わせたという殺人未遂被告事件について、事故の相手方に対する殺意を認めた第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
棄却
憲法76条1項に定める司法制度の役割として当然のことであり、
月」の名称の使用を差し止めることは,憲法14条1項が禁止する「門地」による
棄却
クティブ・ライツ(憲法13条,24条)を侵害し,平等原則(憲法14条1...項)及び憲法24条2項に違反する重大な人権侵害であるから,旧優生保護法...の規定は憲法に違反する。
判示要旨:平成8年法律第105号による改正前の旧優生保護法に基づいて優生手術を強制されたとする原告が、①被告において旧優生保護法を制定し、これを平成8年まで改廃しなかったこと、②同法を改廃した後も救済措置等を採らなかったことなどに違法がある旨主張して、被告に対し、国家賠償法1条1項に基づき、損害賠償を求める事案につき、旧優生保護法の規定(同法4条~13条)は憲法13条、14条1項、24条2項に違反し、国会議員において、旧優生保護法を制定し、これに上記規定を設けたことは、国家賠償法1条1項の適用上、違法であるものの、原告は昭和35年頃に優生手術を受けたものであって、除斥期間を定めた民法724条後段(平成29年法律第44号による改正前のもの)に基づき、20年後の昭和55年頃の経過をもって、原告の被告に対する損害賠償請求権は法律上当然に消滅したものであり、平成8年の旧優生保護法の改正後に損害賠償や補償など被害者救済のための立法措置等が行われていなかった点については、国会に委ねられた立法裁量の問題であることなどから、違法というのは困難であると判断し、原告の請求が棄却された事例
棄却
それぞれ改め,同12頁18行目の「憲法31条)」の後に「等」を加える。...憲法32条,13条,31条違反等について...に分け,それぞれの行為が,控訴人の裁判を受ける権利(憲法32条,1
判示要旨:難民不認定処分に対する異議申立棄却決定後に取消訴訟等を提起する意思を示していた被退去強制者である控訴人について、集団送還の方法により本国に送還する対象者に選定していたため、送還の前日まで異議申立棄却決定の告知を行わないなどして本国に強制送還した入国管理局の職員の一連の行為は、控訴人の難民該当性に関する司法審査を受ける機会を実質的に奪ったものとして、国家賠償法1条1項の適用上違法であるとし、被控訴人(国)に対する慰謝料及び弁護士費用の請求を一部認容した事例
取り消す
憲法は,地方公共団体の組織及び運営に関する基本原則として,その施策を...ており,普通地方公共団体の議会は,憲法にその設置の根拠を有する議事機関...住所を有する者の投票により選挙され(憲法93条2項,地方自治法11条,
判示要旨:普通地方公共団体(政令指定都市)の議会がその所属議員に対してした懲罰としての除名処分の取消し等を求める請求について、自らの政治的主張を追求するために臨時議長の職権を濫用して非民主的かつ偏頗な議事運営を行った行為は極めて悪質であり、同議会がこのような元議員の行為についてその自律権の行使として除名の懲罰を選択したことがその裁量権を逸脱又は濫用したものであるとはいえないなどとして、元議員の請求を全部認容した原判決を取り消し、その請求を全部棄却した事例
取り消す
本件抗告の趣意のうち,憲法39条後段違反をいう点は,検察官の上訴が同一の...提を欠き,その余は憲法違反,判例違反をいう点を含め,実質は単なる法令違反,
判示要旨:再審請求を棄却した原決定に審理不尽の違法があるとされた事例
控訴を棄却
ない旨の本件処分をしたため,控訴人において,同項が憲法22条1項(職業...を制約するものとして憲法22条1項に違反するということはできない,同条...同項の規定が,処分要件等の曖昧不明確さゆえに憲法31条,13条に違反す
却下
害を受けない利益は,人格権及び生存権(憲法13条,25条)から派生
取り消す
人格権及び生存権(憲法13条,25条)から派生するものであることか
却下
利利益の保護救済を図るために提起するものであり,憲法32条の...ての地位に基づいて訴訟を提起するものであり,憲法32条の裁判...日本国憲法下では行政事件が
棄却
このような被告国の行為は,憲法98条2項並びに中西部太平洋まぐろ類条...上限の超過を招いたものであって,このような被告国の行為は憲法98条...条ないし25条に反し,憲法98条2項に反するとか,これにより国民で
判示要旨:被告国が、くろまぐろの小型魚につき、平成29年7月1日から平成30年6月30日までの期間(第3管理期間)における北海道の沿岸漁業での漁獲可能な数量を「111.81トン」としていたところ、実際にはこれを大幅に超過する漁獲がされてしまったため、当該超過分を差し引き、同年7月1日から平成31年3月31日までの期間(第4管理期間)における北海道の沿岸漁業での漁獲可能な数量をわずか「8.3トン」としたことについて、北海道内の漁業者である原告らが、被告国及び被告北海道は漁業者への法的措置を講じず、漫然と漁業者の自主管理に委ねた結果、第3管理期間において上限を大幅に超過する漁獲を招き、もって第4管理期間以降のくろまぐろ漁が事実上できなくなったなどと主張して、被告国及び被告北海道に対し、国家賠償法1条1項に基づき、損害賠償を請求した事案につき、①被告国について、法令に基づく法的措置の行使については、被告国(農林水産大臣)の広範な裁量に委ねられているところ、原告らの主張する時点において法令に基づく法的措置を行わなかったことが、著しく不合理なものであったとはいえない、②被告北海道について、法令に基づく法的措置の行使については、被告北海道(都道府県知事)の広範な裁量に委ねられているところ、法令に基づく法的措置を行わなかったことが、著しく不合理なものであったとはいえないとして、原告らの請求がいずれも棄却された事例
上告を棄却
憲法は,地方公共団体の組織及び運営に関する基本原則として,その施...おり,普通地方公共団体の議会は,憲法にその設置の根拠を有する議事機関とし...住所を有する者の投票により選挙され(憲法93条2項,地方自治法11条,17
判示要旨:普通地方公共団体の議会の議員に対する出席停止の懲罰の適否は、司法審査の対象となる
上告を棄却
含め,「定数配分規定」という。)は憲法に違反し無効であるから,これに基づき...区ごとの議員定数については,憲法が参議院議員につき3年ごとにその半数を改選...該各定数配分規定が憲法に違反するに至っていたとはいえない旨の判断を示した
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法14条1項等に違反するに至っていたということはできない。
上告を棄却
改正前の別表第2を含め,「定数配分規定」という。)は憲法に違反し無効である...区ごとの議員定数については,憲法が参議院議員につき3年ごとにその半数を改選...該各定数配分規定が憲法に違反するに至っていたとはいえない旨の判断を示した
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない。
棄却
憲法31条に反する違法なものである。...権については,憲法及び刑事訴訟法に何らの規定もなく,身体拘束を受けて
棄却
義務教育と異なり憲法上無償であることが要求されるものではなく,...であって,憲法14条,経済的,社会的及び文化的権利に関する国際規...ハ規定の委任の範囲を逸脱し,憲法14条等にも反するものであって,
上告を棄却
る改正(以下「本件改正」という。)後の公職選挙法の規定が憲法に違反して無効...に等しく,本件改正後の公職選挙法における同制度について定める規定は,憲法4...の選挙は同法が定める定数配分規定が憲法に違反するため無効であるから,本件選
判示要旨:参議院(比例代表選出)議員の選挙についていわゆる特定枠制度を定める公職選挙法の規定の合憲性
棄却
当該届出を不受理とされたところ,本件各規定は,憲法14条1項,24条又...本件各規定が憲法14条に違反することについて...夫婦同氏制が憲法14条1項に違反するか否かの判断に当たっては,こ
棄却
負担については,義務教育と異なり,憲法上無償であることが要求される...(憲法26条2項参照) また,...争点⑴イ(本件規程13条は憲法14条に違反して無効か。
判示要旨:朝鮮学校につき、平成25年法律第90号による改正前の公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律2条1項5号及びその委任を受けた同法施行規則1条1項2号ハの規定に基づく指定をしない旨の文部科学大臣の処分は違法なものとはいえず、申請者である学校法人並びに同校の生徒及び元生徒らによる上記処分の取消請求には理由がなく、指定の義務付けを求める訴えは、行訴法37条の2又は37条の3の要件を欠き不適法であり、上記処分及びこれに至る一連の行為は生徒及び元生徒らの学習権、幸福追求権及び平等権等を侵害する違法なものとはいえないとした事例。
破棄
ことがないように配慮したものと解される。また,憲法13条は,国民の私生活上
判示要旨:家庭裁判所調査官が少年保護事件を題材として執筆した論文の執筆届の決裁に際し、家庭裁判所の職員において、当該論文の内容を修正させ、又はその公表を差し控えさせる注意義務があったということはできないとされた事例
ず,ウクライナ憲法56条に,各人は,国家権力機関及び地方自治機...れている上に,ウクライナ憲法26条に,憲法や法律,国際合意によ...主張するが,ウクライナ憲法26条の規定の仕方に鑑みると,各法に
判示要旨:平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震が引き起こした津波の影響で発生した福島第一原発事故により旧居住地からの避難を余儀なくされるなどした福島県及び隣接県の住人である一審原告ら(提訴時3864人)が、旧居住地の空間線量率を本件事故前の値以下にすること(原状回復請求)及び平穏生活権侵害に基づく慰謝料等を求めた事案について、原状回復請求は却下したものの、一審被告東電に対して原子力損害の賠償に関する法律3条1項に基づく損害賠償責任を認めるとともに、一審被告国に対して国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を認め、一審原告らの主張する損害の一部につき、一審被告らに対し連帯して支払うよう命じた事例
却下
定(以下「本件各処分」という。)につき, 平成24年改正法は憲法13条,...国民年金制度は,憲法25条2項に規定する理念に基づき,老齢,障...平成24年改正法が憲法25条及び社会権規約に違反するか否か(争点
却下
定(以下「本件各処分」という。)につき, 平成24年改正法は憲法13条,...国民年金制度は,憲法25条2項に規定する理念に基づき,老齢,障...平成24年改正法が憲法25条及び社会権規約に違反するか否か(争点
判示要旨:平成12年度からの特例措置に基づき本来よりも高い水準に据え置かれた国民年金及び厚生年金の年金額の給付水準を一部引き下げる内容の厚生労働大臣による平成25年度の年金額の改定は適法であるとした事例
上告を棄却,罰金15万円
引用するものであって,本件に適切でなく,その余は,憲法違反をいう点を含め,
控訴を棄却
本件は,控訴人が,本件各規定は憲法14条1項,24条1項及び2項,我...原審は,本件各規定は憲法14条1項,24条1項及び2項並びに自由権規...最高裁判所大法廷は,本件と同様に民法750条が憲法14条1項,24
上告を棄却
弁護人堀内国宏及び同大山京の上告趣意のうち,憲法13条,36条違反をいう...点は,死刑制度が憲法のこれらの規定に違反しないことは当裁判所の判例(最高裁
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(前橋市連続強盗殺人事件)
取り消す
平等原則について規定する憲法14条1項は,法の執行段階における取扱い...憲法14条1項の下,各種の租税法律関係において,国民は平等に取り扱...税法律主義(憲法84条)の要請が働き,課税要件が充足されている限り,
判示要旨:収益不動産販売事業を行う会社が将来の転売を目的としてした収益不動産(中古の賃貸用マンション)の購入である課税仕入れについて、消費税法(平成31年法律第6号による改正前のもの)30条2項1号にいう「課税資産の譲渡等にのみ要するもの」に区分すべきものとされた事例
取り消す
平等原則について規定する憲法14条1項は,法の執行段階における取扱い...憲法14条1項の下,各種の租税法律関係において,国民は平等に取り扱...税法律主義(憲法84条)の要請が働き,課税要件が充足されている限り,
却下
憲法ともいうべき本件自治基本条例によって保障された権利であると同時...(憲法92条)の一内容としての住民自治を実現す...被告における条例ないし規則の定めの状況は,比喩的にいえば,憲法96
上告を棄却
弁護人渡邊竜行の上告趣意は,憲法違反をいう点を含め,実質は単なる法令違
判示要旨:生命維持のためにインスリンの投与が必要な1型糖尿病にり患した幼年の被害者の治療をその両親から依頼された者が、両親に指示してインスリンの投与をさせず、被害者が死亡した場合について、母親を道具として利用するとともに不保護の故意のある父親と共謀した殺人罪が成立するとされた事例
棄却
憲法26条1項及び教育基本法4条により,原告子には教育を受ける権...者には子女に普通教育を受けさせる義務があること(憲法26条2項,教育...(憲法26条2項,
棄却
あった控訴人ら(原審原告ら)が,憲法上保障されている別居親の子との面会...4行目の「憲法26条が」を「憲法26条を」にそれぞれ改める。...権が憲法13条により保障された人格権であるとは認められない。」
却下
相手方において憲法32条が保障する裁判を受ける権利が十分に満足されな...認められるとすると,相手方において憲法32条が保障する裁判を受ける
上告を棄却
弁護人須見健矢ほかの上告趣意のうち,刑法175条の規定の憲法21条違反を...明確であるとして憲法31条違反をいう点は,その概念が所論のように不明確であ...るとはいえないから,前提を欠き,その余は,憲法違反,判例違反をいう点を含
棄却
本件省令21条5項が憲法14条に違反し,あるいは,センター法の委任の...を強いるものであり,憲法14条1項に違反する。そして,その救済は,憲...ることになる。したがって,本件省令別表及び本件省令21条5項は,憲法
棄却
ともに,憲法13条,14条1項と同様,公権力と個人との関係を規律...別の規定の解釈適用を通じて,他の憲法原理や私的自治の原則との調和...。それに加えて,憲法
懲役2年
主義と適正手続の要請の観点から,証拠物の押収等の手続に,憲法35条及び
棄却
生活保護法は,1条において,同法は,憲法25条に規定する理念に基...り判断すべきである。もっとも,生活保護法が憲法25条の保障する生存権...憲法25条が生存権を国民の権利として規定していることからすれば,
棄却
侵害された,いわば平穏な日常生活を送る権利は,憲法13条等に照らし,
控訴を棄却
憲法上最大限に保護,尊重されなければならないから,このような表現...又はそれを理解しようとする者と捉えるべきである。表現の自由(憲法2...1条)の憲法的価値に着目すれば,その表現が政治的影響力の大きい被控
判示要旨:人の社会的評価を低下させる内容の表現を含むツイートを単純リツイートした者がその投稿について不法行為責任を負うとされた事例
取り消す
の判断として,これはいわゆる憲法の精神からいっても何からいっても何
棄却
バシー権(自己情報コントロール権)等を侵害し憲法13条に違反すると主張...憲法13条が保障する権利自由(自己情報コントロール権)...な権利であり,憲法13条により保障される。そして,極めて高度
棄却
年6月22日,内閣に対し,憲法53条後段に基づき,衆議院及び参議院の...名とともに連名で,憲法53条後段及び国会法3条に基づき,内閣(以...憲法53条後段及び国会法3条に基づき,安倍内閣に対して,参議院議
12509 件中 1/251 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in