裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62603 
刑事22116民事40487
恐喝
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
恐喝の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
恐喝を犯した場合、 4.9%の確率で無罪、
95.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
26
5
1
30
18
0
592 件中 7/12 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
上告を棄却
をいう点は、原判決は被告人が暴力団の組長であることを本件恐喝行為の内容とし
判示要旨:暴力団組長であるため量刑上不利益な扱いをうけたとする違憲主張(憲法一四上条)が欠前提とされた事例
破棄
 本件記録によれば、被告人は、昭和五八年二月二五日本件恐喝未遂の罪により起
判示要旨:双方から上告があつて未決誤算入部分を破棄する場合における主文の表示方法
控訴を棄却
被告人は、昭和四五年に強盗・恐喝・傷害の罪で懲役四年に、昭和四九年に監禁罪
判示要旨:児童の淫行の相手方となる者が仲介者(本犯)に対し当該児童を自己に紹介するよう依頼した場合と「児童に淫行をさせる行為」の教唆犯の成否(積極)
破棄
害、恐喝未遂等の前科八犯を有し、そのうち本件と同種の覚せい剤取締法違反事件
判示要旨:覚せい剤使用の事実について選択的(択一的)に認定したことが、審判の請求を受けない事件について判決をしたことにあたるとされた事例
棄却
行為等処罰に関する法律違反、恐喝、傷害、覚せい剤取締法違反等の犯罪が一五
判示要旨:1 暴力団組長の所持する狩猟銃につき、銃砲刀剣類所持等取締法5条1項6号にいう「他人の生命若しくは財産又は公共の安全を害するおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者」に当たるとしてした右銃砲所持許可の取消処分に裁量を誤った違法はないとした事例 2 公安委員会は、いったん銃砲の所持許可を与えていても、その後許可を受けた者が銃砲刀剣類所持等取締法5条1項各号に該当すると判断した場合には、同法11条1項2号の規定を類推適用して許可時に既に存在した事実に基づき右許可を取り消すことができるとした事例
却下
察庁検察官に告訴せられるや、逆にCを、恐喝未遂、名誉毀損、証告の罪により、
判示要旨:1年間の業務停止処分を受けた弁護士がした右処分についての審査請求を棄却する裁決の取消しの訴えが、右業務停止期間の経過により回復すべき法律上の利益がなくなったとして、不適法とされた事例
棄却
に反して財物の占有を奪われた場合をいうものであり、詐欺、恐喝等占有者の瑕疵
判示要旨:子が第三者に対して与えた傷害につき納税者が損害賠償として支払った金員が、所得税法72条所定の雑損控除の対象とはならないとされた事例
棄却
よれば、原告は昭和五〇年四月一六日東京地方裁判所において詐欺、恐喝等の罪に
判示要旨:1 在監者に対する図書差入れにつき、監獄法施行規則146条1項に定める調査によっても差入人と在監者との続柄が判明しない場合には、刑務所長の合理的裁量により右差入れを不許可とすることができるとした事例 2 在監者に対する図書差入れにつき、刑務所長が差入人と在監者との続柄が不明であるとしてした不許可処分が、違法でないとされた事例
控訴を棄却
値し、なお前示のほか昭和三三年三月以降被告人の受けた窃盗、賍物運搬、恐喝、
判示要旨:覚せい剤使用の事案について訴因の特定性を欠くものでないとされた事例
上告を棄却
領したとの横領の罪(後に背任に訴因変更)並びに詐欺、恐喝の各罪につき、順次...任、恐喝につき有罪(懲役二年、執行猶予三年)、詐欺につき無罪の判決を言い渡...偽造、横領(背任)、恐喝という比較的簡単なものであつた。公訴時効の期間をみ
判示要旨:憲法三七条一項の迅速な裁判の保障条項に反する異常な事態が生じていないものとされた事例
棄却
件強盗強姦、強盗殺人、死体遺棄及び恐喝未遂の犯人と認めるべき証拠として掲げ
判示要旨:刑訴法四三五条六号にいわゆる新規性が認められないとされた事例
破棄
円満に解決することに協力しようと考え同席したに過ぎず、恐喝の意思はなかつた...共謀して、本件恐喝未遂罪を犯したものであることが明らかであるといわなければ...は、Aらが恐喝をしようとしていることを知りながら、それに加勢して、自らも恐
判示要旨:再犯加重すべき前科の認定判示を遺脱した判決に対する被告人のみの控訴と判決への影響の有無
控訴を棄却
予三年の判決の宣告を受け、昭和五二年一二月一六日に恐喝未遂罪により懲役一年
判示要旨:交通事件原票の供述書欄末尾にあらかじめ冒用の承諾を得ていた他人の氏名を冒書することと私文書偽造罪の成否
破棄
に過ぎないから、恐喝未遂罪は成立しないのに、原判決が第一事実としてこれらの... 論旨は、要するに、被告人Cが原判決第一事実中の恐喝について共謀した事実は...判決が被告人Cを恐喝未遂罪の共同正犯に問擬したのは正当であつて、同判決には
判示要旨:一 営利拐取罪の性質 二 刑法二二五条の二第二項にいう「其財物」の意義
棄却
傷害、暴行、恐喝の罪により懲役一年二月の判決言渡を受けて同月一八日右判決が
判示要旨:退去強制令書の執行は、我が国と国交関係のない国を送還先とするものであっても、可能であるとした事例
上告を棄却
さらに、所論は、被告人Abの九月一日の別の恐喝事件との関連から、Ai、Aj...当であるというのであるが、所論恐喝事件が九月一日の出来事であることは明らかで...事件とはいえない八件にも及ぶ恐喝、傷害、暴行等の余罪とともに身柄拘束のまま、
却下
 右の者に対する恐喝被告事件について、昭和五三年四月一三日東京高等裁判所が
判示要旨:控訴審がした保釈請求却下決定に対して高等裁判所がした異議申立棄却決定に対し、特別抗告の申立があつた後、被告人が控訴を取下げたことにより当該被告事件が確定した場合の特別抗告の処理(不適法棄却)
上告を棄却
ころ、恐喝など数個の犯罪事実が認定されていて処断刑に変更をきたさない本件に
判示要旨:一 数人共同して二人以上に対しそれぞれ暴行を加え一部の者に傷害を負わせた場合の罪数 二 起訴状に記載されていない罰条の適用 三 起訴状に記載されていない罰条の適用が許されるとされた事例
上告を棄却
である。しかし、記録によると、被告人は、窃盗、暴行、恐喝未遂被疑事件で逮捕、...強姦殺人、死体遺棄、恐喝未遂事件について三人共犯に関する一部自白をし、三二...罪である窃盗、暴行、恐喝未遂(「別件」)の罪名で逮捕、勾留したものであり、
判示要旨:甲事実について逮捕勾留中の被疑者を乙事実について取調べることが違法ではないとされた事例
棄却
 一 記録を調査すると、恐喝被告事件の被告人Aに対し、昭和四六年一〇月七日、
判示要旨:最高裁判所のした保釈保証金没取決定に対する異議申立権の有無
上告を棄却
 なお記録によると、被告人は、昭和三九年一月一四日恐喝、同未遂罪により懲役
判示要旨:懲役刑の執行終了後に処せられた罰金刑の言渡が失効した場合と懲役刑の消滅
棄却
二〇日広島地方裁判所において恐喝罪により懲役一年、三年間執行猶予、保護観察
判示要旨:刑事手続における書類の送達と民訴法一七二条の準用 民訴法一七二条は刑事手続における書類の送達については準用されるか
破棄
した覚せい剤の数量等に加えて、昭和五〇年六月に恐喝罪により懲役一年六月(三
判示要旨:覚せい剤不法所持罪の共同正犯が成立するとされた事例
上告を棄却
判示要旨:判例既変更とした事例(権利行使と恐喝罪成否に関するもの)
破棄
前、寺銭その他の計算関係等を記録したものであつて、本件とは別の恐喝被疑事件...ち、(イ)昭和四七年二月八日奈良県天理警察署司法警察員は、DことEに対する恐喝被疑事件につき、奈良簡易裁判所に対し捜索差押許可状の発付を請求し、その...疑事実から窺われるような恐喝被疑事件に関係があるものとはとうてい認められず、また「暴力団を標章する状、バツチ、メモ等」に該当するものとも考えられないか
判示要旨:差押物が捜索差押許可状の目的に含まれるとされた事例
棄却
三八年七月一一日秋田地方裁判所において傷害、暴行、恐喝罪により懲役一年二月
判示要旨:退去強制令書は、我が国と国交関係のない国を送還先とするものであっても、その執行が可能であるとした事例
上告を棄却
不起訴となつた恐喝の被疑事実について発せられた勾留状による未決勾留は、たと
判示要旨:起訴されない被疑事実に関する未決勾留日数と本刑算入
控訴を棄却
なお当審に至り、本件犯行後に犯した監禁、傷害・恐喝未遂被告事件について昭和
判示要旨:複写機にかけて作つた警察署長名義の交通事故証明書写が有印公文書に当たらないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:権利行使と恐喝罪成否に関する大審院判例の変更
破棄
人を被疑者とする窃盗・暴行・恐喝未遂被疑事件について逮捕状が発せられ、その...強盗強姦・強盗殺人・死体遺棄(以下これを「本件」という。)及び恐喝未遂(こ...や、検察官が「本件」及び恐喝未遂被告事件について取調べを請求した三四二点に
判示要旨:いわゆる別件逮捕・勾留中の余罪の取調べが違法でないとされた事例
破棄
為等処罰に関する法律違反、恐喝罪により懲役一〇月の判決言渡しを受け、同判決
判示要旨:別件懲役と重複した未決誤算入を理由にした破棄自判
破棄
 (二) 昭和三六年六月一三日静岡地方裁判所掛川支部で、恐喝、詐欺罪により
判示要旨:一、 暴力行為等処罰に関する法律一条にいう「兇器ヲ示シ」の意義 二、 爆発物取締罰則一条及び三条にいう「治安ヲ妨ケル目的」の内容たる事実認識の程度
破棄
は、本件とはまつたく別の恐喝被疑事件の捜索差押許可状により押収されたもので...であり、右恐喝被疑事件に関係ある物とはいえないから、右メモの押収は令状に記...CことCに対する恐喝被疑事件につき奈良簡易裁判所に対し捜索差押許可状の発付
判示要旨:一、 達法収集証拠の証拠能力 二、 違法収集証拠を説明したにすぎない供述調書の証拠能力
破棄
の刑を言渡し、原判示第三の罪および右確定裁判以後に犯した原判示第二の恐喝罪...法第四七条、第一〇条により重い原判示第二の恐喝罪の刑に法定の加重をなした刑...態様、ことに原判示第二の恐喝の所為については、被告人がその当時所属していた
判示要旨:猥せつ図画販売罪の中間に別罪の確定裁判が介在する場合と刑法四五条後段の適用
破棄
人に対する東京高等裁判所昭和四八年(う)第一三二号窃盗、恐喝被告事件記録中...けたこと、他方、被告人は、本件とは別に、前記の窃盗、恐喝被告事件(以下、別...き勾留されているものであるが、第一審の審理中、窃盗、恐喝の事実により別件勾
判示要旨:甲事件の裁判確定によりその本刑に法定通算されるべき未決勾留と重複する未決勾留を乙事件の本刑に算入することの適否
却下
また、ボーリング資金に窮した者による窃盗、恐喝等の犯罪も生まれ、来場者の多
判示要旨:1 ボーリング場の建設を阻止することを目的として付近住民及び団体によって組織された団体が、建築主事のした右ボーリング場建築確認処分の取消しを求める訴えにつき、原告適格を有しないとされた事例 2 用途地域内の建築物の用途規制に関する建築基準法の規定に違反して建築される建築物によって、その住居の環境を、受忍すべき限度を超えて破壊される虞のある付近住民は、右建築物の建築確認処分取消しの訴えを提起するにつき、法律上の利益を有するとした事例 3 ボーリング場は、建築基準法(昭和45年法律第109号による改正前)別表第2(い)項6号にいう「待合、キャバレー、舞踏場その他これらに類するもの」に含まれないとした事例
棄却
し、(5)冊四二年七月三一日恐喝罪により懲役三年に処せられlおよびr刑務所...その後恐喝罪で懲役三年に処せられ、昭和四四年以降l刑務所、r刑務所等で服役...一、被控訴人が恐喝罪により懲役三年に処せられ、昭和四四年一月二五日q刑務支
判示要旨:刑務所長が、受刑者からの図書10冊の閲読許可願に対し、右全部の閲読を許可するとともに同時に所持できる冊数を3冊以内に制限した処分及び自費による新聞購読願に対し、これを不許可にした処分が、憲法に違反せず、監獄法、同法施行規則に照らし違法でないとされた事例
棄却
し、土建業などを行なう一方で組長はじめその構成員によつて賭博、傷害、恐喝等
判示要旨:1 歌謡ショーの開催を目的とする市民会館の使用が、当該催物に出演する暴力組織の構成員の受ける利益が右組織の維持発展等に寄与する可能性は十分であるから、使用許可取消要件を定めた条例にいう公安を害するおそれがあるときに当たるとして、市場のした使用許可取消処分が適法とされた事例 2 市民会館使用許可取消処分の取消しを求める訴えが、地方自治法244条の4に基づく知事に対する審査請求を経ずに提起されたことにつき、右処分の執行により生ずる著しい損害を避けるため、緊急の必要があるときに当たるとして適法とされた事例
破棄
受、傷害、恐喝、同未遂罪により懲役二年六月および罰金五万円に処せられ、この判決は同年四月二八日被告人の控訴取下げによつて確定し、即日右刑の執行の着手
判示要旨:未決過算入を理由にした破棄自判
棄却
三七条一項に違反するというものであるが、被告人に対する恐喝事件の受訴裁判所
判示要旨:単独体の受訴裁判所の裁判官が保釈請求却下決定を行なつた後、その事件が合議体で審理されることになり、その裁判官が合議体の構成員となつた場合と公平な裁判所
控訴を棄却
と共謀のうえ、恐喝、強姦、傷害の本件各犯行に及んだものであつて、ことに、各...第一の(一)(二)、第二の(五)(六)の恐喝の各被害者であるM、N、Oおよ
判示要旨:脅迫行為と姦淫行為との時間的間隔が約二週間ありかつ姦淫行為が外観上自然な男女間の情交と認められる場合でもなお強姦罪の成立が認められるとした事例
上告を棄却
本件起訴状記載の訴因および罪名が恐喝であるとしても、第一審判決が検察官の予
判示要旨:原審が併合罪の一部につき公訴時効の完成を看過した場合と正義
破棄
 つぎに、所論は、原判示第一の三の恐喝の事実について、原判決は、被告人が... つぎに、恐喝の事実に関する所論について、原判決挙示の関係証拠を総合する...告人の所為が恐喝罪を構成するものであることは明らかである。
判示要旨:一、 反抗抑圧状態にある被害者不知の間になされた財物の奪取につき強盗罪の成立を認めた事例 二、 強盗強姦罪の包括一罪を構成するとされた事例
上告を棄却
られる程度を逸脱したとして、被告人らの行為に対し恐喝未遂罪の成立を認めた原
判示要旨:債権の取立と恐喝未遂罪の成否
破棄
り消されて服役)、昭和四〇年一二月二〇日同裁判所で恐喝暴行で懲役一年二月に...ある外、恐喝、同未遂傷害被告事件で奈良地方裁判所で審理中保釈されて本件を敢
判示要旨:兇器準備集合の所為と殺人未遂傷害の所為とが牽連犯の関係にあるとされた事例
破棄
た行為(同(二))を恐喝罪及び同未遂罪に該当するとして刑法二四九条一項(未...であつて、恐喝罪の要件である財産的処分行為ではないのにかかわらず、これを強...要罪でなく、恐喝罪と認定判示した原判決は、明らかに判決に影響を及ぼすべき事
判示要旨:患者が医師を脅迫して医師が治療上必要と認めない薬剤の注射施用をさせた場合と恐喝罪の成否
上告を棄却
において、所論Aに対する強姦および恐喝未遂の公訴事実については、被告人と共
判示要旨:判断遺脱と正義
破棄
事実に対する被告人の所為を刑法六〇条、二四九条二項の恐喝罪、同法六〇<要旨>...行を、その後の被告人三名による恐喝傷害とは区別してこれを暴力行為等処罰に関...暴行の時点において既に恐喝の犯意があつたこと、Dにおいてもその旨を十分察知
判示要旨:刑事訴訟法三七八条三号後段に該当する一事例
上告を棄却
認められる程度を逸脱するものとして恐喝未遂罪の成立を認めた原判決の判断は容
上告を棄却
おいて賍物故買、恐喝未遂罪により懲役一年六月および罰金二万円に処せられ、昭
592 件中 7/12 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in