裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62577 
刑事22111民事40466
建造物侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
建造物侵入の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
建造物侵入を犯した場合、 4.0%の確率で無罪、
96.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
15
4
1
17
16
13
2
225 件中 4/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5
取り消す
昭和五五年七月一〇日ソ連大使館に侵入し、建造物侵入で一人を検挙
判示要旨:警察署長が、道路交通法77条1項に基づき集団示威行進に伴う道路の使用の許可をするに際し、同条3項に基づいて付した条件のうち、「使用する車両は、いわゆる宣伝カー(放送設備を有し、専ら街頭宣伝活動に使用するための車両)とし、行進する全集団の先頭及び後尾に各1台とする。」との条件の効力停止の申立てが、右条件が付されることによって右行進の目的が達成されなくなるものではなく、また、右条件を付することは道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るために必要であるから、相手方において回復困難な損害を避けるため右条件の効力の停止を求める緊急の必要があることについての疎明がないとして、却下された事例
破棄
徴すれば、警察官らがGを除く九名を騒擾助勢、附和随行、建造物侵入等の嫌疑に
判示要旨:一 複数の集団による暴行・脅迫と騒擾罪における共同意思 二 騒擾罪における共同意思と故意との関係 三 騒擾罪の成立が認められた事例
控訴を棄却
に存在するとしても、その行為は、第一につき建造物侵入、第二につき暴力行為等...しも軽微なものとはいいがたく、それぞれ建造物侵入、暴力行為等処罰に関する法
判示要旨:一 障害児に対する分離特殊教育と憲法一四条、二五条、二六条 二 障害児の普通小学校における綜合教育を求める運動の過程において立入りを禁止された小学校の門扉を乗りこえて校内に侵入した建造物侵入等の行為につき違法性が阻却されないとされた事例
破棄
の一の建造物侵入、第二の二の公務執行妨害、傷害及び火炎びんの使用等の処罰に
判示要旨:航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律一条にいう「航空の危険を生じさせた」ことの意義
破棄
 記録によれば、原審は、第一審判決を破棄したうえ、被告人の建造物侵入の事実... 原判決が認定した建造物侵入の事実に法令を適用すると、被告人の所為は、刑法...した原判決の判断はこれを維持すべきであるが、右は建造物侵入の罪と観念的競合
判示要旨:罰金刑の法定刑を超過した宣告刑が判例違反とされた事例―いわゆる朝日新聞社労組侵入事件―
棄却
 <要旨第二>そこで、一件記録により調査検討すると、被告人Cは建造物侵入、強...は建造物侵入、強要未遂、同Aは建造物侵入、傷害、威力業務妨害、暴力行為等処...罰に関する法律違反、同Eは、建造物侵入、傷害、威力業務妨害、暴力行為等処罰
判示要旨:一 いわゆる任意的保釈条件の追加、変更の適否 二 営業を妨害する行為をしてはならない旨の任意的保釈条件の追加が適法とされた事例
棄却
判示要旨:威力業務妨害罪によつて保護されるべき業務にあたるとされた事例 バス会社のストライキに際し組合側の争議手段として行われたいわゆる車両確保行為が威力業務妨害罪又は建造物侵入罪の違法性に欠けるところがないとされた事例
上告を棄却
 そうすると、威力業務妨害罪又は建造物侵入罪に該当する本件車両確保行為には
判示要旨:一 威力業務妨害罪によつて保護されるべき業務にあたるとされた事例 二 バス会社のストライキに際し組合側の争議手段として行われたいわゆる車両確保行為が威力業務妨害罪又は建造物侵入罪の違法性に欠けるところがないとされた事例
控訴を棄却
た兇器準備集合、建造物侵入、殺人被疑事件につき、渋谷簡易裁判所裁判官が同年
判示要旨:一 被告人、証人に対する人定質問を裁判所書記官に行わせることの適法性 二 迎撃形態の兇器準備集合罪の共同加害の目的と相手方の襲撃の蓋然性
破棄
     原判決中被告人らの郵便法違反幇助及び建造物侵入に関する部分を破棄...事実は公務執行妨害罪、(第三)の事実は建造物侵入罪に該当するとして、起訴さ...があるとして、公務執行妨害罪の成立を否定し、建造物侵入の点については、公訴
判示要旨:一、公共企業体等労働関係法一七条一項と憲法二八条 二、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用 三、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と刑事法上の処罰阻却 四、郵政職員の争議行為に参加を呼びかけた行為が郵便法七九条一項の罪の幇助罪による処罰を阻却されないとされた事例 五、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 六、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた建造物侵入行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
控訴を棄却
 (ハ) (建造物侵入、強姦致傷)同年七月二一日午前零時頃姦淫の目的をもつ... (ニ) (建造物侵入)同年九月一一日午後二時頃看護婦を姦淫する目的で右病
判示要旨:一、 再審の開始された控訴審において真犯人は被告人以外の第三者であると断定して第一審の無罪判決に対する検察官の控訴を棄却した事例 二、 併合罪の関係にある数罪を認定した確定判決につきそのうちの一部の犯罪事実だけについて再審が開始された場合における審判の範囲
再審を開始
月二一日犯した建造物侵入、強姦致傷事件では、乙38病院乙39室に侵入し、就
判示要旨:有罪判決確定後に真犯人として名乗り出た者の供述が刑訴法四三五条六号にいわゆる「明らかな証拠」に該当するとして再審開始決定がされた事例
破棄
というものであつて、第一の事実につき建造物侵入罪、第二の(一)及び(三)の... 第一審判決は、右公訴事実第一の建造物侵入の事実については、ほぼ公訴事実に...沿う事実を認定して被告人D、同I、同Bにつき建造物侵入罪の成立を認め、第二
判示要旨:一、地方教育行政の組織及び運営に関する法律五四条二項と昭和三六年度全国中学校一せい学力調査の手続上の適法性 二、憲法と子どもに対する教育内容の決定権能の帰属 三、教育行政機関の法令に基づく教育の内容及び方法の規制と教育基本法一〇条 四、昭和三六年当時の中学校学習指導要領(昭和三三年文部省告示第八一号)の効力 五、昭和三六年度全国中学校一せい学力調査と教育基本法一〇条 六、教育の地方自治と昭和三六年度全国中学校一せい学力調査の適法性
控訴を棄却
 被告人の控訴趣意中、原判示第一(建造物侵入)についての法令適用の誤の主張...するDビルに故なく侵入したものと認めて、これが刑法一三〇条所定の建造物侵入...同巡査がすかさず背後から被告人のべルトをつかみ、直ちに建造物侵入と公務執行
判示要旨:アパート風五階建ビルの階段通路および同屋上を刑法一三〇条所定の「人の住居」にあたるとした事例
破棄
に附属する囲繞地と見ることはできない。」とし、被告人らが本件土地に立ち入つたとしても建造物侵入罪を構成しない、というのである。...場所に故なく侵入すれば、建造物侵入罪が成立するものであることは、当裁判所の...た一連の障壁に囲まれるに至つた土地部分は、A建物のいわゆる囲繞地というべきであつて、その中に含まれる本件土地は、建造物侵入罪の客体にあたるといわなけ
判示要旨:建造物侵入罪の客体となるいわゆる囲繞地にあたるとされた事例
控訴を棄却
 そこで、記録を調査、検討し、これにあらわれた本件建造物侵入、準強盗未遂、
判示要旨:常習累犯窃盗と事後強盗との関係
棄却
日広島地方裁判所に起訴された兇器準備集合、建造物侵入(不退去)、公務執行妨
判示要旨:一、 被告人らから暴行、ばとう、ひぼうを受けたことを理由に辞任を申し出た国選弁護人を解任しても解任権のゆ越濫用にならないとされた事例 二、 右解任後被告人らからされた国選弁護人の再選任請求を却下して弁護人がないまま審理判決した原審の措置が是認された事例
棄却
に入会したが、昭和三〇年八月建造物侵入等の罪により執行猶予付懲役刑に処せら
判示要旨:所属弁護士会の地域外で法律事務の執務をしたこと、弁護士再登録に際し贈賄等の罪により罰金刑に処せられたことを秘匿したこと及び受任事件の処理に関して弁護士として遺憾な点があったとしても、弁護士法12条1項本文にいう登録換の進達拒絶事由に当たらないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:大阪地裁法廷内において爆竹を使用した事案(火薬類取締法違反、建造物侵入)
破棄
と判示し、本件兇器準備集合罪を含む建造物侵入、放火等の各犯罪の実行につい...くその余の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂、放火予備の各罪につ...ほか数名と共謀のうえ、一、の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂な
判示要旨:兇器準備集合罪と共謀共同正犯の成否
棄却
為等処罰に関する法律違反の罪、後者については、建造物侵入罪の嫌疑により、そ
棄却
 右の者にかかる昭和四六年(あ)第一二四六号建造物侵入被告事件の上告棄却の
判示要旨:再審請求棄却決定に対する再審請求の適否
破棄
究所構内に侵入した旨認定判示し、被告人らに対し建造物侵入罪の成立を認めた原...る土地である旨説示し、同所への立入りを建造物侵入罪に問擬しているが、この判...としても、直ちに建造物侵入罪を構成すると見ることはできない。
判示要旨:刑法一三〇条にいう「人ノ看守スル建造物」に当たらないとされた事例
破棄
一五〇条所定の不法立入りの罪または刑法の建造物侵入(不退去)罪の現行犯人と...業法罰則の罪または刑法上の建造物侵入(不退去)罪の現行犯人として逮捕するほ...たとおりであつて、本件の場合、四裁判官も、建造物侵入罪の成立を認めているの
判示要旨:一、勤労者の争議行為に際して行なわれた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 二、A労働組合員らの争議行為の際における信号所侵入行為が刑法上の違法性を欠くものでなくその刑事責任を問うことが憲法二八条に違反しないとされた事例 三、鉄道営業法四二条一項により鉄道係員が旅客公衆を車外または鉄道地外に退去させるにあたり必要最少限度の強制力を用いることの可否と憲法三一条 四、旧「鉄道公安職員基本規程」(昭和二四年一一月一八日総裁達四六六号)三条、五条(現「鉄道公安職員基本規程(管理規程)」(昭和三九年四月一日総裁達一六〇号)二条、四条)に定める鉄道公安職員の鉄道施設警備等の職務と公務執行妨害罪における公務 五、A労働組合員らの争議行為の際におけるてこ扱所二階の信号所への立入り、同所に通ずる階段へのすわり込みが鉄道営業法三七条、四二条一項三号にいう公衆がみだりに鉄道地内に立ち入つた場合にあたるとされた事例 六、鉄道公安職員がてこ扱所二階の信号所に立ち入り同所に通ずる階段にすわり込んだA労働組合員らを鉄道営業法四二条一項により退去させる場合に許される強制力行使の程度
破棄
 よつて、記録を調査するに、被告人に対する建造物侵入被告事件につき、昭和四... しかしながら、建造物侵入罪につき、刑法一三〇条、罰金等臨時措置法三条を適
判示要旨:罰金の法定刑を超過してなされた略式命令に対する非常上告が認容された事例
上告を棄却
 所論は、本件建造物侵入罪について違憲(二八条違反)をいう点もあるが、実質
判示要旨:いわゆる闘争手段としてのビラ貼り行為について、暴力行為等処罰に関する法律一条(刑法二六一条)の罪が成立するとされた事例
上告を棄却
 所論は、要するに、原判決が被告人D、同Aにつき建造物侵入罪の成立を認めた...そうとすれば、被告人Aおよび同Dの右所為を建造物侵入罪として処罰した原判決
判示要旨:一 国鉄連絡船の乗務船員でない国鉄労働組合員が航行中の同船内において勤務当直者でない乗務船員に対してオルグ活動をしようとして乗船した場合と船長の退去命令 二 国鉄労働争議における国鉄労働組合員の信号扱所侵入行為が正当性を欠き建造物侵入罪を構成するとされた事例
却下
年一二月一二日までの間、進学課程校舎を封鎖・占拠した行為(建造物侵入、不退
判示要旨:公立医科大学学生の停学処分の執行停止申立てにつき、当該年度内の残る講義を受ければ進級試験の受験資格をかろうじてみたすことになる学生について、その年度の試験終了日までにかぎり、行政事件訴訟法第25条第2項にいう「回復困難な損害を避けるため緊急の必要がある」として右処分の執行を停止した事例
控訴を棄却
 論旨は、要するに、原判決は建造物侵入の点につき、本件ビラ貼り行為が、正当...両名が本件ビラ貼りのため営業所建物に立入つた行為は何ら建造物侵入罪に該当す...為の正当性の判断を誤つた結果、本件建造物侵入罪についてもその判断を誤つたも
判示要旨:一、 いわゆる闘争手段としてのビラ貼りの行為が刑法第二六〇条の建造物損壊および同法第二六一条の器物損壊に該当するとされた事例 二、 右ビラ貼りの行為が労働組合法第一条第二項本文にいわゆる正当な組合活動にあたるとしてその罪責をいずれも否定すべきものとされた事例
上告を棄却
判示要旨:建造物侵入罪(不退去罪)が成立するとされた事例
上告を棄却
ついて、建造物侵入罪の成立を認めたことは、結局、正当である。以上のように、
破棄
 (一) 原判決がA駅の一番ホームにおける本件デモ行進を以つて建造物侵入罪...のであることを免れず、これを以つて建造物侵入罪に該当するとした原判決には毫... 原判決が確定した事実に法律を適用すると、被告人の原判示所為中建造物侵入の
判示要旨:一、 駅のホームが刑法第一三〇条の建造物に該当する事例 二、 日本国有鉄道における駅長の助役に対する勤務時間延長の業務命令を適法とした事例
破棄
原判決は、第一審判決を破棄したうえ、第一審判決判示の建造物侵入の事実を一と... 原判決の確定した建造物侵入の事実に法令を適用すると、刑法六〇条、一三〇条
判示要旨:一 いわゆる闘争手段としてのビラ貼り行為が建造物損壊罪、器物損壊罪を構成しないものとされた事例。 二 建造物損壊罪並びに暴力行為等処罰ニ関スル法律違反の罪(器物損壊を内容とする)として起訴された事実を軽犯罪法第一条第三三号に該当する事実と認定する場合と公訴の時効。
控訴を棄却
 一、 控訴趣意第二点の所論は、原判決は法令の解釈適用を誤り、建造物侵入罪...している部分に不法に立入るときは建造物侵入罪が成立するものと解すべき...であるから、これによつて建造物侵入罪の成立することは疑いを容れない。
判示要旨:一般公衆の立入が許されている建造物内の特別に立入を禁止してある部分に入ることと建造物侵入罪の成立
破棄
判示第一の侮辱の事実、第二の建造物侵入の事実についても有罪であることに争い...時措置法第二条に、原判示第二の建造物侵入の点は刑法第一三〇条、第六〇条、罰...前段第一〇条に則り重い建造物損壊罪の刑で処断すべく、右建造物侵入罪と国章除
判示要旨:刑法第九二条にいわゆる除去の意義
控訴を棄却
の本件所為を刑法第百三十条の建造物侵入罪を以て処断するのは格別右軽犯罪法第
判示要旨:一、 刑法第一三〇条にいわゆる看守があるとは認め難い事例 二、 軽犯罪法第一条第三二号と鉄道営業法第三七条との関係
控訴を棄却
と詐称はしたが、同人の同意を得て、二階まで行つたものであるから、建造物侵入...罪は成立しないのに原判決が、右事実を建造物侵入罪と認定、擬律したのは、判決...はもとより侵入ではなく、従つて建造物侵入罪を構成しないが、その承諾が錯誤に
判示要旨:建造物侵入罪と看守者の承諾
破棄
判示要旨:不動産侵奪罪と建造物侵入罪との関係
棄却
した被告人Aに対する暴力行為等処罰に関する法律違反、建造物侵入被告事件の判...為等処罰に関する法律違反、建造物侵入被告事件の原審第一八回公判期日において、...Aに対する暴力行為等処罰に関する法律違反、建造物侵入被告事件について、弁論
判示要旨:一 弁論の分離決定によつて著しく裁判の遅延を招来するものということはできないとした事例 二 特別抗告について刑訴法第四一一条の準用があるか 三 公判期日を追つて指定する旨の裁判長の処分が迅速裁判の要請に著しく反し違法であるとされた事例
破棄
連名の控訴趣意補充書中、建造物侵入に関する(事実誤認及び法令適用の誤)論旨
判示要旨:刑の廃止と解すべき一事例
上告を棄却
の所為が右団体行動権の正当な行使であつて、建造物侵入罪を構成しないと主張す
判示要旨:憲法第二八条の保障する団体行動権の正当な行使にあたらない事例。
上告を棄却
ら、原判決が本件騒擾の点と建造物侵入の点とを一個の行為で二個の罪名にふれる...告人Lに対する本件公訴事実は、騒擾、建造物侵入のみであつて、職務強要の事実
判示要旨:一 騒擾罪の成立と共同意思 二 騒擾罪における多衆の意義 三 右共同意思の意義 四 騒擾罪における暴行の意義 五 騒擾罪と他の罪名に触れる暴行脅迫 六 騒擾罪における暴行又は脅迫と認められる場合 七 右罪における共同意思の内容
破棄
 職権をもつて調査すると、被告人らに対する本件建造物侵入の公訴は、昭和二三
判示要旨:一 いわゆる準新事件の公訴時効とその中断 二 同事件につき上告趣意書提出最終日の指定がなされその通知書が上告人に送達されたときは公訴時効中断の効力を生ずるか。 三 同事件につき上告審で公訴時効が完成した場合の措置。
破棄
 法律に照すと、被告人の判示所為中建造物侵入の点は刑法第百三十条第六十条
判示要旨:刑訴第四〇二条の不利益変更にあたらない一事例
上告を棄却
判示要旨:建造物侵入罪が成立する一事例
却下
連する右被告人に対する熊本地方裁判所に係属中の公務執行妨害、建造物侵入被告
判示要旨:刑訴法第八条第二項による審判併合請求事件について、それぞれ現に係属する裁判所で各別に審判するを相当と認めるときの直近上級裁判所の措置
上告を棄却
その頃同所で右建造物侵入罪の現行犯人として巡査部長Fに逮捕されようとした際、
判示要旨:憲法第二八条の団体交渉にあたらない一事例
棄却
拘らず被告人等の所為が建造物侵入罪を構成すること論をまたない。されば、原判...決が、右解雇通知が不当のものであつたとしても、被告人等の所為が建造物侵入罪
判示要旨:団体行動権の行使と認められない一事例
上告を棄却
関原勇、同池田輝孝の上告趣意第二点、いずれも法令違反の主張を出でないものであつて適法な上告理由にあたらない。そして建造物侵入罪は故なく建造物に侵入し
判示要旨:一 建造物侵入罪と不退去罪との関係 二 被告人が法廷の秩序維持のため退廷させられた場合とその証人審問権
破棄
判決書にBとあるのはAの誤記と認められる)に対する建造物侵入被告事件につき、
判示要旨:科し得べき罰金刑の多額を超えて罰金刑を言渡した判決の違法と非常上告
225 件中 4/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in