裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62577 
刑事22111民事40466
建造物侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
建造物侵入の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
建造物侵入を犯した場合、 4.0%の確率で無罪、
96.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
15
4
1
17
16
13
2
225 件中 5/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5
破棄
同法四七条・一〇条により、重い建造物侵入罪の刑に法定の加重をした刑期範囲内
判示要旨:一 昭和三〇年七月法律第五一号による改正前の銃砲刀剣類等所持取締令第一条にいう「刀」「ひ首」「剣」「やり」「なぎなた」の意義 二 刑法第一三〇条にいう「人の看守する建造物」にあたる一事例
棄却
の認定した事実を建造物侵入、公務執行妨害及び傷害罪に間擬処断したのは正当で
判示要旨:ある労働組合の正当な組合大会がその組合員所属の工場構内で開催された際にこれを応援するためにその工場構内に入つた他の労働団体員の行為が刑法第一三〇条の不退去罪となる事例
上告を棄却
刑法所定の建造物侵入罪を構成しないという事実誤認、法令違反の主張に帰し(所
破棄
建造物侵入罪として処罰したものではないから、原判決が憲法一四条に違反すると...い事実を主張し、被告人等の行為が建造物侵入罪とならないというのであつて、結...一の建造物侵入の点は、刑法一三〇条、六〇条、罰金等臨時措置法二条、三条にあ
破棄
九号、同七八号事件において建造物侵入の罪につき各被告人に対し罰金一万円に処...したこと、建造物侵入の罪の罰金の法定刑の最高額が金二千五百円であること、お
判示要旨:決定刑を超えた刑を科した第一審判決の違法を看過した控訴または上告審判決と非常上告理由
破棄
 法律に照らすと、被告人の判示所為中第一ないし第四の各建造物侵入の点は、い...建造物侵入の罪と刑法第五十四条第一項前段の関係があるものとして起訴されたも
判示要旨:ある団体の結成式は刑法第二三四条にいう業務にあたるか
上告を棄却
 弁護人諫山博の上告趣意は憲法二八条違反を主張するけれども、本件建造物侵入...の実質は事実誤認を主張し或は独自の立場から本件建造物侵入の所為による処罰の
上告を棄却
して、原判決が本件被告人等に建造物侵入等の罪を認めたのは憲法一九条に違反す... 所論は、原判決が、被告人Aの本件行為をもつて他の被告人の建造物侵入罪の共
棄却
 右の者から被告人A外二名に対する建造物侵入被告事件について昭和二九年七月
却下
 被告人Aにかかる建造物侵入被告事件につき勾留中の同被告人から当裁判所に対
判示要旨:再度の勾留理由開示請求の適否
上告を棄却
如き事情から、本件建造物侵入行為を正当化することを得ない。この点に関する原
破棄
 そして被告人に対する業務妨害罪は建造物侵入罪と牽連犯の関係にあるものとし
破棄
 さて原審の認定した被告人等の建造物侵入行為に対し、その動機、手段、方法、情況等仔細に考察するに、右は前記各判例の趣旨に徴しこは正当な団体交渉及び団... そして被告人全員に対する業務妨害罪は、いずれも建造物侵入罪と牽連犯の関係...果建造物侵入の所為と業務妨害の所為とは刑法五四条一項後段の牽連犯の関係にあ
判示要旨:一 刑法第二三四条にいう「業務ヲ妨害シタル」ことの意義 二 同条にいう「威力」の意義
控訴を棄却
被告人らがAと出会つたのはその建造物侵入罪が既遂に達した後のことなのである... 次に、論旨は被告人らは建造物侵入罪の故意を欠くものだと主張するのである。
上告を棄却
のであるから判示行為が建造物侵入罪に問擬されるのは当然であつて論旨は理由が
判示要旨:一 生産管理と威力による業務妨害罪の成立 二 生産管理の違法性 三 労働関係調整法第七条と争議行為の適法性
破棄
 被告人の判示所為中、建造物侵入の点は刑法第一三〇条、罰金等臨時措置法第二
判示要旨:建物の敷地構内として門塀を囲らし外部との交通を制限し守衛警備員等を置いて外来者がみだりに出入することを禁止していた場所へ侵入した行為の擬律
上告を棄却
判示要旨:労働争議に対する激励行為を逸脱した構内侵入と建造物侵入罪の成立
破棄
事実中、建造物侵入の点及び業務妨害と窃盗の各一部の点は、前記組合法の条項の...本件公訴事実中建造物侵入及び業務妨害の点につき被告人、A、B、C、D、E、
判示要旨:一 公務員に対する威力の誇示と業務妨害罪の成否 二 生産管理の違法性 三 社会と組合との間に争議について妥協成立し双方の合意によつて全員解雇され組合が解散した場合と争議の終了 四 右の場合会社となお抗争を継続する組合の少数反対派の行動は争議行為といえるか 五 検挙に向つた警察官等に対しスクラムを組み労働歌を高唱する労働者等の行為と公務執行妨害の成否 六 暴力行為を等処罰に関する法律第一条第一項の合憲性
上告を棄却
 (二) 原判決挙示の各証拠により判示建造物侵入の事実を認めることができる。
判示要旨:一 従犯の地位にあつた旨の主張と法律上刑の減免の原由たる事実上の主張 二 被告人に対する最終陳述の機会の附与と「別にありません」を「別にあります」とした調書記載の誤記の認定 三 公判調書における弁護人の姓の誤記たることの認定
破棄
定した事実に法律を適用すると、被告人の判示所為中建造物侵入の点は刑法第一三
判示要旨:主文と理由との間に齟齬ある判決の違法
破棄
遂の訴因だけを記載しているが、検察官が建造物侵入の訴因を追加した形跡がない...のに拘らず原判決は右第一乃至第四の事実に一々建造物侵入の訴因を附加認定して...なり建造物侵入の訴因を附加認定してその罪責を問うた原判決は違法である。而し
判示要旨:一、 窃盗の起訴と建造物侵入並びに窃盗の判決 二、 共同正犯と従犯
無罪
 まず本件公訴事実中建造物侵入罪の成否を見ることとする。生産管理には必然的...の意に反して侵奪するものであつて、刑法上建造物侵入罪を構成するは勿論である...体のみでは未だ以つて建造物侵入罪を構成すると謂うを得ず、暴行脅迫等の不法な
判示要旨:争議行為としての生産管理の非合法性
上告を棄却
 原判決が同判示建造物侵入、窃盗の事実を認めるについて挙示した証拠は、被害...のとおり被告人と他の二名との間に所論建造物侵入の点についても共謀が存したと...実行行為をしなくても、窃盗と共に建造物侵入の点についても共同正犯の責を免れないのであるから(昭和二三年一二月二四日言渡同年(れ)第一二七九号第二小法
判示要旨:忍び込み窃盜の共謀をした者の罪責
上告を棄却
 しかし、原判決の確定するところによれば、本件建造物侵入、強盗及び窃盗の行
判示要旨:強盜共謀者の見張と共同正犯
棄却
られているにかかわらずその手段たる建造物侵入の行爲についても審理判決したと
判示要旨:一、 脅迫による犯行と有罪の認定 二、 憲法の施行と牽連犯の審判 三、 上告理由と執行楢豫の主張
225 件中 5/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in