裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62603 
刑事22116民事40487
恐喝
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
恐喝の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
恐喝を犯した場合、 4.9%の確率で無罪、
95.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
26
5
1
30
18
0
592 件中 9/12 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
上告を棄却
ずれも本件公訴提起前に都城簡易裁判所において、被疑者D外二名に対する恐喝、
判示要旨:刑訴法第三〇四条の二による措置と憲法第三七条第二項前段。
上告を棄却
対し恐喝の手段を用いてその賍物を交付させた場合には恐喝罪となる。」との趣旨...対し恐喝の手段を用いてその者が不法に所持する連合国占領軍物資を交付させたと...きは恐喝罪が成立する。」との趣旨の判決(昭和二四年(れ)二八九〇号、同二五
判示要旨:窃盗罪を構成する事例
棄却
 本件抗告の理由は、原決定において認定された恐喝、傷害の事実は、少年として... 本件記録を調査してみると、原決定(1)において認定した恐喝、傷害、暴行の
判示要旨:保護処分に付すべき少年であるかどうかを定める基準時
棄却
であるから、恐喝罪を以つて律すべく、強盗罪の行為類型に該らないといい、更
判示要旨:強盗の犯意を生ずる前後にわたる一連の暴行によリ傷害の績果を与えた場合の擬律
棄却
かかる恐喝等被告事件の第一審判決の謄本の交付を請求したこと及び同裁判所は昭
控訴を棄却
結局本件は恐喝と傷害の二罪に分けてこれを認むべきであるにかかわらず、原判決...は単にこれを恐喝したにとどまると認められるが、金銭については、その際被害者...に加えた暴行の時刻場所方法程度等からみてすでに恐喝の域を超え、被害者の反抗
判示要旨:相接続する機会になされた恐喝および強盗傷人が強盗傷人の一罪と認められる事例
上告を棄却
つても直ちに恐喝罪に問擬することはできない。」との判示に引続いて、「しかし...のであるとすれば該権利の有無にかかわらず、被告人の本件所為は恐喝罪を構成す...恐喝罪の成立を免れない旨を判示しているのであるから、所論指摘の原判決の判断
破棄
しても原判示恐喝罪の被害者であるBが、判示脅迫により意思の自由を喪失したこ
判示要旨:恐喝によつて取得した借用証書と被害者還付の当否
控訴を棄却
 本件被告事件の内、恐喝未遂被告事件について、所論の合議体で審理及び裁判を... 徳島地方裁判所が、右恐喝未遂被告事件について、これを本件詐欺被告事件が係
判示要旨:一、 合議体で審理裁判をする旨の決定の取消 二、 右合議決定のなされた事件を、合議事件の取扱をする権限のない地方裁判所支部に移送する旨の決定と右合議決定との関係
上告を棄却
全体としてそれは詐欺罪をもつて論ずべきではなく、恐喝罪をもつて論ずべきもの
判示要旨:恐喝の手段の中に虚偽の部分がある場合の擬律。―恐喝罪か、詐欺罪か―
上告を棄却
状(罪名は恐喝)には公訴事実第二(一)の記載として、「被告人AはBと共謀の...は具体的になすべく、恐喝罪においては、被告人が財物の交付を受ける意図をもつ...どうかの点からいつても全く理由がない。本件起訴の罪名は恐喝であり、引用の内
判示要旨:一 被告人の経歴等と詳細な記載がある起訴状が刑訴法第二五六条第六項に違反しないとされた一事例 二 恐喝の手段として郵送された脅迫文書の殆んど全文が記載された起訴状と刑訴法第二五六条第六項
上告を棄却
付を受けた金員の全額につき恐喝罪が成立する」という趣旨の判例=昭和二七年(...行為が恐喝罪にあたることは明らかであり、被告人等がかりに権利行使の意図に出...たものであつても、それは恐喝罪の成立を妨げるものではない。)
判示要旨:権利行使と恐喝罪
上告を棄却
恐喝、罰条は刑法二四九条一項と表示されていることも右起訴状の記載上明白であ
判示要旨:訴因の変更手続を要せず、起訴状の訂正で足りる一事例
破棄
恐喝罪により懲役十月に各処せられ、当時右各刑の執行を受け終つた累犯となるべ
判示要旨:準強盗罪における窃盗の機会継続を認めた事例
破棄
 職権により調査するに、第一審判決は被告人に対する恐喝の公訴事実について犯...調べた証拠のみによつて、直ちに恐喝の犯罪事実を確定し有罪の判決を言い渡した
上告を棄却
不適法であり(そして、恐喝罪における害悪通知の方法には制限がなく、言語によ
判示要旨:恐喝罪における害悪通知の方法
上告を棄却
所論恐喝に関する判例はいずれも本件に適切でない)。
判示要旨:共謀による強盗傷人の一罪として処断すべき事例
上告を棄却
こと論なく、恐喝罪の判示として何ら欠けるところがないことは、その判文上明ら
破棄
様、回数、被告人に昭和二七年八月四日窃盗、恐喝罪により懲役一年六月以上三年
判示要旨:強盗未遂罪が準強盗既遂罪に吸収される一事例
破棄
     恐喝教唆の事実に関しては事件を東京高等裁判所に差戻す。...べきものである。また原判示第一の恐喝教唆の事実に関しては未だその公訴時効完
棄却
 抗告人等はいずれもAに対する恐喝被告事件の弁護人であるが、昭和三二年三月... よつて案ずるに、抗告人等がAに対する恐喝被告事件について、同被告人の弁護
判示要旨:一、 被告人よリの勾留執行停止請求に対する許否決定の要否 二、 右請求に対し裁判所が決定をした場合これに対し抗告をすることができるか
上告を棄却
の二個の判例を引用して本件において恐喝罪の成立があることを説示しているので
上告を棄却
事実関係によれば、本件恐喝の手段たる脅迫行為は、かかる制約を受くるものであ... 同第三点は、違憲をいうが、所論の表現行為は、事実審が恐喝手段として認定し...て恐喝手段に当るものと認められる。されば、所論は前提を欠き採ることができな
上告を棄却
条の上告理由に当らない(なお所論は、原審が事実の取調をした上恐喝未遂と窃盗...の併合罪であるとした一審判決を破棄し恐喝一罪として処断したのに対し、窃盗一...件を恐喝一罪と判断したことは誤りとはいえない。そして論旨いうところの窃盗一
判示要旨:恐喝罪が成立する一事例
破棄
欺、恐喝、横領及び賍物に関する罪につき、それぞれ刑の免除の原因となつているばかりでなく、特定の親族関係を有する者に対する罪については、これを刑の加重
判示要旨:刑法第二〇〇条にいわゆる配偶者の直系尊属の意義
破棄
 職権をもつて調べてみると、第一審判決は本件恐喝未遂の公訴事実につき、これ...で取り調べた証拠だけで第一審判決を破棄して原判示の恐喝未遂の犯罪事実を認定
判示要旨:犯罪の証明なしとして無罪を言い渡した第一審判決を控訴裁判所が書面審理のみにより破棄し自ら有罪の言渡をすることと刑訴法第四〇〇条但書
上告を棄却
また、第一審判決判示第二の事実は恐喝罪を構成すると解すべきものであるからこ
判示要旨:祈祷をなし財物を取得する所為が詐欺罪を構成する事例
控訴を棄却
あつても、恐喝の被害者たるにとゞまり贈賄罪は成立しないものと解するのが相当...査が職権を濫用して恐喝した事案で事実関係を異にし本件に適切でない。論旨は理
判示要旨:町議会の議員として厚生委員たるものの職務行為と収賄罪
破棄
て恐喝は人に害悪を告知して威嚇し、之により相手の反抗を抑圧しない程度内で畏...被告人に恐喝罪の成立ありとしたことは正当であり、此の点に関して所論のような... 所論は、要するに、原判示第二の場合被告人のAに対する恐喝罪の成立ありと仮
判示要旨:傷害と恐喝とを併合罪でなく想像的競合の関係にありとした事例
 右の者から、同人にかかる恐喝、弁護士法違反、貸金業等の取締に関する法律違
上告を棄却
 所論は、原判決の是認した第一審判決別表一四の事実が詐欺ではなく恐喝である
上告を棄却
 所論第一点は、原判決の説示によつては、恐喝行為と遊興費の支払を免れた行為...論引用の大審院判例は、恐喝行為と不法利得との間に因果関係の存することを要す...審判決が前記恐喝行為を認める証拠としたC作成の状況顛末書を挙げていること所
上告を棄却
となり、恐喝罪の成立することがあるものと解するを相当とする(昭和二六年(れ)...て恐喝罪の成立をみとめたのは正当であつて、所論を採用することはできない。
判示要旨:権利行使と恐喝罪
上告を棄却
手段としてしたものであるとの論旨は事実誤認の主張に帰し、従つて判示恐喝が権
破棄
く、従つて、それにもとづいての本件恐喝罪の成立する理由もない。かりに然らず...い判示第一の恐喝罪の刑に法定の加重制限をなした刑期範囲内で被告人を懲役六月
判示要旨:強姦罪の客体
破棄
 <要旨>案ずるに、一個の行為により、同時に数人を恐喝して財物を交付させよう...の恐喝未遂の事実が、A及びその娘Bの両名を恐喝の相手方としたものであつて、...一個の行為で二個の恐喝未遂罪に触れる場合にあたるものと認められること、及
判示要旨:裁判所は数人の告訴を待つて各その罪を論ずべき一所為数法の関係にある所為の告訴なき部分の実体に対し審判できるか
上告を棄却
五日附聴取書並に証人B、Cの各供述等を綜合することにより、被告人に恐喝の犯
判示要旨:一 供述調書中に引用された他の供述調書についても常に証拠調を要するか 二 旧刑訴法第三六〇条第二項の主張にあたらない事例
上告を棄却
ず所論起訴状中の記載は本件恐喝罪の構成要件に当る事実、少くともこれと密接不
破棄
合を所論のように暴力団等から恐喝された被害者が捜査機関に対する供述後その身
判示要旨:弁護人の氏名の記載を遺脱した尋問請求書に基く証人尋問調書の効力
破棄
が出来る。而して原審は右事実を以つて恐喝未遂罪と窃盗罪の二罪が成立するもの...を検察官所論の如く強盗罪を以つて問擬するか或は恐喝の一罪と認めるか又或は弁...護人所論の如く窃盗罪の一罪と認めるか将又原判決の如く之を恐喝未遂罪と窃盗罪
判示要旨:畏怖の念を生じた被害者が財布の中から現金を取り出し犯人に手交しようとした瞬間現金在中の右財布を奪取した犯人の責任
上告を棄却
るかを具体的に明示しておらず、その実質は訴訟法違反の主張であり(恐喝として
判示要旨:訴因変更を要しない例 ―恐喝の起訴に対し脅迫と認定する場合―
上告を棄却
為は恐喝罪を構成する旨判示しているのであつて引用の判例と全く同旨の見地に立
上告を棄却
所が、強盗の起訴に対し強盗幇助と認定した第一審判決を破棄して、自ら恐喝と認
判示要旨:訴因罰条の変更を必要としない一事例
棄却
 右の者に対する恐喝被告事件(当庁昭和二九年(あ)第八二八号)について、昭
上告を棄却
 恐喝のように、被告人の身分、経歴が、相手方に畏怖を生ぜしめる要素となる場...なしに証人を尋問し、また記録上特段の事情がうかがわれないのに恐喝の被害者等
判示要旨:一 公判期日外の証人尋問に際し、あらかじめ被告人に尋問事項を告知しなかつた瑕疵と上訴理由 二 特段の事由なしにその裁判所において公判期日外に証人を尋問することと上訴理由
上告を棄却
由に当らない。(所論中判例違反をいう点もあるが原審の認定によれば本件恐喝未
判示要旨:憲法第三七条第一項に違反しない一事例 ―黙秘権告知前の若干の質問、弁護人申請証拠からの取調開始―
破棄
詐欺であつて恐喝ではないと主張し、前記恐喝行為において告知された害悪の内容...の供述等によつて明らかであるところ、恐喝行為において告知された害悪の...手方の財物交付が畏怖に基いた場合においては恐喝罪を以て論ずべく、詐欺罪を以
判示要旨:神様のお告げと称して相手方を畏怖させた場合と恐喝罪
上告を棄却
所が同裁判所に起訴された窃盗及び恐喝未遂事件と松江簡易裁判所に起訴された傷
判示要旨:同一事件が数個の簡易裁判所に係属している場合に、関連事件の係属している地方裁判所は、後に起訴された事件を併せて審判することができるか
棄却
 論旨は要するに被告人は恐喝の意思なく惹いて事実の誤認を主張するにあるが原
判示要旨:訴訟費用の裁判に対する不服申立
上告を棄却
由にあたらない。 (そして、恐喝罪において、脅迫の内容をなす害悪の実現は、...畏怖させ、口止料として金品を提供させることが、恐喝罪となることはいうまでも
判示要旨:一 恐喝罪と脅迫の内容をなす害悪の性質 二 恐喝罪が成立する一事例
592 件中 9/12 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in