裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62603 
刑事22116民事40487
恐喝
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
恐喝の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
恐喝を犯した場合、 4.9%の確率で無罪、
95.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
26
5
1
30
18
0
592 件中 8/12 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
却下
強盗、強盗未遂、恐喝、窃盗被疑事件として被申請金庫理事長P6、常務理事P7外...強盗、同未遂、恐喝、窃盗、暴行、脅迫、強要および暴力行為等処罰に関する法律...えた事実は認められるが、不法領得の意思がないから、強盗、同未遂、恐喝および
破棄
るに、被告人Aには、これまでに、恐喝、賭博、賭博開張図利幇助などの罪により
判示要旨:賭博の常習性を被告人の公判廷における供述のみにより認定することの可否
却下
 申立人は、弁護士法違反、恐喝、脅迫(懲役一年六月、刑期終了日 昭和三九年
判示要旨:服役中の受刑者からした文書図画閲読禁止の懲罰処分の執行停止申立てにつき、右処分の執行により申立人の被る損害は回復因難であるが、緊急の必要があるとはいえないとしてこれを却下した事例
破棄
財産行為の自由の保護(強盗罪に関する二三六条、恐喝罪に関する二四九条参照)
判示要旨:専ら報復または侮辱虐待の目的をもつて婦女を脅迫し裸にして撮影する行為と強制わいせつ罪の成否
棄却
 右の者に対する昭和四四年(あ)第一八六六号恐喝、同未遂、脅迫被告事件につ
破棄
関係に立つ恐喝の前科のほかに、昭和二五年以降懲役刑五犯、罰金刑四犯に処せら
判示要旨:起訴されない被疑事実に関する未決勾留日数と本刑算入
上告を棄却
に、恐喝の手段として被害者に郵送された脅迫文書の全文とほとんど同じ記載がな
判示要旨:名誉毀損文書の原文の一部を起訴状に引用することが訴因を明示するための方法として違法でないとされた事例
棄却
 (一) 恐喝罪に関する控訴趣意について。... 2 被告人両名の恐喝の故意およびGとの共謀について。... 所論は、被告人両名はGと本件恐喝につき何らの共謀をしておらず、しかして、
判示要旨:一、 株式会社設立登記に関し公正証書原本不実記載同行使罪の成立を否定した事例 二、 不動産侵奪罪につき不法領得の意思を道路法違反罪につき違法性をそれぞれ否定した事例 三、 国税犯則取締法一三条一項に規定する告発の有効要件
控訴を棄却
二日広島高等裁判所において恐喝罪により懲役一年、四年間執行猶予に処せられた
判示要旨:開票終了後になされた選挙人らに対する暴行を公職選挙法二二五条の選挙の自由妨害罪にあたるとした事例
棄却
 右の者に対する横領、恐喝(再審)被告事件(昭和四三年(あ)第二五五七号)につ
判示要旨:一 未確定の裁判の解釈を求める申立の適否 二 刑訴法四四八条二項の刑の執行停止決定の効力は何時まで存続するか
取り消す
第七条 団体を組織して常習的に暴行、傷害、恐喝、強迫、損壊、権利行使の妨害
判示要旨:1 政治犯罪人不引渡しの原則は国際慣習法か 2 旧外国人登録令第16条第1項第1号に基づく退去強制令書発付処分が、国際慣習法たる政治犯罪人不引渡しの原則に違反するとして、取り消された事例
破棄
七二条、七七条、刑法六〇条に、被告人Bに対する恐喝の点は、刑法二四九条二項...本文、一〇条により、犯情の重い判示恐喝の罪の刑に法定の加重をした刑期の範囲
判示要旨:弁護士法第七二条違反の罪の教唆犯が成立しないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:刑法第二四九条第二項の恐喝罪における被害者の処分行為
上告を棄却
 所論第一点は、判例違反をいうけれども、所論引用の大審院判決は、恐喝罪に関
上告を棄却
帳をさせたというのであつて、右はまさに人を恐喝して財産上不法の利益を得た場
判示要旨:銀行支店長らを脅迫して融資名下に同支店における犯人の当座預金口座に一定額の入金の記帳をさせた行為に対する擬律
棄却
 右Aに対する傷害、逮捕、Bに対する傷害、逮捕、恐喝、暴力行為等処罰に関す
上告を棄却
であるときは、恐喝罪が成立すること当裁判所の判例(昭和二七年(あ)第六五九
棄却
 右の者に対する恐喝、暴力行為等処罰ニ関スル法律違反、銃砲刀剣類等所持取締
破棄
〇年一〇月二八日恐喝(第一および第二)ならびに賭博(第三)の各事実について...ろ、同月三〇日被告人から右判決中懲役刑に処せられた各恐喝罪に関する部分を限...中各恐喝罪に関する部分だけが係属していたものというべきである。しかるに、原
破棄
恐れさせて、金銭を交付させた以上、恐喝罪の成立を免れるものではないことはい...被告人は本件恐喝の現場にいなかつたのであるから右犯行には関係がない、とい...見ていただけであつて、原判示のように本件恐喝を共謀したことはない、というの
判示要旨:共謀関係の消滅を認めた事例
取り消す
年二月二五日に、東京地方裁判所において、恐喝罪により懲役八月の言渡を受け、...人は、昭和三七年一一月二四日に、東京地方裁判所において、別件恐喝罪等により
判示要旨:一 刑法第二六条第三号による執行猶予の取消ができないとされた事例 二 刑訴法第四三三条の特別抗告の趣旨を申立書以外の書面に記載することの適否
上告を棄却
(れ)第一二一一号同年一二月二三日大審院判決は、恐喝罪の成否に関する限り、
判示要旨:権利行使と恐喝罪成否に関する判例変更の有無。
棄却
 右の者に対する威力業務妨害、恐喝、傷害、器物損壊被告事件(昭和三九年(あ)
却下
 右に対する恐喝、窃盗被告事件(昭和三九年(あ)第二一四一号)について、昭
判示要旨:最高裁判所のした保釈却下決定に対する異議申立が棄却された事例。
上告を棄却
喝罪における恐喝の手段、方法を明らかならしめるのに必要な事実と認められるか
判示要旨:刑訴法第二五六条第六項にいわゆる予断事項にあたらないとされた事例。
上告を棄却
に係属する恐喝事件と関連する京都簡易裁判所に係属中の道路運送法(昭和三五年...告事件と略称す)を右簡易裁判所より移送を受け、前記恐喝被告事件に併合して審
破棄
は恐喝に当る)や、利息の天引の場合などのように、債権者の直接の強制によつて
判示要旨:債務者が任意に支払つた利息制限法所定の制限をこえる利息・損害金は当然に残存元本に充当されるか。
上告を棄却
別恐喝罪は成立しないのにかかわらず、原判決が被告人を恐喝、同未遂罪に問擬し
判示要旨:権利行使と恐喝罪成立の擬律は大審院判例に違反するか。
上告を棄却
当なる権利を有する者がこれを実行するに当り欺罔又は恐喝の手段を用い義務者を...の財物又は利益が法律上可分であるかぎり、詐欺、恐喝の罪は右権利の範囲外にお
上告を棄却
恐喝として認定したに止まるものであつて、所論のように訴因変更手続を経なけれ
上告を棄却
判示要旨:権利行使と恐喝罪成否に関する大審判例の変更の有無。
上告を棄却
第一、第二の恐喝の手段として被害者を畏怖させるため利用された事実を認定し、
判示要旨:憲法第一四条にいわゆる社会的身分による差別的処遇をしたものではないとされた事例。
上告を棄却
慰藉料名下にCから金員を喝取したことを恐喝罪として処断したのであつて、この
判示要旨:刑の適用において犯人の性格、経歴、環境および前科等を考慮することは憲法第一三条、第一四条、第二二条に違反するか。
上告を棄却
た被告人を恐喝等の事実について少年法二五条によるいわゆる試験観察に付したと...る余裕がなかつたため、結局右裁判所は右恐喝等の事実につき被告人の年令超過を
控訴を棄却
さらに同人を恐喝して金品を捲き上げているのであつて、所犯の罪質、規模、手口
判示要旨:管理売春に該当する事例
破棄
五年一二月二八日旭川地方裁判所において、恐喝未遂罪により懲役一〇月(未決勾
控訴を棄却
り、被告人の右所為は窃盗未遂罪又は恐喝未遂罪と傷害罪との想像的競合に当り、...未遂又は恐喝未遂の後に新たに生じた強盗の犯意に基くもので別個の強盗未遂の事...又は恐喝の意思であつたとすることはできず、そして被告人は、同女が被告人にハ
判示要旨:所謂ひつたくり行為による強盗罪が成立する事例
棄却
保釈はCに関係のない他の恐喝の事実に基いて右取消後になされた勾留に対して許...る三五〇万円喝取の事実のほか、同人と関係のない一四個の恐喝の事実であり、被...告人AはCとの共謀による恐喝の事実について勾留されていたところ、昭和三五年
判示要旨:刑訴第九六条第一項第四号にいわゆる「事件」の意義
破棄
判例は、恐喝罪を構成しないとする場合については判決の傍論として述べているに
判示要旨:強姦の目的でなされた暴行脅迫によリ反抗不能の状態に陥つた婦女の提供する金品を受取つた犯人の刑事責任
破棄
月二七日公判請求の各恐喝並びに同年三月二九日公判請求の事実中訴因第一の暴力
無罪
     原判決中、被告人A(ただし、同被告人に対する公訴事実中恐喝未遂、...暴力行為等処罰ニ関スル法律違反および恐喝の点につき無罪の言渡をした部分を除
判示要旨:一 刑法第一九七条にいう「其職務」の意義 二 熊本県八代地方事務所農地課勤務の事務吏員の職務権限
破棄
岡高等裁判所において恐喝罪等により懲役二年、三年間右刑の執行を猶予され、右
上告を棄却
その立証趣旨は「恐喝の事実の有無を明らかにするため」である(二四一丁)。原
判示要旨:公判準備期日における弁護人の不出頭と刑訴法第二八九条。
上告を棄却
事掲載に藉口せる判示恐喝の手段として、相手方を畏怖困惑させる意図で行つたも...のと認定してその恐喝行為を違法としているものであること、その判文自体の示す...とおりであつて、かかる恐喝行為につき罪責を問うことが、所論憲法二一条に違反
上告を棄却
行使であつて、恐喝罪とならないものであるとし、原審が同罪の成立するものとし...維持した所論の第一審判示は、恐喝罪成立に必要な害悪の告知に関する事実摘示と...所論第一審判示は、所論の如く恐喝罪成立に必要な害悪の告知に関する事実摘示と
破棄
り煙草ピース二十個を交付させたもので強制罪には該当せず、恐喝罪を構成するも
判示要旨:恐喝罪の成立する一事例
控訴を棄却
の詐欺、恐喝も又計画的かつ悪質なものであること、被告人は、昭和三三年一月東
判示要旨:準強盗を共謀した共犯者の一人が他の者にはかることなく強盗を実行した場合と他の共犯者の罪責
上告を棄却
為は刑法二四〇条前段、六〇条に該当するのであるが、被告人は犯行当時恐喝の犯
判示要旨:共謀と刑法第三八条第二項
破棄
拐罪、名誉毀損罪(個人の尊厳を傷つける)、強窃盗・恐喝罪、建造物公文書・重大
判示要旨:昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例の合憲性。
上告を棄却
 原判決は本件恐喝の動機、態様等について詳細判示した後、本件は「要するに博
592 件中 8/12 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in