裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62603 
刑事22116民事40487
恐喝
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
恐喝の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
恐喝を犯した場合、 4.9%の確率で無罪、
95.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
26
5
1
30
18
0
592 件中 6/12 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10
取り消す
使用した殺人,恐喝事件が頻発しており,日本人をねらったスリ,置き引き,ひっ
懲役15年
帳等図利,恐喝,窃盗,覚せい剤取締法違反等により4回懲役刑に処せられた前科
取り消す
ん銃を使用した殺人,恐喝事件が頻発しており,日本人をねらったスリ,置き引
棄却
る際に,「じん臓を売れ,目玉を売れ」などど脅迫的取立てを行った恐喝未
懲役2年
むしろJから恐喝されて支払ったものであるとして,いずれも無罪を主張するの...後に支払った500万円についてもJから恐喝されて渡したものであることなどを... しかし,400万円の支払や,Jから恐喝されたことについては,被告人が
懲役7年
支部で傷害,恐喝の各罪により懲役1年8月に処せられ,平成10年12月1日そ
懲役7年
 検察官の論旨は,原判決が,原判示第2及び第3の各事実につき,恐喝罪...紳士録詐欺・恐喝グループに入り,最初は紳士録のコピーなどを担当していた...その間も,本件同様の詐欺,恐喝を繰り返していた。被告人Eは,Hからの依
判示要旨:1 紳士録を利用して詐欺・恐喝行為を繰り返していたグループが組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律2条1項にいう「団体」に当たるとされた事例 2 紳士録を利用して詐欺・恐喝行為を繰り返していたグループによる詐欺・恐喝の犯行が組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律3条1項の「団体の活動として、当該罪に当たる行為を実行するための組織により行われたとき」に当たるとされた事例
懲役7年
 検察官の論旨は,原判決が,原判示第2及び第3の各事実につき,恐喝罪...紳士録詐欺・恐喝グループに入り,最初は紳士録のコピーなどを担当していた...欺,恐喝を繰り返していた。被告人Eは,Hからの依頼により,平成11年6月こ
懲役2年
 被告人は,(1)平成6年12月27日神戸地方裁判所で恐喝,暴力行為等処罰に関
 被告人は,平成7年8月8日神戸地方裁判所で恐喝未遂罪により懲役1年に処せ
懲役2年
として恐喝未遂事件がないのにあったとしたものである。」などと主張し,Eらに...に応じなかったため,その目的を遂げなかったという恐喝未遂の事案である。
無期懲役
 被告人は,(1)平成8年7月12日東京地方裁判所八王子支部で監禁,恐喝未
上告を棄却
,恐喝,窃盗を繰り返しているところ,その犯行態様,結果ともに悪質であること
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(市川の一家強盗殺人事件)
懲役3年
 強盗致傷,強制わいせつ(ただし,認定罪名は恐喝,傷害,強制わいせつ)被告...実を主張し,他方,弁護人は,被告人が,恐喝の故意で被害者にその反抗を抑圧し...品を領得し,その際の暴行により傷害を負わせたにすぎないとして,恐喝未遂,窃
懲役14年
て脅迫し,200万円の支払を約束させたという恐喝の事案である。...すべき点があるものの,それを理由に被害者を恐喝するという被告人らの行為には,...命傷を与えたのは共犯者であること,恐喝については,共犯者が被害者に対し,慰謝
懲役2年
力行為等処罰に関する法律違反,恐喝被告事件...脅迫行為も第2の恐喝行為もしていないし,D及びEとも共謀をしていない旨述...第3 第2の恐喝の事実について
懲役1年
(1)の刑の執行終了後に犯した監禁,恐喝の罪により懲役1年...   (2)の刑の執行終了後に犯した恐喝未遂,恐喝の罪により懲役1年2月
棄却
景にして街宣車で業務を妨害するなどと脅迫しての恐喝や恐喝未遂,傷害,暴行,
無期懲役
被害者二名に対する恐喝事案、無免許運転の事案から成るが、被告人がこのような...て、判示第二の恐喝行為に及んだ。そして、その後も、同女に対する愛憎の入り交...方で、通行人に対して判示第三の恐喝行為を働いたり、母親らに対して、「探偵の
控訴を棄却
に傷害,恐喝罪等で懲役2年2月,4年間刑執行猶予に処せられ,その猶予期間中
無罪
 (11) 被告人は、平成九年秋ころから、Bの死亡をめぐって、恐喝未遂の被害にあったが、
懲役2年6月
ら重い処罰を求めない旨の上申書が提出されていること,恐喝についてはいずれも
破棄
 よって、刑訴法四一一条一号、四一三条本文により、恐喝罪の成立を認めた第一
判示要旨:公園予定地の一部に無権原で簡易建物を構築するなどした行為が不動産の侵奪に当たるとされた事例
控訴を棄却
ない。しかも、控訴人が同会長となった経緯は、元会長の関係する恐喝事件等が原
上告を棄却
 本件は、恐喝未遂容疑で警察署付属の留置場に勾留中の被疑者に接見しようとし... 1 本件被疑者は、昭和六二年一二月四日、恐喝未遂容疑で逮捕され、同月五日、
判示要旨:弁護人からの被疑者との接見の申出に対し書面を交付する方法により接見の日時等の指定をしようとした検察官の措置が違法とはいえないとされた事例
上告を棄却
挙されて未遂に終わったという強盗殺人、死体遺棄、恐喝未遂の事案である。
判示要旨:強盗殺人、恐喝未遂等被告事件につき、無期懲役に処した第一審判決を維持した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
控訴を棄却
のほか、昭和六一年九月に恐喝罪、昭和六二年二月に恐喝、同未遂の各罪により各
判示要旨:トルエンの「小分け」と毒物及び劇物取締法三条一項にいう劇物の「製造」
上告を棄却
謀の上、あるいは単独で、有印私文書偽造・同行使・詐欺五件、恐喝未遂一件、恐
判示要旨:死刑事件(熊谷の3人殺し事件)
棄却
取しようとしたとされる恐喝、同未遂保護事件であり、少年が犯人であることを否
判示要旨:少年法一六条に基づく援助協力の依頼により捜査機関から送付を受けた証拠の存在を附添人に了知させなかった措置が違法とはいえないとされた事例
控訴を棄却
付に応じてきたこと、ところがそうした一連の恐喝行為の途中、金員喝取と同じ機...聞かされた事情があったために、もし警察に強姦や恐喝の被害を届け出れば右の関...の被害者に対して次々と加えた強姦、準強姦等三件、恐喝、同未遂等三件、暴行の
判示要旨:刑訴法二三五条一項にいう「犯人を知った」とはいえないとされた事例
破棄
月二〇日窃盗事件で起訴され、同署に勾留され、一一月六日尊属監禁、恐喝未遂、... 一 原判示第一の事実につき、所論は、被告人はIから金員を恐喝する意思もな...判示第一において右監禁のほかに傷害、恐喝未遂も犯しており、後記のとおり監禁
判示要旨:刑訴法三八三条二号の「判決があつた後に刑の変更があつたこと」に該当し同法三九七条一項により第一審判決を破棄すべきであるとされた事例
破棄
 1 原審は、被告人に対する恐喝被告事件につき、平成六年九月一日、被告人の... 3 本件恐喝罪は、右和歌山地方裁判所田辺支部の有罪判決に対する控訴中の平
判示要旨:確定裁判が実刑判決の場合におけるいわゆる余罪について刑の執行を猶予することの可否
棄却
原告の活動の中にこれに沿う活動実態があるとしても、原告構成員の殺人、恐喝等...恐喝一一人、窃盗一五人など刑法犯一五四人、銃刀法二二人など特別法犯二八人)...四月までの間で、原告の構成員が、このような資金獲得のために恐喝等の犯罪行為
判示要旨:1 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成5年法律第41号による改正前)3条による指定処分の取消請求が、当該指定を受けた団体は、同条1、2、3号所定の要件を満たしているから、当該団体を同条所定の暴力団に該当するとした県公安委員会の判断は適法であり、同法(平成5年法律第89号による改正前)5条による聴聞手続にも違法はないなどとして、棄却された事例 2 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成5年法律第41号による改正前)による指定暴力団員の行為に対する規制及び同法(同改正前)3条2号による犯罪歴を有する者の結社の自由の制限と憲法14条1項 3 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成5年法律第41号による改正前)3条による暴力団の指定制度と憲法21条1項
破棄
う、強盗三件、強盗致傷三件、窃盗三件、恐喝二件の各犯行や監禁一件、銃砲刀剣
判示要旨:検察官が殺意につき錯誤論の適用を前提とする旨を明らかにした殺人未遂罪の訴因に対し事実の認識認容を前提とする殺意を認定するには右事実の認識認容の有無を争点として顕在化させる措置をとる必要があるとされた事例
控訴を棄却
は、過去に原判示のAから多額の恐喝被害に会うなどして同人に対し強い恐怖感を
判示要旨:店舗兼住宅のアルミ製玄関ドアが建造物の一部に当たるとされた事例
棄却
 右の者に対する道路交通法違反、恐喝未遂、恐喝、強要被告事件(平成三年(あ)
判示要旨:執行に関する異議の申立てを不適法とした事例
破棄
とともに、恐喝、万引などの非行を始め、その後非行が顕著に重なっていく中で、...校在学中、恐喝、万引きなどの非行があったが、中学校進学後、母への暴言、暴力...当時から、恐喝、万引きなどの非行が始まり、以後その非行は収まらず、家庭内暴
判示要旨:少年法が少年の刑事事件について定める特則と量刑判断
棄却
る所為が同人に対する恐喝的行為に該当すると認定している点は、以下の理由で誤...イ 仮りに起訴されたとしても、最悪の場合でも「恐喝未遂」にすぎず財産上の損...ウ また仮に「恐喝罪の未遂」に該当すると認定される場合でも、一般人ならば、
判示要旨:1 弁護士会への強制加入制度と憲法18条、19条及び22条 2 弁護士会の懲戒処分と憲法31条 3 依頼事件の相手方及びその親族らに対し、その送付が恐喝的行為ないし強要的行為に該当すると判断されるような書面を送付した弁護士に対し、日本弁護士連合会のした業務停止6箇月の裁決が、適法とされた事例 4 弁護士会の懲戒委員会において審査を受ける弁護士に最終意見陳述の機会を与えなかった場合につき、当該弁護士は、度重なる審判期日において発言の機会を与えられ、随時自己の意見を陳述しているから、当該審査手続が違法であるとはいえないとされた事例
破棄
判示要旨:恐喝の事実につき審理不尽ないし事実誤認の疑いがあるとして原判決を破棄差戻した事例
控訴を棄却
 2 また、所論は、被告人は、恐喝未遂、暴行事件で昭和六〇年八月七日に起訴...され、同年九月一五日に殺人罪で逮捕されたものであるが、恐喝未遂、暴行事件の...ために被告人を取り調べることも許されることは明らかであって、恐喝未遂、暴行
判示要旨:被害者を欺罔して自殺させた行為が強盗殺人罪の殺人行為に当たるとした事例
棄却
 右の者に対する殺人、恐喝未遂、恐喝被告事件について、昭和五九年九月四日福
判示要旨:いわゆる別府三億円保険金殺人事件の上告審結果(被告人死亡による公訴棄却)
上告を棄却
和四一年一二月二日当時、同被告人に対しては詐欺被告事件の勾留と恐喝被疑事件
判示要旨:一、 弁護人との接見交通権の制限を含めて検討しても自白の任意性に疑いがないとされた事例 二、 迅速裁判保護条項違反の主張が欠前提とされた事例
棄却
印鑑ならば必ず道が開かれる。」などと半ば詐欺恐喝まがいのセールストークを用
判示要旨:一 印鑑の売買契約と合体してされた金銭配当契約がいわゆる無限連鎖講(ネズミ講)に当たり無効とされた事例 二 印鑑の売買契約と合体してされた金銭配当契約がいわゆる無限連鎖講(ネズミ講)に当たり無効である場合と購入者と信販会社との間の代金立替払契約の効力
破棄
う認識がなかつたのであつて、恐喝の犯意を有せず、かつ、Aらと共謀を遂げたこ...欄の説示をも併せると、原判決は、被告人が、右恐喝の実行の着手前にAらと共謀...へ案内した段階では、せいぜい、A及びMの恐喝の計画を知つてこれに助力を与え
判示要旨:いわゆる承継的共同正犯の成立要件
棄却
者も非常に多く、従業員の中には内部告発に走つたり破産会社に対して恐喝事件、
棄却
 記録によれば、申立人は、同人に対する恐喝未遂被告事件について、昭和六一年
判示要旨:高等裁判所がした控訴取下による訴訟終了宣言の決定に対する不服申立の可否
棄却
昭和五一年に拒否された四人の罪名は、傷害罪、恐喝罪及び道路交通法違反(併合長期一
判示要旨:1在留外国人の再入国の自由ないし海外旅行の自由は、我が国の憲法上保障された権利か 2 出入国管理及び難民認定法26条1項所定の法務大臣の再入国許可処分の性質 3 在留外国人が出入国管理及び難民認定法26条1項に基づいてした再入国の許可申請に対し、法務大臣が右外国人が外国人登録法所定の指紋押なつを拒否していることを理由としてした再入国不許可処分が、裁量権の範囲を超え又はこれを濫用した違法があるとはいえないとされた事例 4 在留外国人が出入国管理及び難民認定法26条1項に基づいてした再入国の許可申請に対し、法務大臣がした右外国人が外国人登録法所定の指紋押なつを拒否していることを理由とする再入国不許可処分の違法を理由としてした国家賠償請求が、右処分に違法はないとして、棄却された事例
棄却
同 三七年二月一七日 恐喝(懲役六月)...刑の執行終了日などのうちいずれであるかは判然としない。)の恐喝罪による懲役
棄却
10 役職員恐喝、職場秩序の攪乱、就業規則違反の件(同一〇の事実)...(二)次に、役員婦人に恐喝の電話をしたり、と記載されている点(「婦人」は...よると、理事会の席上右の「恐喝」とあるのは「脅迫」の誤りであると訂正され、
破棄
告人は昭和五七年一二月二三日高松地方裁判所丸亀支部で暴行、恐喝罪により懲役
判示要旨:刑法三六条にいう「急迫不正ノ侵害」にあたるとされた事例
592 件中 6/12 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in