裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62723 
刑事22135民事40588
恩給
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
172 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4
取り消す
恩給,年金等の収入,財産収入...総収入を記載する欄のほか,「年金・恩給等による収入」欄,「仕送りに...た収入・他の制度からの給付(年給・恩給・児童扶養手当など)・仕送り
却下
恩給法等により軍人軍属に対して補償措置がとられていたこと,援護法が...害に対する補償措置を講じていること,戦後復活した恩給法が憲法施行前...また,恩給法,戦傷病者戦没者遺族等援護法,原子爆弾被爆者の医療等
棄却
試補のように給与を受けることは当然であるし,また,その年限を恩給年限
棄却
総務省人事・恩給局長が平成25年9月27日付けで原告に対してした恩給...により死亡(以下「本件死亡」という。)したとして,恩給法10条ノ2に基...したところ,総務省人事・恩給局長(以下「人事・恩給局長」という。)から,
判示要旨:(1) 恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」の意義 (2) 公務に起因する傷病と死亡との間の相当因果関係が認められず、恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」に該当しないとされた事例
棄却
ように給与を受けることは当然であるし,また,その年限を 恩給
棄却
所得税法30条1項は,退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職に
却下
恩給法19条に規定する公務員及び同条に規定する公務員とみなされ
判示要旨:厚生年金保険法31条1項に規定する被保険者の資格の取得の確認の請求を却下する処分が違法とされた事例
却下
恩給法19条に規定する公務員及び同条に規定する公務員とみなされ
判示要旨:教育事業等を目的とする株式会社に雇用され、小学校に派遣されて英語指導助手業務に従事していた外国人である原告による厚生年金保険及び健康保険の被保険者の資格の確認の請求を却下する旨の処分が違法とされた事例
棄却
いう。),同月25日(第4回)にP13人事・恩給局長,6月2日(第...同年3月14日,同月28日に総務大臣政務官や総務省人事・恩給局長が...5月25日の総務省(P13人事・恩給局長ら)とP2との交渉
取り消す
前の勤務により日本の恩給を受ける権利のある韓人に対する恩給で日本の...により日本の恩給を受ける権利のある韓人に対する恩給で日本の法令に従...われるもの」,「戦前の勤務により日本の恩給を受ける権利のある韓人に
判示要旨:行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号及び同条4号所定の不開示情報該当性の主張立証責任と判断基準
棄却
ば,同項にいう「退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受ける給与」に当...退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受ける給与及
判示要旨:勤務先の親会社である外国法人の株式を無償で取得することのできる権利(リストリクテッド・ストック・ユニット)を付与された納税者が、その権利が確定したことにより得た経済的利益につき、退職所得として所得税の確定申告をしたところ、当該経済的利益は給与所得に当たるとして、更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分を受けたことから、これらの取消しを求めた請求が、棄却された事例
棄却
一時恩給その他の退職により一時に受ける給与及びこれらの性質を有す...退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受け...恩給(一時恩給を除く。)及び過去の勤務に基づき使用者であ
判示要旨:1 適格退職年金制度の終了に伴い支払われた一時金が所得税法(平成18年法律第10号による改正前)31条1項3号、同法施行令(平成18年政令第124号による改正前)72条2項4号所定のみなし退職所得には該当せず、同法34条1項所定の一時所得に該当するとされた事例 2 適格退職年金制度に基づく退職年金制度の終了に伴い支払われた一時金に関する収入の原因となる権利が確定した時期が、使用者が前記年金制度の終了に伴い年金信託契約を解約した時点とされた事例
本政府請求恩給関係その他」として,朝鮮人公務員に対しての未...払恩給が含まれる。),⑥「韓国法人又は韓国自然人所有の日本...「朝鮮人関係文官恩給計数」(甲143の1)
判示要旨:1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号(国の安全等に関する情報)及び同条4号(公共安全秩序維持情報)該当性の審査方法と主張立証責任 2 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、文化財問題、法的地位問題、請求権問題等について行った韓国側との交渉の様子やその評価、政府部内での検討の様子、日本政府の具体的見解等の情報が、①同文書の開示部分に記録されている情報と同一の内容のもの又は同一と評価し得るもの、②日韓会談において両国間で授受された文書に記録されているもの、③当時の官公庁において一般国民に公開することも予定していて一般的又は網羅的に調査するなどして得た情報であって現在において一般に入手可能なもの等に記録されているもの、④専ら当時の財政事情、経済情勢又は貨幣価値等に基づく検討内容又は計算金額等に係るもの、⑤日本に所在する朝鮮半島に由来する文化財に関する客観的事実等に係るもの、⑥韓国側開示文書によって既に公にされている情報と同一の内容のもの等であると認められる場合には、外務大臣の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用があると認められるが、その余のものについてはいずれも原則として、一般的類型的にみて、今後想定される北朝鮮との日朝国交正常化交渉等において交渉上不利益を被るおそれがあるとして、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとした事例 3 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、日韓会談及びその準備段階の政府部内における議論の内容やそれに対する評価、政府部内での検討の様子等の内部機密情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとされた事例 4 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①竹島問題に関する日本側の提案、見解、対処方針であって、日本側が韓国側に文書で提示したもの又は日韓両政府間で現に行われた交渉時に発言されたもの(ただし、原則として非公開約束があるものを除く。)、②竹島問題に関して韓国側から提示された提案、見解等(ただし、原則として非公開原則があるものを除く。)、③竹島問題に関する第三国の見解等が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たらないとされた事例 5 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①韓国要人一行等が訪日する際の警備計画に関するもの、②特定の場所における警備態勢及び警備対策に係る政府内部での具体的な検討状況、③海上保安庁の韓国周辺水域での警備体制についての検討状況、④日本政府が情報収集に至った経緯、犯罪容疑者に対する捜査に関する情報収集の方法や操作手法自体等の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 6 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、一般に公表されていない国の機関の連絡先に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号の不開示情報に当たるとされた事例 7 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、竹島を含む水域の警備等に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 8 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、昭和天皇と韓国政府高官とのやりとりが記載されている情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号イに当たり同号の不開示情報に当たらず、また同条3号の不開示情報にも当たらないとされた事例
棄却
ていたほか,恩給法に基づく各種給付制度が存在していた。...軍人恩給制度の停止,制限...軍人恩給制度は,
棄却
原告Aは,361万5299円の恩給を受領し,又は受領することが確...び恩給額については,損益相殺がされるべきである。...普通恩給の支給を受けており,その合計金額は,241万8400円であっ
取り消す
所得税法30条1項は,退職所得とは,退職手当,一時恩給その他...本件においては,本件金員が,所得税法30条1項の「退職手当,一時恩給そ...「退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受ける給与」
判示要旨:専修学校を設置する学校法人である原告が、その理事長及び設置校の一つの校長の地位にあった者に対し、校長と学院長という地位を退職したとして退職金を支給したところ、処分行政庁が、原告を退職したとは認められず上記退職金は賞与たる給与所得に当たるとして、源泉所得税の納税告知処分等を行ったため、原告が、納税告知処分等の取消しと自主納付した源泉所得税の還付等を求めた訴訟において、上記退職金が退職所得の要件を満たすとして原告の請求を認容した事例
破棄
所得税法199条の規定が,退職手当等(退職手当,一時恩給その他の退
判示要旨:1 弁護士である破産管財人は、自らの報酬の支払について、所得税法204条1項2号所定の源泉徴収義務を負うか 2 弁護士である破産管財人の報酬に係る源泉所得税の債権は、旧破産法(平成16年法律第75号による廃止前のもの)47条2号ただし書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たるか 3 破産管財人は、破産債権である所得税法199条所定の退職手当等の債権に対する配当について、同条所定の源泉徴収義務を負うか
軍属であって,援護法又は恩給法の既裁定者」と指示された。...護法」という。)恩給法等事務の原簿と総合されたものであれば、...なぜ恩給をもらっているのか, に騙されたせいで家族が戦場に行って死
棄却
者をいう。同給付として,死亡した者が,恩給法の一部を改正する法律(昭...和21年法律第31号)による改正前の恩給法(大正12年法律第48号)...を含む。)であったことにより支給される恩給法75条1項2号に規定する
却下
が存在する。これによれば,同不開示部分には「韓国人官吏に対する恩給等...○○未払金(日本恩給局によれば約5億円 ) (○○部分は文字を解読する...る特定の懸案事項」とは「韓国人官吏の恩給等に関する未払金」のことであ
棄却
軍人恩給金に関する部分を除いた265万1370円及びこれに対する第2反...被告Dは,過払いになっていたGの軍人恩給金4万7200円を,...過払の軍人恩給金4万7200円
棄却
って,援護法又は恩給法の既裁定者(但し,援護法第4条第2項及...あって,援護法又は恩給法の既裁定者」という簡明なものとし,こ...厚生省又は各都道府県に対して,例えば,本人や遺族から恩給又は
判示要旨:遺族の合意のない靖国神社による戦没者の合祀行為及び合祀継続行為がその遺族の敬愛追慕の情を基軸とする人格権を侵害するものであるとして、同人格権侵害による損害の賠償及び同人格権に基づく妨害排除請求として同神社が所有する霊璽簿等からの当該戦没者の氏名の抹消が求められた事案において、遺族が主張する上記内容の人格権なるものの権利性、法的利益性は認められないとされた事例
棄却
Dは,死亡した平成15年当時,年金,恩給収入として年額合計3
判示要旨:大動脈弁閉鎖症にり患していた患者に大動脈弁置換術を施行するに当たって、担当医師には術前管理のためのステロイドの投与方法に過失はなく、その術前の説明にも不足はなかったとして、患者の遺族からの診療契約、不法行為に基づく損害賠償請求が認められなかった事例
取り消す
所得税法30条1項は,退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職に
判示要旨:1 管財人報酬は、所得税法204条1項2号にいう弁護士の業務に関する報酬又は料金に当たる 2 破産者の破産管財人が、当該破産管財人個人に対してした破産管財人の報酬の支払及び当該破産者の元従業員らに対してした退職金等の配当と源泉徴収義務 3 破産者の破産管財人が当該破産者の元従業員らに対して退職金及び解雇予告手当を配当したことについて、当該破産者に対してされた源泉徴収による所得税に係る不納付加算税賦課決定処分が、国税通則法67条1項ただし書にいう「正当な理由」があるとして違法とされた事例 4 破産者の破産管財人が当該破産管財人個人に対して破産管財人の報酬を支払ったことについて、当該破産者に対してされた源泉徴収による所得税に係る不納付加算税賦課決定処分が、国税通則法67条1項ただし書にいう「正当な理由」があるとはいえないとして、適法とされた事例
取り消す
同法30条1項は,退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職により...「退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受ける給与」に当たるというため...本件各金員が「退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受ける給与」
判示要旨:法人の使用人が株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律(平成17年法律第87号による廃止前)21条の5第1項4号の執行役に就任するに当たり、前に法人が前記使用人に支給した退職金に係る所得が、所得税法28条1項の「給与所得」ではなく、同法30条1項の「退職所得」に当たるとされた事例
取り消す
同法30条1項は,退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職により一時...一時恩給その他の退職により一時に受ける給与」...本件金員が「退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受ける給与」
棄却
所得税法30条1項は,退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職...ある所得が所得税法30条1項にいう「退職手当,一時恩給その他の退職により...な観点からすれば,同項にいう「退職手当,一時恩給その他の退職により一時に受
判示要旨:1 勤務先の親会社である外国法人の株式を無償で取得することができる権利であるストックアワードを付与されていた納税者が、当該権利に係る株式を売却して得た利益につき、当該ストックアワードの「vest」の時点における当該株式の時価相当額が、所得税法36条1項にいう「収入すべき金額」として、課税対象になるとされた事例 2 勤務先の親会社である外国法人の株式を無償で取得することができる権利であるストックアワードを付与されていた納税者が、当該権利に係る株式を売却して得た利益の一部を退職時の一時所得として所得税の確定申告をしたところ、当該経済的利益は給与所得に該当するとして、更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分を受けたことから、これらの取消しを求めた請求が、棄却された事例
却下
に対する軍人恩給等個人補償に関する記述を有する文書及びこれに関連
判示要旨:行政機関の保有する情報の公開に関する法律に基づいてした行政文書の開示請求に対し、一部の行政文書について開示決定をしただけで、その余の部分について開示決定等をしないことが違法であるとして、外務大臣に対してされた不作為の違法確認請求が認容された事例
取り消す
本件履歴書は,叙位叙勲申請,旧陸軍軍属の恩給法及び各種共済組合法...軍属の恩給法及び各種共済組合法による年金請求に当たり関係機関等から
判示要旨:船員保険に関する被保険者期間を302月と裁定した老齢厚生年金再裁定処分が、違法とされた事例
上告を棄却
医療費,手当,年金等に関する各法律をみると,①外国居住者にも手当が支給される戦傷病者戦没者遺族等援護法,戦傷病者特別援護法,恩給法,厚生年金保険法
判示要旨:国の担当者が、原爆医療法及び原爆特別措置法の解釈を誤り、被爆者が国外に居住地を移した場合に健康管理手当等の受給権は失権の取扱いとなる旨定めた通達を作成、発出し、これに従った取扱いを継続したことが、国家賠償法1条1項の適用上違法であり、当該担当者に過失があるとされた事例
取り消す
次に,同法9条1項3号ロは,「遺族の受ける恩給及び年金(死亡し...次に,同法9条1項3号ロは,「遺族の受ける恩給及び年金(死亡した
判示要旨:生命保険契約に基づき、当該保険の契約者の死亡によって同人の相続人が受け取った特約年金が雑所得に当たるとしてした所得税の更正の取消請求が、棄却された事例
棄却
ことに対する十分な慰謝と,一般邦人で恩給や遺族年金の支給を受け...いなどと言われた。軍人はさっさと帰国して恩給をもらっているのに,どうして
棄却
失踪宣告を申立て得る途を開くこと。三、前項の場合においては、恩給
棄却
者遺族等援護法ないし恩給法に基づく遺族補償を受け得る可能性も存在した
棄却
我が国の公的年金制度は,明治初年の軍人を対象とした恩給制度に始
判示要旨:旧国民年金法において国籍条項を設け、いわゆる在日韓国・朝鮮人を同年金の被保険者から除外していたことが国際人権規約、憲法14条1項及び国際慣習法に違反しているとはいえず、同法の改正過程で国籍条項を削除した際に経過措置・救済措置を執らなかったことが国際人権規約、憲法14条1項に違反しているとはいえず、国家賠償法上も違法とはいえないとされた事例
棄却
出の省略,恩給受給者の受給手続の簡素化,住民票の写しの広域交付及...の受給に係る現況届や,恩給の受給に係る市町村長の証明印を受けた受
控訴を棄却
確かに,次官通知第7の3は,就労に伴う収入のほか,恩給,年金等を始めとす
判示要旨:1 生活保護を受給していた者が障害基礎年金を受給することになったとしてされた、生活保護費のうち同年金相当額を減額する保護変更決定が、適法とされた事例 2 生活保護を受給していた者が障害基礎年金をさかのぼって受給することになったとしてされた、既に支給されていた生活保護費のうち、さかのぼって受給した同年金相当額から前記の者から申出のあった電子レンジ及び洗濯機の購入費用に相当する金額を控除した金額の返還を命ずる決定が、適法とされた事例
取り消す
受給権調査申立書を提出する必要があった恩給受給者は,同申立書の提出
判示要旨:住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)は、被控訴人らのプライバシー権(自己情報コントロール権)、氏名権及び行政権力による包括的管理からの自由をいずれも侵害するものではなく、憲法13条に違反しないとされた事例
棄却
律第82号)の施行により,恩給公務員等の期間(非現業職員につき昭和3...共済組合法に基づく年金たる給付は,恩給公務員等の期間も含み,原則とし
棄却
所得税法30条1項は,退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の退職に
判示要旨:1 管財人報酬は、所得税法204条1項2号にいう弁護士の業務に関する報酬又は料金に当たる 2 税務署長が、破産会社の破産管財人が同管財人個人に対して支払った破産管財人の報酬及び破産会社の元従業員らに対して配当した退職金等について、破産会社に対して源泉徴収に係る所得税の納税告知処分及び不納付加算税賦課決定処分をしたことに対し、破産管財人がした前記各処分に係る納税義務が存在しないことの確認を求める請求が、棄却された事例
取り消す
「退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の
判示要旨:厚生年金保険法(平成16年法律第104号による改正前)に定める厚生年金基金の解散に伴い支払を受けた残余財産の分配金が、所得税法34条1項の一時所得に該当するとされた事例
棄却
の日本政府に対して請求しうる恩給その他(6)韓国人の日本人又は日本法人に
却下
また 、恩給法の一部を改正する法律(平成17年法律第6号 )...により、恩給権者に係る失権等の届出義務に関する規定(同法に...よる改正前の恩給法9条の3)は削除されている。上記規定の削
判示要旨:1 都の特別区が、都に対し、住民基本台帳ネットワークシステムの導入に当たり住民基本台帳法30条の5第1項所定の本人確認情報(以下「本人確認情報」という。)を都へ通知することを受諾した者のみに係る本人確認情報を都に送信する場合に、都に同情報を受信する義務があることの確認を求めた訴えが、法律上の争訟に当たらず、不適法であるとされた事例 2 都の特別区が住民基本台帳ネットワークシステムの導入に当たり住民基本台帳法30条の5第1項所定の本人確認情報(以下「本人確認情報」という。)を都へ通知することを受諾した者のみに係る本人確認情報を都に送信する場合に、都が同情報の受信義務を怠り、国が前記受信義務を履行しない都に対して適切な指導、監督等を行わなかったことが違法であるなどとして国家賠償を請求する訴えが、法律上の争訟に当たるとされた事例 3 都の特別区が住民台帳ネットワークシステム(以下「住基ネット」という。)の導入に当たり住民基本台帳法30条の5第1項所定の本人確認情報(以下「本人確認情報」という。)を都へ通知することを受諾した者(以下「通知希望者」という。)のみに係る本人確認情報を都に送信する場合に、都は同情報の受信義務を負っているにもかかわらずこれに応ぜず、国は前記受信義務を履行しない都に対して住民台帳基本法31条1項及び2項に基づき必要な協力をするよう適切な指導、監督等を行うべき立場にあったにもかかわらずこれを履行しなかったほか、通知希望者のみに係る本人確認情報の送信を前提とする他市の住基ネットの参加方式は違法である旨の誤った法解釈を都に対して示した行為はそれぞれ違法であるとして、都の特別区が都及び国に対して提起した各国家賠償請求が、それぞれ棄却された事例
取り消す
「退職所得とは,退職手当,一時恩給その他の
判示要旨:厚生年金保険法(平成16年法律第104号による改正前)に定める厚生年金基金の解散に伴い支払を受けた残余財産の分配金のうち、選択一時金の性質を有する部分が所得税法31条2号の「加入員の退職に基因して支払われるもの」に該当し、その余の部分が同法34条1項の一時所得に該当するとされた事例
棄却
たに住民票コードを付する必要もない。また,年金,恩給等の受給者が概ね高齢者であること...c 恩給受給者の受給手続の簡素化...恩給受給者は,毎年,市町村長の証明印を受けて受給権調査申立書を提出する必要があった
棄却
との対比によって決定するものとされ(次官通知第8),就労に伴う収入及び就労に伴う収入以外の収入(恩給,年金
判示要旨:1 生活保護を受給していた者が障害基礎年金を受給することになったとしてされた、生活保護費のうち同年金相当額を減額する保護変更決定が、適法とされた事例 2 生活保護を受給していた者が障害基礎年金をさかのぼって受給することになったとしてされた、既に支給されていた生活保護費のうち、さかのぼって受給した同年金相当額から前記の者から申出のあった電子レンジ及び洗濯機の購入費用に相当する金額を控除した金額の返還を命ずる決定が、適法とされた事例
却下
おいて,当該負傷又は疾病により恩給法別表第1号表の2及び第1号表の3に...そして,恩給法別表第1号表の2は,特別項症から第6項症までを定め(同第5項...イ 恩給法別表第1号表の3に当たる顔面醜形は,次のとおりとする。
控訴を棄却
中央人事行政機関としての内閣総理大臣,総務大臣及び総務省人事・恩給局長...いし内閣総理大臣,総務大臣及び総務省人事・恩給局長の給与法改正法案の立案
棄却
出が不要となり,また,恩給受給者に毎年義務づけられていた受給権調...査申立書の提出が不要となることで,年金受給者及び恩給受給者は上...記提出に伴う負担を免れ,年金あるいは恩給支給機関も上記書面受付
棄却
ト申請の際の住民票の写し,年金受給者の提出すべき現況届,身上報告書,恩給受
172 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in