裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
強要
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
強要の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
強要を犯した場合、 2.6%の確率で無罪、
97.4%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
12
1
1
15
0
23103 件中 4/463 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
懲役16年
傷害,傷害致死,暴行,強要...よ。」と言ったから撮影したなどとも供述している。これは,Bを怖がらせ,強要...したことを実質的には否定しているとも見受けられることから,判示第2の強要罪
無罪,罰金100万円
判示要旨:覚せい剤入りの郵便物を日本国内で受領し、更にこれを所持したという覚せい剤取締法違反・関税法違反被告事件において、被告人の覚せい剤についての故意を否定し、無許可の輸入の限度での関税法違反の成立を認め、覚せい剤の所持について無罪とした事例。
懲役5年
判示要旨:カーブ進入時の被告人車両の速度である時速99kmから112kmはカーブでの限界旋回速度を超えていたとまでは認められないものの、「進行を制御することが困難な高速度」(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条2号)に該当するとして、カーブで対向車線に自車を進出させて対向車両に衝突させ、その運転者を死亡させた被告人の行為につき危険運転致死罪の成立を認めた原判決の判断が是認された事例
判示要旨:被告人が、意思疎通ができないと自己が考える障害者を多数殺害する目的で、障害者施設に侵入し、施設利用者43名を刃物で突き刺すなどし、うち19名を死亡させ、うち24名に傷害を負わせるとともに、その際、施設職員5名を拘束し、一部の職員には傷害を負わせた建造物侵入、殺人、殺人未遂、逮捕致傷、逮捕、銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案について、犯行時の被告人が完全責任能力を有していたことを認め、被告人を死刑に処した事例。
棄却
の自由な意思の下に一致した意見であり,強要されたものではあり
上告を棄却
判示要旨:強制わいせつ罪等を非親告罪とした「刑法の一部を改正する法律」(平成29年法律第72号)の経過措置を定めた同法附則2条2項と憲法39条
棄却
目的のために私有財産に対し特別の犠牲を強要することが当然に予定され,公...特別の犠牲が強要された場合,当該私有財産に基づき,当該公共事業の目的に
棄却
目的のために私有財産に対し特別の犠牲を強要することが当然に予定され,公...特別の犠牲が強要された場合,当該私有財産に基づき,当該公共事業の目的に
棄却
判示要旨:高等裁判所がした控訴取下げを無効と認め訴訟手続を再開・続行する旨の決定に対する不服申立ての可否
,執行猶予
判示要旨:被告人らが、選挙期間前に、4回にわたって会合を開催し、合計144名の選挙人に対し、約23万円分の飲食の供応接待をした事案について、立候補予定者であった被告人Aを懲役10月に、被告人Aの選挙運動者であった被告人B、同C及び同Dをそれぞれ懲役6月に処し、被告人4名に対し、5年間、それぞれその刑の執行を猶予した事例
棄却
た「社会的強要」にほかならない。このようなやり方が極めて巧妙に,国民
控訴を棄却
判示要旨:封筒に「出て行け」などと記載した文書とともに人糞を入れて外国公館に郵送した行為につき、刑法234条の「威力を用いて」に該当するとして威力業務妨害罪の成立を認めた第1審判決が維持された事例
棄却
えるaに対し,激励やアドバイスをしようとしたものであり,退職を強要
棄却
えるaに対し,激励やアドバイスをしようとしたものであり,退職を強要
禁錮4年6月
2のうち,強要未遂の点...トーカー行為と強要未遂は,いずれも1個の行為が2個の罪名に触...結局以上を1罪として最も重い強要未遂罪の刑で処断)
破棄
判示要旨:反対車線に進出して対向車両2台に相次いで衝突したとされる過失運転致傷の公訴事実について、実況見分調書中には対向車両を運転していた被害者Bの指示説明によらない記載があるとして当該部分を証拠排除し、被害者A、Bの目撃証言の信用性を否定して被告人を無罪とした原判決には、対向車両を運転していた被害者Aの証言や、その裏付けともなる工学鑑定の信用性等の評価の誤りがあるとして事実誤認を理由に破棄した上、実況見分調書の虚偽記載に関し、刑訴法435条1号、7号所定の再審事由の有無等について更なる審理の必要性を指摘して差し戻した事例
控訴を棄却
判示要旨:第1審で併合審理され無罪が確定した薬物事件の捜査で押収されて違法収集証拠として証拠能力が否定された携帯電話機の解析結果等に基づいて併合事件の特殊詐欺の共犯者が特定されたとして、被告人の関与を供述するこれらの者の原審証言もまた違法収集証拠であるとの主張に対し、前記違法との密接関連性を有しないとして証拠能力が肯定された事例
破棄
判示要旨:上告裁判所が原判決を破棄するに当たり、口頭弁論を経ることを要しないとされた事例
判示要旨:被告人が、被告人に対する収容状の執行のために自宅を訪れた検察事務官に対して包丁の刃先を向けるなどの脅迫を加え、職務の執行を妨害して逃走し、逃走中に2件の窃盗を敢行し、覚せい剤を使用したほか、第三者に対して自己をかくまうことを依頼した事案において、被告人を懲役4年に処した事例。
上告を棄却
判示要旨:1 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成26年法律第79号による改正前のもの)2条3項にいう「児童ポルノ」の意義 2 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成26年法律第79号による改正前のもの)7条5項の児童ポルノ製造罪の成立と児童ポルノに描写されている人物がその製造時点において18歳未満であることの要否
23103 件中 4/463 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in