裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62545 
刑事22103民事40442
恐喝
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
恐喝の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
恐喝を犯した場合、 4.9%の確率で無罪、
95.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
26
5
1
30
18
0
592 件中 1/12 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
懲役3年6月
恐喝の点...恐喝未遂の点...一罪として恐喝罪の刑で処断
判示要旨:被告人が、共犯者らとともに、出会い系サイトで呼び出した男性に対して、未成年と口淫したことが犯罪であるなどとして示談金名目で現金を要求した恐喝、恐喝未遂事件と、同様の方法で現金を要求したが被害者が支払に応じなかったため、共犯者らが被害者に対し顔面を拳骨で殴るなどの暴行を加え、全治1か月の鼻骨骨折等の傷害を負わせた強盗致傷事件である。争点となった強盗の正犯性及び傷害結果への因果関係についていずれも認め、一方で暴行に関する被告人の関与の程度を考慮し、被告人に懲役3年6月を言い渡した事案。
棄却
けの通知書(甲37)の内容が被告Aに対する恐喝罪に当たるなどと,...ていた事実を公表するというのは恐喝罪に当たり得る不適切な要求であっ
控訴を棄却
け取ったと聞いたことを明確に供述している。,Cが,別件で恐喝事件として立件
控訴を棄却
控訴人において単に恐喝によ...り,同合意は,恐喝に基づくものであって,無効であり,そうでなくても,
棄却
目に多く,恐喝(4~5%程度)を上回っている。...暴対法31条の2が定められた趣旨は,指定暴力団の威力を示しての恐喝
棄却
の脅迫,恐喝又は強盗に至らないような事案(人の自由意思を制圧して...数の者から現金等をだまし取る犯罪(現金等を脅し取る恐喝も含む)の...(エ) 近年の暴力団構成員等の罪種別検挙状況をみると,恐喝,傷害等の
棄却
なお,AAは,同日,以下のアないしオの暴行,傷害及び恐喝事件により起...述べて否認し,AAは,8件の暴行,傷害,恐喝等の公訴事実のうち1件...告につき窃盗,AAにつき暴行,傷害,恐喝,暴力行為等処罰ニ関スル法律
棄却
の国家公安委員会規則で定める罪のうち,刑法第37章(詐欺及び恐喝の...罪)に係るものとしては,刑法249条(恐喝)及び250条(未遂)(2
取り消す
控訴人Aは,昭和62年に14歳の少年2名に対する恐喝により懲役8月...役4年6月の,平成12年に17歳の少年に対する恐喝により懲役1年6月...年3名に対する恐喝,うち1名の少年に対する強制わいせつ,別の16歳の
棄却
すれば,脅迫ないし恐喝に当たるとはいえない。
棄却
F警察官は,平成25年1月24日頃,(別件の恐喝未遂被疑事件の被...日において(Bが恐喝未遂により証人尋問が延期された際),Bには幻聴...ニエンスストアで恐喝行為に及んだ。Bは,同日,恐喝未遂の被疑事実で
棄却
れ,同年11月,両名は恐喝未遂罪で起訴され,有罪判決を受けたことが
棄却
ようとしたことについて,被告少年らによる恐喝を疑う原告甲から執拗...どの方法で恐喝,金品要求行為を繰り返し...年らが恐喝したという事実は全く
懲役7年
平成9年以降恐喝,道交法違反,覚せい剤取締法違反,傷害,職業安定法違反,公
無罪
甲会によるみかじめ料の恐喝事件の捜査を担当していた愛知県警のD警察官
懲役6年
欺,恐喝,恐喝未遂被告事件...(平成28年4月27日付け起訴状記載の各公訴事実。以下「恐喝・恐喝未...弁護人は,判示第1の詐欺事件及び判示第2の恐喝・恐喝未遂事件については事
棄却
者に「借金」があるとしても,恐喝まがいに一定の金員を支払うよう求
控訴を棄却
平成29年(う)第128号 強盗致傷(認定罪名 恐喝未遂,傷害)被告事件...があり,その場合には,強盗致傷罪ではなく,恐喝未遂罪と傷害罪が成立するとし...を免れさせようとしたもので,恐喝未遂罪と傷害罪が成立するにとどまると主張し
判示要旨:被害者が解放後に借金全額を肩代わりして支払うことに向けられた暴行、脅迫の影響が強盗罪にいう反抗を抑圧するに足りる程度のものとは認められないとされた事例
取り消す
人,名誉毀損,住居侵入,恐喝及び強盗致傷の罪により,無期懲役に処す
棄却
被告は,原告Aに対する恐喝罪等により懲役2年6月,執行猶予4年の有...恐喝行為が原告Aに対する不法行為に当たることは明らかである。そして,...上記不法行為(原告Aに対する恐喝)により原告Aに生じた損害は,次のと
棄却
被告Bは,同人に対する恐喝被告事件(d地方裁判所平成e年...本件刑事事件に係る具体的な恐喝行為も受け,...本件刑事事件において恐喝罪の成立が認められた78万円に係る行為を除
懲役7年6月
恐喝(判示第1)の事実について,被告人が犯人か否かに争いがある。被告...対する恐喝事件があったことを積極的に争うものではないが,その犯人は被告...た恐喝とCに対する恐喝とを混同している可能性があることなどを主張する。
取り消す
じて,民間人に対する暴力,恐喝,脅迫が行われるなど,劣悪な人権状
判示要旨:ネパール国籍を有する男性が、帰国すれば、政治的意見を理由に特定の政治組織から迫害を受けるおそれがあるなどと主張して、法務大臣がした難民の認定をしない処分の取消請求等を求めたところ、控訴審においてこれを棄却した原審を取り消した事例(なお、参考として原審判決を別紙1(PDFファイル)として添付した。)
却下
「恐喝行為1」...下「恐喝行為2」という。),同被害会社がこれに応じなかった。こ...Rらの恐喝行為1及び恐喝行為2は,原告の威力を示してみだりに
無罪
なお,庚は,同月2日から同年6月13日までの間,恐喝又は覚せい剤事犯
判示要旨:当時市議会議員であった現職市長に対する収賄等被告事件について、現金授受の事実についての贈賄者の供述の信用性に疑問があり、預金口座記録やメール内容等の間接事実を考慮しても現金授受の事実を認めるには合理的な疑いが残るなどとして、被告人を無罪とした事例
無期懲役
立せず,強姦罪及び恐喝罪,又は恐喝罪が成立するにとどまると主張する。...ではなく,恐喝に相当すると主張する。しかし,被告人は,暴力団組織が存...居侵入,強制わいせつ,恐喝,強盗の罪により懲役8年に処せられ,平成19年
疑事実で逮捕勾留されたが, こ の取調べ の際は本件恐喝被害について相...した際, 本 件恐喝被害を相談 しようかとの強 い衝動 に駆 られたが, 被 告...で伝えた, ⑥ 同月 2 5 日 , 京 都府警察 に行って本件恐喝被害 につ き相談
判示要旨:恐喝被告事件につき、暴力団からの脱退を承認する見返りに現金を脅し取られた旨の被害者の供述の信用性が認められず、関係証拠を総合しても、被告人が恐喝行為を行ったとは認められないとして、無罪が言い渡された事例
棄却
た。原告は,現に,本件野球賭博に参加し,恐喝被害を受けていた。...(原告が,)自らに対する野球賭博に関連する恐喝事件の現場におい...本件野球賭博に関する恐喝事件の報道によれば,原告が,恐喝事件の
懲役1年10月
本件公訴事実中恐喝の点については,被告人両名はいずれも無罪。...(恐喝について無罪と判断した理由)...本件恐喝の公訴事実の要旨
判示要旨:職場の上司であった被告人両名が、事務所に給料を取りに来た退職者を脅迫して同人に渡した給料を喝取したとされる恐喝の事案で、同人の公判供述には、脅迫があったと確信させるほどの信用性は肯定し難いとして、被告人両名に無罪が言い渡された事例
却下
被告及びその父の上記行為は,脅迫,強要及び恐喝という違法行為に該
判示要旨:PTSD治療に関する診療録等に対する文書提出命令について、患者である被告が本案訴訟において、陳述書等により、傷病名及び症状とその経過という一般的には知られていない事実を自ら開示している場合には、その限度で医師の黙秘義務は免除されたものというべきであるとして、診療録の一部について文書提出義務を肯定した事例
取り消す
a以外の横領,窃盗,詐欺,恐喝,脅迫等(標準例3(2))
取り消す
原裁判所は,平成24年5月24日送致の本件恐喝未遂保護事件について,...原裁判所は,同年11月9日,同日送致の本件恐喝保護事件に本件恐喝未遂...本件恐喝保護事件の送致事実(本件恐喝の送致事実)は,少年が,「B,C,D
判示要旨:恐喝の共同正犯として送致された少年に対し送致事実に記載されていない事実を幇助行為と認定した審判手続が違法とされた事例
暴力団幹部の経歴をもつ父親の威力を背景に担当アーティストを恐喝し,強...歴をもつ父親の威力を背景に担当アーティストを恐喝し,強要罪で実刑判決...担当アーティストを恐喝し,強要罪で実刑判決を受け服役していたとの報道
(強盗致傷罪又は強盗罪とせず恐喝罪と認定した理由)...定できるにとどまり,いずれも恐喝罪が成立するにとどまると判断した。以...いぜい恐喝罪が成立するにとどまると主張する。
判示要旨:実母に対する現金の強盗致傷と小切手の強盗の各公訴事実について、いずれも反抗を抑圧するに足りる程度の暴行、脅迫がなく、傷害も認められないとして、恐喝罪が成立するにとどまると認定された上、親族間の犯罪に関する特例により刑の免除が言い渡された事例
上告を棄却
正犯としての責任を負うかどうかについては,強盗,恐喝,詐欺等の罪責を負わせ
判示要旨:共謀加担後の暴行が共謀加担前に他の者が既に生じさせていた傷害を相当程度重篤化させた場合の傷害罪の共同正犯の成立範囲
恐喝被告事件
判示要旨:裁判所が職権により被告人の勾留場所を変更する旨の移送決定をした事例
懲役1年4月
も窃盗,窃盗未遂,恐喝の各罪で懲役3年,執行猶予4年に処せられたこ
取り消す
c以外の横領,窃盗,詐欺,恐喝,脅迫等(標準例3(2))...FやNがLに対して日常的にしていた暴行・恐喝を止めさせるための注...常的に行っていた暴行や恐喝を止めさせるための注意であり,職場の規律
無期懲役
恐喝の限度にとどまり,被告人には強盗の故意及び共謀がない旨主張するので,当
判示要旨:強盗殺人、現住建造物等放火等被告事件について、区分審理が行われた上で、無期懲役刑が言い渡された事例
無期懲役
(2) 平成15年2月4日上記支部で恐喝,傷害,銃砲刀剣類所持等取締法違反の
判示要旨:被告人が、従兄弟である共犯者とともに、保険金を詐取する目的などから2名を殺害するなどした事案について、被告人が従属的立場にあったことや被告人の自白により事件の全容が解明されたことなどを考慮すると、死刑を選択することには躊躇を覚えざる得ないとして、被告人を無期懲役に処した裁判員裁判の事例(検察官の求刑 死刑)
棄却
巧みともいい得るような巻き込み行為があり,一旦関わった後には恐喝
判示要旨:1 柔道整復師法4条3号所定の「罰金以上の刑に処せられた者」に該当するに至ったことを理由として同法8条1項に基づいてされた柔道整復師免許取消処分に、処分基準が作成されていないという手続上の瑕疵があるとしてした前記取消処分の取消請求が、棄却された事例 2 柔道整復師法4条3号所定の「罰金以上の刑に処せられた者」に該当するに至ったことを理由として同法8条1項に基づいてされた柔道整復師免許取消処分に、同処分通知書の理由付記が不十分であるという手続上の瑕疵があるとしてした前記処分の取消請求が、棄却された事例 3 柔道整復師法4条3号所定の「罰金以上の刑に処せられた者」に該当するに至ったことを理由として同法8条1項に基づいてされた柔道整復師免許取消処分に裁量権の範囲の逸脱又は濫用があるとしてした同処分の取消請求が、棄却された事例
懲役3年
告人が追い込まれていった心境も十分に理解できる(被害者は,恐喝罪により懲役
判示要旨:知人である被害者から度重なる暴力や、いわれのない金銭等の要求を受けた末、被害者との関係を断ち切ろうと考え、殺意をもって、被害者方で同人の頸部を狙い包丁で数回突き刺すなどしたが、未遂に終わった事案で、執行猶予付きの有罪判決が言い渡された事例(懲役3年、4年間執行猶予/裁判員裁判対象事件)
取り消す
際していたことや,A子の親らが被控訴人から金員を恐喝しようとしたが...被控訴人は,本件について,A子の母親らが被控訴人から金員を恐喝
判示要旨:被控訴人は、当時17歳であったA子と性行為をしたことについて、愛知県青少年保護育成条例に違反するとして、逮捕、勾留、公訴提起され、その後、無罪判決が確定したため、(1)愛知県に対し、警察官による逮捕状請求等と警察官から意思に反して供述調書に署名・押印させられたことが違法であるとして、(2)国に対し、検察官による勾留請求、公訴提起等と検察官から意思に反して供述調書に署名・押印させられたことが違法であるとして損害賠償の支払を求めた事案について、31歳の社会人で妻子のある被控訴人が、妻と離婚する意思はなく、最初のデートからわずか2週間ないし1か月程度でA子と性行為に至っているなどの事情によれば、警察官又は検察官が、被控訴人について、A子を「単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような場合」に当たると判断し、逮捕状請求、勾留請求、公訴提起等したことに、合理的根拠が欠如しているとは認められないし、供述調書作成に違法はないとして、原判決を変更して被控訴人の請求を棄却した。
し断固とした態度で臨むとしていることなど,その内容は,虚偽かつ恐喝
棄却
0分頃に本件現場近くにある f 鉄道 g 線 h 駅近くの踏切付近において恐喝...部が,本件事件の犯人と上記恐喝未遂事件の犯人とが同一であると断定し...たのかについては争いがあるが,上記恐喝未遂事件を以下便宜上「前兆事
判示要旨:強盗致傷の罪で起訴されたものの無罪判決が確定するなどした原告らが、捜査及び公訴提起の違法性等を理由に国家賠償を求めた事案について、警察官による取調べが違法であったなどとして請求の一部を認容した事例。
懲役1年6月
恐喝...被告人は,①7月4日にAに対して恐喝はしていない,②7月6日に受け取っ...弁護人は,(ア)7月4日にAへの恐喝行為はなかった,(イ)仮に恐喝行為が
懲役1年6月
Aに対する詐欺・恐喝未遂被告事件,及び,同恐喝未遂被告事件につきAと共謀し...たとして公訴提起された者に対する恐喝未遂被告事件(以下「A事件」という。)...ら詐欺には当たらず,したがって,恐喝未遂も成立しない。」旨弁解していたこと
判示要旨:被告人が、著名なタレントである友人の詐欺等被告事件において、同人に有利な判決を得させるべく虚偽の証言をしたとされる事件で、当該証言は自己の勘違いで行ったものであるなどとする被告人の弁解を排斥して、偽証罪の成立を認めた事例。
懲役3年
被告人は,平成15年9月に恐喝未遂の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けてお
判示要旨:殺意が争われた事例(裁判員裁判対象事件)
592 件中 1/12 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in