裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62675 
刑事22130民事40545
建造物損壊
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
建造物損壊の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
建造物損壊を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役10年超」に処する。
0
0
0
60 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
懲役21年
建造物損壊の点について...刑法54条1項前段,10条(重い建造物損壊の...及び,これにより判明した被害者と元交際相手が住む部屋に赴き建造物損壊,器物損壊の
却下
て,米国に居住する原告につき,建造物損壊被疑事件に係る逮捕状が発付され...犯罪対策部長作成の平成28年10月7日付け「建造物損壊被疑者Cの引渡
却下
庁刑事局組織犯罪対策部長作成の平成28年10月7日付け「建造物損壊被...る,(ウ)本件引渡請求は,①本件各被疑事実がいずれも建造物損壊罪の構成要
控訴を棄却
平成28年(う)第727号 有印私文書偽造,有印公文書偽造,建造物損壊,...(原判示第8の1ないし4。以下,これらの建造物損壊及び非現住建造物放火
判示要旨:差し押えたパソコンに対する検証許可状を得てサーバにアクセスし、メール等を閲覧するなどの検証をして作成された検証調書等の証拠能力を否定したものの、その他の証拠については、本件検証がなくても、捜査機関がそれらの証拠を取得することが可能であったと認められるため、本件検証と密接な関連性がないとして証拠能力を認めた原判決の判断が是認された事例
懲役11年
爆発物取締罰則違反,建造物損壊被告事件...建造物損壊の点
懲役1年
れ,平成19年3月15日,神戸地方裁判所において,建造物損壊罪で懲役1年の
判示要旨:拘置所に収容された被勾留者に対する国の安全配慮義務の有無
無期懲役
被告人に対する器物損壊,建造物損壊被告事件に関する平成24年1月25...割りを繰り返す中,犯罪事実第1の学校や交番への器物損壊,建造物損壊に及び,...犯罪事実記載の年月日頃,それぞれの場所において,器物損壊,建造物損壊の
判示要旨:強盗殺人、現住建造物等放火等被告事件について、区分審理が行われた上で、無期懲役刑が言い渡された事例
無罪
(判示第2の過失建造物損壊罪の事実認定の補足説明)...弁護人は,過失建造物損壊罪について,道路における車両等の交通に起因する事...検討すると,過失建造物損壊罪について,道路交通法116条は,車両等の運転
懲役9年
ともに同建物に放火したという建造物損壊,現住建造物等放火,火炎びんの使用等
判示要旨:被告人がパチンコ店にトラックで突入して自動ドア等を損壊した上、火炎びんを投てきして同店に放火した建造物損壊、現住建造物等放火、火炎びんの使用等の処罰に関する法律違反の事案について、懲役9年の刑に処せられた事例
無期懲役
,建造物損壊,威力業務妨害,覚せい剤取締法違...本件公訴事実中,銃砲刀剣類所持等取締法違反,建造物損壊(変更後の訴...判示第2の事実(コンビニ店舗に対する建造物損壊事件)について
無期懲役
建造物損壊,殺人被告事件(平成20年3月6日宣告)...建造物損壊の点
判示要旨:暴力団組長である被告人が、配下組員と共謀の上、公共施設の駐車場において対立暴力団の関係者をけん銃で射殺させたとの殺人等の事実につき、実行犯らとの共謀を認定し、争いのない対立暴力団組織の組長方にけん銃で弾丸を撃ち込んだけん銃発射等の事実もあわせ無期懲役刑を宣告した事案
懲役3年
建造物損壊の点...文化財保護法違反,建造物損壊及び建造物侵入は1個の行為が3個の罪名に...窃取した文化財保護法違反・建造物損壊・建造物侵入・窃盗1件(判示第1の犯
控訴を棄却
訴事実の一部を建造物損壊罪として本件公訴を提起しているところ ,...かわらず,罰金刑のない建造物損壊罪で起訴したものであり,②原判決は,...の一部については建造物損壊罪として起訴したものである。
判示要旨:他人の住居の外壁、シャッター等に、緑色の合成塗料を吹き付けて落書きしたという建造物損壊、器物損壊被告事件において、(1)門扉両脇に設置された外壁およびシャッターが「建造物」に該当するか否か、(2)落書き行為が「損壊」に該当するか否かが争われ、(1)について、建造物との接合の程度および建造物における機能上の重要性を検討した上で、上記外壁およびシャッターは「建造物」の一部であるとし、(2)について、建物の有する住居としての特質や、落書きの位置等を具体的に検討した上で、落書きの範囲自体はそれほど大きいとはいえないものの、上記落書き行為は、本件建物の外観ないし美観を著しく汚損し、かつ、原状回復に相当の困難を生じさせたものと認められ、本件建物の効用を減損させたというべきものであるから、「損壊」に該当するとして、建造物損壊罪の成立を認めた事例
無期懲役
上記Bと会えない苛立ちを晴らすとともに,前記第1の建造物損壊,建造物...弁護人は,(1)判示第1の建造物損壊,建造物侵入,窃盗の事実について,...き割って侵入し,商品を窃取した建造物損壊,建造物侵入,窃盗(第1の事実)
判示要旨:大型量販店4店舗に、前後7回にわたって放火し、うち6件は未遂にとどまったが、1件は店舗を全焼させ、さらに、うち3店舗において、火事騒ぎに乗じ商品を窃取した現住建造物等放火、同未遂、窃盗等の各事実について、いずれも間接事実から被告人が犯人であることを認定した上で完全責任能力を認め、被告人に対し無期懲役を言い渡した事案。
上告を棄却
所論にかんがみ,本件建造物損壊罪の成否について,職権で判断する。...ら,器物損壊罪が成立するにすぎないのに,原判決が建造物損壊罪の成立を認めた...しかしながら,建造物に取り付けられた物が建造物損壊罪の客体に当たるか否か
判示要旨:1 建造物に取り付けられた物が建造物損壊罪の客体に当たるか否かの判断基準 2 住居の玄関ドアが建造物損壊罪の客体に当たるとされた事例
違反),建造物損壊,威力業務妨害,覚せい剤取締法違反被告事件(同裁判所平成
判示要旨:刑訴法8条2項による審判の併合請求が認容された事例
上告を棄却
所論にかんがみ,建造物損壊罪の成否につき,職権で判断する。
判示要旨:公園内の公衆便所の外壁にラッカースプレーでペンキを吹き付け「反戦」等と大書した行為が刑法260条前段にいう建造物の「損壊」に当たるとされた事例
懲役15年
る。その結果,建造物損壊の被害者は約370万円もの財産的損害を被ったほか,精...と,共犯者が(2)の建造物損壊の被害者に10万円の被害弁償をしていること,被告人
取り消す
対する怒りを伴った特殊な感情から器物,建造物損壊を伴う衝動的な行動に出
判示要旨:18歳の長男による自宅放火につき保険契約者に保険約款免責条項又は商法641条の「重大な過失」があるとはいえないとされた事例
懲役18年
平成14年(わ)第21号,第33号 傷害致死,傷害,器物損壊,建造物損壊被告事件... 被告人は,①判示第1の器物損壊及び第2の建造物損壊について,自分の運転する... (3) 以上の次第で,被告人には器物損壊罪(判示第1)及び建造物損壊罪(判示第2)
棄却
検挙すべきであったと主張するが,α事件では,建造物損壊罪,住居侵入罪,傷害
懲役1年2月
平成16年2月12日宣告,平成15年刑(わ)第1410号,建造物損壊被告事件...あったため,通常あり得ない建造物損壊罪での起訴がされたのであり,このような...いうことができないのであって,被告人の本件落書き行為は建造物損壊罪の構成要
懲役2年
組上層部の者が関与した建造物損壊事案であるという疑いをもってこれを裏付ける
懲役8年
法違反,建造物損壊,殺人未遂被告事件... 科刑上一罪の処理   第1の2の罪のうちけん銃発射,建造物損壊及び殺人... 科刑上一罪の処理   第1の2の罪のうちけん銃発射及び建造物損壊の各罪
棄却
規のうちの建造物損壊罪に該当する。...交通事故を起こした職員の所為が過失建造物損壊罪(道路交通法116条)の構成...ところで,過失建造物損壊罪における「建造物」とは,家屋その他これに
懲役1年6月
を繰り返すようになり,平成13年2月13日には,店舗の壁に落書き行為をした建造物損壊罪2件
無期懲役
車両がなくても,建造物損壊を敢行することは可能といえる。そして,25...を狙っていることから,建造物損壊の故意のみであったと考えられる。
懲役13年
  建造物損壊の点     刑法60条,260条前段...  建造物損壊の点     刑法60条,260条前段...と建造物損壊との間),10条(1罪として重い建造物
棄却
弁護士法違反,建造物損壊などといった犯罪行為を犯している。このような事件
破棄
れ建造物損壊罪に該当し,被告人の原判示第4及び第8の各行為は,それぞれ器物... 1 検察官は,上記各事実に共通する前提として,原判決が,建造物損壊罪及び...   しかし,原判決の説示全体に照らすと,原判決は,建造物損壊罪及び器物損
控訴を棄却
玄関ドア本体を損壊しても器物損壊罪が成立するにとどまり、建造物損壊罪は成立...しないのに、これを建造物損壊罪に該当するとした原判決には、判決に影響を及ぼ...ような誤りはなく、また、原判決が(弁護人の主張に対する判断)の建造物損壊罪
判示要旨:店舗兼住宅のアルミ製玄関ドアが建造物の一部に当たるとされた事例
却下
そこで、原告は昭和五八年六月一日付告訴状をもつて、Aほか四名を建造物損壊、器物損
判示要旨:所得税更正処分の取消しを求める訴え提起後、再更正処分告知の日から3箇月を経過した後に同再更正処分の取消しを求める訴えが追加的に併合された場合につき、更正処分後に再更正処分がされた場合には、更正処分は再更正処分の内容としてこれに吸収され、その独立の存在を失うに至るものと解すベきであるとした上、前記再更正処分が更正処分における所得税額を200円増額訂正したものにすぎないこと、原告が主張する処分の違法事由が追加的変更の前後を通じて同一であること等にかんがみると、両訴えは請求の基礎が同一で密接な関連性を有するものと認めることができるから、再更正処分の取消しを求める訴えの出訴期間については、更正処分の訴え提起時に提起されたものと同視することができる特段の事情が存するとした事例
控訴を棄却
の大半は暴力行為、傷害事犯であつて、本件のようなビラ貼り行為が建造物損壊罪
上告を棄却
が刑法二六〇条の構成要件に該当するか否か、すなわち建造物損壊罪の成否が決ま...建造物損壊罪の構成要件のように、「他人ノ」建造物が行為の客体となつていると... 四 刑法二六〇条の建造物損壊罪の保護法益は、当該建造物に対する所有権にあ
判示要旨:刑法二六〇条の「他人ノ」建造物に当たるとされた事例
棄却
2 戸塚郵便局長Cは、原告らが昭和四七年八月五日建造物損壊罪で横浜地方裁判...建造物損壊罪にあたるとして前記の起訴をされたことを理由に本件処分に付された...ためにした正当な組合活動であるビラ貼り行為であるから原告らが建造物損壊罪の
控訴を棄却
することを覚悟していたためであり、本件建造物損壊行為の時点においては、強制...という事情があり、これらの事情を総合すれば、被告人の本件建造物損壊行為は、...の事情に所論「3」の事情を併せて考察しても、いまだ被告人の本件建造物損壊行
判示要旨:刑法二六二条にいう「差押」には民訴法上の不動産の仮差押を含むか(積極)
棄却
 右の者に対する住居侵入、建造物損壊被告事件(昭和五七年(あ)第七二九号)
判示要旨:決定に記載された自己の本籍の表示の訂正を求める異議の申立が不適法とされた事例
控訴を棄却
である、すなわち、「1」刑法典において、損壊は建造物損壊罪等として、...出し難い。刑法上、現住建造物放火罪等において焼燬を、建造物損壊罪等における
判示要旨:道路交通法一一六条にいう「建造物を損壊したとき」の意義
破棄
しについて被上告人代表者から建造物損壊の罪名で告訴され、警察の勧告もあつた
判示要旨:土地所有者が地上建物を違法に取り壊した場合であつても右建物所有者に対する土地の不法占有を理由とする損害賠償請求権の行使が権利濫用にあたるとは断じえないとされた事例
控訴を棄却
権の侵害、建造物損壊に当ることを理由に、その禁止を通告したほか、同様趣旨の
破棄
判示要旨:道路交通法一一六条にいう建造物損壊の意義
上告を棄却
判示要旨:建造物損壊(ビラ貼り)罪の成立を認めた原判断(一審は無罪)が維持された事例
控訴を棄却
 論旨は、要するに、原判決は建造物損壊および事務所東側、北側の窓硝子戸と同...に使用者の施設管理に支障をきたし、殊に本件の如く建造物損壊或いは器物損壊に...建造物損壊或いは器物損壊を内容とする暴力行為等処罰に関する法律違反の構成要
判示要旨:一、 いわゆる闘争手段としてのビラ貼りの行為が刑法第二六〇条の建造物損壊および同法第二六一条の器物損壊に該当するとされた事例 二、 右ビラ貼りの行為が労働組合法第一条第二項本文にいわゆる正当な組合活動にあたるとしてその罪責をいずれも否定すべきものとされた事例
上告を棄却
た場合には、窃盗罪のほかに、建造物損壊罪が成立するとした原判断は相当である)。
判示要旨:解体材料を領得する目的で建造物を解体しその材料を領得した場合と建造物損壊罪の成否
上告を棄却
判示要旨:いわゆる闘争手段としてのビラ貼り行為が刑法第二六〇条の建造物損壊および同法第二六一条の器物損壊に該当するとされた事例
上告を棄却
行為は、刑法二六〇条の建造物損壊ということはできないとする点は、事実誤認な
判示要旨:いわゆる闘争手段としてのビラ貼り行為が刑法第二六〇条にいう建造物の損壊に該当するとされた事例
控訴を棄却
これを建造物に当るとして被告人の本件所為を建造物損壊罪に問擬した原判決には
判示要旨:未完成の建物が刑法第二六〇条の「建造物」にあたるとされた事例
60 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in